昨年も行った、基礎的なプログラミング言語の内部研修を、別の法人の対象者に行いました。
PGM言語2
 
汎用性の高いツールのため、各種ウェブサイト上にも、様々な解説が載っている言語です。

 
それらのサイトから、サンプル・コードをコピー&ペーストして使える場合も多く、私も困ったときに重宝した経験があります。

 
但し、アプリケーション自体のヴァージョンの違い等により、そのままコピーしたのではエラーとなる場合もあります。

 
その場合はコードの修正等、必要となります。

 
人でも、コードでも、その他諸々のことでも、中身の見極めは大切だということを、痛感します。なかなか難しいですが・・・・・