前回、法務局での設立登記についての話題を、取り上げています。

 
最近、法人の証明書類の取得のために法務局の出張所を訪れ、印鑑証明・登記事項証明を取得しました。

 
そこの出張所にはタッチパネル型の請求機があり、法人を特定して必要書類を選ぶことで発注が完了。印紙の購入等を終える頃には、書類が出来上がって呼ばれます。

 
法人の特定は、法人名や地域等によって可能ですが、印鑑カードを用いれば、より素早く特定できます。
杭打ち
 
個人の印鑑証明や戸籍謄本を取得する際には、役所で申請書類に記載し窓口に提出、受理された後、書類が出来上がるのを待って、受取りになります。

 
混み具合にもよるでしょうが、上記個人の書類取得に比べ、請求機を用いる法人の書類取得は、非常にスピーディに感じました。

 
「お役所仕事」という固い地盤に、「IT化」という杭を打ち込むようなイメージを想像し、何となく感激でした。