先月の末に、有名な解剖学者の講演を、拝聴することが出来ました。

猫とピアノ 
お話は大変に面白くユニークで、例えば最初のテーマは、犬や猫等の動物は、何故言葉を話さないか。

 
演者によれば、それらの動物は絶対音感の持ち主で、人間の言葉を、音程で捉える、とのこと。

 
そのため同じ言葉でも、発する人によって声の高さが違い、それぞれを別の音として認識し、共通化ができない、ということだそうです。

 
また共通というのは、等価であるということで、相手のことを考えられるということ、それを出来るのが人間、というお話もありました。

 
相手の立場を考える、言い換えると、相手を思いやるということは、弊社ネットワークの企業理念にも通じるテーマです。

 
その他、内容は盛り沢山で、脳に良い刺激を頂けました。演者をはじめ、関係者の皆様、ありがとうございました。