2011年06月07日

「断捨離」への一歩

お久しぶりです!

しっかり、ものぐさになってしまった・・・・。

ハッピーさとちゃん。です。。。。

 

驚きました。

前回投稿したのは、何と1月。

 

あっという間に5ヶ月も経ってしまったのですねー。

その間、何も無かったわけではなく、色々、ありましたー。

 

まあ、ひとつひとつ、振り返って書くわけにもいかないので、

最近の出来事をひとつ。

 

あ、その前に・・・、

この、ほとんど読者がいないであろうと思っていた、このブログ。

 

時を同じくしてお二人の方から、

「この頃、書いていないね。」と、メールやコメントを頂きました。

ありがとうございます。

お蔭様で、再び、ちょこっと書いてみようと言う気持ちになりました。

 

でも、前置きの割りに、短めですが・・・。

 

***********************

先日、やましたひでこ先生のセミナーを受けてきました。

 

昨年から、結構話題になっていた「断捨離」という言葉。

その言葉を提唱なさっている、やましたひでこさんのワークショップです。

 

その「断捨離」の本を2冊ほどだけですが、読んだところ、

「まさに、私に必要なのはこれだ!」と感激したものです。

 

断捨離

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不用なものを捨てる、単なる片づけ術ととらえられている所もありますが、

ところが、なかなか奥が深くて、物と自分の関係を見直したり、

さらには、自分の生き方を見直す・・・。 に、至ったりするのです。

 

ま、何せ、ワークショップ1回目の受講ですので、まだまだ、

どんな展開が待っているのか、とても、楽しみです。

 

受講者の方々が、自己紹介を兼ねて、自分の家の状態や、

家族との関係を語っているのを聞いていて、片付けが苦手な人は

特にですが、ものすごく自分を責めている人が多いと気づきました。

必要以上に自分を否定していたり、全責任は自分にあると

思い悩んでいたり・・・。

 

断捨離のまず第一歩は、もちろん、物と自分の関係性を見直し、

片づけを通して、追い込まれていた自分をまず、救い出すことのようです。

そして、それを足がかりにステップアップして、清々しい空間を作り出し、

自由で開放感溢れた「ハッピーでごきげんな自分を作る事」を

目標としています。

 

3回コースですが、次回も楽しみにしています。

でも、まずは実践あるのみですね

 



satomi4949 at 00:08コメント(4)トラックバック(0)講演 

2011年01月06日

「干支てぬぐい」とお月様

夫より干支手ぬぐいをもらいました。

実は、昨年末に貰ったのですが、どこへ片付けたのか忘れてしまい、

ようやく、年明けの今日、発見。

年女の夫の妹の分も預かっていたのに・・・、お正月に渡せず・・・。

今日、郵便局より発送いたしました。

妹はウサギ年らしく、かわいい人で頑張り屋さんです。

手ぬぐいを楽しみにしているとの事。(ようやく、手渡せる事ができ、ほっ

 

その、手ぬぐいが これ。

 

P1060646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が貰った方は、お月様。

 

いつも、私がお月様、お月様と言っているので、お月様の手ぬぐいを

買ったつもりだったそうですが、ちゃんと、干支のウサギが描かれていました。

 

広げてみると、

 

P1060644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でも、東京浅草の人気のお店で買ったそうです。

 

でも、夫曰く、お前に買ってやってもどこへ行くか分らない・・・、

と、呆れ顔でした。(スイマセン。でも、ありがとう。)

 

ちなみに、月と言えば月の会で出ているカレンダーが

とても、優れもの。

 

top_cln

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の西暦はもちろん、月暦(旧暦)、月齢、年間を通した行事、

昔からの言い伝えなど、今の日本人が忘れかけた月に関することが

盛りだくさんに写真を交えて掲載されています。

 

忙しい毎日のなか、ふと、今日はいったいどんな日だろうと思った時に、

この月暦を眺めると、心が落ち着きますよ。

この月暦は「月と季節の暦」のこのHPに紹介されています。

 

人間の体にはこの月の満ち欠けが、とても、大きく影響受けています。

その事を改めて確認する事も大切ですね。



satomi4949 at 23:50コメント(2)トラックバック(0)ひとり言 

2011年01月05日

見習いたい「武士の家計簿」

気になっていた映画「武士の家計簿」を

ついに観てきました。

 

bushi_tobira_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、富山新聞の一面にずっと連載されていたのを

読んでいたので、大体のあらすじを知っていたのですが、

裏切ることなく、面白かったです。

 

そして、

 

見習いたいところ、満載でした。

 

江戸時代後半、加賀藩で御算用者(会計のお仕事)に

携わっていた猪山直之のお話。

大きな借金を抱えた猪山家のお家立て直しストーリー。

家族一丸となって、武士という身分を省みず、

周囲の目を気にすることなく、家財道具一式を売り払ったり、

周りに好奇の目で晒されながらの倹約生活。

見栄やプライドより、猪山家をつぶしてはならないと

家族が力を合わせて乗り越えていく姿。

もちろん、すんなり事が進んだ訳ではないけど、何が大事かを

考え、思い出の品や高価な持ち物への執着、プライド等など・・・を

捨て、家族の絆は捨てなかった・・・。

 

どこか、断捨離にも繋がっているなぁ・・・と、感じました。

何が良いかは解りませんが、どちらを選択するかは自分自身ですよね。

 

この映画、キャスティングもなかなか良かったですよ。

ぜひ、ご覧あれ

 

 

 

 

 



satomi4949 at 22:50コメント(4)トラックバック(0)ひとり言 

初詣に行ってきました。

白山さんへ行ってまいりました。

初詣に白山さんへ行くのは初めてかも。

たいていの正月はお客様がいらして、あっと言う間に過ぎてしまい

初詣に行きそびれてしまうことが多かったのです。

でも、今回、丁度4日の新月に白山さんへ行きたいな・・・と、思ったら

ほんと何とか行けるものなのですね。

 

平成23年1月4日 Ⅰ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の白山さんもいいものですね。

 

 

今回は、いつもの道を通らずにナビ様の言うとおりに車を走らせました。

国道8号線から157号線を通り、鶴来町の中をゴチャゴチャ通り、

何だか、解りにくいな・・と思いながらも、ちゃんと表参道の駐車場へ到着。

混んでいるようでしたが、すんなりと車を止める事が出来ました。

財布の中身を確かめつつ、ちょっと、ぎりぎり・・・かな、と、思っている

ところへ、携帯が鳴る。自宅から。

電話を終えて、今日は祈祷もして行きたいから、急いで車を出た訳で・・・。

 

4 Ⅱ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。寒いけどやはり表参道は気持ちいい。

 

足元に気をつけながら、歩きつつ手水舎へ。

そして、まずは荒御先神社にご挨拶。

お賽銭を入れようとして、カバンの財布を捜す。

(無い。)(え?)(まさか?)(え?)(うそ?)

 

はい。そうなんです。駐車場で財布の中身を確認していた時に、

電話がなり、そのまま、財布を助手席に置いたままにしてきたらしい。

ガク。

それで、再び表参道を下る事に。

ああ、今日はこの気持ちいい表参道を二度往復する事になっていたのね・・。

有難い。有難い。

 

4 Ⅲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、拝殿で参拝。

そして、祈祷を受けて有難く帰路につくことが出来ました。

 

4 Ⅴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 Ⅵ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りはいつも通る道へ。

で、びっくり。

すごい渋滞なんです。 ずーっと。

一キロは車が続いていたでしょうか。 殆ど進まない状態。

お正月はいつもこんな状態なんでしょうか。

行きも帰りもすんなりと通る事が出来て、

「こいつぁ~、春から縁起がいいねぇ~♪」 

何てね!



satomi4949 at 01:29コメント(0)トラックバック(0)季節 

2011年01月01日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

そして、お久しぶりです。

昨年は頭と心と体がパンパンの一年でした。(どういう意味?)

今年はあの話題の「断捨離」のように、すっきりとした人生を

取り戻すべく精進したいと思っています!

 

 

いきなり、迫力ある写真でごめんなさい。

ニャン太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、突然やってきた迷い猫「ニャン太郎」(子猫だったとはいえ、4ケ月で

体重が4倍近くになってしまった!)

このニャン太郎と私たち夫婦。

二人と一匹でダイエット目指します♪

 

そして、感謝と宣言に初詣に行ってきます。

私の大好きな「白山さん」へ。

新月が4日なので、ちょうど、参拝客のピークは過ぎてる頃かしら?

 

白山さん 滝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 



satomi4949 at 22:19コメント(6)トラックバック(0)ひとり言 

2010年09月28日

虹と琵琶と笛

今日の天気予報は「雨」

 

でしたが、日中は曇り空。 夕方近くにちょっと降った程度。

 

小雨が降った後、かすかに日が射して・・・何となく気になり、外へ。

 

やっぱり。

 

P1050622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外へ出ると、完璧な虹

P1050628

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、虹はあっと言う間消え去ってしまいました。

 

何と言うタイミング

 

こういう時って、すごくラッキーな気分になりますよね。

 

 

 

そして、今宵は素敵なイベントが・・。

 

小矢部市商工会主催で

 

太田豊さん(笛、楽琵琶演奏者)、桜井亜木子さん(薩摩琵琶)の演奏が

 

廻向寺さんでありました。

 

ロウソクの灯りの元、幻想的な雰囲気の中、

 

太田さんのピンと張り詰めた糸のような笛の音と、

 

桜井さんの静かに柔らかく、そして徐々に激しく奏でられる、

 

薩摩琵琶の絃の音。

 

P1050633

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琵琶の音色と共に、語りかけるように、叫ぶように綴られる唄。

 

思わずこの二人の奏でる音色に、自分の心も遥か彼方の時代へ

 

ワープしたかのよう・・・。

 

雅楽の笛と薩摩琵琶のコラボは、初めてと太田豊さんは語っていました。

 

この古い楽器を演奏する若い二人。 

 

演奏の合間のお話が、茶目っ気たっぷりで、そのギャップが面白かった。

 

お寺で聴く演奏会もなかなか良いものでした。



satomi4949 at 23:17コメント(0)トラックバック(0)講演 

2010年07月17日

だいじょぶの花 in いしかわ

今日、友達に誘われて石川県立音楽堂へ行ってきました。

 

「だいじょうぶの花 in いしかわ」

 

20100618131920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、驚きました

 

簡単に出演者は聞いていたのですが、こんなにも素晴らしいゲストが

 

続々と出演するとは!

 

まずは、第一部、雅楽の演奏の中、浅野瑞穂さんの天女のような舞。

 

あまりの美しさに只々、彼女の舞を息を呑んで凝視しておりました。

 

それから、篠笛、三味線、胡弓、ジャンベ奏者の奏でる中で、

 

詩人の堤江実さんの朗読。

 

美しい音色を聞きながら、堤さんの優しく繊細な声が響く。

 

第二部

 

和太鼓 美由紀座

 

これには、本当に驚きました。

 

4歳〜5,6歳の幼児による太鼓と小学生の子供達の太鼓。

 

体全体を躍動させながら、そして、大きく口をあけ力強い掛け声

 

この動き、この鉢さばき、体の中心から出てるような声!

 

この子達は、「命の塊だ

 

あまりのエネルギーに、驚きと感動で涙が出てしょうがなかった。

 

そして、小学生チームのさらに逞しくなった太鼓演奏。

 

私はもうそのエネルギーをまともに受けて、顔がぐちゃぐちゃ。

 

次に、乙坂晃寿(NPO法人こどもみらい自立支援ネット代表)のお話

 

今、現実に起こっている子供達の問題について・・・のお話。

 

そして、おかん(ロックバンド)の演奏。 (これにも泣かされた。)

 

 これで、やっと、第2部の終わり。

 

次に第3部。

 

穴澤祐介(盲目のヴァイオリニスト)と野田正純(ピアノ)演奏

 

次に何と五日市剛さんのミニメッセージ!

 

明日は、五日市さんと先程の乙坂さんの講演会があるのです!

 

最後にあのホ・オポノポノを歌っている親子デュオ 瀬戸龍介&花世さん

 

あの、いつもCDを聴いていた方が、生で・・・!!!

 

中身をよく知らずに連れられて来た私。

 

 

もう、驚きの連続。

 

ある意味、本当にサプライズのプレゼントでした

 

 

それぞれの人たちが、独自に公演できる方達ばかり。

 

その方達が総結集して、来てくださったのは、

 

何をおいても、この世の中を取り巻く不安や心配事や、

 

ニュースを見ても、新聞を見ても悲惨な事が毎日出てる・・・、

 

そんな世界から、一人一人が「だいじょうぶ!」と愛のエネルギーで

 

未来を変えようというイベントに賛同されたから。

 

「だいじょうぶ」という言葉ひとつに、皆それぞれの思い入れがあると思う。

 

自分に言い聞かせる、・・・だいじょうぶ。

 

親が子に力づける・・・だいじょうぶ。

 

人が人に思いやる・・・だいじょうぶ?

 

これまで、色んなだいじょうぶを耳にし、自分自身も誰かに言ってきただろう。

 

今までも、これからも、もしかすると、辛い事や悲しい事があるかもしれない。

 

「でも、だいじょうぶ」

 

どんな事があっても、最初から全ての人たちは救われている。

 

だから、必ず乗り越え立ち上がる力を全ての人は持っている。

 

自分に、だいじょうぶ。

 

そして、目の前の人に、

 

だいじょうぶ。 と、笑顔で言ってあげよう。

 

 



satomi4949 at 23:01コメント(4)トラックバック(0)講演 

2010年07月07日

なごり蛍

夜10時、先程家の玄関を出た時に

 

ふと、左手に見える庭の木の枝に、かすかに光るものが・・・。

 

あ、「蛍・・・。」

 

暗闇の中、弱々しく光るのは、なんと蛍でした。

 

6月の中旬より、あちこちで蛍の情報が聞かれ、

 

私も、近所の川や少し足を伸ばして、「蛍の里」と呼ばれる川へも

 

蛍を見に行ったものです。

 

その頃の蛍はとても元気で、シャッターチャンスを狙おうとする私を

 

横目にフワフワと、あっちへ、こっちへ・・・。

 

結局、デジカメに納めるのをあきらめた私。

 

その後、川の草刈などが行なわれ、最近、めったに見る事が

 

なくなった蛍。

 

 

 

ですから、今宵の蛍には、ちょっと、驚きの思いで見つめてしまいました。

 

思わず、「まだ、いたのね〜♪」と声をかけてしまいました。

 

蛍が最初に見られるようになる頃は、オスが多いそうです。

 

そして、後半へいくほど、メスの割合が多くなるとか・・・。

 

産卵に向けて、最後までがんばってるのでしょうか?

 

蛍が出はじめの頃は、嬉々として蛍を見つける度に感嘆の声を

 

あげていたものですが、

 

今宵の蛍には、なぜか、心寂しいせつないものを感じる、

 

なごり蛍でした。

 

 



satomi4949 at 22:49コメント(4)トラックバック(0)季節 

2010年06月09日

麦秋

P1040367

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、車を走らせておりましたら、麦の田んぼが光を浴びて、

 

とても、綺麗だったので、写真を撮ってみました。

 

一時の黄金色より、少し色が冷めてきたようです。

 

そろそろ、苅時なのでしょうか。

 

水田の苗が少しづつ成長して、青々としてくるのも綺麗ですが、

 

麦の色が青から少しづつ、黄色いに変化していく様子も、また、きれい。

 

 

P1040353

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても、久しぶりの日記となりました。

 

投稿の仕方も忘れそうでした。

 

また、ボチボチ、書いていけたらいいな。



satomi4949 at 22:26コメント(0)トラックバック(0)季節 

2010年01月11日

優しさは心の強さ・・・。

先日、石川県野々市町で今野華都子先生の洗顔洗心塾がありました。

 

友人のパワフル初ちゃんが主催。

 

そもそも、彼女が今野先生の洗顔教室を開催してくれるようになったのは、

 

私が初めて富山の教室に誘ったのがきっかけで・・・。

 

行動力に満ち溢れた彼女は、すぐ開催する事を決めていました。

 

今回は2回目。

 

彼女が開催するなら行かなきゃね

 

ましてや、私が尊敬してやまない今野華都子先生。

 

本を購入して先生が書いて下さった言葉が

 

「優しさは心の強さ」 でした。

 

 

なかなか、ドキッとする言葉でしょ。

 

本当の優しさとは・・・?、なんて、誰しも考えた事があるのではないでしょうか。

 

理想の男性は? に対して、「優しい人」 という回答はやはり多いですよね。

 

でも、実際のところ優しいだけの男性は魅力に欠ける事も多いのは事実。

 

では、先生が書いて下さった「優しさとは心の強さ」とは・・・。

 

何となくは解るのですが、ほんとの所、難しい。

 

優しさと厳しさを兼ね備えた方がいい・・・とも取れるし。

 

 

 

話は変わりますが、私は人に注意する事が大の苦手。

 

この人の為にも、この事は言っておいたほうがいいと、本当に思うのだけど

 

ものすごく口にするのが恐い。 

 

嫌われるのを恐れる気持ちなのかもしれないし、

 

じゃあ、自分はちゃんと出来てるのかと言われれば、自信が無い・・・。

 

自分が構えれば構えるほど、その相手に対する苦言は

 

ぎこちないものとなる。

 

じゃあ、なるだけ、サラッと言おうとして、

 

言ってみたものの、結局、相手が気にも留めない事も・・・。

 

仕事の上でも、友人関係でも、近所づきあいの中でも、そして、

 

地域の人たちとの人間関係の中でも、いろんな場面で・・・。

 

自分の思いをはっきり伝えられない事が多いのです。

 

 

優しさとは相手を思いやる事。 そして、時には勇気を持って

 

自分の思いを伝える事。

 

もしくは、さらなる勇気を持って、相手の全てを受け入れる事・・・なのか?

 

 

とにもかくにも、相手に対してどうのこうのとモヤモヤするより、

 

自分が今どう感じているかを、素直に伝えるほうが実行できそうかな。

 

「優しさは、心の強さ」は、

 

全ての事、全ての思いを含んだ広い意味の「心の強さ」なんでしょうか。

 

あなたは、どう、思いますか?

 

 

 

 



satomi4949 at 21:24コメント(2)トラックバック(0)講演 

2010年01月01日

満月の元旦

 

 

P1110928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年は本当にお世話になりました。

 

今日は何と、「満月の元旦」です

 

素敵だと思いませんか??

 

ちょっと、天候が荒れている所もあるけど、雲の間から満月が

 

ひょっこり、現れて挨拶してくれますよ。 どうぞ、空を見上げてくださいね。

 

 

ところで、昨年はあっという間の2009年でした

 

そして、あっという間にやって来た、2010年

 

どんな年になるのでしょうか。

 

私の思いは只ひとつ。

 

「自由にあるがままに生きる。」 を モットーにしていきたいと思います。

 

ん?

 

無責任な奴? て、思いましたか?

 

いえいえ、今までの私が無責任だったような気がするのです。

 

色んな制約、色んなこだわり、色んな思い込み・・・。

 

どれだけ、自分を型に押し込めてきたんだろう。

 

それこそが、自分に対して無責任だったような気がする。

 

自分の気持ちに正直に、そして、自分の感じたままに生きる。

 

これって、出来そうでなかなか出来なかったんですよねー。

 

果たして、2010年は??

 

そう言いながらも、昨年はちょっとづつ、ちょっとづつ、自分を覆ってきた

 

薄い皮をめくってきたように思います。

 

傍から見ても、ほとんど変わっていなかったように見えるかもしれませんが。

 

私の内なるハートは、ちょっとづつ、ちょっとづつ、顔を出してきています。

 

自分に正直になるって、他人から見ればとんでもなく迷惑かもしれない。

 

でも、迷惑って・・・、感じたその人も何かにこだわり過ぎて、そう感じたのかも

 

しれない。

 

つまり、みんなが正直に感じたままを表現できるようになれば、

 

もしかすると、全員Happyになれるんじゃないかな?

 

お互いの心の内を探る事から誤解が生じ、自分の声を無視してきた事から、

 

大きなストレスを自ら抱えてしまったのかも。

 

自分に正直に、自分に正直に・・・。

 

それって、何が自分の正直な気持ちかわかんない人もいるよね・・・。

 

でも、何事も練習。

 

正直に表現したつもりが、後で心の奥がモゾモゾ嫌な気分が残ったりしたら、

 

やっぱり、どこか、自分の素直な気持ちとずれがあったのかも。

 

それの繰り返し。

 

その内、自分のありのままの感覚を信じていると、物事がものすごく

 

スムースに流れるような気がします。

 

今年は、とにかく、自分のハートに問いかけよう。

 

それには、少しの時間でいいから、自分を見つめ直す時間をつくろうね。

 

静かな時間を。。。

 



satomi4949 at 01:07コメント(0)トラックバック(0)季節ひとり言 

2009年12月14日

満天の星

1024-768

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、残った仕事の整理で仕事場を出たのは夜の12時少し前。

 

車を車庫に入れて自宅の玄関へ向かって歩きながら、

 

ふと、空を見上げる。

 

そこには、「満天の星

 

思わず、「うわぁぁぁ・・・・。」 と感嘆の声を漏らしてしまいました。

 

夜空に輝くばかりの、星、星、星。

 

澄みわたる夜空に、360度のパノラマ。

 

私が唯一知っている「オリオン座」が、頭上に見える。

 

口からは、「綺麗、綺麗、綺麗・・・。」としか、言葉が出ない。

 

星が瞬くとは、この事ですね。

 

あちらで、チカチカ・・・。 こちらで、チカチカ・・・。

 

1つの星に集中して凝視していると、視野のぎりぎりの所で、

 

違う星がチカチカ・・・・。 (私を見て・・・。) と、言ってるかのように、

 

星が瞬きしてくる。 その星を眺めると、今度は違う星が、チカチカ・・・・。

 

私は、飽きることなく道の真ん中で空を見上げる。

 

そろそろ、首が痛くなったわ。と、家へ向かおうとすると、

 

目の端に流れ星が 

 

えっ?「今のは流れ星?」 

 

たしか、8月のペルセウス座流星群の時も、偶然明け方に

 

たまたま、主人を送るために外へ出た時に、流れ星をいくつも見て、

 

大感激したものでした。

 

その時でさえも、流れ星はいつ見た以来かしら・・・? と考える程

 

本当に久しぶりでした。

 

それが、昨晩もたまたま遅くに外へ出た事と、新月が近く月明かりが無いせいで

 

星が見やすかったこと、何よりも雲が無かった事。

 

そのいくつもの偶然が重なって、

 

昨晩は3個ほどの流れ星を見る事が出来ました。

 

後で調べてみると「ふたご座流星群」が丁度見られる晩だったらしい。

 

 

そして、20分位たたずんでいたでしょうか。

 

夜が明けて、あの星空が嘘だったかのような、曇り空。

 

昨夜の星空は、神様からのとっても素敵なプレゼントだったかもしれない。

 

 



satomi4949 at 22:58コメント(2)トラックバック(0)季節 

2009年11月07日

自然のグラデーション

今日はとってもよく晴れて暑かったですねー。

 

10月上旬の気温だったとか・・・。

 

いつも事務所にいる私にしては珍しく、

 

今日、石川県羽咋市の現場へ急きょ行く事になりました。

 

会社を出たのが4時。

 

最近は暗くなるのが早いので、急いで現場へ向かう。

 

時間が無いので国道8号線から能登有料道路を走る。

 

すると、突如、前方の視界に海が広がる。

 

現場へ向かう事だけ考えていた私にとって、

 

思わぬ光景が広がり、

 

「そうかー、海を見るのは久しぶりだわー。」

 

羽咋へ向かうと、海が見られる・・・という、当たり前の事を忘れてた!

 

 

 

刻々と太陽が沈み、時間の無い事の焦りと、あまりの夕陽の美しさに

 

見とれワクワクする気持ちが交差する。

 

時間に余裕さえあれば、確実に千里浜海岸なぎさドライブウエィ

 

降りて走っていただろう。(う〜ん、残念

 

しかし、この太陽と空の色の移り変わりの美しさは

 

何と素晴らしい事か 

 

車の中から写した写真ですが・・・。

 

P1020714

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020718

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕陽が沈み、現場に到着した頃はだんだんと廻りが薄暗くなっていました。

 

急いで現場の写真を撮り、そのまま、トンボ帰り。

 

 

 

帰りのサービスエリアにて。

 

P1020743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020742

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽咋の現場まで、あっという間の往復。

 

ちょっと、もったいない感じでしたが、普段とまったく違う

 

景色に身を投じた時の新鮮さと爽快感に、

 

仕事ながら私の中ではプチドライブの時間でした。

 

また、現場に行く口実を見つけるとしましょうか・・・。

 



satomi4949 at 22:43コメント(0)トラックバック(0)季節 

2009年10月31日

天使の羽根

今日帰り道に、ふと空を見ると・・・、

 

P1020658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄っすらと浮かんでいる月。

 

こんな月に気づく人は、ほんとに、まれかもしれない。

 

 

 

P1020663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、だんだん、家に近づくにつれ夕陽がとても綺麗に。

 

 

 

P1020684

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキがふわふわと光を浴びて、柔らかそう。

 

P1020679

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020669

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか、夕陽に優しく天使の羽根が降りてきたようです。

 



satomi4949 at 22:29コメント(0)トラックバック(0)季節 

2009年10月30日

優しき十三夜

今宵の月を観られましたか?

 

今日の月は「十三夜」

 

陰暦でいう9月13日。

 

仲秋の名月(十五夜)にならぶ月だそうです。

 

仲秋の名月は中国から伝わった行事だそうですが、

 

十三夜の月見は日本独自の風習だそうです。

 

満月でなく、まだ少し欠けている月を愛でる・・・、何だか日本人らしいですね。

 

そして、十三夜は晴れる事が多いそうです。

 

なるほど、今宵はとても、すっきりと月が輝いていますね。

 

P1020625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜8時頃の月です。

 

そして、先程11時頃に外へ出てみると、さらに月は輝いていました。

 

あまりの美しさに私は思わず棒立ち・・・。

 

そして、そっと、目を閉じると庭のそこかしこに虫の声。

 

小さく、小さく、遠慮がちに鳴いている。

 

あくまで、お月様が主役ですよ・・・。 と、言っているみたい。

 

風はまったく無く、とても、静か。

 

虫のささやきの向こうに、やはり、小さなカエルの声。

 

みんな、みんな、そーっと、そーっと、かすかに鳴いている。

 

そして、目を閉じている私もそーっと、庭の空気を吸う。

 

あ、かすかにいい匂い・・・が。

 

何の匂いだろう? 菊の花の匂い? それだけでなさそう。

 

数メートル先の道路まで出てみる。 匂いががらりと変わった。

 

やはり、先程の芳しい香りは庭先の木々や草花・・・全ての匂いが

 

うまく絡み合い、極上のお香のよう・・・。

 

とても、繊細で心地よい香り。

 

 

 

もう少し、この庭先で、月の光とかすかな香りにこの身を任せてみよう。

 

虫たちの小さなささやきを聞きながら・・・。

 



satomi4949 at 23:57コメント(0)トラックバック(0)季節ひとり言 

2009年10月27日

再びの伊勢神宮

昨年の5月に、初めて訪れた伊勢神宮。

 

今度はいつ来られるだろうか・・・と、思っていました。

 

その機会は、以外とあっさりやってきました。

 

ひょんな事から、友人のIさんに誘われ、「伊勢神宮へ行くよ。」と言う言葉に、

 

ひゅるり〜んと、乗ってしまった私

 

どんな会の旅行かも知らずに・・・。

 

集合場所のバスの中で初めて知ることに。

 

よそのPTAのOBメンバーによる旅行会だった!!

 

私も結構脳天気なもので・・・、それでも知り合いが何人もいたおかげで

 

すんなりと旅行を謳歌する事が出来ました。

 

でも、私の脳天気さも、吹っ飛びそうな驚きのメンバー

 

バスの中で最初から最後まで、大笑いが続きアゴの筋肉がよれよれに・・・。

 

この人達、本当に息の合った仲間なんだなあと、感心しきり。。。

(でも、この人達の仲間になる時は、鍛えておかないとついていけないと確信

 

 

旅行の方はと言うと、

 

小矢部市を出発し、東海道北陸道を走り「郡上八幡市」へ

 

 

P1020440

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020437

 

 

 

 

落ち着いた町並みを

 

そぞろ歩き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020448

 

 

 

 

そして、次は

小雨降る中、二見浦へ。

(昨年も来た所。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その日は鳥羽のホテルで宿泊。

 

 

P1020465

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋からの朝陽です。

 

朝のお風呂からもこんな景色が・・・。 気持ちよかった。

 

 

 

P1020468

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の曇り空から一変して、素晴らしいお天気に

 

 

そして、いよいよ、伊勢神宮へ。

 

P1020485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい鳥居に、新しい宇治橋が建設中。

 

 

P1020495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十鈴川。

 

 

今回、グループに飛び入り参加という事で

 

正式参拝をあきらめかけていた私ですが、

 

前日にお友達の初ちゃんから「御垣内参拝」の事を知り、

 

当日の受付で正式参拝をする事が出来ました。

 

式年遷宮の寄付でH28年まで何回でも参拝できる事になりました。

 

(これからもお伊勢さんとご縁が出来きました。)

 

急きょ、いっしょに居たSさんもお誘いして、

 

いよいよ、内宮の正式参拝。

 

ここで、問題が!

 

急にお誘いしたSさんの服装。

 

正式参拝は男性はスーツにネクタイと決まっているし、女性はそれに準ずる

 

服装となっています。

 

Sさんの洋服はブルーのワンピにパンツというスタイル。

 

私も結構微妙で、黒の上下だけどスーツじゃない。

 

ええい、ままよ♪  という気持ちで、内宮の受付へ進む。

 

案の定、受付の方が 「ちょっと、服装が・・・・・。」と難色の表情。

 

困った私は、すかさず「すいません! 富山から来たので、今度いつ

 

来られるかわかりません。 どうぞ、よろしくお願いします!」と

 

ひたすらお願いすると、何とか受付してくださいました。

 

(無理を言ってすいませんでした。次回からはよーく心して、参る事に気をつけますのでお許し下さい。)

 

 

そして、いよいよ、参拝する事に・・・。

 

P1020505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付の横を通り、荷物を置いてから宮司さんの挨拶とお祓いを受け

 

垣根の中へ。

 

外側では沢山の方々がお賽銭を上げて参拝しています。

 

でも、一旦内側へ入るとその賑わいは別世界となります。

 

大きな石が敷き詰められ、歩きづらい中、宮司さんの後に続く。

 

そして、宮司さんが「どうぞ、お白州の中へ。」と声をかけられる。

 

一瞬、お白州? と思いましたが、確かに白い石を敷き詰めた場所が。

 

昨年、正式参拝した時は団体だったので、だいぶ雰囲気が違う。

 

Sさんと白州の方へ進み、2礼2拍手1礼をする。

 

宮司さん「では、参りましょう。」と退場を促される。

 

(あら、これでお終い? こんな、あっさり終了だったかしら?)

 

と思いながら、再び宮司さんの後に続いて外へ出たのでした。

 

 

この旅に出る前は、伊勢神宮へ行ったら、こんな事も、あんな事も

 

感謝の言葉を述べよう・・・と、いろいろ思い描いていたのに、

 

実際は頭が真っ白のまま、あっさりと終わってしまった。

 

みんなとの集合までに、心の中で少々、悔やむ気持ちさえ湧いてきた。

 

でも、それはそれで良かったのだわ。と思い直していたのだけど、

 

その後、旅行から帰って、ある人にふとその事をもらすと、

 

「それで、いいんだよ。 あれもこれも、沢山の感謝の言葉を言わなくても

 シンプルでいいんだよ。」

 

と、言われて、改めてほっとしたのでした。

 

(以外に私は気にしていたみたい。)

 

 

P1020510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、自分の中で今回の大きな目的が果たされて、

 

すっきりした気持ちで、帰路のバスに揺られたのでした。

 

(再び、大笑いの車中でありました・・・。 )     感謝



satomi4949 at 22:54コメント(2)トラックバック(0)旅行 

2009年10月13日

ピンクの風船と祖母

昨日、体育の日に老健へ入所している実家の祖母の顔を

 

久しぶりに見に行きました。

 

その前に図書館へ本を返しに行く。

 

で、近くにある城山公園へも足を伸ばした。

 

お天気がいいと、ついつい寄り道したくなる。

 

P1020385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても、良い天気。

 

すごく気持ちいい。 

 

 

少し歩いてみる。

 

P1020388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020391

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず人が少なくて、静かだ。

 

こんなに気持ちの良い所だけど、祖母はもう足が悪く

 

なかなか来られない。

 

今度、写真を持っていこうか。

 

老健へ着いて、祖母の部屋を訪ねたら姿が見えない。

 

食堂のようなスペースに、祖母はテーブルについていた。

 

何をするでもなく、只、前を見ているだけ。

 

今年で99歳。 とても、丈夫な人でここ近年まで、しっかり歩いていたが

 

一度体をぶつけて入院して以来、歩く事が困難になってしまった。

 

 

 

ぼんやりしている祖母を車椅子で散歩する。

 

散歩と言っても、フロアをグルグル廻るだけなのだけど。

 

スタッフの部屋の前に来ると、ピンクの風船がひとつ

 

転がっていた。

 

かわいい・・・と、手に取ると、それで祖母と遊びたくなった。

 

試しに祖母へ、「はいっ!」 と、風船を投げると、

 

ポン! と、手で返してくる。

 

おお、おばあちゃん、上手じゃない

 

その調子、その調子〜っと、言いながら、ポンポンと風船が

 

私と祖母の間を行ったり来たり。

 

結構、続くわあ。 おばあちゃん、旨いわ

 

顔にもちょっと、生気が出てくる。

 

しまいに、おばあちゃん、頭突きで風船を返してくるではないか。

 

おばあちゃん、やるーー。

 

と言う事で、結局、私のほうが疲れてしまって、終了。

 

祖母のまだまだ元気な姿を見られて、ほっとしながら帰る事が出来た。

 

99歳。 おばあちゃん、あなたは凄い人だわ。

 

ありがとう。

 

11vPeTu5CfL__SL160_AA160_

 

 

 

 



satomi4949 at 21:57コメント(2)トラックバック(0)ひとり言 

2009年10月12日

下弦の月

今宵の月を見られましたか?

 

多分、殆どの方が「え? 今日、月出てたっけ?」と

 

思われるでしょうね。

 

そう、この時期、月が顔を出すのが遅いんですよね。

 

そろそろ、寝ようかしら・・・という時間帯。

 

11時少し前位。

 

今、見てきました。

 

今宵は「下弦の月」

 

今、登り始めた月はまだ赤っぽくて、大きく見えました。

 

P1020382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低くて、まだ、手のひらにのりそうな感じ。

 

そして、

 

今日の夕陽も綺麗でしたね。

 

夕方、買い物に行くのに、ひゅ〜る〜り〜♪、っと、

 

寄り道をして、倶利伽羅さんへ車を走らせました。

 

山の上からの夕陽が見たくて。

 

P1020319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の上へ行ったところで、丁度良いタイミング。

 

格別でした。

 

夕陽 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕陽が沈んだ後も、余韻が綺麗でした。

 

ところで、月の話に戻ります。

 

下弦の月から、ダイエットに励むといいそうです。

 

丁度、体がデトックス(毒出し)状態になっているそうですよ。

 

満月に向かう時は、やはり、体も蓄積しようとしているらしい。

 

だから、今がチャンス。

 

って、実は私に一番言いたい!

 

今、人生最高のピークを迎えている私。

 

何とかせねば・・・・。

 

 

 

 



satomi4949 at 00:02コメント(2)トラックバック(0)季節ひとり言 

2009年10月10日

星の輝き・・・。

久しぶりの日記です。

 

前回の日記からあっという間にひと月半も経っていました。

 

あの暑かった日から、今宵は特に冷え冷えとした夜になりました。

 

早いものですね。

 

P1020296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、朝のうちは小さな雨が降っていましたが、少しづつ良いお天気に

 

なり、久しぶりに洗濯物を外で干す事が出来ました。

 

P1020297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな一日が終わり、夕食の用意をしている時に・・・外のほうで

 

雨の音が・・・?

 

え? お天気だったはずなのに、雨?

 

ちょっと、意外な気持ちで、確かめようと玄関の戸を開けてみる。

 

あ、やっぱり、雨。

 

こんな時期だから、少しも不思議ではないんだけど、ちょっと、びっくり。

 

そして、

 

夕飯が終わり、後片付けをして、再び外へ出てみた。

 

そして、又、びっくり。

 

夜空に星が輝いてるではないですか。

 

ちょっと、心のもやもやを綺麗さっぱり洗い流して

 

すっきりしたよー。 って、言ってる感じ。

 

そして、ふと。

 

この夜空の向こうに、今、いろんな思いを抱えている人が大勢いるんだろうな。

 

苦しみ、悲しみ、迷い、孤独、寂しさ、不安・・・。

 

そして、喜び、幸せ、充実、歓喜、満足、至福・・・。

 

 

ある方のブログに

 

起こっている事実に、幸も不幸もない。

 

それを感じ取る側がどちらを選ぶかで別れる。

 

と書いてありました。

 

ついつい後者を選んでしまう人のなんと多い事か。(自分も含めて)

 

どうしても、反応してしまう自分がいるけれど、

 

そんな、自分も良しとしようか・・・。

 

どんな結果になろうとも、「すべて良し!」・・・なんてね。

 

 

と言う事で、とりとめもない、大きな独り言でした。

 

 

P1020310

 

 

 

 

 



satomi4949 at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月20日

新月の夜

P1010725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食を終え、ふと、外に出てみる。

 

エアコンの無い居間で汗だくになっていたせいか、

 

外の涼しさがいっそう際立つ。

 

汗の浮き出た首筋を心地よい風が通り抜ける。

 

 

 

そして、あちこちで虫の声が・・・。

 

背後からはカエルの、クックッ・・という鳴き声が響く。

 

 

さらに、ふわ・・・っと、草の匂いが鼻をくすぐる。

 

とても、気持ち良くって、思わず目を閉じて感じてみる。

 

 

只、それだけで、幸せと感じられる。

 

この一瞬が満たされている感覚。

 

 

・・・・・。

 

 

今日は、旧暦では7月(文 ふみつき 月) の ついたち 1日 です。

 

そして、もちろん、 「新月」 ですね。

 

新月はどことなく心が改まります。

 

今、旧暦を見直す生き方、そして、月の満ち欠けを意識する生活の

 

大切さを改めて問いかけられています。

 

 

来月の新月に、ここ小矢部市で「月の会」を開催します。

 

9月19日(土)午後から、

 

(旧暦の8月(葉 はずき 月) のついたち 1日 です。)

 

小矢部市役所側の称名寺さんで行ないます。

 

詳細はまたお知らせします。

 

とっておきのゲストや映像、音楽を交えながらの素敵な会を

 

開きたいと思っています。

 

ぜひ、お心に留まりましたら、ご参加下さいませ。

 

お待ちしております。

 

 



satomi4949 at 21:43コメント(0)トラックバック(0)ひとり言季節 

2009年08月11日

突然、目の前で映画撮影が・・・。

今日は、ホトホト疲れました・・・。

 

何故かというと、私の住んでいる町、いや村に・・・、

 

朝から、突然映画撮影が始まってたんです!!!!

 

それも、自宅から数十歩、そして、わが会社の真ん前で!!

 

驚きましたーーー。

 

寝耳に水、瓢箪から駒、鳩が豆鉄砲・・・、えっと、びっくり仰天した訳。

 

だって、およそ映画撮影する場所とは縁の無い所なんですもの。

 

田舎だけど、以外に交通量が多く、その国道沿いの

 

ましてや、単なるチェーン着脱場の駐車場で映画撮影があるなんて。

 

その風景が これ。

 

P1010671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やたら、車が止まってて、テントがあって、(生憎の小雨)

 

沢山の人が右往左往してました。

 

撮影の中に、その トモカズさんが。 

 

私達の若い頃の憧れ? イケメン? 憧れカップル?

 

あの百恵さんのご主人。

 

そう、三浦友和さん!

 

P1010670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の皆は完全に浮き足だっちゃって、交代で撮影現場を見に行く始末。

 

特に女性陣は、とってもはしゃいでいました。

 

でも、はしゃいでいたギャラリーとは、裏腹にその撮影されている

 

映画とは・・・、結構、重い題材のようです。

 

タイトルはまだ決まっていないそうなのですが、

 

原作は「死にゆく妻との旅路」

 

著者は石川県出身の清水久典さんという方です。

 

清水さんが体験された実際のお話です。

 

************************

 

原作は、七尾市出身の清水久典さんの手記「死にゆく妻との旅路」

(新潮文庫刊)。職探しのために大腸がんを患う妻ひとみさんと

車上生活を続け、ひとみさんが息を引き取るまでの9カ月間が克明に

記されている。

 

(北國新聞ホームページより)

**************************

 

ご自分の会社が倒産して、さらに奥様がガンで手術。

 

多くの借金を抱え、奥様のガンの再発に怯えながら、住んでいる所からも

 

出て行かなくてはならなくなった。

 

全財産の50万円を手に夫婦の放浪の旅が始まった。

 

詳しくはこちらで 

 

本はもちろんまだ読んでいませんが、ご主人が綴った手記に基づいて

 

出版されたそうです。

 

本を読むのにはなかなか勇気がいりそう。

 

でも、映画は来年上映されるそうなので、とても、楽しみです。

 

あ、そうそう、この一番上の写真に写っていた駐車場のトイレ、

 

実は昨日、私も参加させて頂いてる「おやべトイレ掃除に学ぶ会」で

 

掃除した所だったのです!

 

うーーん、何という偶然。

 

スタッフの方々も気持ちよく使って下さっただろうか。

 

何だか、ちょっと、嬉しい気分です。

 

では、最後にトモカズさんの写真を・・・。

 

P1010669 2

 

 

 

白のジャージー姿がトモカズさん。

 

役柄上、無精ひげでした。

 

そして、奥様役は

 

石田ゆりこさんでした♪

 

 

 



satomi4949 at 00:07コメント(2)トラックバック(0)ひとり言 

2009年08月02日

ありがとう! ダブルレインボー♪♪

突然ですが・・・・、

 

虹が出てそう・・・と、空を見上げたら・・・、虹が出てることないですか?

 

私、時々あるのです。

 

まあ、虹が出る天候に何となく条件はあるとはおもいますけど。

 

今日も、スーパーを出たときに、(ん? この空の感じ? 虹が出てそう・・・。)

 

と、心の中で浮かんだ途端、ソワソワ。

 

空をぐるりと360度見渡すけど、見当たりません。

 

????。 でも、気になる。気になる。

 

家路へと車を走らせながら、ふと、見たら、左後方に見えるじゃありませんか

 

大急ぎで、カバンの中のカメラを出そうとしたら、あらららら・・・、

 

入れるの忘れてました。

 

でも、かろうじて携帯でパシャリ!

 

090802_1831~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、写り悪いけど、見られてラッキー・・・と、

 

再び車を走らせていたら、 あらららら・・・、又、見えました

 

 

090802_1838~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ダブルレインボー 少し薄っすらとですが、外側に見えます。

 

虹って、見ているまに少しづつ、薄くなっていったりするものですが、

 

今日の虹は、結構がんばってましたね。

 

携帯のカメラでどんどん写してたら、円がだんだんはっきりして

 

090802_1840~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に見えた虹と繋がって、完全な半円になったのです

 

この、虹のショーに私は車から降りて、完全に見入ってしまいました。

 

通りかかったお散歩の男性にも、思わず「綺麗ですねー!」なんて。

 

 

090802_1840~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対側の雲も何だか、迫力ある感じ。

 

090802_1842~02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、反対に戻ると・・・やはり、虹が。

 

090802_1839~03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、体をグルグル回しながら、しばらく道端にたたずんでおりました。

 

沢山の写真を撮る事ができ、ようやく満足して車に乗ることが出来ました。

 

そして、家を通り過ぎたところで、もう一度、雲の様子をパシャリ。

 

P1010649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な感じの雲ですね。



satomi4949 at 23:36コメント(0)トラックバック(0)季節 

2009年07月22日

日食 in 白山比弯声

皆さん、見られましたか???

 

とくれば・・・、

 

もちろん、

 

皆既日食の事ですよね

 

私も見る事が出来ました

 

でも、今日のお天気は生憎の曇り空。

 

それも、雨が落ちそうな感じの厚めの雲。

 

もう、殆どあきらめていました・・・。

 

そして、今日は新月でしたよね。

 

そう、私は、会社の人に・・・、

 

「しばらくごめんなさい。 家出します・・・。」 と、いいつつ、

 

一路、白山市の「白山比弯声辧廚悄

 

旧暦の「おついたちまいり」です。

 

 

P1010507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩、参道へ入ると、思わず ・・・ 「うわぁっ、違う!」と、

 

つぶやいていました。

 

何が違うって、そう、光も、色も、湿度も、空気も・・・、世界が違うのです。

 

 

P1010510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せかされるように、足を進めます。

 

 

 

 

P1010512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内へ入ると、社務所から皆さん外へ出て空を見上げていらっしゃる。

 

けど、厚い雲に覆われて、日食は見えない様子。

 

私も見上げるが、やっぱり、見えない。

 

ひと通り、お参りして会社の人達の分もお守りを購入。

 

「幸」と一文字と刺繍された可愛いお守りは女性陣へ。

 

その他にいくつか・・・。

 

 

あまり時間が無いので、急いで駐車場へ戻り、

 

来た時には大抵よるお店で、草もちを買う。

 

レジのお姉さんに、「今日は日食みられなかったね。」と言うと、

 

お姉さんは、「さっき、お客さんが雲の中から見えたと言ってたわ・・・。」

 

えっ、ほんと??

 

急いでお金を払って、外へ出てみると・・・、

 

厚い雲の合間から時々、三日月のような太陽が見えるではないか

 

えええ、と、思わず、デジカメを出してシャッターを切りました。

 

それが、

 

 

P1010520

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか、写ってるでしょー。

 

ああ、良かったー。 46年ぶりの日食、見られなかったら

 

今後の人生悔いが残りそうでしょ。(大げさ

 

大急ぎで、会社へ戻ったら、皆も日食を見られたとの事。

 

ああー、良かった。みんな見られたんだわー

 

なぜか、ほっと、胸を撫で下ろした私でした

 

 



satomi4949 at 23:26コメント(4)トラックバック(0)ひとり言 

2009年07月20日

お久しぶりブログ、お久しぶりトイレ掃除♪

19 天使の階段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりでーす♪

 

前回からあっという間にひと月以上も経っておりました

 

たっくさんの事があったにもかかわらず、ネタが溜まりすぎて・・・

 

逆に書けなくなっちゃった〜

 

最近すぐ眠くなり、夜が苦手・・・、でも、朝の早起きも苦手・・・?

 

(じゃあーいつ、得意なのか・・・、自分でもよく分からない????

 

と言う事で、今回はその苦手の早起きをして、

 

ほんとに久しぶりの「おやべトイレ掃除に学ぶ会」に参加してきました。

 

場所は、小矢部市の名所? 「稲葉山牧場」です。

 

頂上には風力発電が3基建っています。

 

その、近くのトイレが今回の掃除場所。

 

案の定、集合時間の6時30分に遅れそうになりながら、

 

稲葉山の頂上へ向けて、車を走らせていましたら、

 

向こうの雲の合間から、太陽の光が・・・。

 

 

19 天使

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗だなあ・・・と思い、パチリ (誰かが天使の階段って、言ってた様な。)

 

 

 

 

今回のトイレ掃除は参加者が多くて、トイレの数の3倍以上???

 

あぶれた人は、建物の外回りを掃除したり、草むしりをしたり。

 

換気扇を徹底的に綺麗にしたり、みんなそれぞれの目線で工夫していました。

 

そして、今回の参加者の中に、私がお誘いしたDさんが来てくださいました。

 

Dさんは先月の今野華都子先生の教室で初めて知り合った方。

 

ありがとう よく来てくださいました。これからも、よろしくね

 

という訳で・・・。

 

 

19 食事

 

 

掃除が終わった後、休憩所で

 

朝ごはん。そして、今回は特別の

 

デザート

 

稲葉山牧場のソフトクリーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんと〜 美味しかったわあー。 味が濃かった。

 

また、稲葉山牧場へ行かれましたら、ぜひ、食べてみてくださいね

 

皆とワキアイアイと掃除をして、そして、清々しい気持ちで

 

朝食を取り、お互いの感想を述べ合って、いろんな情報交換もし、

 

とても、中身の濃い時間を過ごすことが出来ました。

 

やっぱり、行って良かったです。

 

ありがとうございました。

 

心配だったお天気も何とか持ってくれて、

 

 

19 草原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちいいなか帰路につく事が出来ました。

 

途中で・・・、

 

19 牛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛さんの姿も眺めることが出来ました。

 

もしかして、あのソフトクリームはあなたのオッパイかな・・・

 



satomi4949 at 23:24コメント(4)トラックバック(0)トイレ掃除に学ぶ会 

2009年06月12日

「Riches I hold in light esteem」

081122_1630~01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Riches I hold in light esteem」

 

(富や財産など大切なものじゃないという意)

 

 

 

今日のお昼、テレビから何気に何処かで聞いたような歌声が聞えてきた。

 

画面には知らない女性歌手の姿が。

 

その歌声と歌詞に引き寄せられるように・・・、

 

テレビ画面を食い入るように見つめていました。

 

 

theme_poem_en

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

theme_poem_jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、NHKの「ハゲタカ」というドラマのエンディングテーマだったらしい。

 

バブル崩壊後の日本経済を買収しにやってきた、

 

外資系のファンドマネージャーと日本側の企業再生家の戦いを

 

テーマとしたドラマで、毎回エンディングに都会のビルディングに

 

お札がゆっくりと舞い散るシーンに、この歌が流れていたようだ。

 

ドラマをしっかりと見たわけではないけど、英語で歌われるその

 

歌声が何故か悲痛な叫びのように聞え、ある種の暗さを感じた私でしたが、

 

今日のテレビで初めて歌詞の意味を知り、改めて違う感動を覚えた。

 

tomo the tomo(トモザトモさん)という、独特の歌い方と歌詞の内容に

 

辛さの影に本当の人間としての大切なものは何かを

 

教えられたように感じました。

 

 

このtomo the tomo さんの歌声を聴く事が出来ます。 

 

こちらから  

 

「ハゲタカエンディングテーマ曲」



satomi4949 at 23:36コメント(0)トラックバック(0)ひとり言 

2009年06月07日

情熱の町、★津沢夜高行燈★

昨晩、おやべ情報発信委員会のメンバーで

 

わが小矢部市の祭り、「津沢夜高行燈」へ行ってまいりました。

 

まずは、小矢部市のシンポルキャラクターの着ぐるみちゃんに

 

ご挨拶。(まだ、名前が決まっていません。)

 

P1000474

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキャラクター、大好きなんですよね

 

広場に見つけたときは大喜びで、年を忘れて・・・着ぐるみに触りまくり・・・

 

そして、おごそかに・・・各町内会の行燈が通りからやってきました。

 

P1000468

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年以上前に見たきりだったので、本当に久しぶり・・・。

 

何故か、ドキドキ・・・。

 

P1000477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、メインストリートに各行燈が並びます。

 

P1000486

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか、一番行燈のぶつかりポイントの見える場所をゲットしまして、

 

カメラを構えます。

 

P1000495

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

位置に着いた両方の行燈が静止します。

 

 

P1000659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合図の笛が高らかになり、若者達の掛け声と共に、両方の行燈が

 

突進します。

 

行燈の下に沢山の引き手の人たちがいるので、

 

緊張の一瞬です。 ぶつかる瞬間、とっさに引き手の人たちが

 

両側に逃げます

 

そして、上になった方の行燈側が、一斉に綱を引き相手の行燈を壊します。

 

P1000536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000629

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000631

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000626

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次々とぶつかりあう行燈。 何ヶ月もかけて手塩にかけて製作した

 

この行燈を惜しげもなくぶつけあう。

 

そして、壊れた部分を新しいものと交換し、

 

さらなる相手の行燈に失礼の無いよう、復活した姿で向かい合う。

 

この行燈のぶつかり合いは、夜9時から延々と続き夜中の12時まで

 

かかると言う。

 

五穀豊穣・天下泰平・豊年満作を祈願し執り行われている

 

津沢の夜高行燈。

 

ハッピ姿の男達には、普段と違う炎のような情熱と潔さが

 

みなぎり、行燈と引き手と観客が同じ熱い思いでひとつになっている

 

感覚を覚えました。

 

ある種の緊迫感と興奮の中に、もしかすると、この町を守る神々が

 

その瞬間舞い降りてきていたかも知れませんね。

 

 

 

 

 

P1000704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行燈のぶつかりあいの音や太鼓の音を背に、暗い通りをそぞろ歩きながら、

 

ふと、灯りのついているレトロな風情で有名な「魚政亭」へ寄る。

 

行燈祭りの間は開放されていて、コーヒーなどもサービスしてくださる。

 

疲れた足を休めるため、料亭の右手にあるカフェへ。

 

素敵なピアノ演奏と、美味しいコーヒー。 そして、

 

さらに素敵なサプライズが・・・。

 

ピアノ演奏に飛び入りで美しい歌声がくわわる・・・

 

友人のTちゃん。 彼女の歌声を初めて聞いたような気がする。

 

さらに、その部屋の空気が素晴らしいものになって、私達を別の世界へ

 

導いてくれたようだ。

 

ありがとう。Tちゃん。 あなたは、本当に素敵な人ですね。

 

ピアノを弾いてくれていたMちゃんも、とても可愛い人でした。

 

素敵な町。 「津沢」を堪能した夜でした。

 



satomi4949 at 21:31コメント(2)トラックバック(0)おやべ情報発信委員会季節 

2009年05月24日

今野華都子先生「ハッピー洗顔教室」があります。

昨日に引き続き・・・お知らせです。

 

昨年も富山へ来てくださった、今野華都子先生の

 

「ハッピー洗顔教室&リンパマッサージ教室」が

 

6月20日(土)に石川県白山市で開催されます。

 

パンフレット

 

 

(← クリックしてね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、幸せのきいろいとりさんが開いてくれた「ハッピー洗顔教室」に

 

いっしょに行った友人の初子さんが感激して、

 

「私もこの教室を開きたいわー♪」と言っていたのですが、

 

ついに実現してくれました。

 

今野華都子先生のプロフィールは写真のパンフに書いてあります。

 

昨年のブログでも紹介させて頂きました。

 

タラサ志摩スパ&リゾートホテルの社長でありながら、

 

教室の講師で全国を駆け回っておられます。

 

お忙しい方ですが、本当に丁寧で誠実な対応をして下さるので、

 

今回お世話している初子さんは感激しておりました。

 

洗顔以上の事を教えてくださる今野先生。

 

女性だけでなく男性も受講してみると、目からウロコかも。

 

自分に対するやさしさを・・・、そして、他人に対するやさしさを

 

学べるような気がします。

 

ぜひ、ご参加下さい。

 

(問い合わせは、パンフに記載されています初子さんへ)

 

 



satomi4949 at 22:09コメント(2)トラックバック(0)講演美容 

2009年05月23日

お知らせがいっぱい・・・。

お久しぶりです。

 

油断していたらあっという間にひと月が過ぎていました。

 

このような感じで日々の流れは加速しているようです。

 

そんな中でも大切な時間を見過ごさないようにしたいもの。

 

 

木漏れ日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節は確実に移り変わろうとしています。

 

仲の良いツバメのカップルが、田んぼスレスレに見事なペア滑空を

 

しています。 フィギュアスケートのペアの滑りのように

 

流れるようなラインで飛んでゆきます。 

 

 

菜の花には小さな蜂達が一斉に花から花へと

 

飛び回っています。 その羽音が蜂たちの大合唱のよう。

 

そして、夕暮れに、ふと見かけた倉庫の屋根の上・・・ 。

 

 

P1000389

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは・・・?

 

 

P1000390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオサギでしょうか。

 

近づいたら、あっという間に飛んで行ってしまいました。

 

よく田んぼの畦に見かけます。 

 

屋根の上で見るのは珍しいかもしれません。

 

                 

 

ところで、お知らせがあります。

 

今月と来月、小矢部ではイベントが目白押し。

 

大きな所では、 ↓ ↓ ↓  こちら。

           

小矢部の伝統獅子舞競演 明日なんですねー。

 

そして、小矢部市役所のお隣の寺、称妙寺さんでは・・・。

 

5月29日(金)夜7時より 「落語を楽しむ会」があります。

 

(下の写真をクリックしてね。 大きくなります。)

落語を楽しむ会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、6月10日に同じく称妙寺さんで、

 

「丸山祐一郎&こやまはるこさん」ライブがあります。

 

   ↓ ↓ ↓ ↓

 

虹のHoshi

 

 

どちらも、本当に楽しみです。

 

良かったらぜひ遊びに来てくださいね。

 

 

 

実は、もう1つお知らせがあるんですが、

 

又、次回・・・と言う事で。 

 

 

 



satomi4949 at 23:29コメント(0)トラックバック(0)講演季節 

2009年04月19日

思い込みまっしぐら〜♪

日向ぼっこ

 

 

 

時々、これは、思い込み??

 

それとも、わがまま??

 

それとも、自然の流れ??

 

と、迷う事しばしば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

090411_1139~01

 

でも、これって、思うがままに

 

行きなさいっていう・・・サイン??

 

そこで、ちょっと、再び、

 

迷い道・・・。

 

でも、そこは、やはり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

090411_0723~01

 

そうだニャン 

 

OKのサインが出たんだニャン

 

と信じ込み、行ってきました。

 

えっ? 何の事かわからない???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでしょう。そうでしょう。

 

私の頭の中の思い込みの流れを言ってるわけで・・。

 

 

 

先日、本田健さんとアラン・コーエンさんの講演会に行ってきたのです。

 

この講演会は前からあると知っていたのですが、この多忙な時期、

 

とてもとても、行けないとあきらめていました。

 

ところが、あるメルマガに偶然この講演会の事が書いてあり、

 

読者の中から、抽選で5名の方をご招待・・・と、書いてあったのです。

 

(5名か・・・。ダメ元で出してみよう。)・・・・と、メールを送って

 

すっかり忘れていたのですが、講演会の3日前にメールが来て、

 

>厳選なる抽選の上、あなた様が当選いたしました。

 

>この講演会にご招待いたします。

 

の文面が。

 

えええええっ。 ほんと?

 

これって、嬉しい反面、普通の主婦だったら迷いますよね。

 

でも・・・、結局、行ってきたわけです。

 

私の得意な思い込みの勢いで。

 

ありがとうございました。 いつも、いつも、わがままな私を見捨てず

 

送り出してくれる家族に感謝。(只、あきれている・・・という・・・話も・・。)

 

このご恩は・・いつか、返せる時がくるでしょう。(必ず・・。)

 

 



satomi4949 at 23:10コメント(1)トラックバック(0)ひとり言 

2009年04月14日

花の宴の後・・・。

P1000254

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わが小矢部市の花見は他の市より、ちょっと、時期が遅い・・・と、

 

毎年感じていました。

 

城山公園は山の向きの関係でいつも、開花が遅いのです。

 

という訳で、油断していました・・・。 

 

 

 

何と、今年はしっかり、他の所と足並みがそろったようです。

 

春といえども、この初夏のような陽気が続いたせいでしょうか。

 

 

 

今日の夕方、ふと外出のついでに城山公園に寄って見たのですが、

 

 

あらら・・・。

 

もう、葉桜が・・・。

 

花が少ない・・・・。

 

P1000247

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、少しは花を楽しめますが、かなり、寂しい。

 

昨日は公園で花見祭りがあったとか。

 

多分満開を過ぎて、ちょっと、花見的には物足りなかったかも。

 

 

 

でも、私にとって今日が初花見。

 

それはそれなりに美しい。

 

そして、何よりも・・・・静か。

 

P1000246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園にある東屋に、一人腰掛けていると、

 

広場を囲む山々から・・・、

 

そう、鶯の鳴き声が・・・・。

 

右から、左から、こだまするように、反響している。

 

あたかも、私を取り囲むように・・・・。、

 

本当に美しい鶯の声。

 

しばし目をつむる・・・。

 

何とも言えない。 気持ちよさ。 清々しい空気と鳥達の美しいハーモニー。

 

そして、耳を澄ませば、遠くに電車の・・・、

 

カタン、コトン、カタン、コトン・・・という音が。

 

車の音や、人の話し声ひとつない・・・、静かな公園は、

 

とても、贅沢な場所です。

 

 

腰掛けているだけじゃ、もったいなくて、しばらく歩いてみました。

 

P1000250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄暗くなりかけた公園の高台で、神武天皇がやさしく見守ってくれます。

 

その側では高校生のカップルが楽しそうに、ブランコで座りながら

 

おしゃべりしていました。

 

邪魔したら悪い気がして、そそくさと、その傍らを通り過ぎ、

 

 

また、腰掛けていた東屋まで戻ってきました。

 

向こうからは、仕事から帰って運動服に着替えた中年の男性が

 

足早に腕を振りつつ、歩いていきます。

 

そろそろ、薄暗くなってきました。

 

もう少し居たい気分を我慢しつつ、帰路につきました。

 

明日は、雨の予報でしたから、この花びらも大方落ちてしまうのでしょうか。

 

パッと咲いて、パッと散る。 それが桜の花のいいところなんですけどね。

 

P1000248

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



satomi4949 at 00:11コメント(0)トラックバック(0)季節 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
ハワイ旅行・海外旅行が無料になる!そんな夢のような情報をご提供! (■■■ハワイ大好き人間全員集合!!「ハワイ」・「ハワイ旅行」に関する、おもしろブログ記事収集ブログ■■■)
こんな事があるなんて・・・in ハワイ
“薪の音”&“ライアの音” (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
心安らぐ七夕コンサート
100万人のキャンドルナイト・・・だべ!!(o^_^)b (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
今日から100万人のキャンドルナイト
五日市さん“ラスト講演会” (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
これが最後の五日市剛さんの講演会
体が二つあれば・・・(ToT) (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
やっぱりすごい中村さん!
体が二つあれば・・・(ToT) (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
あの、中村文昭さんが又やってくる!
初!一日二回投稿!!v(*⌒ー⌒*)v (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
五日市剛さんの講演がもうじき・・・。
お友達紹介コーナー・・NONさん (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
2週間ぶりの自力整体♪
我が“ざいしょ”・・・めでたく所帯が増えました。  \(^-^)/ (ごくつぶしの“材木屋三代目” 夢のマイホーム実現計画)
今日は恵みのお天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ