Satomi布アートカード

言葉にすればするほど こぼれおちてしまいそうな想い 大好きな布に託して・・・

Satomiプロフィール & 作品



IMG_7720














IMG_7208















         IMG_7200







                 











  







     
         

Satomi

 
プロフィール 

布コラージュアートカード作家。
布コラージュワークショップファシリテーター。

日本芸術療法学会認定芸術療法士(布コラージュ法研究家)



京都府宇治市出身。東京在住。
宇治川のせせらぎと、
平等院の鐘の音を聴きながら育つ。

20代で演劇の世界を志し上京。俳優やスタッフとして20数年演劇の世界に関わる。





持病の喘息による、度重なる子どもの入退院をきっかけに
「病気の子供と共存できる、自分にしかできない一生の仕事を創りだしたい」と
布コラージュアートカードを作り始める。



2003年から,布とポストカードが好きな方、赤ちゃん連れママ、フリースクール
保育園、小学校、児童養護施設、
高齢者施設、精神障がい者自立支援施設、ドイツ文化センター
東日本大震災被災地などでバリアフリーにワークショップを展開中。





2012年瀬戸内国際芸術祭 日本郵便株式会社 土庄郵便局舎アート化プログラムの一環にて
小豆島土庄郵便局にて個展とワークショップ講師担当

2013年 三越日本橋本店”森のポストからクリスマスカードを送ろう”にて
クリスマスカードワークショップ講師担当

2014年 三越日本橋本店・銀座三越・伊勢丹新宿本店にて
クリスマスカードワークショップ講師担当 


2015年 JPタワー KITTEにて開催された「ムーミン切手発売記念イベント 」にて
ワークショップ講師担当


2016年 「切手の博物館」 開館20周年記念イベントにてワークショップ講師担当






                     P1010431

                

      
         日独青年音楽家交流  ドイツ文化センターにて

    
           


         

ワークショップとは
互いの「出会いと発見の場」




子どもたちに、携帯やメールに出会う前に
布とポストカードに出会って欲しいとの思い強く
保育園、小学校の総合学習の授業や土曜学校でもワークショップを実施。






IT社会の第一線で働く現役世代には
心身ともにバランス良く日々を過ごすために
「頭と心のコリ」ほぐしとして

若い世代には
スマホやパソコンに振り回されず
瑞々しい感性を豊かに育てる為

新たな出会いを呼び込む
一通の手紙が持つ力を伝える為に




幼児から高齢者まで、障害のあるなしに関わらず
家族一緒に楽しめる
「布コラージュアートカード」の普及を目指している。





布コラージュアートカードのことは、雑誌清流(2004年)
朝日新聞「暮らし達人モンジロー」(2010年)
ジャパンタイムズクリスマス特集号(2010年〜2013年)
などでも紹介された。






2015年11月 朝日新聞出版社刊

描く・切る・貼る
季節を楽しむ絵手紙

の中で、6人の作家のうちの一人として
布コラージュカードを担当



IMG_2902


      私の作品は右上ぶどうです

      おかげさまで、3版!
      決定いたしました!!






趣味は着物の端切れ収集&和太鼓





                            


Satomi  布コラージュアートカード作品  





P1070525

 2011   祈りの木  
2011年 ジャパンタイムズクリスマス特集号表紙掲載作品







       羽








   P1000066








             P1060036











くさっぱら    作品春
                      





         P1060752







P1000041P1000039








             P1000081






                P1000031
                  
        
                    作品部分






       P1000037

       
          









    実用編





              ムーミン 

                                     日本郵便ムーミン切手発行記念イベント ワークショップ Satomi作品例







           ちょっと繊細な 

           ちょっと激しい 

           ちょっとメルヘンチックな 




           いろんな わたしが  



           わたしのなかに  



           いるようです

           
           








*特に記載がない限り、ブログ掲載の写真は全てsatomi本人が撮ったものを使用しています。



                           


 


 

ご無沙汰しております

    IMG_7819















IMG_7841












IMG_7847












IMG_7857












2か月間も、ブログが止まっていたわけは

facebookを始めたから



新しいパソコンに不慣れなため
画像編集がうまくいかないこと

です




我が故郷、宇治の平等院の前に

ついに、スタバが登場・・・

哀しい・・・



地元ガンバレ!







IMG_7754














           IMG_7779

                 平等院通りのお店で発見!かわいい、団子柄!

              








satomi

東大寺 二月堂 お水取り

     IMG_7408












    IMG_7342









             IMG_7341









IMG_7340













             IMG_7339











IMG_7335












IMG_7333












IMG_7345

                       東大寺二月堂











IMG_7330













        IMG_7327

















IMG_7412














        IMG_7413



















IMG_7404














IMG_7349
















IMG_7372














IMG_7357














IMG_7355












      IMG_7366


























IMG_7353
















IMG_7398









             たくさん 火の粉を浴びて 厄除けしてきました


             その後、二月堂の局の中に入り 静かな祈りの時を過ごしました。



             


     

北野天満宮 梅花祭



                 IMG_7243














IMG_7234














       IMG_7249














     2017022516430002













2017022515460000















                    2017022515460001














2017022516040000














          2017022515420000

















2017022515430000

















IMG_7237















              IMG_7198







                京都北野天満宮 梅花祭にて

立春

     IMG_7060
















IMG_7070


















        IMG_7071


















        IMG_7081
















           IMG_7054

















      IMG_7048

















  IMG_7080
















           IMG_7076
















        IMG_7078








                            春が   来たよと



                      天国に引っ越した母に   呟いてみた

初春から初花月へ

   

       IMG_6868



                              故郷宇治川 朝霧橋













IMG_6871















    IMG_6687

                         宇治   興聖寺














IMG_6702


                         黄檗山  万福寺












       IMG_6693















    IMG_6725










IMG_6728


















   IMG_6918

















IMG_6891



                     滋賀県守山  勝部の火祭













    IMG_6931















IMG_6950


















   IMG_6982














   IMG_6995















    IMG_7010

















      IMG_7041





















    IMG_7037















   IMG_7034










                       そして   もうすぐ   立春




                 私は最近 大好きな国会図書館に通っています



          今年は 腰を据えて 生まれて初めてのことに 取り組もうと思っています


                


                     すでに1か月過ぎてしまいましたが


                        今年の目標は  素直


                 やわらかな心を持った  ばあばになるのが目標です



           
                



                     




うつくしき 年暮れきりし 夜の空    一茶








IMG_6437









 今年は  母二人を亡くしました



 新年のご挨拶を 控えさせていただきます




 良いお年をお迎えください

KITTEのクリスマスツリー

IMG_6646













IMG_6651











IMG_6635










IMG_6638














IMG_6644













    IMG_6623












 本物の木が持つエネルギーと迫力でしょうか


 毎年、クリスマスが近づくと


 会いたくなる


 ツリー




 飾りつけが一切ない

 潔い 立ち姿



 そんな立ち姿になりたい








IMG_6625
















ドイツ文化センターにて

IMG_6429


   まだ紅葉が綺麗に残っていました







IMG_6430

 
  遠くに見えるは高橋是清像










IMG_6399


 今日は

 青山一丁目

 ドイツ文化センターへ






IMG_6398









       IMG_6404

 テーブルもオシャレ











IMG_6403


  ワークショップの準備




          







IMG_6411






14歳から17歳まで

すでに世界中を演奏旅行するような才能あふれるドイツの音楽家たち

国際交流の一環として、来日


先日、コンサートにも伺いました。

とても10代半ばとは思えないような表現力


そんな、瑞々しい感性の方々に

布コラージュワークショップをさせて頂く機会を得ました。


今回で3回目



人となりが

演奏に見事に現れていることを

数時間共に時間を過ごさせていただいただけでも実感


細やかな心遣いを見せてくださった方は(我が子よりもずっと年下なんですけれどね)

演奏も繊細で、そこはかとなく優しい音色でした


こういうお子さんを育て上げた親御さんにお会いしてみたい・・・




私は、ドイツ語は勿論の事

英語もろくに話せないのですが

一緒に時間を過ごすうちに

不思議と言葉の壁を感じなくなります。



ちょっとした表情

ちょっとした仕草

笑顔

戸惑い

喜び


そして作品




いつも、余計なおしゃべりをついついしてしまう私にとっては

寧ろ、話せないことで

その場の瞬間に生じていることに集中し

敏感になれるような気がしました。








IMG_6438


 最後に、こんなチョコを頂きました





彼ら彼女らにとって

これからの未来が

さらに輝かしいものとなりますように・・・

秩父夜祭 宵宮


IMG_6301




 染めたのではなく、本当に黄色の糸を吐く蚕ちゃんがいるそうです


 絹糸って本当に綺麗・・・










          IMG_6337










IMG_6335









IMG_6336













                      IMG_6333














                             IMG_6319












                                IMG_6308












IMG_6310
















       IMG_6331










IMG_6332


祭りを支える男衆は格好いい!








IMG_6322


   男性の、こういう祭りの御着物も良いものですね









           IMG_6306










IMG_6324











           IMG_6328





                 踊りの後に  おひねりを手に


                 お疲れ様でした









IMG_6329



 秩父太鼓は、この襖の奥の狭い狭い空間で叩いておられるのです

 
 どうやったら、あんなに早く叩けるのか・・・

 余計な力が入っていないんですね、多分

 和太鼓奏者の林英哲さんの手のひらも

 まめひとつできていない、ふわふわの柔らかい手のひらだそうです



 私の手のひらは、まめだらけ

 太鼓を叩いていると、すぐに筋肉に筋が出るんです(笑)


 
 肩の力を抜いて

 いつか、軽やかに叩けるようになりたい・・・

 









        IMG_6352













IMG_6361













IMG_6391



 





 秩父に出向いた翌日

 某児童館の餅つき大会で

 秩父太鼓も叩かせていただきました。

 前日の興奮冷めやらず

 気持ちだけは、ハイテンションで秩父太鼓がまだ体の中を駆け巡っていたものの

 思うようには叩けず・・・


 悔しい!!

 上手くなりたい!!!



 聴いてくださった、お子様たち

 ママやパパやご近所の方


 ありがとうございました!








こんなマンホール あったらいい・・・かな?

IMG_5674


 奇妙な円盤出現!




           IMG_5659




マンホールは、もう一つの世界への入り口

そんなイメージで作った作品

全て布で作ってみました












IMG_5713





 出来上がって見れば

 時計のような

 今の私の曼荼羅のような・・・





IMG_5688



意外にお寺に合うと思いませんか?


撮影中
お寺の方が、不安げに見ておられました


固定されてはたまりませんものね


ごめんなさい




            IMG_5662



撮影中、もう少しで、自転車にひかれそうでした!



樹脂を流し込むと、実用化も可能のようです。

透明な円盤の中に、布が入っている・・・

いかがですか?








IMG_6237







IMG_6242


 左のマンホール作品の外側は
 
 阿佐ヶ谷のけやきの葉っぱもちょっとイメージして作ったので
 けやきの落ち葉も、ちょっと乗っけてみました。



他の方の作品は
ボードで展示の他
華道の先生は立体アート

ひとりひとり個性豊かな世界です






IMG_6240



























子ども達を中心に「こんなマンホールあったらいいな」と思うものを
イラストにしてくれたものも展示してあります

やっぱり子ども達のイメージの豊かさには
かなわないものがあります



秋の日

IMG_6106








                   さて    ここは   どこでしょう




         IMG_6094













IMG_6098















IMG_6117












IMG_6114










          IMG_6113





                           奈良   若草山






クリックすると新しいウィンドウで開きます


奈良国立博物館 公式ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shosoin/2016shosoin_index.html









    

     下の方からまあるい、丘のような優しい若草山の姿

     ちょっと登ってみようかな

     と気軽に ふらふら



     下から見るのと、登ってみるのとは大違い

     若草山は

     正真正銘の山でありました




     日の入りが早い

     今の季節

     夕日を沈む瞬間に立ち会えるので

     お勧めです




     くれぐれもハイヒールでは

     行かないでくださいね












IMG_6055






観光シーズン真っ盛りの故郷宇治







IMG_6043

































IMG_6049

















IMG_6058

     




日が沈むころには 

昼間の賑わいが嘘のように

す〜っと観光客の姿は消え  

静かな姿を見せる

我が故郷


黄昏時こそ

最も魅力的な姿を現してくれます

鞍馬の火祭

         IMG_5832











 IMG_5866











IMG_5867










IMG_5864













          IMG_5838










IMG_5846














IMG_5858











IMG_5863













IMG_5827












IMG_5828













IMG_5869





























IMG_5839
















IMG_5835













IMG_5877















IMG_5851













IMG_5848













IMG_5870















IMG_5865



















IMG_5861








IMG_5918

















IMG_5905
















IMG_5944
















IMG_5936















IMG_5907















IMG_5898









IMG_5914



















IMG_5962















IMG_5965
















































IMG_5966

















IMG_5967
















IMG_5987


















IMG_5990

















IMG_5974



















IMG_5975









今年も


鞍馬の人々が守り続けて下さる火祭りのおかげで


力を頂きました




ありがとうございました




マンホールアート


IMG_1392



















IMG_6029

杉並で、こんなマンホール⁉展

ーあったらきっと楽しいはず!−

会場  杉並区役所  区民ギャラリー2階 回廊
期間  2016年11月14日(月)〜11月25日(金)
9時〜17時(初日13時〜  最終日 〜15時)
11月20日23日はお休み

企画・主催  すぎなみイラスト




いま 上記のマンホールアート展に出展する作品を

お家に籠って創作中




なんといっても

今までは、ポストカードが台紙

小さな長方形の世界



一番大きいもので

2011年 ジャパンタイムズクリスマス特集号に作品提供した

細長の作品

やっぱり長方形




直径60センチの円形の台紙は

私にとっては大きなチャレンジ




ここ数日は

久々に

苦しくも楽しい創作モード



自分が何を作りたいのか

というのは

作りながら ようやく見えてくるものだと

再確認



自分がどう生きたいのか

というのが

歩きながらはじめてわかってくるように





作ろうとしていたものとは

全く違うものが

形になって現れてきました




色彩の海の中たゆたいながら

時には溺れ

あれでもない

これでもない


自分の心にぴたっと添ってくれる布を

とっかえひっかえ試し

あっちに置いたり

こっちに置いたり



たっぷり迷える布コラージュの世界は

私の頭の中も

心の中も

整理してくれます





もしかしたら

心の整理をしたかったから



この時期に

マンホールアート展に

手を挙げたのかな





ポストカードの世界から

ほんの少し

飛び立とうとしています




さて

私は一体

どこへ

向かおうとしているのでしょう

・・・













IMG_5383

中秋の名月

IMG_5403


  やってまいりました

  石山寺



     地元中学生の太鼓の演奏

  大太鼓に向かい、後ろ姿の男の子の演奏がダントツ

  見事なばちさばきと

  それ以上に、やるぞ!という気概が漲っておりました



  生徒会のメンバーが中心という事で

  実はわたくし、中学の時に何故か生徒会長をやっておりまして
  (ただ、おしゃべりしていただけですが)

  懐かしいなあ 若いっていいなあと

  感動もひとしお



  石山の街並みも風情がありました








            IMG_5433












                          IMG_5424


                             中秋の名月












IMG_5415












IMG_5416








  突然ですが

 お月様にちなんだ作品をご紹介





IMG_5462





        同じ構図でも、布が違うだけで雰囲気も変わります


    右側作品のうさちゃんの耳には、ラメでオシャレしてみました

    お月さまは、白無垢の花嫁衣裳の端切れ(骨董市で入手)

    綸子が美しいでしょ



    左側の作品のお月さまは、藍染めの絞り

    絞り模様が、雲に見えますか?



    糸が好きな私

    帯の端切れのほつれた錦糸を用いて

    野山や波をイメージしてコラージュ

    

    長くブログをさぼっていたので

    ちょっと反省して

    作品をアップしてみました





IMG_5476




       ぶどう いろいろ

       アクセントに柄物を入れると引き締まります



       カードの下に敷いた布は

       ぶどうカードもお月さまのカードも同じ布

       一枚の反物の裏表



       いつか和服地で洋服を作るような日が来るとよいなと

       少しづつ、集めているものの

       箪笥の肥やしになるのか・・・



       どんどん断捨離とは無縁になっていく

       時代遅れの私です


    



2016年 私の8月15日 そして16日


IMG_5303















         IMG_5299








  ここは





                           IMG_5322










   どこでしょう





IMG_5323











                   IMG_5317













IMG_5313




















IMG_5307








   ちらりと  お顔のぞく


  イケメン











           IMG_5318










     8月15日


     奈良  東大寺




     大仏様の膝元で

     お坊様たちが

     読経をしておられるお姿が

     わかるでしょうか?




     大仏様は

     本当に

     大きい





     この大きさに

     包まれながら

     人々は

     救われ続けてきたのでしょうか・・・














             IMG_5027









 実は、この翌日


 京都の大文字送り火を見に行きました



 土砂降りの雨


 山がどこにあるのかさえもわからないほど


 全身ずぶ濡れになりながら


 愚かな私は


 まだかまだかと


 大の字に灯がともるのを


 鴨川沿い


 出町柳付近で待っておりました




 傘はあれど


 もはや

 全く役には立たず





 あまりの土砂降りに


 ひとり

 またひとりと

 姿を消し




 ふと気づけば

 周囲に人の姿はなく

 私一人


 ぽつり




 皆、帰ったのかなと思ったら

 さにあらず



 皆さん

 賢明なので


 雨に濡れないように

 橋の下で

 大勢の人々が待機





 「送り火にまだ火はつかないのですか?」


 と、諦め顔に、お巡りさんに尋ねると


 「点火の報告は受けているのですが

 雨が強くて

 下からは見えないんです」



 なんと

 

 点火されていた・・・



 どこが山だか空だか不明な

 空間を見つめると


 ぼわあんとした

 あかりが

 ふたつ みっつ

 雨にけぶっておりました




 一体

 大の字の

 どのあたりかは

 不明




 それでも

 前日の、くっきりした奈良の大文字の送り火を目にした時よりも


 ぼわんとした灯りを見つけた時の方が

 私の感動が深いのは

 一体どういうわけなのか




 もしかしたら

 待つ

 ということ自体が

 私は好きなのかもしれないな



 そんなことに気付いた


 奈良の大文字送り火

 京都の大文字送り火


 二夜続けての

 送り火体験でした

 。まる




 夏が




 
 往く









 * パソコンの問題は未解決ですが

  写真を取り込んで編集することは

  できるようになりました



  ホッ

ことさらに思い出深い  2016京の夏


   2か月間、京都と東京を週に一度
  行ったり来たりしている間に
  新規の写真を取り込んでのブログ編集が困難になってしまいました。

  バージョンが何とか
     インストールが何とかこうとか

  何度試みても上手くダウンロードできず


  パソコンに弱いと
  今の時代、本当に大変ですね
  やっぱり

  FBもいろいろな方に勧めらているのですが
  どうも、気乗りせず


  完全に、時代に乗り遅れております。



  今しばらく、7月の京都の夏の写真で
  ご容赦ください


  酷暑の折
  くれぐれもご自愛くださいますよう



  母を亡くし
  今年の夏は
  殊更に、思い出深いものになりました





IMG_4844









                          IMG_4895



















IMG_4861











IMG_4839










                           IMG_4868


















IMG_4917









IMG_4882












                                  IMG_4884











IMG_4945









                              IMG_4951










IMG_5035



        











           IMG_5048











IMG_5029














                                 IMG_4813















IMG_5082















                IMG_5090














IMG_5030













                       




               IMG_5081











IMG_5108












                                                 IMG_5104














                                  IMG_5131
















              IMG_5132













                                                       IMG_5169












IMG_5168















IMG_5134
















                            


           IMG_5130















IMG_5128




















            IMG_5190














                       IMG_5189

      

半夏生













P1060988


             半夏生









            








  


                                あなたのことを



                                 想っています









IMG_4508


















                                              IMG_5475



京都府庁旧本館

IMG_4405













IMG_4350

















IMG_4377
















IMG_4379





















IMG_4378




















IMG_4352

旧 知事室
















IMG_4356


















IMG_4387

旧議会場
















IMG_4382

















IMG_4389


















IMG_4386






京都の街中を

適当に歩いていて


何て素敵な建物!

と、感動して入った建物が

なんと

京都府庁旧本館




議会場も

劇場みたい



知事室も素敵



何もかも素敵で

うっとりしてしまいました



明治37年(1904年)竣工のレンガ造りの建物で

現在も執務室や会議室として使用されているそうです。




創建時の姿をとどめる現役の官公庁建物としては

日本最後のもので平成16年に告の重要文化財にしていされたそうです。

ワークショップご参加頂きありがとうございました!

IMG_4316



       「 切手の博物館開館20周年記念特別展」のチラシにもなった
   やなせたかしさん原画の「飛べ手紙」(1993年発行)


    「苦労の影は少しも見せずに、うれしそうに手紙はとんでいく」
               
   何て、素敵な言葉なのでしょう
   何度も、声に出してみたくなるような言葉


    これは、郵政省(当時)によるこの切手の報道資料に記載されていた
    やなせたかしさんのメッセージだそうです。
   (切手の博物館開館20周年記念 展示案内レジュメ参考)


    








                        IMG_4243



  切手の博物館開館20周年を記念して5月1日から設置された
  楳図かずおさんデザインの「まことちゃんポスト」



  今までは、まことちゃんの、個性的なヘアスタイルに目が行っていたのですが
  ポストになってみると
  瞳が、とても美しく可愛しいことに気付きました


  以前、井之頭公園で、偶然、楳図かずおさんに出会ったことがあります
  なぜ、ご本人だとすぐにわかったのか

  赤と白のストライプのお洋服だったから

  本当に、お好きなデザインなのですね










IMG_4249




  布コラージュアートカードワークショップの会場に
  飾っていただいたミニカード

  実用的なこともあって、結構皆さんに、喜んでいただけます


  ポストカードを二つ折りにして台紙にし
  小さな端切れを、四角く切ってのり付けするだけ

  何かプレゼントされるときなどに
  ちょっと添えるには重宝します

  想い出と繋がっている端布を利用されても素敵です






  5月4日5日のワークショップ
  おかげさまで沢山の方々にご参加いただき
  楽しい時間を過ごさせて頂くことが出来ました


  ご参加くださった皆さま
  本当にありがとうございました


  布準備も
  サンプル作品づくりも
  意外に孤独な作業なのですが
  ワークショップの場で
  私の想像も及ばないような作品が生まれる瞬間に立ち会う時
  この上ない喜びに充たされます
  


  自分でカードを作るより
  ワークショップのほうがぐんと楽しいのです


  昨年の5月1日にJPタワーKITTEにて開催された「ムーミン切手発行記念イベント」の際に
  布コラージュワークショップに参加して下さった方も
  今回、わざわざ足を運んでくださり、感謝の気持ちでいっぱいでした



  ご家族でご参加くださった方々も沢山おられて
  普段では見ることが出来ないパパやママの素敵な作品に
  あらためて尊敬の眼差し
  「才能ある!」とお子さんたちがニコニコと嬉しそうでした


  皆さんのイメージ豊かな作品と笑顔に触れ
  沢山の幸せ気分をいただきました
  


  2日間、学習院大学の学生さんが、お手伝いしてくださいました。
  
  「全く知らない人同士なのに、同じテーブルで作っている人同士が
  以前から知っているように声を掛け合い、和やかな雰囲気なことに
  びっくりした。」

  と、最後の日に言ってくださったのです


  
  布コラージュを通じた一期一会

  こんな空間が生み出せたら良いなあと私が思っていることを
  若い学生さんに感じ取っていただけて
  今後の励みになりました


  参加者の皆さま
  切手の博物館のスタッフの皆さま

  本当にありがとうございました!
  



  

  苦労の影は少しも見せずに
  うれしそうに手紙は飛んでいく

              やなせたかし




           IMG_4316
    



  
Recent Comments
Recent TrackBacks