Satomi布アートカード

言葉にすればするほど こぼれおちてしまいそうな想い 大好きな布に託して・・・

Satomiプロフィール & 作品

IMG_2364

こよなく愛する我が故郷 宇治の平等院      





Satomi

プロフィール

布コラージュアートカード作家。
布コラージュワークショップファシリテーター。

日本芸術療法学会認定芸術療法士(布コラージュ法研究家)



京都府宇治市出身。東京在住。
宇治川のせせらぎと、
平等院の鐘の音を聴きながら育つ。

20代で演劇の世界を志し上京。俳優やスタッフとして20数年演劇の世界に関わる。

 





持病の喘息による、度重なる子どもの入退院をきっかけに
「病気の子供と共存できる、自分にしかできない一生の仕事を創りだしたい」と
布コラージュアートカードを作り始める。



2003年から,布とポストカードが好きな方、赤ちゃん連れママ、フリースクール
保育園、小学校、児童養護施設、
高齢者施設、精神障がい者自立支援施設、ドイツ文化センター
東日本大震災被災地などでバリアフリーにワークショップを展開中。





2012年瀬戸内国際芸術祭 日本郵便株式会社 土庄郵便局舎アート化プログラムの一環にて
小豆島土庄郵便局にて個展とワークショップ講師担当

2013年 三越日本橋本店”森のポストからクリスマスカードを送ろう”にて
クリスマスカードワークショップ講師担当

2014年 三越日本橋本店・銀座三越・伊勢丹新宿本店にて
クリスマスカードワークショップ講師担当 


2015年 JPタワー KITTEにて開催された「ムーミン切手発売記念イベント 」にて
ワークショップ講師担当


2016年 「切手の博物館」 開館20周年記念イベントにてワークショップ講師担当






                     P1010431




日独青年音楽家交流  ドイツ文化センターにて







ワークショップとは
互いの「出会いと発見の場」




子どもたちに、携帯やメールに出会う前に
布とポストカードに出会って欲しいとの思い強く
保育園、小学校の総合学習の授業や土曜学校でもワークショップを実施。






IT社会の第一線で働く現役世代には
心身ともにバランス良く日々を過ごすために
「頭と心のコリ」ほぐしとして

若い世代には
スマホやパソコンに振り回されず
瑞々しい感性を豊かに育てる為

新たな出会いを呼び込む
一通の手紙が持つ力を伝える為に




幼児から高齢者まで、障害のあるなしに関わらず
家族一緒に楽しめる
「布コラージュアートカード」の普及を目指している。




布コラージュアートカードのことは、雑誌清流(2004年)
朝日新聞「暮らし達人モンジロー」(2010年)
ジャパンタイムズクリスマス特集号(2010年〜2013年)
などでも紹介された。






2015年11月 朝日新聞出版社刊

描く・切る・貼る
季節を楽しむ絵手紙

の中で、6人の作家のうちの一人として
布コラージュカードを担当


 

IMG_2902


私の作品は右上ぶどうです

おかげさまで、更に重版
4版決定いたしました!!






IMG_2264





 

























2018年11月2日
日本評論社より刊行していただきました!






趣味は着物の端切れ収集&和太鼓








Satomi 布コラージュアートカード作品  





P1070525

2011   祈りの木  
2011年 ジャパンタイムズクリスマス特集号表紙掲載作品







羽








P1000066








P1060036











くさっぱら 作品春






P1060752







P1000041P1000039








P1000081






P1000031


作品部分






P1000037












実用編





       ムーミン 

                                     日本郵便ムーミン切手発行記念イベント ワークショップ Satomi作品例







ちょっと繊細な 

ちょっと激しい 

ちょっとメルヘンチックな 




いろんな わたしが  



わたしのなかに  



いるようです











*特に記載がない限り、ブログ掲載の写真は全てsatomi本人が撮ったものを使用しています。




 


 

>>続きを読む

NHK学園オープンスクール クリスマスカード講座 無事終了いたしました!

IMG_2593



NHK学園オープンスクールも無事終了!

国立の銀杏並木は黄金色に煌めき、息をのむほど美しい街並み。
参加者の方々の作品も、それぞれの世界が華やぎ、素晴らしい作品たちが沢山生まれました!
どうしてこんなアイデアがひらめくんだろう。と、皆さんに尊敬のまなざし・・・。
やっぱり作ってもらう方が思いっきり楽しい!

お仕事を休んできてくださった方。ご主人の介護の合間に来てくださった方。
「布コラージュ法」の本や、絵手紙本を読んで布コラージュに興味を持ちブログ
(ほとんど更新していないのに)を見て来てくださった方などなど。
感謝の気持ちでいっぱいです。

お忙しい中、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!


心残りがひとつ
絵手紙本を見て、初めてご参加くださったMさん。
絵手紙本に掲載していた実物の作品を持参していたのですが
お見せしようと思いつつ、バタバタしていたらお見せするのを忘れてしまい・・・
私の拙い作品に興味を持ってきてくださったのに
他の方にもお見せできず
申し訳ありませんでした!


という風に、毎回、終わってから
自分の対応力の未熟さ
あの時、ああいえばよかったかな
あの時、こういばよかったかなと
ひとり反省会をしている私です。



皆さんの作品を一部ご紹介!(作品写真を取り忘れた方が…スミマセン)

皆さん凄いですよ!私の方が教えてほしいくらいです。

しかし、新しいパソコンにしてから、写真の編集が全く思うようにいかず・・・
後日修正いたしますのでご容赦ください。





             IMG_2615    IMG_2600 



  
IMG_2602    IMG_2609







     IMG_2613           IMG_2619






IMG_2612
                    IMG_2608



       

                 IMG_2606IMG_2605








IMG_2604




IMG_2611





IMG_2603 IMG_2601







IMG_2597         IMG_2598





IMG_2621          IMG_2620







IMG_2607 IMG_2610







IMG_2599 IMG_2596






IMG_2617


IMG_2616






例えば、この赤い雪だるまちゃん。
オーガンジーの赤い細いリボンからできています。
くるくると、リボンをそのまま、渦巻きのようにして
抽象的な作品になるのかなと思っていたら
なんと!知らぬ間に、雪だるまちゃんに!


という具合に
皆さん、ひとりひとり
びっくりするような発想!

私は、ひとことも、アドバイスなどしていませんから
皆さん、自分で、創作されたのです。


いわゆる、お教室や講座は
先生の見本があって、それにいかに上手に近づけるか
という技術の問題であることが多いかと思うのですが
私のセッションの場合は
「答えは自分で見つけてください」とお伝えしています。
限られた時間枠内で
かなり過酷な課題かと思うのですが
皆さん、それぞれの答えを発見されるのですよね。

私の仕事は、信じて待つだけ。


何かが生まれる瞬間に立ち会える幸せに感謝です!




ご参加くださった皆さん!
良いお年をお迎えください!


















  


「布コラージュ法の世界〜回復への途を紡ぐ物語〜」








IMG_2264








IMG_2267







日本評論社より11月2日「布コラージュ法の世界〜回復への途を紡ぐ物語〜」
刊行していただきました!




表紙には私が撮った布の写真を

裏表紙には、3・11の年に「祈りの木」として作成した作品を
装丁家さんが、使ってくださいました。



この本は、いわゆる解説書ではなく
かつての少女(わたし)のものがたりから始まっています。
ひとりひとりのクライアントに対する「祈りを込めた恋文」を
物語風に綴っていますが
何よりも、ある種の危機感が、今「布コラージュ法」を伝えねばと
私を駆り立てました。



解説書でもなく
小説でもなく
ハウツーものでもなく



売ることを考えず
書きたいように書いてくださいと
今、この時代に
そんな風に言ってくださる編集者に出会えたことに
今更ながら不思議な思いと
感謝の思いでいっぱいです。




一体どのような方の心に響くのか
新たな出会いが楽しみです



この手法が「希望の糸口」となりますよう







IMG_2233


手づくり布コラージュポップ




*なぜか、アップすると文字の大きさが不ぞろい・・・私ではなくパソコンの創作です。
ご了承ください。




クリスマスカード講座のお知らせ

IMG_1386

☆おかげさまで、二度目の定員に達しました!
お申し込みくださった方々に、心から感謝申し上げます。

当日、来てよかったと思っていただけるように、準備にベストを尽くしたいと思っています。




国立にあるNHK学園国立本校オープンスクールで、
クリスマスカード講座を企画していただきました。


【1日講座】布コラージュで創るクリスマスカード

日程
11/30(金)
時間
13:00〜15:00
受講料
3,750円(材料費:1,000円含む)
講師
布コラージュアートカード作家 日本芸術療法学会認定芸術療士 Satomi(藤井 智美)

    定員12名 

和洋多種多様な布の温かな手触りを感じながら、クリスマスカードを創りましょう!
切って、裂いて、ほぐして、ねじって、重ねて...1つの布から多彩な表現を見出すひとときは、
実に豊かなものです。
今年1年の感謝を込めた世界にひとつのカードは、かけがえのない贈り物になることでしょう。



関心を持っていただける方は
お問い合わせ、お申し込みは
NHK学園国立本校オープンスクールの方にお願いいたします。
042(572)3901
受付時間9時30分〜17時30分(土曜日は15時まで、日曜、祝日除く)





















櫻花より梅花に酔いしれた 今年の春

    IMG_0561












                     IMG_0573












                            IMG_0571










         IMG_0567











IMG_0517













                         IMG_0513













IMG_0527









IMG_0594









IMG_0545






   京都 北野天満宮 今年は二度訪れました




2018 初春

IMG_0292




























            2018年 あけましておめでとうございます



                   京都八坂神社







IMG_0290








 祇園のお店 年賀の飾りつけ




               IMG_0289













IMG_0295


































   祇園から久々に、二年坂、産寧坂を歩いた

   京都から上京する直前に

   友人と歩いた道

   清水寺から見た京都盆地

   25年間、私は、この盆地の中のみで生活していたのかと

   複雑な思いをしたことを覚えている
 




   上京後、様々な風景に出会う機会を得

   布コラージュの活動で

   思いがけない人々にも出会う機会を得るようになった



   今年は

   どんな土地の

   どんな風景に出会うのだろうか





   

   1月には

   子育て真っ最中のママたちに

   ワークショップをさせていただくことになっています



   嘗ての自分を思い出し

   子育ての日常を束の間忘れ

   非日常の時間を

   楽しんでいただけるようにできればと願っているところです






   どうか

   平らかな

   平らかな

   平和な一年でありますよう



   
   








   























折り紙とのコラボ

20171204 歳時記 (2) (002)


    白いツリーに合わせてカードを赤色に





            image2 (002)
        
                 美味しそうなおせち料理とのコラボ
                 美しく飾っていただきました






    子どもたちがお世話になった小学校に展示していただいています。

    折り紙が得意な若いママとのコラボ

    お会いしたこともない方なのですが

    楽しいコラボとなりました。


    折り紙と布コラージュカード

    思いのほか、相性が良いようです。




再びの沖縄

IMG_0066

首里城夜景







IMG_0086










    IMG_0077









IMG_0073









IMG_0178






                IMG_0177






IMG_0145






                IMG_0144









IMG_0148







            IMG_0149










   IMG_0132










IMG_0054







        IMG_0062





滞在中、夜の首里城と昼の首里城に足を運びました。
この地は、琉球王国なのだと身をもって感じることができる空間だからです。

琉球王国の国王が眠る玉陵にもお参りに伺いました。
観光客はほとんど姿を見せない場所です。
二度も、この地にご縁を頂きありがとうございましたと
静かに手を合わせることができました。






私が大好きなのが公設市場
この空気感が好きです

写真を撮らせていただいて宜しいですかと
お店の方々に確認を取ってから撮影させていただきました。



IMG_0118






          IMG_0122









IMG_0127


豚ちゃんともご挨拶




          IMG_0128








IMG_0140






幸せなことに、沖縄に呼んでいただき、沖縄の若い作業療法士の先生方に
「布コラージュ法」を、お伝えする機会を得ました。
どれほど準備をしても、等身大の私でしか語ることはできず、
そういう機会を頂くたびに、これでよかったのだろうかと、自分の未熟さを痛感します。
的確に簡潔に、しかも、人の心の琴線に触れるような血の通った話ができる力を、
いつの日か身に着けたいと、あらためて、強く思いました。
あれこれ悩みつつ、私は一人で活動しているのですが、
布コラージュに共感してくださる方に出会うたびに、細い糸で結ばれていくようで、
何本もの糸とつながり、支えていただいているような感覚を得ます。
これぞ、まさしく命綱!


距離的には、遠いはずの沖縄が、たった二度伺っただけで、
私にとっては、なぜか、身近な土地のような気がしてきました。
シャイで、あったかな心根に包まれ、幸せ気分を沢山いただいて東京に戻りました。






IMG_0196




寒風暴風の中、羽田空港のデッキで、小一時間、飛行機の離着陸を眺めていました。
重いスーツケースをもって、ガリバーのデッキまで登り、
吹き飛ばされそうになりながら、風を感じていました。
風を感じていました・・・なんて書くと、なんだか、木枯し紋次郎の様に(古いな・・・)
颯爽と、カッコいい風情ですが、実際は、髪の毛振り乱したおばちゃんが、飛ばされそうになりながら、なぜか、しがみつくように立っているわけですから、はた目には、結構、奇妙で、恐ろしい光景・・・




組織の中にいると、知らない間に、本人の意思にかかわらず確実に浮いてしまう私ですが、
風の様に通り過ぎる存在なら、あまりご迷惑をかけずに済むのかなと
人生の終盤に向かって旅人ばあばを目指します!


沖縄で出会った皆さん
ありがとうございました





前回ブログをアップしたのは沖縄へ伺った直後
既に、半年以上が過ぎてしまいました。


久々のブログアップも
再び沖縄


一年の間に、二度も沖縄へ伺う機会を得るなどと
今年の年頭には、予想もしなかったことです


人の出会いと
ご縁の不思議


昨年は、母を看取った年でした。
それまでの7年間は、病を抱える母と大喧嘩しつつも
月に一度会いに出かけることを一番の仕事としてきました。


子育ても、ほぼ終わりに近づき
夫婦共に、親を見送り
人生の終盤、自分の仕事に全エネルギーを費やす時が
訪れたようです。


本当の意味での生き方を問われているということでしょう。


残りの人生の持ち時間
あとどれくらいあるのかわからないけれど
多くはなくとも、まっすぐで豊かな出会いを、重ねていきたいと願っています。






今日は高校の授業でした。
私の拙い冗談にも、笑ってくださって
楽しい半日を過ごさせていただくことができました。


ここ数日
沖縄の作業療法士の先生方→高齢者講座→グループホームセッション→高校授業

と、毎日、少し領域の違う世界の方々とのワークショップが続き
沢山の刺激を頂きました。

冬は、書くお仕事のために、ひっそりと籠り月にしたいと思っています。




沖縄へ


IMG_8418















          IMG_8425














IMG_8426












IMG_8372


















IMG_8386













IMG_8394












IMG_8403

















IMG_8404
















IMG_8410













IMG_8408
















      IMG_8409














沖縄へ行ってきました


出会いの為の準備は

毎回、苦しい作業なのですが

出会った瞬間

幸せ気分に包まれ

テンションが一気に上がります。




布コラージュをやっていなければ

出会うはずもない人たちに出会う瞬間

布コラージュは

誰よりも私にとって

かけがえのないコミュニケーション手段なのだと

気付きます



布コラージュを待っている人がたくさんいますよ

あるクライアントの方が言ってくださったこの言葉が

私を支えてくれています

ご無沙汰しております

    IMG_7819















IMG_7841












IMG_7847












IMG_7857












2か月間も、ブログが止まっていたわけは

facebookを始めたから



新しいパソコンに不慣れなため
画像編集がうまくいかないこと

です




我が故郷、宇治の平等院の前に

ついに、スタバが登場・・・

哀しい・・・



地元ガンバレ!







IMG_7754














           IMG_7779

                 平等院通りのお店で発見!かわいい、団子柄!

              








satomi

東大寺 二月堂 お水取り

     IMG_7408












    IMG_7342









             IMG_7341









IMG_7340













             IMG_7339











IMG_7335












IMG_7333












IMG_7345

                       東大寺二月堂











IMG_7330













        IMG_7327

















IMG_7412














        IMG_7413



















IMG_7404














IMG_7349
















IMG_7372














IMG_7357














IMG_7355












      IMG_7366


























IMG_7353
















IMG_7398









             たくさん 火の粉を浴びて 厄除けしてきました


             その後、二月堂の局の中に入り 静かな祈りの時を過ごしました。



             


     

北野天満宮 梅花祭



                 IMG_7243














IMG_7234














       IMG_7249














     2017022516430002













2017022515460000















                    2017022515460001














2017022516040000














          2017022515420000

















2017022515430000

















IMG_7237















              IMG_7198







                京都北野天満宮 梅花祭にて

立春

     IMG_7060
















IMG_7070


















        IMG_7071


















        IMG_7081
















           IMG_7054

















      IMG_7048

















  IMG_7080
















           IMG_7076
















        IMG_7078








                            春が   来たよと



                      天国に引っ越した母に   呟いてみた

初春から初花月へ

   

       IMG_6868



                              故郷宇治川 朝霧橋













IMG_6871















    IMG_6687

                         宇治   興聖寺














IMG_6702


                         黄檗山  万福寺












       IMG_6693















    IMG_6725










IMG_6728


















   IMG_6918

















IMG_6891



                     滋賀県守山  勝部の火祭













    IMG_6931















IMG_6950


















   IMG_6982














   IMG_6995















    IMG_7010

















      IMG_7041





















    IMG_7037















   IMG_7034










                       そして   もうすぐ   立春




                 私は最近 大好きな国会図書館に通っています



          今年は 腰を据えて 生まれて初めてのことに 取り組もうと思っています


                


                     すでに1か月過ぎてしまいましたが


                        今年の目標は  素直


                 やわらかな心を持った  ばあばになるのが目標です



           
                



                     




うつくしき 年暮れきりし 夜の空    一茶








IMG_6437









 今年は  母二人を亡くしました



 新年のご挨拶を 控えさせていただきます




 良いお年をお迎えください

KITTEのクリスマスツリー

IMG_6646













IMG_6651











IMG_6635










IMG_6638














IMG_6644













    IMG_6623












 本物の木が持つエネルギーと迫力でしょうか


 毎年、クリスマスが近づくと


 会いたくなる


 ツリー




 飾りつけが一切ない

 潔い 立ち姿



 そんな立ち姿になりたい








IMG_6625
















ドイツ文化センターにて

IMG_6429


   まだ紅葉が綺麗に残っていました







IMG_6430

 
  遠くに見えるは高橋是清像










IMG_6399


 今日は

 青山一丁目

 ドイツ文化センターへ






IMG_6398









       IMG_6404

 テーブルもオシャレ











IMG_6403


  ワークショップの準備




          







IMG_6411






14歳から17歳まで

すでに世界中を演奏旅行するような才能あふれるドイツの音楽家たち

国際交流の一環として、来日


先日、コンサートにも伺いました。

とても10代半ばとは思えないような表現力


そんな、瑞々しい感性の方々に

布コラージュワークショップをさせて頂く機会を得ました。


今回で3回目



人となりが

演奏に見事に現れていることを

数時間共に時間を過ごさせていただいただけでも実感


細やかな心遣いを見せてくださった方は(我が子よりもずっと年下なんですけれどね)

演奏も繊細で、そこはかとなく優しい音色でした


こういうお子さんを育て上げた親御さんにお会いしてみたい・・・




私は、ドイツ語は勿論の事

英語もろくに話せないのですが

一緒に時間を過ごすうちに

不思議と言葉の壁を感じなくなります。



ちょっとした表情

ちょっとした仕草

笑顔

戸惑い

喜び


そして作品




いつも、余計なおしゃべりをついついしてしまう私にとっては

寧ろ、話せないことで

その場の瞬間に生じていることに集中し

敏感になれるような気がしました。








IMG_6438


 最後に、こんなチョコを頂きました





彼ら彼女らにとって

これからの未来が

さらに輝かしいものとなりますように・・・

秩父夜祭 宵宮


IMG_6301




 染めたのではなく、本当に黄色の糸を吐く蚕ちゃんがいるそうです


 絹糸って本当に綺麗・・・










          IMG_6337










IMG_6335









IMG_6336













                      IMG_6333














                             IMG_6319












                                IMG_6308












IMG_6310
















       IMG_6331










IMG_6332


祭りを支える男衆は格好いい!








IMG_6322


   男性の、こういう祭りの御着物も良いものですね









           IMG_6306










IMG_6324











           IMG_6328





                 踊りの後に  おひねりを手に


                 お疲れ様でした









IMG_6329



 秩父太鼓は、この襖の奥の狭い狭い空間で叩いておられるのです

 
 どうやったら、あんなに早く叩けるのか・・・

 余計な力が入っていないんですね、多分

 和太鼓奏者の林英哲さんの手のひらも

 まめひとつできていない、ふわふわの柔らかい手のひらだそうです



 私の手のひらは、まめだらけ

 太鼓を叩いていると、すぐに筋肉に筋が出るんです(笑)


 
 肩の力を抜いて

 いつか、軽やかに叩けるようになりたい・・・

 









        IMG_6352













IMG_6361













IMG_6391



 





 秩父に出向いた翌日

 某児童館の餅つき大会で

 秩父太鼓も叩かせていただきました。

 前日の興奮冷めやらず

 気持ちだけは、ハイテンションで秩父太鼓がまだ体の中を駆け巡っていたものの

 思うようには叩けず・・・


 悔しい!!

 上手くなりたい!!!



 聴いてくださった、お子様たち

 ママやパパやご近所の方


 ありがとうございました!








こんなマンホール あったらいい・・・かな?

IMG_5674


 奇妙な円盤出現!




           IMG_5659




マンホールは、もう一つの世界への入り口

そんなイメージで作った作品

全て布で作ってみました












IMG_5713





 出来上がって見れば

 時計のような

 今の私の曼荼羅のような・・・





IMG_5688



意外にお寺に合うと思いませんか?


撮影中
お寺の方が、不安げに見ておられました


固定されてはたまりませんものね


ごめんなさい




            IMG_5662



撮影中、もう少しで、自転車にひかれそうでした!



樹脂を流し込むと、実用化も可能のようです。

透明な円盤の中に、布が入っている・・・

いかがですか?








IMG_6237







IMG_6242


 左のマンホール作品の外側は
 
 阿佐ヶ谷のけやきの葉っぱもちょっとイメージして作ったので
 けやきの落ち葉も、ちょっと乗っけてみました。



他の方の作品は
ボードで展示の他
華道の先生は立体アート

ひとりひとり個性豊かな世界です






IMG_6240



























子ども達を中心に「こんなマンホールあったらいいな」と思うものを
イラストにしてくれたものも展示してあります

やっぱり子ども達のイメージの豊かさには
かなわないものがあります



秋の日

IMG_6106








                   さて    ここは   どこでしょう




         IMG_6094













IMG_6098















IMG_6117












IMG_6114










          IMG_6113





                           奈良   若草山






クリックすると新しいウィンドウで開きます


奈良国立博物館 公式ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2016toku/shosoin/2016shosoin_index.html









    

     下の方からまあるい、丘のような優しい若草山の姿

     ちょっと登ってみようかな

     と気軽に ふらふら



     下から見るのと、登ってみるのとは大違い

     若草山は

     正真正銘の山でありました




     日の入りが早い

     今の季節

     夕日を沈む瞬間に立ち会えるので

     お勧めです




     くれぐれもハイヒールでは

     行かないでくださいね












IMG_6055






観光シーズン真っ盛りの故郷宇治







IMG_6043

































IMG_6049

















IMG_6058

     




日が沈むころには 

昼間の賑わいが嘘のように

す〜っと観光客の姿は消え  

静かな姿を見せる

我が故郷


黄昏時こそ

最も魅力的な姿を現してくれます
Recent Comments
Recent TrackBacks