June 25, 2007

シモツケソウ

fdbc413a.jpgシモツケソウという響きを聞き、この花の様子を見ると「霜付草」なのだと思ってしまいそうですが、実は下野草と書いてシモツケソウと読みます。
また、このシモツケソウは名前の通り草ですが、木であるシモツケという花もあります。
花は似ていますが葉っぱが違うし、木と草の違いがありますから見分けはつきやすいです。
木の方のシモツケは、以前ブログ友のhappysakuraさんが載せていらっしゃったので、そちらをご覧くださいね。

でも、この花はひょっとするとシモツケソウの園芸種の京鹿の子かもしれません。
とても良く似ているらしいのですが、はっきりとした区別が書いてあるサイトを見つけられなかったのです。
京鹿の子の名前の由来は、ご想像通り花の咲いている姿を京都の絞り染め「鹿の子絞り」に例えたもの。
名前として可愛らしいし、京鹿の子ってことにしておこうかな〜(笑)

色がピンクでとっても色っぽいし、ふわふわっとした咲き方が女性っぽい雰囲気ですよね。
優しい感じのこの花、現物を見たら貴方もきっとファンになりますよ〜♪

ブログランキングバナーワンクリックお願いしますm(__)m
一秒で出来る人助け(?)にどうぞご協力を(笑)


satomoko-onsurvey at 08:17│Comments(4)TrackBack(0)clip!都内にお出かけ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 池田姫   June 26, 2007 22:20
これは京鹿の子じゃないですか〜?
いや、良くは知らないんですけど鮮やかピンクだし・・・。
シモツケソウって淡いピンクだったり白しか見たことありません。京鹿の子ってシモツケソウの園芸種なのですか?私あまり見かけないので山のものかと思っていました^^
2. Posted by 管理人   June 26, 2007 22:51
やっぱり京鹿の子かしら〜?
はっきりと「シモツケソウ」という立て札の傍で咲いているシモツケソウを見たことがないので、自信がないんですよね。
園芸種というのはどこかのサイトに書いてありましたから多分確かだと思います。
もしかすると京鹿の子の方が出回ってるのかもしれませんね。
3. Posted by happysakura3   June 28, 2007 19:28
こんばんは!

コレは、シモツケソウみたいです。キョウカノコ(キョウガノコ)は同属のシモツケソウ酷似しておりますが、花や葉の形が微妙に異なり別種です。 又、キョウカノコは宿根草で棘がありません。 コシジシモツケソウの改良品種か交雑種と考えられています。(とあるサイトで見ました)

私のブログも紹介していただいて有難うございます・・トラバさせて頂いて頂きます。

4. Posted by 管理人   June 28, 2007 21:03
あらら、シモツケソウでしたか?
sakuraさんがそう決断なさった決め手は…?
この写真には棘はないですよね。
だからむしろ京鹿の子ということにはなりませんか?
それとも私、うっかり棘を見逃してる??

あ、それと…
トラバが届きません…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔