里中李生オフィシャルブログ 快楽と耽美 その美学

エッセイスト里中李生のオフィシャルブログです。 仕事の話や哲学、社会問題を語ります。




最近、ボルダリングをしている時に、胃の中のものを吐きそうになることがあって、口臭が気になるから、リステリンを持ってロッカーに入っている。

まだ五級だが、四級の人でも油断すると失敗するルートをやっていて、この動画がそのうちのひとつだ。

キューブを両手で掴んで登っているけど、実は力任せで、技でもっと簡単にできる。その技、教えてくれるインストラクターがいなかったから、「まあ、男子はこっちでやっている人が多いよ」ってことで、その力任せの登り方をしている。上手い人や女子は、三日月のオレンジの所で、足を入れ替えて、くるって回転していくんだ。

かなり体力を消耗するルートで、この日は直前に、肉まんを食べてきたから、気持ち悪くなった。

うどんでもなったし、困ったな。

直前に何か食べないと痩せてしまう。しかし、何か食べると、口が臭くなるくらい吐きそうになる。

他の人に食事のことを訊いたら、やはり、あんまり食べてこないそうだ。

「食べても一時間以上前だよ」って。

そもそも、ボルダリングは痩せることで有名で人気で、これで太ろうと思っている僕がアホとしか言えない。

今、通ってるジムは清潔な施設だから、いつでもうがいができるからね。しばらくはリステリンで頑張ろ。


この動画のルービックキューブが嫌いでねえ。

キューブの上、高さ4メートルだよ。あそこで足を滑らせたら、どんな落ち方すんねんって思う。

面白いのは、男たちの方が「怖い!」って言ってるよね。

もちろん、四級以上の上級者が高い所で苦心している時に叫ぶんだ。

「これ怖いよ。足が入らないって!」とか。

女子は、「できなーい」って叫ぶ。上級の女子でもかわいいよ。

よく、「無理、無理、無理」ってずっと連呼していて、友人と「女性は、登りながらずっと喋ってるけど、なんで疲れないのかな」って笑ってるんだ。

「大阪のおばさんとか、ずっと喋ってるけど、息継ぎしてないよ。それと同じでしょ」里中


僕ら、登ってる時に、「そのオレンジの四角」「え? それ、どこだよ。見えないよ」とか、やり取りしてるだけで、息が切れてくるんだけど、女の子たち、そうは見えないからね(笑)

たぶん、口と鼻以外に別の呼吸器があるんだよね。女性は。

かわいいね。

http://satonaka.jp/satonaka-juku/

22日、南浦和『ミュージックバー』講演会。残席あります。










西日本の豪雨で、多くの河川が氾濫した。


土砂崩れで、町も流れた。

かつて、安全だった土地が脆弱に見えるほどだが、ご先祖様たちは安全だと確認して、そこに移住してきたはずだ。

気候が変わってしまったのだ。

地震も多く、火山の噴火も頻発している。

日本だけではない。




シュメール文明から、高度な文明、都市が幾度も滅亡してきて、それらを我々は軽蔑している節がある。

『快楽に溺れたためだ』

『バカで智慧がなかったからだ』


文明が滅びた原因。

一、自然破壊

二、金、財産の奪い合い(それに端を発する戦争含む)

三、快楽、娯楽に惚ける。

どれも、この時代にやっているではないか。

お金がなかった時代は、宝飾品や土地(領土)、女だった。

ポンペイのように勝手に火山が噴火したこともあったが、ポンペイはセックス都市としても有名だった。そのことでも「噴火直前までセックスに惚けていた」と嗤っている人たちがいるが、日本でクリスマスイブに富士山が大爆発したら、静岡、山梨、東京中のホテルから、セックスの最中の男女の遺骨が、山のように後に発掘されるはずだ。

「なんで火山の噴火から逃げられなかったのか」

と、言われる有名な消えた都市だが、日本では、河川の氾濫からも逃げられないじゃないか。どうやって、火砕流から逃げるんだ。




神様が怒っているのではない。


私は神様はいないと思っている無神論者だ。

神は、対峙する人と目を向け合った時の自分の脳。一方が神になり、一方は神ではない別の人間になる。無論、24時間ではない。

道を聞いた時の一瞬。愛し合ったベッドの中での時間だけ。…どちらかが神になる。急に、入れ替わる時もある。その回数が多いと、「対等」と言う。


神様はいないが、仮に地球が神様だとして、ある周期か意識的に、自浄作用を働かせている。

汚れてきた物は浄化する。

地球が、環境破壊を止めるために、文明を殺す。

あなたの体に風邪のウイルスが入ると発熱するように。

我々、人間がウイルスで、地球がウイルスを外に放り出そうとしている。つまり殺そうとしている。

それが、異常気象だ。

こんな当たり前の話、どこかで誰かが言っている。

敢えて書く必要はないが、のんびりしている私の読者が多いから、警告しておく。

好きな人がいたら告白しておけ。

会いたい人には会っておけ。謝りたい人には謝りに行け。

男なら、男らしく、

女なら、女の幸せを目指し、

マイノリティの人は同じマイノリティの友達と語り合い、

本能や本質や愛を最優先にしておけ。

妙な活動はするな。そんな時間はないし、弱者の政治的な活動は真面目にやればやるほど、金持ちたちの金になってしまう。


この文明は滅びる。


明日かも知れないし、三十年後かも知れない。


自然破壊、金儲け(財産)による栄華を極める行動。そう、まさに飽食、フリーセックス、数えきれないほどの娯楽…。私は最後の娯楽が多すぎることが、もっとも危険だと考えている。

夢は競争に変わり、愛は契約に変わった。

あなたは、競争はせずに夢を叶え、契約のない愛に没頭するべきだ。

7月22日、午後三時から『南浦和講演会』

残席あります。厳しい話、楽しいジョークも満載。来てほしい。





メールやらのやり取りで、サイトに記載されていても読んでくれていなくて(どこのサイトでもそうだが)、同じ質問ばかり受けるので、列挙します。


『講演会・南浦和ミュージックバー・トモミック講演会』について。

http://satonaka.jp/satonaka-juku/

◆申し込みは前金ですか。

当日キャンセルが多いので前金になります。問い合わせた後、私かアシスタントから返信がきたら、入金してください。一週間前まではキャンセルすれば返金します。開催が日曜日の場合、月曜日にキャンセル(つまり六日前)までは返金します。

◆当日は参加できますか。

残席があったり、キャンセルが出るので参加可能です。南浦和の場合、Twitterに載せますので、直接、お店に電話してください。なお全席で10席です。

◆豪雨や地震などで開催が中止になったら、返金されますか。

当たり前です。

◆『ミュージックバー・トモミック講演会』はどんな人たちが来ますか。

常連さんと新規、半々くらいです。男女比は少し男性が多い。

◆南浦和の講演会はどんな話をするのですか。

基本的に時事ネタを中心に、生き方論や恋愛論を語ります。今回はタイの話を中心に、日本人は甘えている話をしますが、恋愛にもビジネスにも通じるはずです。

◆里中さんの話はためになりますか。

教科書に載っていないことを知っています。

◆他の地方で講演会の予定はありますか。

ありません。だけど呼ばれれば行きます。

個人コンサルは東京以外も来てくれますか。

先日、岡山まで行きました。交通費をお願いします。

◆個人コンサルのアフターサービスとはなんですか。

メル友になるようなもんです。場合によって遊びにも行きます。将棋のイベントはそうでした。

◆個人コンサルのアフターサービスをしないことはありますか。

あまりにも失礼な話をしてくる人は普通に無理です。男性なら「会いに来い」。女性なら「彼氏とこんなセックスしちゃった」とか。

◆落ち込んでる時に慰めたりしてくれますか。

アフターサービスはだいたいそれをやっています。

◆個人コンサルの内容に不満があったら返金してくれますか。

今までにそんな話はないですが、どうしてもというなら返金します。(今後)

◆一発儲けたいんんですが、教えてくれますか。

無理です。仮想通貨や詐欺商法を励行している人たちのセミナーに行きなさい。

=====================================================================


『有料メルマガとその他』

◆フーミーの有料メルマガ『誰にも相談できない恋愛とセックスの話』を購入すると、誰が買ったのか分かりますか。

どんな買い方(カード決済、キャリア決済)をしたのかしか分からなくて、友達が買っていることすらも知りません。

◆有料メルマガとここのエッセイと何が違うのですか。

有料の方は私のプライベートネタが満載です。

◆サイトの『今日の光と希望』が滅多に更新されません。なぜですか。

希望とは、欲望と期待ともう無理な夢ばかりだから、滅多に出てきません。あなたもそうでしょ。

◆ボルダリングの動画を見ました。なぜ、あんなに頑張るのですか。

あの程度でだめなら、死んでもいいからです。

◆ボルダリングは楽しいですか。

クライマーのレベルになって競技に出なければ、他人を蹴落とすことがないから、楽しいです。自分との戦いです。

◆ゴルフや競馬はやめたのですか。

ゴルフはやっています。競馬は忖度ばかりで見ているのが嫌です。

◆唯美主義、耽美派とはなんですか。

石原さとみさんのCMを見た後にチャンネルを変えたら、相撲をしていて、その人間の姿形の違いにびっくりすることです。
また、タイで洞窟に閉じ込められた少年たちを助けるのに、命をかけた男たちを美しいと思い、西日本の豪雨に無関心な東京以東の人たちを醜いと思うこと。

◆里中さんの苦悩はなんですか。

昔の偉大な哲学者同様、難解な話や世の中の批評をして、好きな女性に嫌われてしまうことです。

◆なぜ、九州の福岡まで絵画を観に行ったのですか。

中洲に行きたかったからです。(笑)

だけど、名古屋開催にも行くかもしれません。『イレーヌ嬢』の肖像画は神の領域です。

◆先日、水島新司さんの『ドカベン』が終わりました。里中さんの「里中」は里中智から取ったのですか。

そうです。私の少年の頃も小さくて痩せていたので。彼がサチ子と結婚してよかった。


◆小説『衝撃の片想い』はなぜ無料なのですか。

たくさんの人に読んでもらいたいから。

◆涼子が怖すぎるんですが。

彼女がとってもかわいいです。

◆男性キャラが少ないです。

これからトキの仲間が大挙、襲来します。

◆キャラクターにはモデルはいますか。

います。主人公は私です。女性たちにもいます。ただ、頭の天辺から足のつま先まで一人の女性をモデルにしていることはないです。容姿だけ、性格だけ、喋り方だけ…という感じです。

◆性描写が激しいですが。

たまたま、そういう物語です。大人の恋愛もので、恋愛の思想、哲学も語り合います。

◆どうして『衝撃の片想い』を発表したのですか。

ストックがいっぱいある中、一番、綺麗にPCの中に残っていた作品です。他の短編小説も載せたいのですが、サイトを作り直さないといけなくて、出来ません。

◆最近、ボルダリング以外で熱心にやっていることはなんですか。

英会話と将棋。

◆里中さんの夢はなんですか。

体重を増やして筋肉を付けることです。マジで。
ボルダリングだけではだめですね。


☆また質問があったら、加筆していきます。

里中李生











このページのトップヘ