里中李生オフィシャルブログ 快楽と耽美 その美学

エッセイスト里中李生のオフィシャルブログです。 仕事の話や哲学、社会問題を語ります。

今日の有料メルマガにも書いたが、この歳からボルダリングを始めて3級を登っていて、まともな生活になるはずもなく、今月から週に一回に変更した。

引っ越しを検討してるが、そこにボルダリングジムがあるかないかは、見ないようにしている。

一応、春休みに帰省する実家の近くにはあった。楽しそうなジムが。

実家には住むために帰るつもりはないが、父が寝たきりになったのと、空いている部屋がいっぱいあるから、少しだけ考えていた。

だけど、都落ちと思われるから、やっぱ、さいたま新都心か!(笑)

日本のボルダリングジムは、ランジがあまりないけど、西浦和にわりと飛べるジムがあるから、その近くにいるのは良いね。

後は、沖縄かな。

皆、住みにくいって言うから、なかなか踏み切れない。

どちらにしても、ボルダリングの疲れやケガが治らないのは、他人にも迷惑。

むきになって、3級、2級とやるのは止める。

スポーツは危険だが輝くと言う話を書いた。

IMG_20190320_131149
DSC_0042

東京駅の横にある丸善丸の内本店は、本が多くて目が回るわ(笑)

だけど、『新版 孤独が男を変える』は新刊の話題の本の場所に平積み、自己啓発の場所にも棚に飾ってあった。

DSC_0041

共に自己啓発の場所。

『大人の男は隠れて遊べ』は見つからなくて嫌な予感。

サブカルチャーにされてるんじゃないか。

と。

お店の検索機で探したら、2階の、大人の男性向けの真面目な本のスペースにあった。
スーツの着こなしかたやお酒の飲み方とかの自己啓発。

場所はこちらのビルの中ほど。
DSC_0044


よろしくお願いします。

IMG_20190320_123414


紀伊国屋書店大手町ビル店にもあります。

clip_now_20190320_235437


小説『衝撃の片想い』は、ちんたらした女子会トークが続くが、重大な伏線が出てきた。

AZが、利恵に話しかけたのだ。

「その女神の名は?」

女神、守護神、未来の世界。

三年後に死んでしまう自分たち。

利恵が仲違いしてはいけない女は誰か。

友哉の小説が未来の時代に神話化したとして、しかし、登場するのは涼子しかいない。
利恵と出会ってからは、休筆している。

女神は、涼子?



このページのトップヘ