2006年04月01日

未来予想図

 

去年の夏前あたりから追いかけた夢も

 

結局、あと一歩のところで叶えることができなかった・・・

 

最後の一社も最終一歩手前にして敗れました。

 

ホントに悔しい。

 

挫折ってやつだろうか。

 

“何千分の一”って、やっぱ、難しいね。

 

なれた人には、ホントに拍手を送りたい。

 

もちろん、同じく夢破れた人にも。

 

いきなり、カメラを前にして、

実況やれだの

今から4分間しゃべれとか

けっこうきつい試験だったけど、楽しめてやれた気がする。

やっぱ、しゃべるって、伝えるって楽しいな。

そう、素直に思った。

 

 

思ったからこそ、ホントに悔しい。

このキモチは絶対に忘れない。

忘れちゃいけない。

 

 

まぁ、ホント夏から突っ走ってきたけど

長い人生からしたら、短い距離でしかないから、

人生の中では、もっともっと

長い距離を努力してる人がいるから。

負けてらんないね、ホントに。

 

さぁ、これから、また、

 

 

次のを探して

 

それを叶えるために、

 

また努力して・・・。

 

 

 

次こそは

 

絶対に・・・

 

     

“夢を目標に

            

       目標を現実に”

 

     

     かえてやる

             

                  By オレ

 

 

 

 

とりあえず、今回はあれから結果どうだったのという

質問が多かったので報告がてらにかいてみました。

応援本当にありがとうございました☆

だいぶ、みなさんに救われました☆感謝カンゲキ雨アラシです。

さて、次回は、卒業にあたってあたりをかこうか

このままブログやめて気軽にMIXI日記にきりかえるか

考え中な今日この頃。

あっ、巣鴨で一人暮らしはじめたんで

遊びにきてくださいな。では、グッナイ。

 

  
Posted by satonogohan2002 at 01:43Comments(11)TrackBack(0)

2006年01月18日

前途

 

過ぎていく時間はあっとゆうまで

気づけば、アナウンサー試験も、もはや終盤だ。

 

 

年末からたてつづけに

 

 

テ○ビ東京、残り6人・・・

 

 

関西テ○ビ、残り6人・・・

 

 

と、敗退し意気込んでいた気持ちも

どこか自信を失くしつつあるように思えた。

 

 

まわりの仲間がキー局にどんどん決まっていく中で

喜びの気持ちと悔しい気持ちが交互に訪れる・・・

 

なんとも不思議な気持ちを初めて味わった。

 

 

一喜一憂の日々。

 

 

遠い夢のような気がしていたけど

 

自分が、いろんなことを我慢して

 

ずっと、夏から走ってきて

つかめそうなとこまでこれたこと・・・

 

 

それを実感することができたのは

“今までやってきたことへの確かな手ごたえ”

そう、思ってもいいかな。

 

 

あと一歩だ

 

 

そしてあと一歩、自分に足りないモノ・・・。

 

 

キー局に決まった者もいれば

その後ろには何千と敗れた者がいる

最終で落ちた人も

なんでアイツがそこで落ちちゃうんだ?なんてことも。

 

歴戦のツワモノがまわりから消えていく中で

他の人よりはうまくできたろ、なんて思うこともあった。

 

 

 

 

違うね。

 

 

 

それは大きな間違いだった。

 

 

 

相手は関係ないのだ。

 

 

 

“自分自身の出来”、それがすべてである、と。

 

 

 

 

ホントの戦いは自分の中にあった。

 

 

そう、最大のライバルは自分なんだってね・・・。

 

 

 

 

 

なぁ〜んて、いってみたりして。

 

最難関といわれるだけあって、マジで厳しいやね><

最後、一社しかないけど背水の陣で頑張ります。

 

 

 

とりあえず、前回の日記に多くコメントいただけたので

なんかおもしろいネタないかなって思ったけどなかったんで

かいちゃいました。あしからず・・・。

 

 

ほんじゃプレビューたまりまくってるからちょいと多めにかいてこ。

 

★海を飛ぶ夢海を飛ぶ夢

 

 

 

 

 

アカデミー賞外国映画賞。尊厳死について深く考えさせられる。

まわりは生きていて欲しいと願うが、生き地獄を味わう患者。

もはや、生きることを義務と感じてしまうのはしょうがないのではないか。

生きることは権利か義務か、立場によってかわってしまうのかも。

 

★ソウSAW ソウ DTSエディション

 

 

 

 

 

けっこうおもしろかったかな。意外な展開に、えって思ってしまった。

やられた・・・。

 

★息子の部屋息子の部屋

 

 

 

 

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。

カンヌはふけぇなぁ。全然、おもしろくなかった。

 

★普通の人々普通の人々

 

 

 

 

 

アカデミー賞作品賞受賞。なんか息子の部屋と同じ感じ。

深いんだが。家庭が崩壊していく感じ。ラストがハッピーじゃないのは

評価すべきかな。

 

★50回目のファーストキス50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション

 

 

 

 

 

彼女が1日で記憶が消えてしまうために

毎日、いろんな出会い方を考えて恋に落ちようと

するお話。ぶっちゃけオレは好き★

 

★ライフイズビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

 

 

 

 

 

カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ。

これはかなりイケてる!!よかった!!

 

 

 

  
Posted by satonogohan2002 at 23:02Comments(26)TrackBack(0)

2005年10月23日

遠い日の忘れモノ

 

午前4時。

 

 

ベットに横になり

くだらないことから深いことまでいろいろ考えていた

そんときにちょっと思ったことを。

 

 

 

 

限られた人生

 

 

限られた時間

 

 

 

 

今までどれくらいの人と出逢い

 

 

これから新たにどれくらいの出逢いがまっているのだろう

 

 

 

今まで多くの人に出逢ったように思うけど

 

 

実は

 

 

“たったそれだけ”の世界の話だということに気づいた

(もちろんここでは人数の話ね)

 

 

これから1ヶ月ごとに新たに1000人と出会ったしよう

 

 

 

1年で1万2000人

 

 

10年で12万000人

 

 

60年で72万000人・・・・

 

 

そう、たった72万人としか出会えないのだ

 

 

日本には1億3000万人もいるのに・・・

 

 

たった72万人。

 

 

全人口のたった0.5%

 

 

1%も出逢えないのである

 

 

 

それを考えたら

 

 

 

今まで出逢ってきた人たちって

 

 

 

すごい奇跡のような確率で出逢ったんだなぁって

 

 

 

仲のいい友達も

 

 

 

部活の仲間も

 

 

 

付き合った彼女も

 

 

 

教室で隣の席に座ってたあの子も・・・

 

 

 

みーーーーーーーんな

 

 

 

偶然という名の運命に導かれて

 

 

 

出逢ったのだ

 

 

 

それを考えたら

 

 

もっとこれからは

 

 

出逢いを大切にしていこうって思った

 

 

 

すごく当たり前のことなのかもしれないけど

 

 

 

いつからかそんな当たり前のことを

 

 

 

忘れていたのかもしれない・・・

 

 

 

これからはもっと大事にしようと思う

 

 

 

“出逢えた奇跡”ってやつを・・・

 

 

 

なんていってみたりして。

 

ちょっと寒いこと書いたけど、まぁいっか。

 

 

 

 

 

 

☆プレビュー☆

☆恋に落ちたシェイクスピア恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション

 

 

 

 

かなりよかった。

シェイクスピアみたいに甘いセリフがいえたらなぁ。

 

☆RayRay / レイ

 

 

 

 

 

ジェイミーの演技はマジ脱帽です。

CDレンタル間違いなし。

 

 

☆ラストエンペラーラストエンペラー

 

 

 

 

正直こんなんでアカデミー賞あげちゃって

いいのかって感じだったけど

まぁ、歴史を学ぶにはいいかもね

 

  
Posted by satonogohan2002 at 04:32Comments(28)TrackBack(0)

2005年09月25日

都忘れ

 

4年ぶりに富士急に行ったが、またしてもドドンパに乗れず・・・

 

日芸の舞台を見に行ったが正直驚いた、すごいねぇ、ここまで

できるんだね・・・

 

寄席を見てきたが、なかなかおもしろかった。古典落語が一番ヒットだった・・・

 

同窓会があったがみんなあいかわらずで、なんか笑えた・・・

 

夢に一歩近づいた・・・

 

まぁそんな最近だが、そんなことはどうでもいい。

 

 

とりあえず、時間に支配された人生を送ってんじゃねぇかなぁと

思ったりなんかしちゃったりした。

 

いや、

 

社会にでるにあたってそうなってしまうのかもしれない。

 

 

渋谷のスクランブル交差点を歩く人を見るとなぜかそう思ってしまう。

 

自分もその中のひとりなのか??

 

人生という限られた時間の中に生きてる時点で、僕らは

 

つねに時間に支配されているのかもね。

 

めんどくさい議論になりそうだ。

 

 

でも、

 

田舎にいくと

 

 

時間を忘れ

 

 

都会を忘れる・・・

 

 

 

地元のY君と栃木のS君に会うついでにそんまま旅しよってことで

青春18切符をくしして

日光→那須・塩原→郡山・福島→水戸→柏と

ぶらり旅してきた。

ってか、1ヶ月も前の話だけど・・・

 

詳しい話を割愛するが

この栃木にいったS君はどうやらがんばってるみたいだ。

若くして車をいじりそれを販売してるらしい。

今、乗ってる車はレジェンド(本皮シート)

レジェンド

 

 

 

 

この車のおかげでだいぶ助かった。

ウーハーも自分で設置し音響もCDチェンジャー11枚とか

コンテスト用にもつくったりするらしい。

そんときゃ、色のど派手な車を出展するらしい。

すげぇなぁ。

まぁ彼のおかげもあって那須・塩原は楽に旅行できたぜ。

ありがとう。

 

 

 

そうそう

日光いったときに泊まったペンション

ペンション

 

 

 

 

一泊2500円で超ラッキーだったんだけど

ダブルってかいてあったからベットが二つあんのかと

思いきや・・・

 

 

 

1つしかねぇーじゃねぇーか

 

 

ダブルって、

 

ダブルベットのことだったのね・・・泣

 

その夜、でかい男ふたりが寝苦しかったのは

ゆうまでもない・・・

 

さぁて、学科の友達がたくさん集まる飲みにいてくっかなぁ〜

 

 

☆本日のプレビュー☆

猟奇的な彼女猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

 

 

 

 

 

「運命というのは、神様が努力した人に、偶然という橋をかけてくれること」

じいちゃんのこのひとことに巧☆

 

ビューティフルマインドビューティフル・マインド

 

 

 

 

 

「You are the reazon I am, you are all my reazon」

こんなセリフいえないね。

 

カストロ&チェゲバラ

画像がなかった><

モーターサイクルダイアリーズがつまんなすぎたから

こっちをみてみた。歴史を覚えるには見やすいかも。

 

  
Posted by satonogohan2002 at 15:51Comments(12)TrackBack(0)

2005年08月10日

☆ダイアモンドヘッド☆

 
 
『風が揺れ〜てる〜 
 
 
 波が歌ぁってる〜
 
 
 俺は今日も歩い〜てる〜♪』
 
 
 
『あ〜FOREVER YOUR LOVE♪』
 
 
 
 
 
 
 
そう、僕たちは
 
 
 
 
熱い夏
 
 
 
 
青い空
 
 
 
青い海を
 
 
 
求め
 
 
 
 
房総半島を目指した。
 
 
 
 
 
旅の途中、数多の困難にも襲われたが
 
 
それは割愛させてもらう。
 
 
 
 
っと、いうわけで、
 
アクアラインを通り
 
海ほたるによってから
 うみほたる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉は南の房総半島へ!
 
 
 
さっそく僕らは
 
 
 
かつて憧れたロケ地
 
 
 海1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうこの場所にダイアモンドヘッドはないけれど
 
 
 
 
 
あのドラマが流行った頃の思い出が
 
 
 
 
波の音とともに
 
 
 
 
たくさん思い出されて
 
 
 
 
なんか
 
 
 
 
ちょっと
 
 
 
 
センチメンタルな気分にもなった・・・
 
 
 
 
いい思い出ばかりなはずなのに
 
 
 
 
 
なぜか切なくなる・・・
 
 
 
 
 
 
 
過去の自分が
 
 
 
 
“今の自分”をみて
 
 
 
 
 
どう思うのかな・・・
 
 
 
 
 
そんなことを考えながら
 
 
 
 
 
 
よせてはかえす波を
 
 
 
 
 
ただずっと
 
 
 
 
 
見つめていた・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あまぁ〜い!!あまいよ小沢さん!!
 
 
 
最近のマイブームになりつつある。
 
 
きっとわかる人にはわかるだろう。
 
 
 
 
 
 
 
さて、せっかく海に来たから海沿いの宿に泊まらないとね
 
ってことで、目の前が海の家をばっちり予約!
 
しかも2泊で6000円安すぎ
 宿の前の海
 
 
 
 
 
 
 
 宿の前からパシャ
 
 
 
 宿からみえる海
 
 
 
 
 
 
 
 部屋の中からパシャ
 
 
 
 
 
ご当地もののうまい鮨くって
 
 
屋根の上で横になって
 
 屋根
 
 
 
 
 
 
 
 
キレイな星見て
 
 
広研の海の家にいって
 
 
潮の流れに勝てず、岩で怪我して
 
 
いろいろあったけど
 
 
 
 
 
やっぱは最高だ
 海2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだまだ俺らのは終わらない・・・
  海3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、また明日から北の方へ旅にでるのだが
 
 
あまりにも無計画すぎて不安である。
 
 
まぁそれがいつもの俺らのやり方だ!!
 
 
とりあえず、田舎へ泊まろう!!
 
 
 
 
 
 
とりあえず、最後にレビューを。
 
 
☆イン・ゴッズ・ハンズ
イン・ゴッズ・ハンズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サーファーならこれみとけって感じ。
マジやばい!!
 
 
 
☆オールドボーイ
オールド・ボーイ 
内容がけっこうおもしろかった^^
最後のオチが最後まで予測できなかったのが
よかった^^
 
 
☆シュレック
シュレック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山ちゃんの吹き替えの声は天才的だ。
 
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 16:45Comments(5)TrackBack(0)

2005年07月22日

やりきれない想い

 
最後の最後で失敗したとき
 
 
 
 
それは
 
 
 
 
 
ものすごいやりきれなさに襲われる。
 
 
 
 
 
そう、
 
 
 
 
 
まさに、今、その状況だ。
 
 
 
 
せっかく気合いれてブログ久々に更新しようとした時に
 
パソコンがフリーズ・・・
 
あと3秒早くエンターを押してれば・・・
 
 
 
 
というわけで、やる気なくなったんで
 
もう、日記にします。
 
 
 
 
 
さて、先日のBandit's Rave
 
 
6人で最後まであわせることができなかったけど
 
 
どうだったんだろう??
 
 
 
上のリンクから動画がみれるんだけど、
 
チームで40人近く呼んだせいか
 
声援がメッチャきこえる!
 
見に来てくれた方、応援してくれた方、
 
 
 
 
本当にありがとうございます!!
 
 Bandit's Rave
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分自身としては、修正点が浮き彫りになった感じで
 
これから修正しなければ。癖もふくまれているから
 
これは時間がかかりそうだ><
 
がんばらねば・・・
 
 
 
 
チームとしてはどうお客さんの目にうつったのだろうか??
 
風邪を引き練習にこれず、本番前も客席で小さくなっていたT君は
 
意識のない中で踊っていたのだろうか??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて
 
 
 
 
話はとんで
 
彩の国さいたま芸術劇場でKIDSのダンス公演のゲストで
 
出演させてもらいました。
 
エンディングとか子供に混じって広い舞台で踊れたから
 
気持ちよかったな。
 
 
ってか、舞台は、やっぱ、めちゃくちゃ気持ちいいね
 
 
彩の国劇場
 
 
 
 
 
 
 
 
ちびっこたちとパシャ
 
 
 
子供の中には、俺らよりも長いダンス暦の子とかいたりして
 
すごくうらやましかった。
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
 
 
なんといっても
 
 
 
 
 
 
やっぱ、
 
 
 
 
 
 
子供は
 
 
 
 
 
 
 
 
純粋無垢だね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつから僕らはあの頃の気持ちを忘れてしまうのだろう??
 
 
 
 
 
 
いや、いつから忘れてしまったのだろうか??
 
 
 
 
 
 
 
 
せわしない集団生活の中で
 
 
 
 
 
 
“仮面”をかぶったりぬいだりしているうちに
 
 
 
 
 
 
 
どっちが“本当の自分”なのかわからなくなる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ってことも、今のとこ別にないか。
 
 
 
 
 
 
そんな感じで今日は、もう時間ないんでこのへんで・・・
 
 
次回こそはカッコいいについて書くぞ!!
 
 
 
 
本日のプレビュー
 
 
☆バッファロー’66
バッファロー'66
 
 
 
 
 
 
 
 
 
期待していたよりもあんまおもしろくなかった・・・
 
 
 
☆青い春
青い春
 
 
 
 
 
 
 
 
 
期待してたよりちょっとつまらなかった・・・
でもみんな絶賛してる・・・
なんで??おもしろさを誰か説明してください。
 
 
 
☆Mr.インクレディブル
Mr.インクレディブル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最高!マジ最高!ジャックジャックやばい!
ヒーローが職を奪われ一般生活に溶け込んでいく
というストーリーの発想はすごい!
 
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 02:02Comments(10)TrackBack(0)

2005年07月10日

愛☆地球博(気分は上々〜本編)

 
 
ってことで、きちゃった。
 
 
 
 
 
 愛
 
 
地球博入場ゲート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公演前日の冷めやらぬ興奮って感じ。
 
 
 
 
 
 
昨夜の蚊との格闘の末、
 
 
 
 
数十箇所刺されたけど
 
 
 
 
 
まったく気にならない。
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず、これみとけってとこにいってみた。
 
 
 
 
 
 
噂のマンモスやら、
 
 
 
愛8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10M×50Mの大型スクリーンとか
 
 
 
夜景1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
360度映像の世界とか・・・
 
書ききれないけど&写真もないけど・・・
 
 
  愛8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 とりあえず、人間って、すげぇ・・・ 
 
 
 会場
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人間が生みだしたテクノロジーってやつは
 
 
 景色1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マジでやばい
 
 
 
階段
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人間の叡知に限界はないのかなぁ〜
 
 
 帰り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 とりあえず、22時ラストまで残り帰り道は人がいねぇ・・・
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず、その足で
 
築地
 
 
 
 
 
 
 
 
 
築地にきたみた。
 
 
うまい鮨くって、
 
 
解散!!
 
 
 
 
いきあたりばったりの、
 
 
 
まさに
 
 
 
 
“気分は上々の旅”
 
 
 
 
 
また、やろう
 
 
俺らは運がいい
 
 
次は、どこかなぁ〜
 
 
 
 
日記は普段書くつもりはないが
 
とりあえず、記念に残しておこうと思います。
 
かけあしでかいたから話は飛びまくりだけど
 
あしからず・・・。
 
次こそは、カッコいいについてかきたいと思います。
 
 
では、最後にプレビューを。
 
 
 
 
 
☆遠い夜明け
遠い夜明け
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アパルトヘイトについての実話。
今を生きる僕らには想像を絶する世界が
リアルに描かれている。
 
 
 
☆GO
GO
 
 
 
 
 
 
 
 
 
期待ほどではなかったのが残念・・・
 
 
☆DEEP BLUE
ディープ・ブルー スペシャル・エディション
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生態系の構図がわかる。
人間が入り込めない世界をのぞくことができる。
必見!高画質でみたらかなりやばい!! 
  
Posted by satonogohan2002 at 23:24Comments(5)TrackBack(0)

2005年06月30日

愛☆地球博(南知多半島編)

 
 
きっかけは、一本の電話から。
 
 
 
プルル・・・
 
 
 
 
俺:「はい、まこと。」
 
 
 
 
 
友人A:「古・・・。」
 
 
 
 
 
 
 
俺:「そうだ!万博へいこう!」
 
 
 
 
 
 
 
友人A:「いこうや」
 
 
 
 
という、軽いノリで
 
数日後、僕らはサークル友達4人で
 
愛知を目指すこととなった。
 
 
 
 
 
友人Aのシーマ(車種)の中では
 
trf、WANDS、T-BOLAN、尾崎豊、マイラバ、サザン、glove...
 
と、今流行の音楽が爆音で流れていた。
 
 
 
 
途中、
 
 
 
 
 
田舎っぽい景色がでてきたのでとりあえず
 
降りてみる。
 
 
 
 
田舎散策
 
愛1
 
 
 
 
 
 
 
 
空気がおいしい、やっぱ都会の汚れた空気とは違う。
 
 
 
 
 
 
そして、愛知到着。
 
 
 
とりあえず、巷じゃ有名な矢場とん
 
に行く。
 愛2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時、がしはらさんことひがしと合流。
 
ドレッドのなくなった彼は社会に完全に溶け込んでいた。
 
しかも、おごってくれた。
 
 
愛10

 

 

 

 

 

 

ありがとう東

 

 

そのあと名古屋観光をしたあと、

とりあえず寝床を探しに南下してみる。

最近、話題だったセントレアを通り越し

たどり着いたとこは、

 

 

 

南知多半島

 

 

 

という、どこだここはってとこだった。

 

 

 

 

愛3

 

 

 

 

とりあえず、海にでてみた。

 

 

 

 なんか、動いてない不気味な遊園地があった(写真後方)。愛4

 

 

 

 

 

地元住民にいろいろ情報を教えてもらい、さらに南下する。

 

 

すると

 

 

 

 

 

バンガロー発見

bangaro

 

 

 

 

 運よく店番のおっちゃんが帰るとこで

ひとり2500円ってことで、即決

 

 

近くに、温泉&ジャグジーがあるってことで

そこでくつろいでから

バンガローに戻り、とりあえず

 

愛5

 

 

 

 

 

 

   乾杯

 

電子音のない世界。

 

都会を離れこうした自然の中で過ごす時間は

 

ブランコ

 

 

 

 

心に潤いを与えてくれる。

 

 

 

今夜は、早めに寝よう。

 

明日は、いよいよ万博だ!!

 

 

 

 

・・・。

 

このあと、部屋で蚊と5時間格闘することになるとは

誰もこのときは知る由もなかった・・・。

 

 

 

あんま、ブログで日記をかくことはないので

気分転換に書いてみました。

とくに日記なんでおもしろおかしくすることは

ないので、あしからず・・・。

 

とりあえずたまってた、プレビューを。

 

☆SONNYSONNY/ソニー

 

 

 

 

男娼のお話。

『ルイジアナ一番の美女に乾杯』

こういうセリフっていえたらカッコいいよなぁ〜

 

☆ブラザーフッドブラザーフッド プレミアム・エディション

 

 

 

 

友達のホームシアターでみたからかなり大迫力

アンド、マジえぐい・・・。南北分断の歴史の大きな一戦を

描いてます。

 

☆16歳の合衆国16歳の合衆国

 

 

 

 

 

もはや、まさか普通の子が殺人を犯すなんて・・・

と、いう概念は捨てなければならないと思う。

“普通の子でも”・・というのが現実だ。

そういった概念をもって対応していかなければ

これからも“普通の子”が罪を犯してしまう。そんな気がする。

  
Posted by satonogohan2002 at 11:59Comments(5)TrackBack(0)

2005年06月19日

春パよ、来い。

 

いや、もうすでにきてしまった。

 

 

 春

b3

 

 

 

 

 

本番、応援してくれた方、

本当にありがとうございます!

おかげで、チッタの舞台でとても気持ちよく踊れました。

 

でも、

 

ミスもしてしまい、みんなの足をひぱってしまった。

 

それがすごく悔しい。

 

終わったあと悔しくて

 

涙がでそうになった。

 

必死でこらえた。

 

 

こんな気持ちになるのは、久しぶりだ。

 

もっともっと

練習しなければならない。

 

この失敗を糧に、次につなげていくことが

これからしなければならないことである。

 

 

後悔しないように努力努力努力・・・!!

 

 

 

そして、

 

 

BRUTUS+Youthtyle

みんなありがとう

 

オグ、コガちゃん、とも、うめ、ゆうじとやれて

ホントに楽しくできたと思う!

せいこにもだいぶ助けられました!

 

 

ラップ作ってレコーディングしたり

B1

 

 

 

 

四日連続でオール練したり

 b2

 

 

 

 

表参道の裏で衣装作ったり・・・

 

いろんなとこに時間使ってたね(笑)

 

 

とりあえず、今後の予定としては

あの続きのラップを作って

一曲作っちゃいますか!?(笑)

 

 

さて、今回のプレビューは本も混ぜてきます。

☆SEX AND THE CITY(ドラマ)

Sex and the City Season 6 Vol.1

女の人はこんな考え方してるのかなぁ??

ってか、やっぱアメリカのセンスは日本と違うねぇ〜!

 

☆上海ベイビー(本)

上海ベイビー

 

 

 

 

中国で発売禁止になったやつ。

性やドラッグについてかかれているから

村上龍系好みの僕としてはけっこう好きな作品です。

 

 

 

  
Posted by satonogohan2002 at 03:20Comments(6)TrackBack(0)

2005年06月07日

無(限)題

6月になってしまった

 

2005年が始まってからもぅ、はや5ヶ月が経ってしまった

 

この1ヶ月は春パもあるし、アナウンススクールも始まるし、

 

誕生日は過ぎたし・・・

 

 

 

 

 

って、!?

 

 

 

 

 

もぅ23歳になってしまった。

 

 

 

 

 

 

同じ年で、すでに働いている人や結婚している人、子供がいる人や

 

フリーターやらニートやら、音楽で飯食ってる人や・・・

 

 いろんな人がまわりにいる。

 

 

 

 

 

はたして、自分は、

 

世の中でどんな存在なのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは考えたことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 

「社会では、客観的な自分しか

 

存在しない」

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりは、自分の存在は、

 

社会では他人の評価によってのみ

 

存在するということである。

 

 

 極端にいうと、たとえば、「俺は協調性のある人間だ」とか「リーダーに向いている」とか自分で思っていても、他人が「こいつは自己主張の強いやつだ」とか「リーダーには向かないな」とか、そういった、評価をしている限り、

 

社会では、それが“自分”なのである。

 

 

 

 

 

 

じゃあ、どうしたら、

 

“理想の自分=他人の評価”

 

することができるだろう。

 

 

 

 

 

これは非常に難しい問題だ。

 

 

 

こういうの論理的につきつめていくと、

 

どうどう巡りになりそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、やめる。

 

 

 

 

 

 

 

だから適当に考えたことをいうとすると、

 

 

 

 

 

 

価値観が人それぞれ違うから、

 

理想の自分=他人の評価に直結させるのは

 

難しいってことです。

 

 

 

 

 

だから、一般論どうこうよりも、

 

 

 

 

 

自己満が大事!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一般論は結構大事だったりするのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会の評価は一般論を基準にしているからね。

 

 

 

 

 

 

う〜ん。安い。考えが安い。若い。

 

 

 

 

 

こういったことは無限大(掛け詞)に 考えられますね

 

 

 

と、いうわけで今回はここまでで・・・。

 

結論とかなんも出てないけど・・・。

 

 

 

 

 

次回は、価値観がでてきたので、カッコいいとは??について自分の独断と偏見で書きたいと思います。あしからず。

 

 

 

さて、先日、誕生日を迎えました。多くのメールをいただきありがとうございました。

地元で飲んだときに、うまい棒と“ガムの箱買い”を、もらいました。60個中あたりは5個あると箱の横に書いてありました。はずれ20個で懸賞に応募できるのでやってみたいと思います。

 

 

他にもタバコをやめたのに、タバコを3箱もくれた人がいます。

心からお礼をいいたいです。

 

 
 
さて、最後に自己満レビューを。
 
今回から、心に残った“ひとこと”もたまに載せときます。
 
では、
 
 
☆25時
25時 スペシャル・エディション
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後悔しない人生を送りたいと思う。
 
 
 
 
☆パルプフィクション
パルプ・フィクション/ジャッキー・ブラウン コレクターズ・ボックス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いろんな事件がうまく絡み合ってて
よくできている作品です!
おもしろかった!
 
 
 
☆凶気の桜
凶気の桜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『もうガキじゃねぇんだから好きだの嫌いだいってらんねぇよ』
『逆だよ、好き嫌い、はっきりするのが大人だろ』
『勢いのあるやるは、判断が速い』
 
 
 
☆戦場のピアニスト
戦場のピアニスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2次世界大戦あたりのポーランドの情勢とか
ナチやらユダヤやらの話が理解しやすい。
“善の中に悪あり、悪の中に善あり”
って、感じです。
 
 
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 16:58Comments(9)TrackBack(0)

2005年05月30日

くだらない話。だから読まなくていいです。

 
 
 って、いうと読みたくなる心理をついてみました。
 
 
ここをみてしまったあなた。
 
さすがです。
 
 
ついでにどれくらいの人がこれに、はまったのか知りたいので
 
 
ぜひ、コメント残してってください!!あしからず・・・。
 
 
 
 
 
ついでなんでタイトル通りくだらない話をします。
 
 
 
 
『あの当時を振り返ると、素直に
 
若かったな〜
 
って、思う。どうして、もっと、はっきりした
 
答えをださなかったんだろうなぁ〜って。』
 
 
 
車の後部座席で揺られる俺。
 
 
隣には、まだ知り合って間もないK君が
 
 
夜の街を車窓から眺めていた。
 
 
 
ラジオから流れるBGMにみな陶酔し
 
その中で、僕もまた、
 
シートに深くすわり、夜の男を演じるかのように
 
窓の外をみながら自己陶酔をかましていた。
 
 
 
そんな中で、K君が、おもむろに
 
僕に、あるものを差し出した。
 
 
 
そう、大好物である、ハイチュウグリーンアップル味を・・・。
 
 
 
K君:『これ、食うか??』
 
 
 
 
ふいのひとことに、
 
 
俺はこういってやった。
 
 
 
 
 
 
 
『どっちでも、いいよ』
 
 
 
 
 
 
 
 
すると、予想もしない答えがかえってきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
K君:『あっそ、じゃあいらないね』
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
普通くれるでしょ、そこ
 
 
 
 
そう、僕はすでに固定観念にとらわれていたのです。
 
知り合って間もない彼は、きいてくるんだからくれるのだろうという
 
勝手な思い込みをしていたのです。
 
みなさんも、固定観念にとらわれて失敗したことってありませんか??
 
当時、小学2年生だった僕は
 
そのとき、物事は、はっきりいおうと心に誓ったのでした。
 
 
 
 はい。とくにオチもなし。
 
面白みもなし。
 
最近は、ネタ不足です。いや、むしろ、いかに
 
普段の出来事をうまく表現するか
 
が問われているのですね。
 
そう、このブログをやるのもひとつは文章能力の向上のためでも
 
あるのです。
 
僕は、浪人の河合の校内模試で夏まで偏差値25という
 
ありえない記録をうちたてたことがあります。
 
まぁ、そんなことはどうでもいいとして、
 
眠いから寝ます。最後に最近みたDVDのプレビューを。
 
自己満です。
 
 
 
 
 
 
 
☆アメリカンヒストリーX
アメリカン・ヒストリーX
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人種差別がリアルに感じることのできる作品かな。
ホントにナチを崇拝してる集団がいるのか調べてみよう。
最後なぜダニーが銃で撃たれたのか、誰か教えてくれ!
 
 
 
 
☆LOCK STOCK&TWO SMOKING BARRELS
 
すべてのパズルがそろったときに、あ〜なるほど!
って、なった。うまく作りこまれていたな(笑)
久々にHIT!
 
 
 
 
☆Elephant
 
むこうの学生の何気ない日常と、銃乱射事件を起こした
少年の心理が描かれている。静かなんだけど、心の深いとこに
ずっしりと重みを感じる作品であった。
 
 
 
 
☆シルミド
 
辛い生活をずっとともにすると
情がわいてはいけない関係でも、
それを許容してしまう。そんなとこも印象に残った。
歴史の上から、都合の悪いことを消そうとしてしまう国家に怒りを覚える
作品だ。
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 02:20Comments(12)TrackBack(0)

2005年05月19日

オー人事 オー人事

内定がでた。(もう1週間以上たつけど・・・)
 
 
最終面接(5次選考。面接5回は長すぎ)で、COO(経営最高責任者)に
 
 
 
 
「キミが成功しそうかしなさそうか、それしかみてない」
 
 
 
 
って、言われた。
 
みんなにそういって、結局、全員通っているのかもしれない。
 
 
 
でも、素直に、
 
 
“自信”
 
 
って、やつに変えようと思った。
 
 
そぉとらえた方が自分にとってプラスに働くと思うから。
 
 
 
就活を通して成長したなって思うよりも、
 
こんなに自分の知らない世界がたくさんあって、
 
イメージでしか、社会をとらえていないって事が再確認できたから
 
その意味ではよかったなって思う。
 
もっともっと、視野を広げたいって思った。
 
 
あと、やっぱり、
 
 
 
 
 
アナウンサー
 
 
 
 
 
 
ってのも、再確認できた。
 
 
今日、さっそく某TV局のアナに内定もらったこに
 
話をきいてきた。
 
 
ん〜とっても魅力的。
 
 
そして、某TV局のアナの内定をもらった人を
 
また紹介してもらえた。なんていい人なんだ
 
感謝カンゲキ雨アラシです。
 
来週、話きいてきます^^
 
 
さて、どっかで、asukaの約束通り人事ネタをいれようとしたのですが
 
ちょいと、載せるとまずい展開になるので、やめときます。
 
(ごめんね、asuka)
 
 
さて、今回も、あっそ、的な感じで終わってしまいそうだ。
 
まずい。まぁ、次回はまた、議論を呼びそうなテーマを
 
設けたいと思います。
 
さて、今日から、前回、公言した
 
感性を磨く
 
ためにさっそくDVD見始めました。(美術館やアートギャラリーも行き始めた)
 
今日から、みたDVDを一応、自己満で載せるので気にしないでください。
 
はい。
 
では、
 
Trainspotting
トレインスポッティング
 
高校のとき見ようと思って、結局いままでひぱったしまった。
こんな波乱万丈に生きられる人はすげぇと思う。
できるだけリスクをとらない人が多いよね。ながくなりそうだから
こんくらいで。
 
 
ゲロッパ!
小説ゲロッパ! Super funky★jet coaster movie Get up!
かなり批評する人だから、さぞかしおもろいのかと思いきや、
別になんのことはない。
 
 
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に
小学校のときに、花金データランドで、1位になってて、なぜか当時2位
だった「生きてこそ」をみてしまい、この映画は10年以上ひっぱったなぁ。
刑務所のありかたってなんだろうね、と考えさせられました。刑務所の中には悪影響を及ぼすような囚人もいるわけで・・・その中で更生させるってそう簡単なことじゃないよなぁ〜。
 
今日はこのへんで・・・
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 22:54Comments(5)TrackBack(0)

2005年05月11日

今日から俺は・・・その3

と、いうわけで、asukaと約束したテーマについては
 
次回とりあげることにして今回は
 
「今日から俺は・・・」
 
シリーズで。
 
このシリーズは、とくに自分の中で決めたことを書きます
 
深い理由には触れません。
 
そう、
 
多くは語らないのです。
 
では・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず
 
タバコ
 
やめます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
っていうと、
 
「どうせすぐまた吸い出すんだろ」
 
って、思ったそこの君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正解。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやいや、違う違う
 
意志を貫くってのは、なかなか難しい。
 
しか〜し、
 
強い意志をもって望みたいと思います。
 
ちなみに、アナを目指すからとか
 
そんな安い理由じゃありません。
 
 
 
 
それともうひとつ、
 
今日から
 
感性を豊かにする”
 
をテーマに
 
日々精進したいと思います。
 
こればかりは、一朝一夕にはいかんからね。
 
んで、どうしたら
 
“感性を豊かにできるか!?”
 
についての意見をもらえるとうれしいです。
 
はい。
 
 
 
 
 
 
全然、関係ないけど、こっからは最近きになるものを。
 
 
 
最近好きな曲 
 
 
☆木村カエラのリルラ リルハ
 
 
 
好きな番組
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、別にふぅ〜ん、あっそ。
 
みたいな感じの内容です。
 
本当に多くを語りませんでした。
 
次は、適当にうんちくたれます。たぶん・・・。
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 03:41Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月05日

六月の勝利の歌を忘れない・・・そして、新たな決意へ。

2002年ワールドカップ
 
小野伸二、当時22歳。
 
今の自分と同じ年。
 
 
日本中が沸いた日、俺はみんなと同じように群集の中にまみれていた。
 
 
ブラウン管の向こう側にいる、彼と
 
それをみている俺。
 
 
 
 3年経ったって、それは何もかわらない。
 
 
 
別に、小野と張り合おうとしてるわけではない。
 
ただ、同じ、22歳になって思うこと。
 
それは、このままの“自分”でいいのかということ。
 
 
 
サッカー日本代表は、日本中を巻き込んだ。
 
多くのドラマがあり、感動を与えた。
 
 
同じ22歳という年で・・・。
 
 
 
「六月の勝利の歌を忘れない」
 
日本代表、真実の30日間ドキュメントを見たとき
 
正直、悔しいと思った。
 
同じ年くらいなのに、日本中に感動を与えている。
 
彼らがプレーすることによって
 
多くの人が笑い、泣き、感動した。
 
 
Wカップ初勝利に控え室で思いっきりはしゃぐ選手たち。
 
大喧嘩も、
 
励ます声も、罵声も
 
嬉し涙も、悔し涙も、
 
すべてが、うらやましかった。
 
 
 
 
仕事しながら、感動したり感動を与えたりできたら
 
幸せだなって思う。
 
今、受けている企業では
 
それはできないのかなって、勝手に思い込んでた。
 
でも、感動できるかどうかって、
 
じつは、仕事で決まるわけじゃない
 
受け身な姿勢では、どんな仕事でも、感動することはできない。
 
 
そして、もうひとつ。
 
感動するために仕事をするんじゃなくて
 
仕事をしたから感動できた
 
そう思える場所を見つける、
 
いや、
 
みつけるというよりも
 
創り出すことが大事だって思う。
 
 
 
 
今、受けている企業も魅力的だけど、
 
やっぱり、
 
もっと、感動を近い場所で感じることができて
 
身の回りだけでなく
 
より多くの人に
 
伝えることができる仕事を・・・
 
 
 
 
就職活動のときによく
 
「人に影響を与えたい」
 
とか、
 
「人が動くきっかけを作りたい」
 
ってそういうの散々きいてきた。
 
そして、俺も、もちろん、同じようなことをいっていた。
 
この仕事について、ホントにそんなことできるの??
 
どれくらいの人に、どんな影響を与えたいの??
 
そんな疑問を抱えながら
 
ずっと、自分の中で考えていた。
 
 
 
そして、ひとつの
 
答えが自分の中で出た。
 
 
 
 
 
「日本の中心で愛を叫ぶ」
 
 
 
 
 
 
全然うまくない・・・。
 
 
 
なにもテレビに映しだされた姿だけで、
 
日本に感動の波が起きるるわけではない
 
 
それを伝える、アナウンサーの名セリフがあってさらに
 
人はその言葉に心をうたれ、
 
テレビに映る姿をみて感動するのだと思う。
 
そう、
 
つまりは、その映し出される選手になるのではなくて
 
それを伝える
 
 
 
 
アナウンサーを目指すってこと。
 
 
 
 
 
よくそんな受ける自信とかあるねといかいわれたけど、、
 
別に自分をすごいやつだなんて思ってないし、
 
向いているとか思ってないし
 
自信があるわけでもない。
 
でも、やりたい!って思うから
 
目指す。
 
ただ、それだけ。(それだけじゃないけど、文章の構成上そういうことにします)
 
それで、いいじゃない。
 
 
“自信”って、辞書には
 
「自分で自分の能力や価値などを信じること。」
 
って、かいてある。まさにそういうことだ。
 
“自信”
 
カッケーじゃん。
 
自分を信じるって、カッケーじゃん。
 
なにかに打ち込まない限り、
 
自信なんてーのは生まれない。
 
だから、自信がもてるように
 
がんばりたいと思う。
 
さぁ、次なるステップに向けて始動だぁい!!
 
 
と、いうわけで、今回はずいぶんとキレイなことをかいてしまったけど
 
次回はもっと否定的に、いきたい・・・な(笑)
 
長くなってきたんで、いろいろいいたいことは
 
ありますがこんくらいにしときます。ではでは・・・
  
 
 
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 19:32Comments(9)TrackBack(0)

2005年05月02日

「飽きるということ」

先日のテーマ“夢”に関してはいろいろコメントいただき
 
ありがとうございます。
 
ひとこと添えておくと、
 
俺も“夢”ってのは叶えるモノだと思ってるし、
 
好きな言葉だよ!ブログのテーマ上、
 
否定的な側面からカキコしてみました。
 
というわけで、これからも、あたりまえというより違った視点で
 
かいていけたら、と、思います!
 
 
はい、というわけで、今日はasukaのブログに影響されて
 
「飽きるということ」
 
っていう、テーマでかこうとしたましたが、asukaのブログ
 
っていうテーマのとこのコメントで書いたので
 
興味がある方は、asukaのブログのコメントよんでみてください。
 
ペンネームD.E.K.A.で、コメントしてます。
 
なぜならデカゆうたって、サークルで呼ばれてるからです。
 
ちっちゃいリルゆうたってのが、サークルにいるんですよね。
 
はい。
 
ちなみに、このasukaって、同じサークルのこのブログは
 
いろいろ考えさせられる
 
内容なので、ぜひ、読んでみてくださいな!
 
 
というわけで、今日は、普通に日記でも書きます。
 
今日は、ダンススクールにかなり久々に友達と行ってきた。
 
全然、踊れネェ〜
 
これから、筋トレと練習マジ、やんないとヤバイ・・・
 
なぜかって、
 
BRUTUS+youthtyle
 
っていうチームで
 
春パにでます!
 
今日のスクールで、ひぃひぃいってたんで
 
マジやばいっす。不安だ〜。
 
体がついてこなかった・・・。
 
やるしかない><
 
頑張りまぁす
 
 
今回はある意味、テーマに“飽きた”から日記をかいてみた。
 
いや、全然うまいこといってない・・・汗。
 
次回は、なにかテーマを設けてかきたいと思います。
 
ではでは・・・
 
 
 
 
 
 
  
Posted by satonogohan2002 at 02:09Comments(4)TrackBack(0)

2005年04月27日

夢見る少女じゃいられない

というわけで

とりあえず今日のテーマは“夢”という

一文字だけど、めちゃくちゃ議論ができそうなものをテーマにしてみます。

ちなみに独断と偏見で書かせてもらいます。あしからず。



ちっちゃい頃は、大統領とかプロ野球選手になるのが夢だった。

中1の時のクラスの冊子とかみると、Jリーガーとか弁護士とかタレントとか

書いてある。我ながら欲張りだ。

高校にもなると、Jリーガーとか無理だな。って、ことに気づく。

予備校に入ると、カリスマ講師が声高らかに、

「今の自分をよくみてから、夢を描け。小学生みたいな夢の見方すんな」

っていってた。

大学に入ったら、夢なんかについて、深く考えなかった。

「あなたの夢は何ですか?」なんていうコンセプトの公演に、出たのにも

かかわらず・・・何も考えなかった・・・。


就活するように、なってはじめて自分に問いかける。

俺の夢ってなんだろう。

何になりたいんだろうって・・・。




なかなか見つからない。




見つかるわけもない。






“なりたい職業=夢”


って、ずっと思ってた。






違うね。






今は、


“夢=叶えられないモノ”

              
だって思う。



(多くの反論を受けそうだが、まぁ、きいてやってください)



なりたい職業、成し遂げたいこと、叶えたいこと・・・

すべては目標である。

ってか、目標にしないと、いつまでたっても叶えられないと思う。

そこにたどりつこうとする具体的な道がないのなら

それはただの“夢=叶えられないモノ”にすぎない。


カリスマ講師がいってたのは、つまりはそういうことなのかもしれない。


イチローが、

「夢を持つことよりも、目標をもつことの方が大事」

って、いうのはまさにこのことだろう。



だから、



僕は、こう思う



「夢見る少女じゃいられない」


って、俺、男じゃん。はい。





だから、最近は、夢よりも


目標を見つる努力をしようと思う。



その目標ってやつも

おぼろげながら見えてきた。

んま、そのことはまた後日・・・




とにかく


“夢を目標に、目標を現実に”


って、感じで

かえていけるように

ガンバります。ハイ。














  
Posted by satonogohan2002 at 19:31Comments(12)TrackBack(0)

今日から俺は・・・その2

なんか、あんまり使い方がよくわからない

けど、

思ったこと、感じたこと、日記、その他もろもろ

書いてこうと思います。

相当きまぐれに書きます。

とりあえず、今日は以上で。

ってか、どうやって、色とか変えたりできんのかな〜??

誰か教えて〜><  
Posted by satonogohan2002 at 02:39Comments(5)TrackBack(0)