2014年01月19日

 1月18日(土)は、師匠S氏とY氏、M氏の4人で渋谷釣船さんでヒラメ釣りへ行ってきました。

09b
朝はまだ暗いので去年の絵です。 

 Y氏から、18,19日どちらかで真鯛かヒラメを釣りに行こうとのリクエスト、18日は天気、潮ともまずまずですが問題はターゲット。

ヒラメは年明けから下降線を辿り、ボー○確率が極めて高くなっている様子・・・。

真鯛はウタセエビが有れば、五目で何か楽しめそうですが。

 

 で、渋谷釣船さんへ相談。

Sato「ウタセエビ有りますか?」

女将さん「ないよ~」

アラッあっさりと、これで石鯛五目も無くなったか。

Sato「ヒラメは最近どうですか?」

女将さん「う~ん、日ムラが大きいねぇ」

やっぱり釣れていないらしい返事。

少し迷ったのですが、打率5割(残りはボー○?)ぐらいは・・・っと思い予約。

 

 当日出船前、船長に状況を尋ねると。

「う~ん、4人全員に釣って欲しいけどなぁ~」

っと渋い表情、今日はお土産期待かぁ?。

 

 Y氏左舷大艫、M氏右舷大艫、S氏左舷ミヨシ、Sato右舷ミヨシの釣り座、準備を終えてほどなく出船。

 

出船前は度合へ行くとか言っていたそうですが、伊良湖水道を南下して瀬木寄瀬へ、船長も苦労しているのでしょうね。

18a
 土曜日とあってヒラメの乗合船も結構お客さん乗っていました。

瀬木寄瀬の標識西側で釣り開始。

「根を流すから根掛かりに注意して」っと船長。

最初は水深50mほど、根掛かりするほど荒くもなく良い感じなのですが・・・アタリ無し。

続いて、水深30mほどの所、20mほどの所と瀬木寄瀬をあちこち放浪・・・・。

 

 ゴリンの南側に近い所とか、この時間になると船長も普通に釣っていてはアカンと思ったのか根の荒い所をガンガン流します。

っが、アタリ無し、カサゴすら当たらないって・・・何で?

 

 ラスト2時間、ボー○の赤信号が点滅し始めた頃、

「伊良湖へ移動します。」

と船長、良い情報でも入ったらしい。

18b
 他の船も集結していて雰囲気は有ったのですが・・・。

 着いた所は伊良湖水道のワガ島、なのかな?

水深40~30mぐらいの所を流しますが、根が荒い!

オモリ4個ロスト^^;

 

13時沖上がりの最後まで集中しましたが・・・敢無く・・・。

船中4人釣果どころかアタリすら無し・・・外道も釣れずとは泳がせ釣りには珍しい。

厳しい釣りになることは予想していたので、かなり集中しての釣り、

っで、この結果、思いっきり疲れました。


 Y氏に頂いた-60度で冷凍した天然鮎、当日はまだ凍っていたので翌日塩焼きで美味しくいただきました。
 


 

H26年1月18日 土曜日

天候    晴れ

風     北西2、3m 波1~1.5m

船     渋谷釣船 第五晴興丸

釣り場   瀬木寄瀬一帯~ワガ島

潮     中潮初日(大潮後)

水深    25~50m前後

竿     ダイワ 極鋭ヒラメM270

リール   シマノ フォースマスター400

ライン   道糸 PE2号 リーダー6号

釣り座   右舷ミヨシ

釣り方   流し釣り  オモリ60号

仕掛け    泳がせ仕掛け

エサ     活きイワシ

釣果    無し



Satosatonoren_air at 22:49コメント(2)トラックバック(0)
ヒラメ  

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Sato   2014年01月21日 21:04
釣れれば大物が期待できる、あくまで釣れれば、ってことで臨んだ今回。
まさか全員完全試合とは・・・。
次はタチウオ居てみましょうか。
予定では今回が太刀魚のつもりだったのですが、タチウオいつ来るのかな?
1. Posted by S氏   2014年01月21日 19:00
3 二連続の完全試合なので、新調したリアランサー君との相性が悪いのかも? 感度良く、海底の状況が良く分かるのにねぇ?腕が・・・なのか今年の釣果0更新中  船宿さんからの採りたて生ワカメとY氏の天然アユでを飲みすぎました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索