無題 Name としあき 19/06/08(土)11:09:25 No.11759686 del + 02:32頃消えます
ヤマメヤマメヤマメ
1559959765933


http://dec.2chan.net/55/res/11759686.htm





無題 Name としあき 19/06/08(土)11:13:47 No.11759697 del そうだねx3
    1559960027147.gif-(338871 B) サムネ表示
338871 B
大好き
1559960027147


無題 Name としあき 19/06/08(土)12:23:10 No.11759863 del そうだねx2
    1559964190900.jpg-(4033 B) サムネ表示
4033 B
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1559964190900


無題 Name としあき 19/06/08(土)12:24:32 No.11759866 del そうだねx5
    1559964272957.jpg-(804715 B) サムネ表示
804715 B
一緒に居たら絶対に楽しい
1559964272957


無題 Name としあき 19/06/08(土)12:24:48 No.11759868 del そうだねx10
    1559964288441.jpg-(117486 B) サムネ表示
117486 B
すごく好きな一枚
1559964288441


無題 Name としあき 19/06/08(土)12:36:55 No.11759901 del +
    1559965015735.jpg-(54499 B) サムネ表示
54499 B
オイキー
1559965015735


無題 Name としあき 19/06/08(土)12:46:45 No.11759922 del +
    1559965605880.jpg-(626608 B) サムネ表示
626608 B
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1559965605880


無題 Name としあき 19/06/08(土)14:28:54 No.11760234 del そうだねx3
    1559971734393.png-(123857 B) サムネ表示
123857 B
地底入り口付近に観光気分で来た人間と酒飲んだり飯食ったりエロい意味じゃなく物理的に食ったりする短編集みたいなのが見たい
1559971734393


無題 Name としあき 19/06/08(土)14:53:23 No.11760323 del +
ヤマメ
ナズーリン
メディスンで病原体三姉妹としてですね


無題 Name としあき 19/06/08(土)14:54:43 No.11760327 del +
    1559973283076.jpg-(375046 B) サムネ表示
375046 B
現代生活幻想郷生活もいいけどちょっと昔生活もしたい
ヤマメちゃんに機織ってもらう生活したい
1559973283076


無題 Name としあき 19/06/08(土)15:17:09 No.11760389 del +
    1559974629581.jpg-(136751 B) サムネ表示
136751 B
我々では隣に立てない関係が既に有るとな
1559974629581


無題 Name としあき 19/06/08(土)15:42:04 No.11760460 del そうだねx3
    1559976124587.png-(45698 B) サムネ表示
45698 B
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1559976124587


無題 Name としあき 19/06/08(土)16:27:20 No.11760543 del +
ヤマメちゃん好き
気がついたら好きになってた


無題 Name としあき 19/06/08(土)16:55:18 No.11760604 del +
    1559980518048.jpg-(543642 B) サムネ表示
543642 B
牛鬼と同一視されたらしいから潤美とは遠縁だったりしないかな
1559980518048


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:10:34 No.11760749 del そうだねx1
>ヤマメちゃんに機織ってもらう生活したい
「おや 早くに起きたんだね そりゃ重畳 半日寝てりゃめでたく酒のつまみだったよ あんた」
目が覚めて節々の痛みよりも先に飛び込んできたのは 薄暗く部屋を照らす蝋燭のもと
規則正しく機織りをする女の影だった
手を止めることもなく おかしそうにくつくつと笑う女にしばらく目を奪われる
薄暗い部屋明かりは それでもはっきりと女の美しい顔を照らし
頼りない橙の光とは対照的な青白い肌と ガチャンガチャンと一定の間隔で声をあげる彼女の相棒から
しかしここがどこであれ 只人が留まってはいけない場所である と拒絶されているような居心地の悪さを感じた
「で? ただの人間様がこの地の底に何の用で? 
ロクなワケじゃないだろうが まあ あんたを食う代わりだ
肴になるくらいの話は聞かせとくれよ?」
言った女は こちらを値踏みするような目でにたり と笑って見せた
ゆっくりと 体中の痛みと共に蘇る記憶を語り終えるまで
それでも日が昇ることはついぞありはしなかった
なるほど 女の言うように 確かにここは地の底らしい


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:10:58 No.11760751 del そうだねx1
「田植え帰りの家の裏手に洞窟が沸いただぁ? なんだいあんた その嘘が面白いとでも思ってんのかい?
確かにつまらない話なら食ってやろうとは思っちゃいたが ホラ話は嫌いだよ」
女はヤマメと言うらしい 人のナリをしていて それでも人ならざる土蜘蛛の妖怪 であるとは本人の談だが
人を食ったような ではなく 文字通り人を食う化物の類とは初めての邂逅であった
意外にもこれが話の通じる相手らしく 口元から覗かせているのは牙の類ではなく話の種である
いや 今まさに牙が見えんとしているのだが
「うーん…でも見たところ あんたが何かしらでここまで至れるような輩には見えんし にしたって大穴が開く程かね?」
ガタがきてんのかねぇ? と何やら考え事をしているヤマメからは 先ほどまで質問攻めであった
彼女の話が本当なら ここは地の底で 地獄のような場所で
そして上の人間(彼女にとってはそうらしい)は実に数百年ぶりである らしい
なるほどそうであるならば もはや異国の人間を見るようなものだ …異国の人間は人を食うのだろうか?


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:11:13 No.11760752 del そうだねx1
「まあいいや 信じてやる それで足を踏み外して 人心地がついたら私の前だったって?
そりゃあよかったじゃないか 何せこんな美人だ 今際の際の景色としちゃいい方だよ」
どうやら倒れているところをヤマメに助けられた というのが気を失っている間の出来事らしい
気づいて初めて ゆっくりと実感が沸く 全身が痛い
しかし 簡易的ではあるが痛む箇所には包帯が巻かれている
どうも地上と隔絶されて長いらしい地の底には 人の血肉に飢えた妖怪も居るらしく
確かに治療までされたとあれば運は良かったのかもしれない
ここまでは ではあるが
「何 そんなに怯えなくたってすぐに食ったりはしないよ 何せ久々の人間だ ただ食うってのも勿体ない」
言ったヤマメの言葉は 優しさというよりは己の趣向による気まぐれのような慈悲が籠っている ありがたくもない
「そうだねぇ… あんたの傷が癒えりゃ地上まで還してやる 落ちてきたって事ぁ人間じゃ登って戻れないだろうからね
ただし だ 次の織物が完成するまでの間だ 完成したら食う」
気まぐれに笑うヤマメの織るものが 絨毯や緞帳であることを祈る他 どうやら生き残る術はないらしい


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:13:10 No.11760757 del そうだねx1
地底の自称人食いの一日は 織りかけの標糸を抜く作業から始まる
陽の光の届かない地の底では ヤマメが強めに踏木を踏み込む独特の音が一番鶏の代わりである
朝早く(?)から 他人の命の刻限を詰めているのだと考えると 所業は妖怪のそれらしい
「起きちまったのかい残念だねぇ 早起きは三文の徳たぁ言うがここらにゃなーんもないよ
ま 二日続けりゃ地獄の船賃にゃ困らないだろうが 精々ゆっくりしていきな」
言ってヤマメが 特に止めもしなかった機織りを続ける よくもまあてきぱきと織れるものだ
こちらの寝床からでは見えないヤマメの手元は 彼女から見てもそう変わらないだろうに
「まあ起きたんならじっとしときな 下手に逃げるだとか考えても あんたの立場が悪くなるだけだよ
私の心持ち じゃなくてね 文字通り足ついて立つ足場が さ」
確かに代えられた包帯を見るに ここ以上に安全に傷を癒せる場所も どうやら無さそうだ
「まあ そうだね 強いて言うなら私の話し相手になりな そうすりゃあんたの命の出来上がりが遅れる かもしれないよ?」
そう続ける彼女の言葉には どこか楽しそうな音色が籠っている気がした


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:15:38 No.11760762 del そうだねx1
「たはは そりゃあんたが悪いや その娘っ子はあんたに引き留めて欲しかったのさ きっとね」
今日の話の種は恋の話 である はたして地底人に地上の痴情話が通じるのだろうか と
心配は無用らしかった 時にからかい時に嘲笑うヤマメの反応は 少女のそれである
話すのは大抵こちらである ヤマメは大抵の話を聞き 相槌を打ち よく笑う
こんなことが半月も続けば興味は機微で(熱が入ると手が止まるのだ)おおまかにはわかるもので
奇人の話 地上の食の話 家族の話 そしてどうやら愛だ恋だの話も その一つらしい
しかし毎日のように 日は沈まず昇りもしないが それでも日がな一日中話していては 種も尽きるものである
「たまには私の話? いやぁいいよ どうせ大して面白くもないか 血なまぐさい話さ
話してやってもいいが 人間様にはちいと刺激が強いんじゃないかい?」
言ったヤマメの手が再び動き出す なるほど 己の話では手は止まらないか
「まあいいか ちょうど今あんたの失恋話を聞かせてもらったからね その辺りならまあいいだろ」
そう言ったヤマメのかつての大恋愛は しかしぞっとする程血なまぐさいオチが付くものだった


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:16:05 No.11760764 del そうだねx1
珍しく 機織りの朝鳴き音もなく目が覚めた
地の底に落ちてから おおよそ30回は眠っただろうか どうにも太陽がないと日にちが曖昧になる
代わりに 薄明かりでぼんやりとヤマメの顔が見える
…こちらを覗き込んでいる?
「ああ 起きたかい おはよ」
ヤマメはこちらの目覚めを笑顔で迎える
しかし彼女が機織り機の前以外に居るのを見るのは とても珍しい
精々飯時(やや味付けは薄いが 驚くほど普通の飯が出る)か 包帯を代えてくれるときくらいのものだ


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:16:24 No.11760766 del +
「ん? 珍しく織ってないって? いやあんた そんなに早死にしたいかい? やい親不孝モン
いや 心配しなくとも食ってやるさ まるっと織り終わったら ね
なに 獲物ってのはじっくりと腰を据えて狙うもんさ」
からからと笑うヤマメだが しかし彼女から害意らしい害意を感じたことがない
本当のところ ヤマメは何を考えているのだろう
「ん? そんなに長く何を織ってるのかって? あんた自分の命の形 見たいかい?
そうじゃなくて? 実は食う気もないんじゃないかって?」
心底呆れたように ヤマメが溜息をつく
「はぁ… まあそんな軽口叩けんならもう怪我もだいたい良さそうだね」
良いだろう ならあんたの寿命をめいっぱい縮めてやる
言ったヤマメの手元から鳴る命削りの音は なるほどいつもの倍は早い気がした


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:16:39 No.11760769 del そうだねx1
何かが眩しくて目が覚めた どうやら朝らしい 陽の光が眩しい
天道様というのは いつだって当たり前のように昇るものだ
さて起きてしまったからには顔を…光?
なんだここは 何故陽が昇って
いやそれよりも 地上? 何故? 怪我は? 痛みはもうない
ここはどこだ? そうではなくて ヤマメはどこへ? まとまらない考えをまとめる為 辺りを見回す
遠い記憶に入った洞窟 のような気がする とすればここは家の裏か
何故? 怪我が治れば還してくれると? 挨拶も礼もできず?
何もできずその場をうろうろと廻り だんだんと重く苦いものが胸のうちを占めはじめた中
何やら蹴飛ばしてしまった感触が脛に走る
起きた場所からそう遠くない開けた空き地の足元に 何やら大きな風呂敷包みを見つけた
…地底に落ちる前に大した荷は持ち込んだ覚えはないのだが
そもそも見覚えのない 何かあみだくじのような柄である


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:16:55 No.11760771 del そうだねx6
開いてみると 中身は布地であった
それも一枚ではなく 何枚も 色とりどりでそれは綺麗な
素人目にも見事と息をのむほどの なんだこれは?
包みには手書きの文も入っていた ごく短い文面である
”あんたの勝ちだ 見事ひと月で怪我を治したわけだ
食えなかったのは残念だが そういう約束だったからね
あんたを食う為に織ってたもんだ 私にはもう要らないものだからあんたにやる
こりゃ話の種の礼だ とっときな”
恐らく薄明かりの中 それでもすらすらと書いてみせたのだろう文で
すらすらと織ってみせたそれを ゆっくりと手に取る
少し熱を帯び始めた陽の下から 緑のにおいはすっかり消え失せていた


無題 Name としあき 19/06/08(土)18:27:50 No.11760810 del +
前に逃避行書いてくれたとしかい…?
嬉しいけど正直悔しい…こんな短時間でこんな情感たっぷりのSS書けるくらいの情熱抱いてるなんて


無題 Name としあき 19/06/08(土)19:10:24 No.11760944 del そうだねx7
    1559988624445.jpg-(81204 B) サムネ表示
81204 B
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1559988624445


無題 Name としあき 19/06/08(土)19:20:33 No.11760973 del そうだねx8
ちょっと湧いたネタにSSをぽんと貼って去っていく
こんな粋なマネができるとしあきがいたとはな・・・


無題 Name としあき 19/06/08(土)19:39:56 No.11761058 del そうだねx4
    1559990396870.jpg-(89054 B) サムネ表示
89054 B
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1559990396870


無題 Name としあき 19/06/08(土)19:48:22 No.11761123 del そうだねx2
>地底入り口付近に観光気分で来た人間と酒飲んだり
>飯食ったり別にエロいイベント発生しないまま帰してくれる
同人誌には出来ないがそんなぬるい動画作りたい


無題 Name としあき 19/06/08(土)20:41:05 No.11761418 del +
それほど好みのキャラでもなかったけど一度夢に出てきてから好きになった


無題 Name としあき 19/06/08(土)21:00:57 No.11761509 del +
>それほど好みのキャラでもなかったけど一度夢に出てきてから好きになった
ヤマメちゃんのキャラが自分の中で定まった瞬間だったのかね


無題 Name としあき 19/06/08(土)21:05:03 No.11761528 del +
大好きだけど夢に出たことはないな…


無題 Name としあき 19/06/08(土)21:28:22 No.11761634 del +
昼寝から起きたら手の甲で寝てたことならある


無題 Name としあき 19/06/08(土)21:29:47 No.11761643 del そうだねx5
おおSS来てる
すんごく良い雰囲気だなぁこういう適度にゆるくて怖い感じのヤマメちゃん大好き


無題 Name としあき 19/06/08(土)21:30:01 No.11761645 del +
ハエトリヤマメちゃん!


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:20:18 No.11761902 del +
>こういう適度にゆるくて怖い感じのヤマメちゃん
よく見ると持たせた手土産として何枚も織って完成させてる時点でハナから食う気がない


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:33:06 No.11761949 del +
描く時未だに髪がおだんごなのかポニテなのかわからない


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:35:25 No.11761963 del +
>描く時未だに髪がおだんごなのかポニテなのかわからない
MMDモデルでさえお団子とポニテで分かれてるしね…


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:36:09 No.11761967 del +
上下逆になったのに垂れ下がってない絵かなんかあったからお団子って説を見たような気がする…


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:39:14 No.11761984 del +
>上下逆になったのに垂れ下がってない絵かなんかあったからお団子って説を見たような気がする…
その考え方があったか・・・


無題 Name としあき 19/06/08(土)22:46:33 No.11762022 del +
>上下逆になったのに垂れ下がってない絵かなんかあったからお団子って説を見たような気がする…
結構な声でなるほどって言ってしまった


無題 Name としあき 19/06/08(土)23:44:48 No.11762262 del +
ヤマメですね(喜)


無題 Name としあき 19/06/09(日)00:17:34 No.11762427 del +
素晴らしいSSだ…
自分の好きなキャラをこれだけ魅力的に描写したいものだね


無題 Name としあき 19/06/09(日)00:23:00 No.11762460 del +
今から読むから落とすなよ


無題 Name としあき 19/06/09(日)00:28:59 No.11762477 del +
渋かどっかでまとめてくれんもんかね


無題 Name としあき 19/06/09(日)00:36:30 No.11762491 del +
>それほど好みのキャラでもなかったけど一度夢に出てきてから好きになった
あるある
夢に出てくると次の日そのキャラの同人誌読みたくなるわ