July 2006

July 31, 2006

カーナビ取付け作戦 〜作業編〜

カーナビの取り付けが終わりました〜(^o^)

作業時間 : 7時間
費用 : カーナビ本体78680円、通電チェッカー : 563円
今回は価格.comで一番安かったお店から購入、しかもラッキーなことにタイムセール中でほぼ定価の10万円引き!でもここまで来るとホント定価って何?って思わず突っ込みたくなってしまいます。


それはさておき、早速作業内容です。
カーナビの取り付け自体は初めてだったので事前に配線図等も準備していたのですが、ちょっとした誤算が。

まず一番肝心な車速パルス。ソニーのサイトに以前存在していたフィッティングマニュアルと、Y乗りのM2さんから提供頂いた実際の取付け写真、この2つはエンジンルームにあるカプラーから配線を拾うとあり、一方パナソニックの資料によるとメーターの裏側のカプラーから拾うとあります。結局僕のクルマはエンジンルームに件のカプラーは無く、パナ方式で作業したのですが、そこに描いてある図と実際のカプラーが違う〜!と思ったら2つあるうちのカプラーの指示違い、図には上部のカプラーとなっていたのですが、正しくはサイドのカプラーからでした。
メーター取り外し車速パルス






サイドブレーキ配線次にサイドブレーキのセンサー。これもレバー横のフタを外せば配線にアクセスできるとのことだったのですが、なんとその位置にはヘッドライトのレベリング調整スイッチが。結局センターコンソール取り外しました。これがまた側面にあるネジがシートとの隙間にあるせいで外しにくいのなんの。
リヤ配線センサー類最後のリバース&イルミ、これはバック&テールライトから取れと指示されていたのですが、これまた図と実際のカプラーの配線配列が異なり、、、通電チェッカーを買っておいて良かった!

そんなこんなで配線だけでも結構時間が掛かり、この時点で既に1.5時間経過。

次に悩んだのがナビ本体の設置場所。助手席のシート下を考えていたのですが、シートの下にサイドメンバーが通っているのと、リヤシートに座った人に蹴っ飛ばされそうなので、結局トランクルームに設置することにしました。

次は一番面倒くさい配線隠し。
サイドシル配線リヤシート取り外し






サイドシルにはモニターケーブルと車速パルス配線を通し、また電源2本(ACCとバッテリー)とサイドブレーキセンサーはセンターコンソール下からリヤシートフロアマット下を通し、最後にリヤシート下を経由しトランクまで這わせました。あとはリヤシート横のトリムを外してTV、VICS、FMのアンテナを通しおしまい!パッと見、それなりにうまく隠れているので良しとしましょう。ところで今回作業するまで知らなかったのですが、Yのリヤシートってダブルフォールディングだったんですね。いままで背もたれしか倒れないと思ってました。

完成トランク設置






ということで作業は一通り完了。トランク内の荷物でナビ本体を傷つけてしまうのが怖いのでカバーを作らないと。

以上で全てですが、ここで問題が2点。
バッテリーを繋いだままメーターを外したのが原因と思うのですが(ヤバい、ピケさんに怒られちゃう!)、エアバッグ警告灯が付きっぱなしに! まぁ問題無いでしょうけど精神的にちょっと。それと、このモニターの位置だと思いの外、窓への映り込みが酷い、特に夜間。といって他に付ける場所無いしなぁ。

そのあたりは追々解決させるとして、まずはOKということで。最後に、写真を提供して下さったM2さん、相談に乗って頂いたピケさん、どうも有り難うございましたm(_ _)m
(今回の記事をご覧になって実際に作業されて、もし何か起きても責任は取れないので悪しからず)


イプシロン 〜燃費 その5〜

昼間はエアコンが欠かせない季節になり、クルマへの負担も増えて来ました。ということで今回の燃費です。

060729_燃費今回は途中でカーナビ取り付けのためにメーターを取り外したので、トリップメーターがリセットされています。なのでちょっとおおざっぱな数字しか分かりませんです。走行距離は635km、給油量は45L、燃費は14.1km/Lと、前回よりわずかながら低下。やはりエアコンを使い始めたのが低下の原因なのでしょう。

ところで。
土曜日のアクセス数が通常の倍近くに! で、日曜日にはまた元通りに。何が起きたのか気になります、、、
satoshi_328 at 07:28|この記事のURLComments(2)Lancia Y 

July 28, 2006

Y10のミニカー

Mr.クラフト5Fにある個人販売ブース、普通じゃ見掛けないレア物も売っていたりするので、ちょくちょくチェックに行くのですが、昨日は(僕にとっては)お宝を発見!即買いでした。

Y10_minicar_FQ.JPGY10_minicar_RQ.JPG






そうです、Y10のミニカーです。1/43サイズの物が存在していた事自体知らなかったのですが、これで歴代のマイカーのミニカーが揃いました。完全な自己満足ですが(^^;) まぁ写真の通り出来はかなり酷いのですが、Y10レベルのマイナー車だとミニカーがあるだけでも大満足です。
ところでYのミニカー、インテリアの塗装は終わったのですが、ドアトリムが元々付いていないモデルなので自作しようかと思いつつ、そのまま放ったらかし、ボディーカラーもボディーペンに近似色が存在しないので剥離したまま放ったらかし。完成するのは一体いつになることやら、、、

July 25, 2006

カーナビ取付け作戦

ついに我がYにもカーナビが付くことになりました。

それにしてもカーナビって複数のメーカーから色々な機種が出ていて、モデルの選定だけでも一苦労でした。選定基準として、、、

1、モニターのデザインがスッキリしていること
2、ナビとしての基本性能がちゃんとしていること
3、ナビ以外の機能はあまり重視しない
4、新品で10万円以下
5、オンダッシュであること

1、これをクリアすることがかなり大変でした。最近のカーAVの悪いところはとにかくイルミの演出やインターフェースが派手なこと。また最近のナビのモニターは大概筐体がシルバー、でもインテリアとのマッチングを考えると黒がベターです。

2、色々聞いてみるとやはりカロッツェリアがナビの基本性能としては一歩抜きん出ている様。でも楽ナビに限って言うとモニターがシルバー、またイルミがオレンジと言うのもマイナスポイント。

3、クルマでDVDを見るつもりも無いし、オーディオには既にipodを接続しているので、ナビの機能さえあればそれでOK!。

4、コレをクリアするにはほぼ必然的にDVDナビになります。世の中の主流はHDDナビですが、職場の先輩でその方面に明るい人間に言わせれば、DVDだと地図のアップデートもオークション等で安く新しいROMが入手できるし、音楽ファイルを保存したりしないならDVDで何の不足もないとのこと。唯一、経路検索やリルートの際の計算ではHDDに劣るようです。最近欧州で主流の簡易カーナビが日本でもお目見えしましたが、VICSが使えないので却下。VICSは必須アイテムです。

5、これは1DINしかない輸入車の悲しい性、最近では1DINのオールインワン機が出ていますが、モニターを出した状態ではエアコンの吹き出し口が完全にふさがってしまうのでNG。Yは目の前が何も無いのでモニターを設置するにはもってこいです。

ということで、最終的に選んだのはコレ。一番ベーシックなCN-DV155FDというモデルを選択しました。配線図等は一通り入手したので、後は取り付けのヒマを見つけねば。実はヒマを見つけるのが一番大変だったりするのです。

取り付けの様子はまた後日。



satoshi_328 at 21:16|この記事のURLComments(0)Lancia Y 

July 24, 2006

FERRARI P4/5

最近フェラーリのワンオフモデルが表舞台に出てくる様になりましたね。今まではこの手のモデルは殆ど公にされること無く、オーナーの手元でひっそりと生息していたようで、顧客は大概アラブの大金持ちとか、ブルネイ国王の様な王族といった特別な人達だったそうです。最近はフェラーリのコレクターが注文主であるのも表舞台に出てくる様になった理由なのでしょうか?

ということでFERRARI P4/5なるこのクルマ、これもアメリカの有名なコレクターがオーダーしたクルマとのこと。

p4_5_01p4_FQ





p4_5_02P4_side





p4_5_03p4_RR






解説によると330 P4(写真右側)をモチーフにし、エンツォがベースとなっている様です。でもエンツォって限定だったから持ち込みで改造?とついついセコいことを考えてしまいますが、恐らくこのオーナーは他にもエンツォを持っているのでしょうね。そう言えばベンチャーセーフネットの関口会長もエンツォを「気に入ったから2台買った」と自身のブログに書いてました。まぁそう言う人たちのクルマなのでしょう。

写真はまだモックアップの状態ですが、ノーズとサイドに鎮座するエンブレムの通り、デザインはピニンファリーナ。担当はマセラッティ・バードケージ75thやフェラーリ599を担当したデザイナーによる、とのことです。まぁオーダーした人の好みが多分に反映されているのでしょうが、ちょっと気持ち悪い、、、うねうねし過ぎというか、もっとシンプルな造形の方が良かったなぁ。


July 20, 2006

日本で売れそう!

すでに当たり前になっている合流時等のハザード、ハザード押すヒマあったらさっさと加速して欲しかったりするのですが、割り込みの時の免罪符みたいにもなっているので個人的には無くなって欲しい習慣ではあります。ということでこんな物を見つけました。

Driv-e-mocion.jpgそんなハザード大好きな日本人、これが日本でも発売されたら大ヒット間違いなし!?



もしコレを買ったなら、霧でもないのにリヤフォグを点けているクルマの前に出て、リヤフォグを消す旨のメッセージを送ってやりたいですね。少し前までは何故かドイツ車オーナーに多く見られたのですが、最近は国産車でもリヤフォグが標準だったりするので、迷惑なクルマがまた増えそうです。



satoshi_328 at 21:55|この記事のURLComments(3)クルマ全般 

July 18, 2006

新車情報2006 その11 続・続編

今回のマイチェン、見れば見る程色々なところが変更されているので、細かく検証してみたくなりました。

grill_newgrill_original






先代Yのマイチェンの時はグリルまで変更されていたのに、今回はグリルはそのまま、と思いきや、よーく見るとエンブレム周りの造形が代わっていたり(左が新、右が現行)。

HL_newHL_original






またヘッドライトのエクステンションも内側の灯体の上のラインが直線から円形に変わっていたり(左が新、右が現行)。

rear_design_newrear_design_original







リヤバンパーのデザインも今までは縦基調のデザインでハッチゲートに連続したイメージが明快だったのに、横方向に広がるメッキモールにより、それも無くなってしまいました。テールライトもレンズカラーがクリアタイプに変更されています。

全体のデザインで目立つバンパーモールの塗り分け(別体?)を無くしたことでコストダウンが見え見えなのに、一方であまり目立たない部分にお金を掛けているのが気になります。見れば見る程マイチェンの意図が見えてきません。


satoshi_328 at 19:54|この記事のURLComments(10)Lancia Y | デザイン

新車情報2006 その11 続編

連休前にアップした現行イプシロンのマイチェンスクープフォト、角度違いとリヤビューも入手しました。

ypsilon_ph2_FQ.jpgypsilon_ph2_RR.jpg







こりゃ購入後は前後バンパー交換は必須かな、、、?


satoshi_328 at 07:24|この記事のURLComments(5)Lancia Y | デザイン

July 14, 2006

新車情報2006 その11

2007_ypsilon2003_ypsilon






早ければ今年に発表されるであろうイプシロンのマイチェン版のスクープです(右はオリジナル)。大きな変更点としてはバンパーが大型化され、樹脂のモールが削除されています。また開口のデザインが末広がりに変更されています。

アクセントになっていた樹脂モールが削除された為、バンパー面のボリューム感が強調されたデザインになりましたが、反面のっぺり感も出てしまった気がします。スモールランチアの持ち味である(と個人的に思っている)控え目な高級感が薄まってしまった気がするのは僕だけでしょうか?


satoshi_328 at 23:53|この記事のURLComments(3)Lancia Y 

July 12, 2006

また値上げ?

ガソリンの値段、一体どこまで上昇するのでしょう?先週末に給油した時は139円/L、学生の時なんかハイオクで104円/Lだったのに!

原油高騰しかし!イタリアではなんと1.40EUR/L、つまり200円超!このポスターの中では給油ノズルが銃に見立てられていますが、ホントたまったもんじゃありません。そういえば去年の秋にトリノでガススタに入った時も軽油が1EURちょっと、今の日本のハイオクと同じくらいの値段でした。

ところで欧州でディーゼルがもてはやされているのはその経済性の良さから、と言う記事を目にしたことがありますが、ホントにディーゼル車ってお買い得なのかな、と思ったのは現行イプシロンのディーゼルとガソリンの価格差。日本だと16万円弱マルチジェットが高価(イタリアでは価格差2000EUR)。最近のハイオクと軽油の価格差は約35円/L、1回に50L給油するとして、その差は1750円/回。つまり車両本体価格の差16万円を埋めるには90回以上の給油が必要、月に1度給油するとしたら7.5年以上所有しなければいけません。

我ながらセコい計算ですが、それでも最近のディーゼルがとても良く出来ているのはAlfa166/156やベンツEクラスで経験済なので、次はディーゼルのクルマを所有してみたいなぁと思ったり。


satoshi_328 at 20:46|この記事のURLComments(4)クルマ全般 

July 10, 2006

ミツビシvsプジョー

outlander.jpgいま放送されているミツビシ・アウトランダーのCMの中で、武豊が運転している(設定の)アウトランダーが先行するクルマを追い越すシーンがあるのですが、どう見てもプジョー407。自社のクルマを追い越すシーンはメーカー的にマズいのでしょうが、407って日本でも売られているクルマですよね。407オーナーの心境や如何に!? ニッサン・ノートのCMでも、同じく追い越しのシーンがありましたが、その時はトレーラーでした。

outlander_peugeot.jpg奇しくもそんなアウトランダー、PSAグループでも販売される予定ですが、PSA版アウトランダーのCMではランエボとかが追い抜かれるのでしょうか??ちなみに左の写真はプジョー版アウトランダーのスクープフォトです。

satoshi_328 at 18:24|この記事のURLComments(0)クルマ全般 

July 09, 2006

イプシロン 〜燃費 その4〜

一連のリフレッシュ作業後、初の燃費計測です。

060709_燃費まぁ今回の燃費が悪くなるのは前々から予想していたのですが、、、今回の走行距離は526.8km、給油量は36.66L、ということで今回の記録は14.37km/Lでした。ただ、今回はいつも以上に渋滞の中を走る機会が多かったので、そんなに酷くはなっていないかな、という感じです。でもウワサでは22km/Lを記録した方もいらっしゃるらしいのと、今後さらなるガソリンの値上げもある様なので、極力ガソリンを無駄にしない走り方を心掛けることにします。

そうそう、ざっけんさんのイプシロン、ついにこの週末納車だったとのこと。Y10との違いなんかも含めてどういう印象を持ったのでしょうか?


satoshi_328 at 23:55|この記事のURLComments(2)Lancia Y 

July 07, 2006

デザイナーとして。

昨日の夜10時からNHK総合でやっていた「プロフェッショナル」という番組、ご覧になりましたか?ピニンファリーナのケン奥山氏を特集していたのですが、久々にテレビに見入ってしまいました。彼のデザインフィロソフィーや仕事に取り組む姿勢、またデザイナーとの接し方などが主な内容だったのですが、場面毎に共感できるシーンがありました。また一本筋の通った確固たる信念、これは相当な経験や成功を経て得られるものなのでしょうが、そう言ったものを持てるデザイナーになりたいと改めて考えさせられました。

学校を卒業したばかりのデザイナーに対しての言葉「デザインは自分の為でも上司の為でもなく、クライアントの為のもの。自分のやりたいことだけを表現するのではなく、何が求められているかを常に意識し、自分の欲求と葛藤しなければならない」なんだか自分に対して掛けられている言葉な気がしました。デザインのステップが進むにつれ忘れがちになってしまうのですが、やはり時には冷静になることで自分の手掛けているデザインのあるべき姿を見つめ直す、デザイナーとして忘れない様にしなければいけません。

「デザインとは、人間が生きて行く上で絶対に必要な水や空気と異なり、無くても良い存在。でも無くても良い存在だからこそ、真剣に取り組まなければメッセージが伝わらない。」これが番組内で最も印象に残った言葉です。

久々に自分の在り方を再認識させられた、非常に良い番組でした。


July 06, 2006

ちょっと意外だったこと。

s_classリムジン、最近はハマーなんかのSUVをストレッチさせたものまでいるので、Sクラスのリムジンが出た所で何も驚くことは無いのですが、この手のリムジンってただ車体を真ん中でぶった切って、同じ断面で延長させただけと思ってました。

実際、リムジンのベースにされる様なクルマって、斜めのキャラクターが車体側面に入っていることが少ないので、前述の通りただ延ばすだけ(当然補強なども必要ですが)でOK。しかし新型Sクラスは側面に最近のベンツの特徴である後方に抜ける斜めのキャラクターが入っているので、ただ延ばしただけではキャラクターが途切れます。ということでこのリムジン、3枚目のドアを新作することでキャラクターが綺麗に繋がる様に出来ています。さすがにウインドウサッシュまでは作り替えられなかった様で、キャラクターのスムーズさはちょっと崩れていますが。

まぁ、こうやって文章に書いてみると大したこと無さそうなのですが、この手の改造車でお金と技術力の必要なドアを作り替えているのがちょっと驚きだったので、ついつい取り上げてみました。




July 05, 2006

アクシスにて、、、

wallflower前から気になってたWallFlowerシリーズを見に行ったのですが、カッコいいですね。お洒落さだけ考えると一本脚のWallFlowerなのですが、実用性まで考えると二本脚のWallOfficeでしょうか。ただ値段が倍くらい違うので悩ましい所です。

satoshi_328 at 19:37|この記事のURLComments(0)デザイン 

July 03, 2006

わーい!

遅ればせながら、ネコパブの「ワールドカーガイドDX・ランチア」読みました。で、早速Yの紹介のページを探したのですが、そこに載っていたのは僕のYではありませんか! 前にも書いた通り僕のYはカーマガに掲載されていたクルマなのですが、こうやって別の本にも載っているのを見るとちょっと嬉しくなります。これでカラーのページでの紹介だったら文句無しで即買いだったのに!(って買ってないんかい!?)

ところで中田の引退報道、まるで故人になったかの様な取り上げ方にちょっと違和感が、、、



satoshi_328 at 23:42|この記事のURLComments(3)Lancia Y 
Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: