October 2007

October 31, 2007

ドイツ車のある生活 その2

今週から再びモデル製作が始まり、片道60kmの通勤も再開。足は少なくとも今週中は代車のベクトラ。

食わず嫌いの代表でもあるドイツ車と暮らし始めての印象。

1日目:ゴロゴロした感触のちょっと古いクルマ。
2日目:ちょっとデカい。ハンドル位置が普段と逆で怖い。
3日目:だいぶ慣れた。高速を移動するにはかなり良いかも?

実はいい奴なのかも、このクルマ。
最初はぶっきらぼうな感じが、ドイツ車ってこんなもんかって思い込んでいたのが、3日目にしてちょっとずつ好感度じわじわアップ。普段と違うクルマに乗るのも良いもんですな。

opel_03opel_04






ちなみにこのクルマ、地味ながら結構凄い造形をしている。特にプランでハンパなく丸いバンパー下端、空力良さそう。ここまでプランの丸いクルマって見た事無いデス。ちなみにグレード名はCD。狙った? 

3日目にしてなかなか優秀なクルマだという印象を持ち始めた反面、燃費はかなり悪そう。


October 28, 2007

ドイツ車のある生活

新車ながら超破格で購入したウチの147、早くも購入後3年が経ち車検のタイミング。

今回は横浜にある某並行屋さんに依頼。作業内容はタイベルと油脂類の交換がメイン、タイヤとブレーキパッド、ローターは必要あらば交換、というリーズナブルコースでお願いしました。

で今回の代車はコレ。

opel_01もう日本では新車が手に入らないオペル。'96くらいのベクトラのワゴン。バランスの取れた嫌みの無いデザインが結構嫌いではなかったり。乗った感じは一度乗せてもらった事のあるゴルフ2の延長上にあるような。

opel_02エアロミラー(?)はこう閉じる。ちなみに畳んだ状態でも大して幅方向で狭まる訳ではなく。ドアミラーをインテグレートさせるデザインは先代カマロも同じ様な処理。その後根付かなかった事を考えると、空力的なメリットはそれなり?





October 25, 2007

ショー会場にて

アルファのブースにいた説明員捕まえて、500の情報についていくつか情報が聞けましたよ。

・大阪モーターショーで展示予定(国内にいるデモカーを展示?) 
・一応正規輸入はする。但し右ハン+デュアルロジックのみ
・値段は200万円ちょい
・選択肢は3種類程度
・アバルトを入れるかは不明

あんまり積極的に売る、って空気は伝わってきませんでした、、、


October 24, 2007

結局、、、

開幕しました、モーターショー。

自分とこのブースはさておき(いいのか?)、今回のモーターショー、仕事以外の目的の8割を占めていた500は出展されず。ていうかFIATのブースが無い!!

そのかわりと言ってはなんですが、都内某所に展示されている500をまたまた捕獲してきましたよ。

071024_500_01071024_500_02






071024_500_03071024_500_04






ま、ここまで実車展示に固執するのは自分の選択が間違ってなかったかを確認したいだけなのですが。


October 15, 2007

不確定だけど、、、

今年の東京モーターショーには500はおろか、フィアットそのものが出展しない、なんて話がちらほらと。

2008年のランチア正規輸入再開の話も流れたみたいだし、大丈夫かフィアット・オート・ジャパン?

October 13, 2007

熊猫 馬100頭的力

100hp入ってきましたパンダ100HP。
なぜか130台限定。なぜか右ハン。まぁ数の出ないクルマなのだろうけど、だったらもっと割り切って4x4同様に左ハンで入れれば良いのに。せっかくマニュアルなんだし。


価格は207万円。向こうで13500ユーロのクルマがこの値段ってことは500は220万円くらいで入ってくる?


October 10, 2007

ご対面 その2

再チャレンジ、今度は接近できた。

500face500int






500RQ500RR






太陽の下で見ないと分からないけど、店内で見る限りはあまり綺麗な赤ではなく、塗装もあまり厚みを感じない。ソリッドカラーだとポテッとした質感であって欲しいかなと。インパネがもっと上下に低いと思ってたけど、思いの外上下に分厚い。あとシートに対してベルトラインがかなり高い位置にあるので、窓を開けて肘を掛けて、というダラっとした運転はできなさそう。

幅、長さともYより小さいながら、高さがあるのでそれほど小さく見えないけど、幅方向のデザイン代が多いので、室内は結構窮屈に感じるかも。特にキャビンがプランで絞られているリヤはキツそう。

一方、Yは正面から見ると樽型のピークがドアインナーハンドルの辺りだから、5ナンバーのクルマとしてはかなり広々。

で実車見て思ったのだけど、案外日本では売れないかも。バカ売れしたミニって結構コスプレ度合いの高いクルマ、要は「ファッションの一部としてのクルマ」なのに対して、500はあくまで「クルマ」。となると日本では苦戦する様な気がするんです。

まぁ、そんなの関係無しに個人的には満点! 


October 08, 2007

初! ご対面

ついにご対面!

500_FQ500_FQ2






500_sideいやぁー、素晴らしい。思った通り小さいけど、面のボリュームがそうは見せないデザイン。赤だから? で、これまた思った通り、バンパーのメッキは無くて正解。残念ながら初対面は窓越しからでしか実現せず。


それと早くもアウディR8にも遭遇!(クルマだったので写真はないです) メジャーどころのスーパーカーがどんどん下品&ガキ臭くなる中で、大変よろしいのではないでしょうか?


October 07, 2007

Margherita basta cosi!

veicoloマルゲリータ+アフォッガード+エスプレッソ(最後の二品はサービス) 久々にひとりごはん。余った生地で作ったパンをお土産に。素晴らしい!



October 06, 2007

新車お買い上げ

D-5知人がクルマを買ったので、チョイ乗りさせてもらいました。助手席に乗せてもらう分には目線も高いし、静かだし快適。ワンモーションフォルムが故の、奥行きの深いインパネは不思議な居心地、すぐに慣れるみたいだけど。

でもこういうクルマ乗せてもらっても今までは何とも思わなかったのだけど、そのうち必要に迫られて買う様になるのかな、、、ちょっと前まではミニバンなんて、みたいに思ってたフシはあったけど、最近はこういう選択もあるか、とも思えてきたり。買いませんが。




October 05, 2007

気になった2台

ランチバで集まったY、そのうち気になった2台。

y05パッと見、自分のと同じ様な色のY。ただし前期型の最終モデルで空調パネルの配置とシフトノブ形状なんかが後期型と同じになってたり、シートの柄も違ったり。そしてこのクルマはほぼワンオフのビルシュタイン組み込み済。オーナーさんのご好意でチョイ乗りさせてもらったら、ショックのいなし方や粘る感じがノーマルより数段上。正直Yってそれほど乗り心地の良いクルマだとは思わないけど、この足が標準だったら良いデス。何セットか制作した様なので、まだ残ってるかも?

y10そしてもう一台、後期型。この色だとボディー同色のモールも気にならないし、グリルとホイールがチタンカラーになっているので、高級感もあって。これなら「こだわりの前期型です」的な堅苦しさとは無縁で、サラッと乗れる感じがあるかも。まぁ自分も後期型から乗り換えたので、人の事は言えないけど。一昨年トリノに行った時、街で見掛けたのはもっぱら後期型で、しかもこのクルマの様な仕様が多かったので、懐かしくもあったり。

イタリアと言えばこの間、浅草でスティーロに遭遇! 正規で入っていないこのクルマ、しかもイタリア色の薄い(と思う)スティーロを敢えて買うあたりがカッコいい。


October 01, 2007

ランチバ2007

去年に引き続き、今年もYミーティングin千葉、通称Lanci-Baにお出掛け。

前回は曇り→小雨でなんとか天気は持ったものの、今年は終日大雨。前日からの寒さも相まってバーベキューをするには最悪のコンディションだったにも関わらず総勢15台が参加。


y01y02






y03y04






y05y06






07y08






y09y10






y11k01






alfa01alfa02






alfa03今年は黒&紺が多く、比較的シブめの構成。あと一番のめっけもん(?)がKのワゴン。面質がゴージャスで、実車はとてもエレガントな佇まい。こういう雰囲気もったワゴンって貴重かも。


参加のみなさま、お疲れさまでした&幹事さま、ありがとうございました。


Monthly archive
visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: