March 2009

March 31, 2009

カタログ落ち??

どうもウチの薄緑を含めて4色がカタログ落ちしたっぽいです。

カタログ落ち














どれも好きな色、というか500に似合っていた色と思っていたので残念。カブリオレの登場に合わせてあまり出なかった色が入れ替えられる、ということなのでしょうねー。


March 30, 2009

ルーマニア車に乗りました。 その2

続き。


結局150kmくらい乗ってしまいました。
運転してみての印象は、、、

ロガンFQ02















■アクセル&ブレーキなど

特に鋭いレスポンスでは無いものの、それでも電スロでは無いが故のダイレクト感が気持ちよいです。
ブレーキもオーバーサーボな感じは無く踏んだ分だけ効く感じ。

この点に於いて500に対してかなりのアドバンテージ。
あくまで好みですが、こういうフィールがやっぱりスキ。

エンジンは3000回転を超えた辺りから音もうるさく、パワーやトルクの盛り上がりも薄くなって行くので、回しても面白くない、というか回す必要がなかったです。
980kgに105psだから街中でも流れをリードできる実力もあるし、超・実用エンジンといった印象。

音はその昔、最初に買ったイプシロンの代車で借りた初代ルーテシアATと近い音質。でもロガンの方が少し軽快?? 
クリオ2には乗ったこと無いけど、どんな感じなんでしょ?

ギヤ比もちょうど良いしフィールもそこそこ正確。


■足回りなど

首都高を法定速度+αで走ってもカーブでの不安は無く、どちらかというとまだまだ行けそうな感じ。
それほどしなやかなアシ、という感じではないのだけど。

イタ車のアシって結構張っててロールもかなり許容し、ロールスピードも速い様な気がするけど、初期の当たりのソフトさ+粘りのあるアシ、不安感のなさ、っていうのはやっぱりフランス車のセッティングに近いように感じました。


■トータルで、、、

とにかく自然なフィールが気持ちよいクルマでした。
変に人工的なとこが無く、良い素材で作られたシンプルなうどんの様なパンの様な。サラっとした感じはどっちかと言うとうどん?

あと東欧向けには5000ユーロからの価格設定ですが、安普請なところがメカニカル面であまり感じなかったのもスゴいところ。フニャっとした感じは皆無、かなりカッチリ作られてます。

まじめに出来た小型実用車が欲しい人にはとても良い選択だと思います。長く乗れそうな感じ。

気になる方は是非とも一度試乗してみる価値アリですよ〜。



March 29, 2009

ルーマニア車に乗りました。 その1

ということで、ロガン。
所々の状況が好転し、クリオの代車で貸してもらいました。

結論から言うとかなりの目からウロコなクルマ。
必要なものは全て揃ってるし、安さが故の安普請さも一切ナシ。

むしろ運転の楽しさで言うと、500よりも面白かった、って言うと語弊があるかもしれませんが、少なくともダイレクトさや身のこなしの軽さは確実にロガンの勝利。



ということでインプレをば。

激、が付くほどのレア車のはずですが、マイナーすぎるから?まったく注目されません(笑)。
唯一、保土ヶ谷バイパスで遭遇したC2の方は気づいていた様子。

ロガンFQ01















ロガンRQ02















シンプルで嫌みのないデザイン。
ただ今の自分が買うならワゴンタイプのロガンMCV?? 

外観で特に安く作られてるところは、合わせ品質がそれなりでも見劣りしないデザイン、複雑なプレス無しに成形出来るパネル類、発光面積最小限の灯火器類、といったところでしょうか。

ロガン ロゴ















実はデザインド・バイ・ジャパンのエンブレム。
ロガンのピックアップも同じデザイン会社による企画&デザイン。



続いてインテリア。

ロガンint















コストダウンにかなり貢献しているであろう一体成形のインパネ。
シートは自分の記憶に残っているフンワカ系のフラ車のシートとは違い、案外コシのあるそれ。でも渋滞にハマった3時間弱のドライブでも疲れ知らず。

パワーウインドウを始め、スイッチ類はセンターに集約。
基本的に500も同様のレイアウトなので特に違和感ナシ。
むしろ電動のミラー調整が羨ましい!

ドアトリム















そして、なかなかのグッドアイデア。
凹みのみで成立しているドアのインナーグリップ。
コストを下げつつ使い勝手も上々。コレは賢い!



長くなるので続きは次回に。



March 28, 2009

ルーマニア車を借りました。

クリオの1000km点検、今回はスペシャルな代車です。


ロガン
















とてもいい感じです。
是非とも日本で売るべきです。

そんなこんなも含めて詳細は後日、、、



March 26, 2009

CMギャラリー

You Tubeで検索したら案外ヒットするイプシロンのCM。











でもいちばんステキなのはコレ!



CMが流れているテレビを撮影したせいで画質は最悪ですが。



March 25, 2009

今回は、、、

abarth














鏡じゃないですよね??



March 23, 2009

届きました

コレがお店に届いたそうです。

206sw







走行距離は23000kmと2003年式の割りには少なめ。
待った甲斐がありました、って自分のクルマじゃないですが。

クリオの1000km点検がてら見に行ってこよう。
他にもオモシロ車があるみたいだし♪


March 19, 2009

ロバの皮をかぶった、、、

今朝の通勤中。

向こうからコンフォートがやってきました。
とまぁコンフォート、全く珍しいクルマではなく、むしろタクシー専用車みたいなクルマだから、街中にいっぱい居ます。

でも今朝見かけたコンフォート、妙にマニアックな雰囲気が。
白いボディーにRSワタナベのホイール、ちょこっと下がった車高。


で、そのマニアックな雰囲気がちょっと気になったので、信号待ちだったのをちらっと見てみると、、、GT-Zじゃないですかぁ!


gt-z01













gt-z02















当時のリリースによると

今となっては希少なFR、5ナンバー、マニュアル、というところに目をつけたTRD(実際は特装車両部門)が80年代のハコをイメージして作ったこのクルマ。コンフォートのガソリン車をベースにスーチャー化、ワタナベのホイール、大森の追加メーター、など当時のお決まりアイテムてんこ盛り。

みたいなことが書いてありました。
ちなみに販売台数僅か59台の超激レア車。


今朝方見かけたのはほぼツルシの状態だったようですが、かなりキュンと来ました。現代版ランタボ? 


ボディーカラーは白・銀・紺・黒が設定されていたようですが、白が圧倒的にカッチョイイですね。
ちょっと前まで白いクルマなんて、って思ってたのですがねー。




一昨日は34GT-RのZ-tuneを見かけたし、次はどんなレア車に遭遇するでしょうか??

こういう楽しみがあると通勤も楽しいデス。



satoshi_328 at 23:47|この記事のURLComments(2)クルマ全般 

March 17, 2009

ルノースポールエクスペリエンス

ルノースポールがこういうイベントをやるそうです。

うらやましい!

日本でもやらないかなぁ、、、



リンクの設定がおかしかったので修正しました。
これで見れるはず。



March 16, 2009

不動車??

近所にて。

デルタ















もうかなりの期間動かしていないであろうデルタを発見。
ブレーキローターはサビサビ、タイヤも空気が抜けてしまい、、、

でも足下にはTE37が!
なぜかホイールアーチのクリアランスがスカスカ、
これまた不思議な出で立ち。

何かしらの理由で走行不可能に。ただ修理にいくら掛かるか分からないからそのまま駐車場で放置、といった感じ??

そのうち路上復帰するのかな??


March 14, 2009

DSに続いて、、、

世の中のリバイバルブームがルノーにも伝播??

シトロエンがDSの名前を復活させる、とのニュースはジュネーブに出店されているコンセプトカーによって具現化されましたが、今度はルノーがゴルディーニの名前を復活させるらしいデス。

gordini













gordini rq














まずは2010年のトゥインゴからスタートし、ゆくゆくはクリオとメガーヌにもラインナップされるとか。

最初にスクープされたのはメガーヌですが、結構カッコ良くないですか??

ルノースポールバージョン、そして長い間復活が噂されているアルピーヌバージョンとの棲み分けはどうなるのかはさておき、今後の展開が楽しみであります。


あ、よく見ると通常のRSとリヤバンパーの処理が違う! 
ということはこのイメージはただのCGじゃないってことか!?



March 12, 2009

無期限延期??

「クルマ好きなら毎日みてる」サイトに掲載されていたデルタのインプレッション記事によると、本来なら2008年から再開されていたはずのランチアの正規販売、どうも進展無いまま今に至っているようです。

デルタ














しかもFAJはアバルトの展開を抱えているから今年もランチアの正規販売再開は望み薄なのでしょうね。アバルトがそれなりに売れている様なので、いい方向に話が進むといいのですが。

とは言えFAJってことごとく商機を逃している様な気もします。
アイドリングストップ機能付きの500とか、欧州でCO2排出量最低の自動車メーカーの認定とかをもっとアピールして、クリーンな輸入車=FIATっていうイメージ作っちゃえばいいのに。 

こういうのって早い者勝ちみたいなもんですから。

March 11, 2009

生命のふしぎ

先月末あたりにネットのニュースに載ってたこの魚。


デメニギス。


何度見てもやっぱりすごい!


デメニギス01













デメニギス02

















頭部が透明で、中の緑色のレーダーみたいなのが目の機能を有する器官、そして通常の目の位置にある穴が鼻の穴。

ちなみに体長は15cmくらい。これでナポレオンフィッシュくらいの巨大魚だったら、もっと面白かったことでしょう。




おまけ

動画もどうぞ。写真ほどのインパクトはないですが。





March 10, 2009

納得のいかないこと

クリオのペダル改良の為のパーツを買いに東急ハンズが入っている商業施設に行った時のこと。


駐車場に

「環境に優しいハイブリッドカーでお越しのお客様は
 駐車場2時間無料(通常は1時間)」

との張り紙が。


ハイブリッドなら何でも環境に良い、っていう考え自体がそもそもビミョーな訳で、例えばレクサスLSとかアルファードのハイブリッドと我がFIAT500を較べたら、環境や道路に掛ける負担って明らかに500の方が軽いっしょ。


まぁ三井系の商業施設なんで、ある意味仕方ないのかな??



March 09, 2009

FIAT FESTA 2009

気がつけばもう3月も半ばにさしかかろうとしてますが、FIAT FESTAのエントリーも始まったそうで。

しかし!

今年こそは冬眠から目覚めさせるはずのアマガエル号は、週末の忙しさを言い訳に未だに幌を交換できてません。

というか昨年12月にドイツから購入した幌は、、、

幌















そのままの姿で段ボールの中で惰眠を貪っております。


果たして今年こそは間に合うのか??


March 08, 2009

段差解消

クリオがやってきて2週間。運転が楽しくてしょうがありません。

ただブレーキ&アクセルペダルの段差だけは馴染めず、東急ハンズにて小物を購入、アクセルペダルのかさ上げをしてみました。

ペダル01















ペダルはスパルコ。
シルバーはアンマッチな気もしたので、シンプルな黒を購入。
2500円也。

ペダル02















元々の段差は25mm強。ハンズで売っていた「ボンネットゴム8個入り」なるものを使用。これを2個ずつ使うことで、段差は10mmちょっとになりました。

とりあえず街乗り+αだとなかなかいい感じです。
ただサーキットなど、ブレーキをもっと深く踏み込むシチュエーションだと、ゴムは1個か無くても良いのかも。そのあたりは追々探って行くつもりです。



それともうひとつ。

カングーに乗ってる方のブログに掲載されていたのですが、電スロのルノー、スロットルボディにアーシングを施すと、レスポンスが相当良くなるらしいデス。これもそのうち試してみよう。


March 05, 2009

ヌーベル・トゥインゴ

じっくり見てなかったんでディーラーに出向いてきました。

twingo01















写真より確実に良いです。

リヤ周りのカクカクしたカタチは置いといて、フロント周りの面の張りとかはなかなかいい感じでした。雰囲気は変われど、ルノーというブランドのボトムラインとして、とてもまじめに作られていることがひしひしと伝わってくるクルマでありました。

twingo int















インテリアもインパネやドアトリムにソフトパッドは使われていないものの、たぶん新型カングーと共通のシボが使われていて、安物感とは無縁。最近のルノーはインテリアがとてもいいですね。スッキリしてるんだけど退屈じゃない、居心地の良さがあります。

シートはウチのクリオよりもむしろ表面の張り感はあるように思えました。先代トゥインゴのふっくらシートとどちらが疲れないんでしょう?? 置いてあったのはGTだったので、標準のシートとはまた少しちがうのかも。



500ほどスィートなデザインではないので、あまりファンシーすぎるのは、っていう向きには穴車になりそう。

弱点はちょっと高めの値段設定。GTの240万円なんて、一部並行屋さんのRSより高い!




March 04, 2009

無いと思います。

ジュネーブショーも開幕し、クリオRSも発表されました。

しかし、、、



この色もいきなりというか、ルノーにこういうイメージが無かっただけに違和感アリアリ。


clio rs 2010














clio rs 2010 2













マフラーはカップカーのそれみたいなタイプ。
ディフューザーはメッシュが張られているようにも見えるけど、そこにメッシュを張ると整流効果が薄れる様な気もしますが、専門分野外なので効果のほどは不明です。



clio rs 2010 int













clio rs 2010 int2



























一方の室内はタコメーターの盤面が黄色になってたり、オーディオが新デザインになってたり、ちょこちょこ変わってます。このシート色はボディーカラーに関係なくこうなっちゃうんでしょうか??


やっぱりビミョーだ。

でもこれで中身が進化してたらちょっと悔しいねぇ。


March 03, 2009

The safest cars are...



以前アップしたCMといい、ルノーのCMって結構スキ。


ちなみに本国にはこんな魅力的なモデルも!



メガーヌRSのDCi(!) 
ガソリン版の224ps/300N.mに対し175ps/360N.m。

先代ラグナに搭載されていたユニットと同一らしいのですが、太いトルクを活かしてグイグイ行けそうなところがステキ。

メガーヌのGT的なキャラにはコッチの方が合っているかも?



March 02, 2009

クリオ 250kmインプレ

この週末は前橋に行く用事があったので250kmほど乗りました。

まだ慣らし中なので3500回転を上限に運転しているんですが、シフトダウン時にアクセルをちょこっと踏んだ時の「フゥォンッ!」ていう音がたまらないです。早く踏み込みたい!

マフラー











ディフューザーにインテグレートされたデザインもステキ。



ws_seat納車前に一番気にしてた乗り心地も、嫁さんからは不満の声も出ずにひと安心。

確かに固い乗り心地ですが、シートの出来が良いのか、腰痛にはなりませんでした。

C4のファブリックシートのサポートをもう少し良くした感じの座り心地。このシートは嫁さんにも好印象だったようです。



固い乗り心地やちょっとイカツイ外観など、納車前に不安に感じてた点に合格が出て、とりあえずはヨカッタヨカッタ。


March 01, 2009

ルノー=フィアット・アルファ=ニッサン

立体駐車場での必需品、アンテナアングルスペーサー。

500の時に購入してたので、モノは試しで移植してみると、ネジ径が同一で無事に装着出来ました。

アンテナ















元々このスペーサーはアルファロメオ用のを500に転用。

そして事前に調べてみたところ、ルノーには現行マーチ用のスペーサーが使えるらしいです。しかもマーチ用なので値段は2000円しないとの情報も。

下手にアルファ用、フィアット用、みたいなくくりで買ってしまうと、無駄に高くなってしまうので、これからはニッサン純正部品で行きましょう♪


*注  
各モデル共、並行と正規、生産次期によってネジ径が違うケースがある様なのでご注意あれ。



Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: