June 2009

June 30, 2009

今度は甘口?

ウチのクリオは仕向地によってCUP197とかWSRとか呼び名が異なるようですが、イギリス向けにメガーヌとクリオにWSRが設定されたようです。

clio wsr






















megane wsr















ただしメガーヌもクリオも共にRSではなく「特別仕様車」みたいな位置づけのようですが。


June 29, 2009

いいねぇ!

新型C3のオフィシャルフォトが発表になりました。

c3 int














圧巻のインテリア。

C4ピカソがリヤビューミラーの付け根にサンバイザーのレールが付いていたのに対し、コチラはピラーにビルトイン(ですよね?)

c3 ext














エクステリアもいい感じですが、パッと見、立駐はNGかも。



June 28, 2009

警告音

ガソリン残量が少なくなると、当然ながらメーターに給油を促す警告灯が灯くのですが、クリオの場合「ピーッ」という警告音と共にランプが点灯します。

警告灯















ただその音量のボリュームがかなり大きく、突然ピーッと来るのでかなりビビります。クリオ3って全部そうなのか、それとも音量調整ができるのか、ご存知の方、教えてください。


ついでにホーンボタンもフラ車と言えばウインカーレバーの先端に付いているものと思いきや、クリオはセンターパッドに移動。

ホーン














絶対ウインカーレバー先端の方が使いやすいと思うんだけどなー。
しかも不可解なのが先端にボタンが残されている点。

グレードによってはココに付いてる??


June 26, 2009

R27の出物情報♪

GooWorld見てたらR27の売り物が出てました。
結構イイお値段するんですねー、の328万円。

為替の影響もあったとは言え、当時はほぼ400万円コースだったこと+新車じゃ買えないph1のしかも限定車ってことを考慮するとそれくらいは行っちゃうか??


June 25, 2009

続・新型C3

一昨日スパイショット載せたのですが、もう発表されました。

c3















c3rr















c3 fq















DS3やここ最近のシトロエンに倣った顔まわり、結構男性的な顔つきに変わりました。
対してリヤまわりは意外とサッパリ。ダブルシェブロンの下方にシトロエンの文字がお引っ越し。

ウインドシールドから連続するガラスルーフ、カットがC4ピカソと近似した形状になってますが、開放感はスゴそうです。

C4/C3ピカソのような透過式メーターは採用はされていないみたいですが、いずれにしてもコレもいい雰囲気のインテリアなんでしょうねー。

欲を言えばもうちょい大きめのタイヤの方がカッコいいかも。


June 24, 2009

回転シート

フィアットの福祉車両、オートノミーが500にも設定。

autonomy














かつては自動クラッチによるMTベースだったのが、さすがにデュアロジックがベースになっているようです。

でもこのシートだけでも単品で選べれば例えば妊婦さんが運転する時なんかに乗降性向上に寄与しそうです。

あとは一人で運転してちょっとパーキングで休憩、なんて時にも、シートを外に向けることでよりリラックスできたり、使い方の可能性が色々ありそうです。



June 22, 2009

新型C3+お願いごと

フランクフルトに向けて続々と新車がスクープされ始めました。

c3

























ということでタイトルの通り新型のC3とのことです。

基本的なフォルムは現行を引き継ぎ、そこに最近のシトロエン・テイストを足した感じで、なかなか存在感のありそうなデザインですが、どことなくC4セダンの雰囲気も感じます。



ところで。

たぶんこの画像も走行中に撮影したものなのでしょうが、自分も先日運転してる時、追い抜きざまに写真を撮られたんですね。


でも追い抜きざまに撮られるのってなんか気持ち悪かったんですよね。何に使われるんだろうって。


かくいう自分も一度同じことをやったことがあるのですが、人によってはあまりいい気分しないこともあるのかも。あとナンバープレートをオーナーが特定出来てしまう状態で載せちゃうとか。

こういうこと書くと自分の首を絞めることになるのかも知れませんが、ココに載せてる写真で、掲載しないで欲しいんだけど、という方がいらっしゃいましたら連絡お願い致します。

June 20, 2009

カングージャンボリー

用事があったのでほんの1時間くらいでしたが、カングージャンボリーを覗きに行ってきました。

駐車場はすでにルノー車でいっぱい。

カングー駐車場















主役のカングーはもちろんですが、メガーヌやルーテシアが多かったです。逆にちょい古めのルノーはごく僅か、シュペールサンクは朝イチの段階では見かけませんでした。
クリオRSはR27が2台いた以外は自分の白クリオだけの様でした。


一応本日の目玉? 新型カングーとコレオス。

新型カングー















コレオス顔















コレオス















カングーはCARBOXさんで輸入直後のを既に見てたのですが、正規輸入車には法規対応の為かフェンダーにかわいそうなミラーが追加されてます。

一方のコレオス。 
同じ名前のコンセプトカーはこんなカッコ良かったのに。

コレオス コンセプト















名前だけ受け継いでまったく違うクルマになってしまいました。


ちなみに会場でのマイベストはコレ!

4&エクス















ピッカピカのキャトルとエクス。

キャトルはまだしも、ピカピカのエクスって初めて見ました。
この時代のクルマをピカピカに乗るのって、やっぱりアリです。

でもこの2台、カングーのお爺ちゃん、お父さんなんだから近くに並べさせてあげればいいのにねー。

来週は赤レンガ倉庫、引き続き楽しみです。


June 19, 2009

こっちもグー!

先日の5008に続いて408のイメージCG。

408FQ













408RQ














ここに来て素直に良いと思えるプジョーデザイン。

かつてのプジョーがもってた素直な造形に加えて伸びやかさを手に入れたこのスタイリング。ノーズのエンブレムはもはや上を向いちゃってますが、リヤビューなんてなかなかそそられます。

次世代のプジョーは再び欲しいクルマリスト入り??


June 18, 2009

正規輸入開始?

いろんな情報からして、どうもコレが正規輸入されるようです。

clio rs 2010














ただし右ハン、らしいですが。
世の中のニーズを考えると当然といえば当然。
ただちょっと残念、でも内心ホッとしてたり。

ところでなぜか不思議なもんで、この国には左ハンドル信者と右ハンドル信者が居らっしゃるようで、お互い目の敵にしている傾向がある気がします。

追い越しや右折の際の安全を考えたら日本では当然右ハンドルに分があると思いますが、どうせなら本国仕様に近い状態で乗りたい、っていう気持ち(自己満足)もあります。


ちなみに左側通行の国 って基本的にイギリスの統治下にあった国が大半のようです。そんな中、なんで日本は左側通行を採用したんでしょ??



June 17, 2009

妄想カーセンサー「創刊号」

クリオを買った直後は、あの固い足回りや110km/hを超えてからの煩さなど、ちょっと気が引けた、というか嫁さんの顔色が気になったというか、若干自分の選択に対し弱気になってました。

でもむしろ買った直後より今の方がクリオはお気に入り。
ノーマルのRSと比較して、インパネの樹脂の質感が低い&乗り心地がかなり固い、一方、CUPシャシーが故の低い車高を含めて、佇まいはウチの方が良い、という話を聞いてニヤニヤしたり。

ということでクリオ、500とも絶好調なのですが、あいかわらず頭の中では常に欲しいクルマリストは更新中。
クリオを買った直後はその反動なのか、ユル系のクルマ(C3ピカソとかカングー4x4とか)がランクインしてたのですが、最近はこんな感じのクルマがランキング上位。


その1  シュペールサンク。
5















5GT−T
















グレードは何でも良いですけどやっぱりGTターボ? 
もしかしたらガンディー二の最高傑作なんじゃないか、って思うくらいシュペールサンクはカッコいいと思います。でも程度の良いタマなんて残ってないだろうなー。フランセーズに魅力を感じないのはまだフランス車修行不足だから??


その2  106ラリー。
106ラリー















学生の頃、後輩の親父さんのをチョイ乗りさせてもらった事があるのですが、あの軽快な身のこなしは今でも印象に残ってます。キャラクター的にはクリオに近いですが、もう少し軽快感が欲しい、という反動? XSiはシートの柄が嫌いなのでこっち。



その3  205GTi 。
205














これも学生時代の経験より。
ざっけん氏が乗っていた1.6からの記憶ですが、ホントにアクセルとスロットルが直結してる感じ。
レスポンスだけで言うと、初期型BXもレスポンスはかなり良かったと記憶しているのですが、レスポンスが良すぎて発進時にギクシャクした記憶も・・・って単にヘタクソだっただけ? ちなみにBX体験も学生時代。改めて恵まれてますねー。

あと巨大なサンルーフ。これも良かったです。さすがにディテールは今見ると時代を感じますが、バランスの良さは素晴らしいデス。



その4  505
505















これは乗った経験はナシ。単純にスタイリングだけです。それもエクステリアのみ。佇まいだけでやられました。なんなんでしょ、このカッコ良さは。

走ってもそこそこイケる、っていうのは昔のCG誌にも書いてありましたが、こればっかりは乗ってみないと。
雑誌に書いてあるから、著名人が言ったから、っていう理由で物事は判断できないですからねー。

カッコいい4ドアセダンなら他にも色々ありますが、自分が乗ってる姿が想像出来る(←多分コレがいちばん大事)ってなるとこれしか無いです。もっと年をとれば選択肢は増えるのかも。C6とかもサマになる日が来るのでしょうか?


そして最後はコレ。  初代パンダ。
panda














Y10に乗ってた学生の頃はパンダカップ人気も相まって高くて買えなかったのもありますが、当時はそれほど魅力を感じなかったんですよね。Y10の後はイプシロンにいっちゃったのもあって、なかなか所有する機会に巡り会わなかったのもあるし。
500やクリオといった現代のクルマを所有してみた今の方が、逆にその何も無さ加減に魅力を感じるのでしょうか? かといって2CVはまたちょっと違うというか。



ってことでキーワードは
「バランスの取れた気を衒わないデザイン」
「軽快な走り」
「なぜか(パンダ以外は)ちょっと古めのフランス車」
ってところに落ち着いているようです。


June 16, 2009

バニライエロー

日本限定でバニライエローの500が限定発売される、っていう話が出てからしばらく経ちましたが、画像が出てこないので作ってみました。

バニライエロー2
















パンダのバニライエローを参考にフォトショでちょいと加工。

なかなかいい感じですねー。
ラウンジの細かい市松柄との組み合わせとかが似合いそう。

広告にルパンを使うのだけはナシの方向でお願いします(笑)。


satoshi_328 at 18:48|この記事のURLComments(0)デザイン 

June 04, 2009

左右でおいくら??

古めのバルケッタだと、ほぼこうなっているであろうこの部品。

ゴム
















幌を新調したのに、ウェザーが千切れたままだとみっともないのですが、新品は左右でXXXXX円とシャレにならない金額なので、悪あがき。強力接着剤で補修です。

とは言え、結構気泡の多い素材で出来てるから、接着剤しみ込んじゃって満足いく結果にはならないのかも。あまり期待しない方が落胆も少ないので、とりあえず乾燥するまで待ってみよう。

June 03, 2009

おっそい!

マフラー交換終了!

ノーマル















ウチのベスパは元々不動車だったのですが、修理の時に社外品のチャンバーを入れたので、今回はじめてノーマルマフラー(実際は同形状の社外品)の音を聞きました。


それにしても遅っ!!
マフラーひとつでこんなに変わるもんなのでしょうか!?


多少ウルサくてもチャンバーに戻そうかな・・・


ところでどうもここんとこ失火してるっぽいのです。インチキ修理を続けるより、一度ちゃんと見てもらった方が良いのかも。 


June 02, 2009

不意打ち

なんか突然出て来た感ありますが、5008だそうです。

5008














5008RQ













5008int














プジョーの様なシトロエンの様な。

どっちにしても最近のプジョーデザインにしてはスッキリ、逆を返せばややフツーのデザイン。品質は高そうですが、見方によってはインテリアとかちょっとアウディっぽい??



Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: