December 2009

December 29, 2009

あ〜あ・・・

デルタ











アメリカから輸入して、グリルだけ変えた方が安かったりして。

それにしても残念です。

December 25, 2009

明確な目的

この間のドブロのネタで、新型から長さ違いもリリース、絶対コッチの方がいいねー、なんて言ってたのですが・・・

ロング








2ndモデルにもちゃんと長いのがありました。

ここ最近乗用車に対する熱い思いがちょっと冷め気味なんで、モノを運ぶ事に特化したこの手のクルマが妙に気になるのです。

最近の乗用車がぱっとしないひとつの理由は、開発者みんなの意見を取り入れたらこの辺が妥協点でしょ、みたいな思いで作られたんじゃないか、って勘ぐりたくなるクルマが多いからなのかと。

あれもこれも出来るが故に、結局何が一番得意なのかが分からない、どこかピンボケしてる感じと言うか。

ストイックなクルマが良い、という訳では決して無いのですが。

December 20, 2009

おそれていたこと

クリオRSはスペアタイヤが装備されてません。理由は不明ですが。

特殊なオフセットに対応したスペアタイヤが存在しないから? 
それともディフューザーやマフラーの形状を機能優先にしたから? 

タイヤ















一応パンク補修材は車載しているもののパンクしたら厄介だなー、って日頃から思ってたのですが・・・


さっき出掛けようとしたら左後輪がぺっちゃんこ。
トレッド面に見事にネジみたいなのが刺さってました。

とりあえず自転車用の空気入れでエアを補充、行きつけのガススタまでなんとか辿り着いたのですが、出先でパンクしちゃったらホントどうすれば良いんだろうか、と不安になりました。


車載の補修キットを適切に使用出来る人ってどれくらいいるんでしょうか?

December 18, 2009

LA POSTE

少しずつ進めている1/24カングー、LA POSTE仕様のデカールを作るために画像検索してたらこんなの見つけました。

tgv














って結構メジャーらしいのですが、ぼくは知りませんでした。


あ、モデルの方は現在フェーズ1のRXE用アルミホイール、観音じゃない普通のテールゲートの型を作成中です。

ただ切削マシン管理担当者とちょっと揉めたんで、フェーズ1のデータ削り終わったらしばらく作業が停滞しそうな雰囲気です。

とは言ってもフェーズ2の顔まわりのデータ作業がまだ進んでいないので、どっちにしてもすぐには切削作業は出来ないのですが。


December 17, 2009

新型ドブロ -その3-

今度のドブロは長さ違いがあるのです。

ドブロ














長い方が断然カッコいいと思うのはぼくだけじゃないはず。
樹脂バンパーの方がカッコいいと思うのもぼくだけじゃないはず。


December 14, 2009

500 -6ヶ月遅れの12ヶ月点検-

延びに延びてた500の12ヶ月点検。

500
















距離も16000kmを超え、固さもすっかり消えていい感じ♪

こんなに小回り効いたっけ?
やっぱりタウンユースにはこのサイズがぴったり。
燃費も良いし、運転しててストレス感じないし。


一時期は電スロが故の初期レスポンスの悪さや、なんとなく味気ない回り方をするエンジン等々、何かしら手を入れたいなー、なんても思ったりしましたが、逆にどういったところでバランス取ろうか案外難しい様な気もしていて。

FBMでちょこっとだけ乗せてもらった1.4の500Cはもう少し濃密なエンジンフィールだった様な気もするので、エンジンだけあんな感じになればいいのかも。

ということで今回の点検でも特には手を入れず、油脂類の交換のみという何の面白みも無い結論に至りました。


何かを期待した方、ごめんなさい。

December 10, 2009

長い冬眠からの目覚め

クリオに荷物を積み込んで・・・

クリオ















コイツを救出!

バルケッタ
















ウキウキとドキドキ。
ついにバルケッタでサーキットデビューが叶う期待、一方でいったい幾らになるのだろう、という不安。いまのところ5:5。

なんでこのタイミングで起こそうという決意に至ったかは自分でもよくわからないのですが、こういうのは勢いが大事なのです。

と自分に言い聞かす。

頑張ってカングーのモデル作らなきゃ。

December 06, 2009

飲み過ぎて・・・

金曜は一緒に会社の研修を受けてたメンバー3人で、
行きつけのバーに飲みに行ってきました。


偶然3人とも年が一緒だという事もあり、研修の話よりも懐かし話などで盛り上がり、さらにDJの選曲も自分たちが中学、高校時代に聞いていた曲がメインだったこともあり、お酒が進む事進む事。
結局終電ギリギリのタイミングまで宴は続きました。


で、帰りにやっちゃいました。地下鉄乗り過ごし。


乗り換えなきゃいけない駅をいくつか過ぎたところで目が覚めて。
聞こえたアナウンスは「日比谷」
あわてて乗り換え検索したところ、時、既に遅し。

ということで酔った勢いで歩きました、10km、2時間半。
みなさまも飲み過ぎには気をつけましょう。


December 02, 2009

クリオミーティングに行ってきました -その3-

クリオ2、3乗り較べ大会。
大学の先輩である、しびとろ氏のクリオ2 。

クリオ2















100kg以上軽い車重、コンパクトなつくり、興味は尽きないクリオ2ですが、今回はじめて試乗となりました。

ヘタクソなのがバレないよう、まずは助手席インプレ。

エンジンの荒々しさがいい感じです。
較べると確かにクリオ3はとっても洗練されてはいるのですが、エンジンの雰囲気は確実のこちらの方が好み。なんか懐かしい感じ。

あとでちょこっと運転させてもらったのですがエンジンも鬼レスポンス。ビッグスルットルが入っているとの事ですが、それに加えて電スロじゃ無いのがやはり良いのかも。

ブレーキはちょっと「かっくん」ですが、慣れの問題でしょうか。


それより一番良かったのがシフトノブの位置。
クリオ3ってちょっと手前なんですよね。あと50ミリくらい前にしたい感じ。その点クリオ2はステアリングから自然に手を下ろしたところにシフトがある理想的な位置。何とか加工出来ないかな。あと球状のノブやっぱり良いですね。アルミ製なのでしょうか?

でもクルマってウマく出来てるなーって感じたのが、このエンジンはやっぱりクリオ2に合ってて、レスポンスの良さや動きの軽快感にマッチ。一方クリオ3のエンジンもクルマ全体の洗練さに合ったスムーズな回り方が印象的。この間筑波に行った時に感じたのですが、雑誌に書いてあった「暴力的な高回転の盛り上がり」っていう回り方ではないと思います。


そういえば後期型クリオ3RSは前期型とベースが違い、片や余裕の202馬力、片や限界の197馬力、なんてことを聞いたのですが、形式や写真を見る限り全く同一なんですよね。果たしてホントなのかガセなのか??



Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: