December 2012

December 28, 2012

ちょっと遠征 #11  Paris, day-3 Renault&Dacia

続いてルノーブース。

今年のパリサロン、ルノーの目玉はやはり新型クリオ。

01













とにかく沢山並べて、それでもどのクルマにも人が集まっていて、注目度の高さを感じました。


そしてハッチバックに加えて・・・

02













03













エステートとRSもお披露目。

エステートは随分とスマートなデザイン。
クリオ・エステートってあの取って付けた様な感じがらしくて良かった気もするのですが(笑

一方のRSは1.6Lターボ+ツインクラッチのギアボックスを備え、ボディー形状もいまのところ5ドアのみとのこと。

時代を感じますよね。


インテリアもクリオ3からは一気にクオリティアップ。

04













若干コスメ色が強い気も・・・
シンプルな実用品の良さがあった歴代クリオからはちょっと方向が変わって来た感じ。

最近のトレンドに則って、ダッシュボードセンターにタッチスクリーン式のUIを備えるのですが、これが日本仕様になった時にどうなるか。

同様のスクリーンを備える208にはナビ機能がまだ用意されておらず、ナビ用の画面をもう一個つけなきゃならないようで、ちょっとスマートじゃないですよね。

座った感じはクリオ3と近いかと。
表現が難しいんだけど、胸の辺りとステアリングホイールとの間に少し空きが有ると言うか・・・ 

あとピラーの角度が寝ているので、多少の圧迫感がありました。



ルノーブースの一角にはダチアのブースも併設。

06













このTシャツ、売ってくれないかなー。

07













08













ドッカーとダスター。

展示車両とは言え、あくまでも実用に徹しているのか、地味なシルバーの塗色。

でも両車とも最近のフランス車がどんどんお化粧に走っている中、自らの立ち位置を崩していないところがとても魅力的。

台数は限られるでしょうけど、ピンポイントでウケそうな気がしました。

December 25, 2012

C4 Picasso HDi → Delta JTD

クリスマスの訪れと共にメインのクルマをデルタにバトンタッチ。

1













サイズは変わっても、イタリア車特有のドライバーシート周りの空間の取り方はしっくり来るというか、懐かしいと言うか、適度なタイトさが心地良いです。

「完成度」という点ではPSAのディーゼルはもの凄く高レベル。
一方でデルタに搭載されているマルチジェットはゴロゴロするし、そんなにパワー感もないし、そもそもマニュアルじゃ無いし。


でもなんか久々に帰って来た感じがして、とても清々しいのです。

ピカソを手放すのを決めた時、そのあと何度かはやめときゃ良かったかなー、とも思ったんです。買い替えにあたって色々理由付けてはいたんだけど、でも結局はデルタに乗りたかったんでしょ、って何人かに言われて、ハイその通りです、って気付きました。

僕のクルマ選びなんて所詮は思いつきですから(笑



Merry Christmas!

03
































December 16, 2012

ちょっと遠征 #10  Paris, day-3 Citroen&Peugeot

さてさてパリサロンです。

01













02













一般公開日初日、朝イチで出向いたのだけど、もの凄い人!




まずはシトロエンブースから・・・
と思ったらなにやらシュプレヒコールをあげる団体が。

03













工場閉鎖に反対するPSAの労働組合の抗議行動だったみたい。

展示車両はDS3カブリオレ以外のトピックには乏しく、特に今回一番の楽しみだった新しいピカソも展示されておらず、クルマよりもその他の展示の方が面白かったなぁ。

04













お子様専用DS。

07






























お子様向けDSその2。

05













06













08






























つい買ってしまった2CVのトートバッグ。

11













このテーマはどのクルマに反映されるんだろ。

12













この手の展示は他メーカーでも多く見受けられました。
お金も掛からないし、パッと見の派手さはありますしね。



シトロエンのお向かいのプジョー。

コチラも展示車両はほぼ市販モデルだったのですが、ちょっと気になったのはコレ。

13













街乗りにとても良さそう。市販してくれないかなぁ。

16













14













相変わらず魅力的なインテリア!


PSA2社のブースは会社の経営状態を反映してかちょっと寂しげでしたが、ジュネーブショーではどう巻き返してくるのでしょうか。

December 01, 2012

ちょっと遠征 #09  Paris, day-2

パリ2日目。

晩ごはんまでは全く予定がなかったので、パリの街を散策する事にしました。

01













アバルトのディーラー。
普通の500と同じくらいアバルトが走っているパリ。
でもグランデプント・アバルトは見掛けなかったなぁ。

02













テスラ! 
でも狙ったのはその背後に走るイプシロン(笑
コレ以外にも何台か初代Yは走っていて、どれもがそこそこ綺麗な状態を保っていました。

03













とてもいい雰囲気のC15。

04













お約束のセイチェント。

05













オートリヴはピニンファリーナデザイン。

06






























機会があれば乗ってみたいけど、登録が面倒くさそう。


そして30分ほど歩いて第一目的地到着。

08













ベタな光景だけど、グッと来ました。

09













せっかくなので登ってみましょう、階段で。
家族連れだったらエレベータを選んでいただろうけど、階段の方が楽しそうじゃないですか??

11













見事な左右対称。

10













凱旋門はどこだろ??

12













下に降りた時には長蛇の列! 
早めに来ておいて良かった。

13













そこから電車で移動。
薄暗くてお客さんも少ないので、ちょっと気が引き締まる感じ。

14













15













こっちはレンタル自転車、ヴェリヴ。
次回は使ってみよう。

16













次なる目的地はシトロエンC42。

17






























次いでアトリエ・ルノー。

20













ひと足お先に新型クリオとご対面。随分立派になったなぁ。

18













19













twizyやzoeも見て触って座る事が出来ました。

21













22













23













24













トヨタも同じ並びにショールームを構えていました。

25













まさかココに来て2000GTを見れるとは!
Eタイプも参考にしつつデザインされた、という話もあるけれど、Eタイプなんかより全然バランスの取れたデザインだと思います。

26













27













他にも意外なクルマ達を見る事ができました。


28













29













30






























31













32













そして最後、プジョーのディーラーに行こうとしたら、生憎の内装工事中、一旦ホテルに戻ろうと思って通りに目を向けると・・・

33













まさかの!
いきなりトランポから出て来てました。


テンション上がりっ放しで明日からはパリサロンです。

Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: