June 2013

June 30, 2013

熱対策

バルケッタのお約束、ヒーターコアからの冷却水漏れ。

漏れ止め剤で対処してもらったものの、漏れ止め剤ってラジエーターが詰まる原因にもなる、って聞いたことあって、そう言えばなんとなく水温が以前よりも若干高めな気もする・・・

DSC01054

夏の間だけでもナンバープレート移設しようかな。


標準の位置だと、特に縦寸法の大きい日本のナンバーだとどうも顎がしゃくれた感じに見えていたので、塗り直した時にナンバーを下方に移設したのだけど、ここってマトモに冷却面積が減少しているわけで、クルマにはいい位置ではないんだろうなあ。

アルファみたいにオフセットさせるのもちょっと違う気もするし、あとはエアフィルターをダイレクト化して、ぎっしり詰まったレゾネーターを取っ払ったり、フォグのフタを外してダクトを付けて導風するとか・・・

ってその前に右側のウインドウレギュレーター交換しないと!

June 29, 2013

梅雨の中休み

DSC07175

DSC07201

DSC07176

DSC07200

ここのところバタバタしてたので、今日はゆっくり・・・

June 16, 2013

ほったらかしててごめんなさい

このところすっかり出番の無くなってしまったバルケッタ、車検だけは継続していていつでも公道を走れる状態にしてあるものの、何かと理由をつけてかなりの長期間お留守番、でも今回どしぼさんの車検に伴って、そろそろいい加減に動かしてあげないとということで、金曜の夜にバルケッタをウチに連れて帰ってきました。

7ff13993-1

うんうん、イイ感じ。
オールペンから10年経ったけど、劣化も意外としてないねえ。

そして土曜日。
雨もまだ降る前だったからちょっくら出掛けるか、ってイグニッションキーをひねったら、燃料ポンプのうなり音は聞こえるものの、スターターが回らない。

CARBOXさんからバッテリーが上がった話は聞いていて、ありがたい事に定期的にエンジンは掛けて頂いていたようなのですが、やはりあまりの稼働率の低さが故にバッテリーがダメになってしまったようです。

しかし手元には不動車と化したバルケッタしか無いし、かと言ってJAFにも入っていないので、さっき電車を乗り継いで横浜まで新しいバッテリーを受け取りに行ってきました。


それにしてもバッテリーって重いんですね。
横浜駅でバスから京急に乗り換える時に、心が折れました。


DSC07165

ともあれ新しいバッテリーに交換したら無事に復活したのでめでたしめでたしだったのだけど、年式も年式なんで、オルタネーターもぼちぼち交換を見据えなきゃいけないタイミングなんだろうなあ。


それとヘッドライトが表面のクリアが部分的に剥がれてきて、次の車検では光量が足りなくて落とされるかも、っていう事も言われていたので、重い腰を上げてヘッドライト磨きをスタート。

DSC07167

しかし800番からじゃクリア層をなかなか除去出来ないもんです。
明日もう少し荒いペーパー用意して、作業の効率化をせねば。

June 10, 2013

FIAT FESTA 2013

前日から行こうかどうしようかダラダラしているうちに当日の朝9時半、天気も良さげだし2CVでトコトコ行くか、なんて昨日までは思ってたけど片道200kmにビビってしまい、楽チンなデルタでびゅーっと走って現地についたのはちょうどお昼。


クルマ毎のグループで朝来て昼前に退散、ツーリングやら食事やらを会場周辺でやる、というのが最近の傾向らしく、ちょうど会場手前でA112の集団、そして会場に着いたところで124スパイダーの集団とすれ違う、って今日の目的の半分は124スパイダーをじっくり見学することだったのだけど。

フィアットフェスタも97年からしばらく毎年参加、タイムアタックにもY10代表として出走していたものの、段々とY10仲間が減って行くのに伴い自分の足も遠退いて・・・
今回も2010年以来の参加。
そういや道中あれこれハプニングがあった時だ。



Y10会長に挨拶をすませ、久々に会う方々に「会う度に貫禄がついてるねえ」なんて言われて凹み、10数年前にものすごくお世話になった方とも再会出来て、まあそれだけでも来て良かったかな。


あとはぷらっと歩きながら気になったクルマを撮影。

964363_402218906560248_1793901538_o

ホンモノ124アバルトをじっくり見学。
ヘッドライトの内側、ボンネットとの接するあたりにクラックが入っていたのだけど、ってことはフェンダーは樹脂製?? 

964109_402218269893645_1520989171_o

705242_402220463226759_1008340565_o

こんなにコンパクトなんだねえ。

976011_402216696560469_1660380165_o

これはレプリカ。
本来別部品のフェンダーは塗り分けで表現。
とは言え、パッと見ホンモノとの差はそんなに無いと思うし、このカタチが好きなのでレプリカでも全く構わないんですけどね。

976735_402220459893426_1193266306_o

こっちは初期型。 
中に人がいらしたので遠くから失礼します。

474820_402216753227130_838284029_o

ノーマルをカフェレーサー風に仕立てた1台。
雰囲気いいなあ。

963888_402236639891808_400257047_o

ホンモノのGr.B 037、しかもナンバー付き。

966624_402237909891681_1810126156_o

プロトティーポのレプリカ。
このクルマのイメージってOLIO FIATより朱色/黄緑かなあ。

977360_402237896558349_941459851_o

フェンダーがドーン、ダラーラのレプリカ

966829_402224643226341_105053418_o

オールペン仲間。
白は初めて見たので新鮮。

976046_402246693224136_1705548510_o

これなーんだ?? その1

ボンネットがセンターで折れて見えるのは、なんと塗装のツヤ度合いの違いで表現してあるのです(笑

965245_402246699890802_1085936335_o

これなーんだ?? その2

965586_402237976558341_1123296949_o

ヘアライン仕上げ、お値段65万円也。


124アバルトのホンモノとレプリカをそれぞれじっくり見れたので、来るべき将来に向けて(?)予習はバッチリ。

家の用事もあったので2時半には退散したのだけど、強い日差しに何の対策もしていなかったので、夜になって頭痛&発熱、軽い熱中症になったのは反省。

次回からの教訓にせねば。

June 01, 2013

純正ホイール

イマイチ見た目の相性よくないバルケッタとTE37。

DSC00827

スポーク部がリム外周よりだいぶ内側に位置してて、小径に見えるのが原因と思うのだけど、そもそもバルケッタに似合う社外ホイールってあまり無くて、モダンすぎるもの、例えば細いスポークがたくさんあるやつとかダメだし、かといってクラシックなのも似合わない。

意外と500トロフェオのホイールなんて行けそうな気もするけど、
17インチしかないっぽい。

Fiat-500_Abarth_Assetto_Corse_2009_1280x960_wallpaper_03

やっぱり純正アルミを探すかなあ。
Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: