November 2013

November 28, 2013

東京モーターショー雑感

そう言えばモーターショー。
気になったクルマたちをざっと振り返ってみましょう。

まずは気になる新型ピカソ
DSC08260

初めて実車と対面しましたがインテリアは質感がぐっと向上、イイ雰囲気でした。
ただ空調やオーディオがタッチスクリーンに集約されてしまったのは実用を考えると果たしてどうなんでしょ。
外観は写真では見馴れたものの、先代の方が良かったかな・・・

VW XL1、新車で欲しい その1
DSC08346

何の役にも立たなさそうなところと、超マジメに作り込まれているそのギャップがまたよろし。

スマートのBoConceptとのコラボモデル
DSC08551

てっきりショー用のスペシャル企画と思いきや40台の限定発売。
これはすごく良かった! 新車で欲しいその2

ボルボのコンセプト
DSC08318

必要以上に手を加えていないところが良いですね。

アクア・クロス
DSC08435

クロス○○にすれば確実にカッコ良くなるの法則。
このまま市販出来るくらいの完成度の高さ。

クロス○○の法則 その2
DSC08240

これもカッコ良し。

ケン・オクヤマデザインのブースにあったカバンと鉄瓶
DSC08286

DSC08287

クルマ達よりこちらのほうが魅力的??

今のスペース系軽自動車ってこんなにスゴいのか!
DSC08181

と驚いたタントのインテリア。ユーティリティに文句無し。
ただここまでのクルマをもはや優遇する必要があるのやら。

一方でコストダウン思想の徹底ぶりに驚いたキャリー
DSC08226

正しい軽自動車の姿はやっぱりこっちかな。

注目のホンダ車2台。
DSC08599

s660コンセプトはスッキリきれいに纏まっていて、自動車好きがちゃんとデザインした雰囲気。一方のNSXはちょっと肩に力が入りすぎたのか、どことなくぎこちない感じ。

DSC08568

各メーカー共自社のヒストリックモデルを多数持ち込んでいたのが印象的でしたが、改めて初代カブのカワイさを再認識。
純粋な道具として作られたのにも関わらず、どこか愛嬌のあるデザイン、魅力的ですね。



今年はこれだけは見ておけ!的なクルマはそれほど多くなかったものの、各メーカーが元気と言うか自信を取り戻したような空気感がありました。

それは出展車両のボディーカラーにも言えて、前回はエコアピールに熱心な各ブースとも青系のカラーが多かったのが、もはやエコは当たり前、青系が激減しエネルギッシュな赤系のカラーが増えたのも印象的でした。

復習も兼ねてもう一回見に行っておこうかな。

November 27, 2013

common door panel

ご存知でした?

3916439350_8112f742d8_z

このクルマと

alfa_romeo_giulietta_1_3_98487859353349672

このクルマのドアアウターパネルが同じだと言うことを。

この間教えてもらうまで全く気付きませんでした。
ベルトラインの黒モールの影響が大きいのかも??

November 24, 2013

銀杏

人通りの無い、とてもキレイな銀杏並木を見つけたので・・・
IMAG0182

IMAG0179

カメラを持参していたにも関わらず、メモリカード差し忘れという失態に、帰宅後カメラをMacに繋いでから気付いたと言う・・・

ケータイだと画質もそれなり、フォトショでゴメンナサイ。

November 19, 2013

イヴェコ・ブス

先日のBus world 2013で発表になったIVECOのバスラインナップのテールランプがどうにも気になりまして。

IMG_5939

フラッグシップのMAGELYS

IMG_3374

都市間高速のCROSS CITY

iveco_urbanway_4

そして路線バスのURBANWAY

うーん、デルタっぽい。

November 16, 2013

3D + 2D

Lancia-Beta-Montecarlo-Spider-729x486-82b3c676e2d3ef67

立体構成と平面構成の融合によりこのクルマのデザインが成り立っている、という点はCG誌に掲載されていた「名車の残像」でも指摘されていて、僕もその通りだと思います。

凝った面を持たず、線も途中で折れたり途絶えたりしない、とてもシンプルな立体に、ボディー色と黒色部のバランスで成立させているデザイン。

例えばノーズの黒い帯。
何か特別な機能を有する訳ではなく、単なる塗り分けであり、同じくサイドガーニッシュもプロテクションの機能はほとんど無し。
まさにデザインのための塗り分け。

pics-max-18144-450246-1975-1981-lancia-beta-monte-carlo

しかるにこのクルマはボディー同色ペイントにすることで、その魅力がスポイルされてしまうのではないか、と思うのです。

あと黒色部も、グレーであることが重要。
真っ黒だとやや重苦しい雰囲気。

lancia-montecarlo


実は先日このクルマを運転させてもらう機会に恵まれたのですが、見た目と裏腹に、キビキビした運転フィールが印象的でした。

メカニカルコンポーネントが同時代FIATからの流用であることも現実を考えると魅力的。

037やデルタなどの超メジャー級の影に隠れたモデルではあるけれど、逆にその控えめなところがまた好ましいです。

あれこれモディファイするのも楽しいでしょうけれど、個人的には少なくとも外観はノーマルのまま、がいいなあ。

November 09, 2013

delta test drive

所詮はブラーヴォの着せ替えだけど・・・




ちゃんとエレガントさは残っていると思うのです。

イプシロンを含め、これが最後のランチアになってしまうのか?

それはそうと、この1.9Lのツインターボは気になるなあ。
なんと言ってもMTだし。非MOMOだと尚よろし。

November 08, 2013

magic parking



以前トゥーランで実演してもらったことが有ったのだけど、確かにお上手でした。

デルタのはおそらくマレリ製なのだろうけれど、どうなんだろ。

November 04, 2013

同い年の銀杏

実家に植わっている銀杏。

DSC07992

今はもうやっていないとのことだけど、実家のある自治体では子供が産まれると苗木をプレゼントしていたらしく、この銀杏も自分が産まれた時に贈られたもの。

子供の成長と共に育ってゆく樹木、粋なプレゼントだったなあ。

November 03, 2013

3776

DSC07962


November 02, 2013

Tipo 137

logo pinin

思いを断ち切れるか、泥沼に引き込まれるか。
Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: