August 2014

August 31, 2014

剛性感の違い

DSC00282

マイナーチェンジがどれほどの規模で行われたかは不明ですが、大幅なボディ剛性のアップは望めないだろうから、じゃあ自分がまず最初に感じた全体のしっかりした印象は何だろうと考えると、巨大なガラスルーフの有無に寄るところが大きいのかもしれません。

ただ屋根開きの魅力は何物にも変えがたいですから、これは悩ましい。
もしも新車で買っていたなら恐らくガラスルーフは選んでいただろうし、そもそも乗り比べないと分からないところだし。

DSC00284

DSC00283

そう言えばこんなところも微妙に違ったりするんですね。

August 26, 2014

デルタ再び

カーボックスさんにデルタを引き取りに行ってきました。

DSC00252

我がデルタはモンディアルと458に挟まれてショールームの中。
こういうのってとても嬉しいものです。

手元でカチカチすればスムーズに変速してくれるDFNに任せ、ゆるりと走る気持ちよさも捨て難かった一方、自分でクラッチペダルを踏んで変速する楽しさは捨てきれず、MTのデルタに乗り換えです。

当初は同じ1.6LのディーゼルのMT車も候補に入れていたのだけど、どうせなら、ということで1.9Lのツインターボディーゼルの走行距離3万kmの中古車をドイツから入れてもらいました。


一段と逞しくなった低速トルクのお陰なのか、とにかくクルマの動き出しがスムーズかつ軽やか、静かで緻密。重苦しさは皆無。

タイヤは懸念していた18インチ。
実際、前のデルタも購入時には18インチを履いていて、約5万kmを後にしたタイヤの劣化もあってかゴツゴツした乗り味はあまり良くない印象。
後に交換した16インチでも、角はかなり取れたものの、当たりの強さは解消されず。

それが今回は全く気にならないどころが、とにかく足がスムーズに動いている印象で、全く異なる乗り味。
電子制御化されているリヤサスの影響かは分からないけれど、ボディー剛性もこちらの方が高い印象。

嬉しい誤算はBlue&Me。
500の時は認識してくれなかったMacフォーマットのiPodを認識。


お店→自宅、渋滞していない都心一般道を40kmほど走っての印象は「ここまで違うクルマだとは・・・」に尽きます。

August 25, 2014

明日で・・・

DSC06803

ウチにやって来たのが一昨年のクリスマス。

それから1年半ちょっと。
あっという間の時間だったけど、デルタは今まで乗ってきたクルマの中で最もしっくり来る1台でした。

明日はお店にクルマを持って行くので、外して部屋に置いてあったホイールを積み込み。

IMAG0077

それにしても18インチってこんなに重たかったっけ?
次のクルマも同じサイズのホイールを履いているけれど、早々に16インチに替えてしまおう。

August 16, 2014

懐かしの・・・

Y10?
fiat-seicento-brush-11-55-km-2002-003

いえいえ、「Brush」というセイチェントの限定仕様
これ以外にもカラバリがいくつかあるようです。

fiat-seicento-brush-2002


Y10乗りとしては黒いハッチのが一番ホッとしますね。

August 12, 2014

色替え

知人の「くまモンに似てる」のひと言で作ってみたら・・・
prbx1408_18

思いのほかしっくり来ました(笑

August 11, 2014

世界に誇れるところ

先日ビッグマイナーチェンジを行ったプロボックス/サクシード
プレスフォトを見ていて、そのインテリアの出来が興味深かったのでちょっとまとめてみました。

おそらくビジネスでこのクルマを使っているであろう外回りの営業マンからのヒアリングの結果、こういうところにこういう物が収納出来るスペースが欲しい、を徹底的に詰め込んで行ったらこうなりました、といった感じのインテリア。
sucd1408_08

prbx1408_32

prbx1408_28

prbx1408_30

多少生っぽさは見受けられるもののここまでの徹底っぷり、潔さを感じます。

「あれもこれも、とにかくかゆいところに手が届きますよ」の実現に関しては日本車が世界に誇れる一面なんじゃないのかな、と思います。

一方でそんな「あれもこれも」がクルマの本質を薄めてしまっている一因な気もしますが、じゃあ欧州の働くクルマってどうなのよ、って見てみると・・・
00064019

最新のルノー・トラフィックは意外といたれりつくせり。
さすがに紙パック飲料は置けないものの、モバイルツールとの親和性にも力を入れているようです。

1980_fiat_panda-pic-17846

欧州のこの手のクルマって「場所は作ったからあとはユーザーの使いたいように工夫してね」的なインテリアが多かったようにも思うのですが、時代は変わる物で、そんなプロボックス/サクシードを向こうに持って行ったら意外とウケたりして。
シートは要交換なのだろうけど。

見所あるインテリアに比べてガッカリなのは妙にぎこちなくなってしまったエクステリア。
prbx1408_12

もったいないなあ。

August 08, 2014

いやしかし暑い

DSC03702

すだれも日本一の酷暑地では大して役に立たず・・・


Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: