August 2015

August 21, 2015

Super cool!

DSC02889

念願のカクタス。
カーボックスさんから試乗車が用意出来たので乗ってみてくださいとの有り難いオファーを頂きました。
C4クーペHDiから始まり、パンダ4x4500Lといつも貴重なモデルを体験させて頂けるのは本当に有り難いことです。

01

07

外観は写真で受けるイメージとそれほど大差無し。
デルタよりも350mmほど短いはずなのに、絞りの少ない形状の為かそこそこ立派。
室内スペースも意外とデルタと遜色無し。これ重要。

03

とりあえず押してみたくなるairbump、思いのほかフコフコ。
バンパーも含めて耐久性はどんなだろ。
フランス車の樹脂バンパーってもれなく白くなっちゃうイメージなのだけど。

DSC02942

インテリアもとても素晴らしいですね。
あとETGありきでデザインされてる感じ。
MTだと一気に現実に戻されてしまう。

5638135-citroen-c4-cactus-review-3

でしょう?
しかもETGの出来が意外と良かったのと、MTの感触が今ひとつという話を見て聞いていること、見た目は圧倒的にETGですし、クルマのコンセプト、デザイン、全体から感じるユルさとも合っていること、などなどの理由でMTは選ばないかもしれません。

ついでに感心したのは停まるか停まらないかの速度域で1速2速の選択がうまかったこと。クリープもする一方で、停まる直前はクラッチが切れてくれるのでカックンブレーキにならないところもマル。

DSC02937

助手席エアバッグがサンバイザー裏に設置されている関係で、頭上が多少窮屈。試乗中はシート高さを最低にして乗ってました。

DSC02932

スイッチが集約されたタッチパネル、使い勝手はまずまず。
インターフェースがそれほど複雑ではなさそうなので、説明無しでもそれなりに使えそう。

DSC02931

これは驚き、布製のヘッドカバー。
他にも下がらないリアウインドウ、分割可倒の設定の無いリアシート、ブラインドの無いガラスルーフ、窓側助手席用空調吹き出し口が省かれていることなどなど、割り切るところは相当割り切って作られている感じ。
それらを足りないと感じるか十分と感じるかでこのクルマへの評価が分かれそうな気がします。

08

個人的にはどハマり、とても良いクルマでした。
問題はデルタとキャラがだいぶ異なるので、仮に入れ替えたとしても今度はデルタが恋しくなるのが目に見えていることでしょうか。
それを差し引くと次期車の最有力候補。

それともその穴はこの子が埋めてくれるかな。
DSC02949



August 15, 2015

ようやく・・・

久々に時間が取れたので黄緑号から移設する部品の取り外し開始。

1439646299671-1

カバーは掛けているものの、砂埃の多い場所が故にドロドロ。
まずは手始めにロールバー、ステアリングチルトレバー、プロトティーポからスタート。

1439646325057-1

ボルト数本で止まっているだけなので簡単に取り外し完了。

続いてチルトレバー。
DSC02881

深緑号はレバーが折れていて、高さ調整が出来ない為これも移設。

そして最後にプロトティーポ。
DSC02879

もちろんボスからの取り外しは何てことなかったのですが、ボスがセンターの24mmを外してもびくともせず。

軽くサーチしてみたところ、どうもボスのスプラインにテーパーがついており、スライディングハンマーを用いてようやく外せたとのこと。しかも外した頃にはステアリングホイール取り付け面がボコボコ、なんてことが書いてあったので、これは新規購入がベターでしょうか。

ここまでやって今日は時間切れ。
次は足回りとブレーキの移設に掛かりたいところです。


August 07, 2015

無題

パンダ熱がなかなか冷めません。

出来たら内装の樹脂色がグレーじゃなくて黒い世代。つまり鉄グリルの世代&キャブのCLの世代。

エアコンはいりません。
サンルーフは欲しいです。

マニュアルであることはマスト。

停める場所も乗る時間も無いのに困ったもんです。
そうじゃなくてもTSバルケッタは放置気味なのに。

でもこういう気分の時ってたいてい何かしらのモヤモヤが心の中にある時。

さてどうしたものか。




Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: