January 18, 2013

デルタ 1500kmインプレッション

クリスマスにやって来た我がデルタ。
正月の帰省にも使ったのであっという間の1500km!

202679_318686014913538_1777790120_o

長期レンタルしていたC4クーペも入れると3台目のディーゼル車。

ちょっとゴロゴロした感触+1900回転を越えると気持ちの良い加速をする1.6HDi搭載のC4クーペ、終始スムーズでガソリンエンジンに近いフィールの2.0HDi搭載のピカソ。

それに対し、乗用車用ディーゼルエンジンにコモンレールシステムを初採用したフィアットのディーゼルはどうなんでしょうか。

ピカソも総括していなかったので、比較しながら纏めてみました。


■音とフィーリング

アイドリングのカラカラ音は外で聞く限り結構大きめ。
ついでに若干の酢酸っぽい臭いもあり。

アイドリング直後からの反応は良好。
例えば1900rpm以下でスカスカだった1.6HDiと比べても、同じ排気量ながら良くできてます。

2.0HDiと比べるとトルク感がひと回りおとなしめ、クルマがスーッと押し出される様なフィールは弱いです。

エンジンの回り方は至って普通。
ブン回る感じもしないし、かといってかったるさも皆無。

あとこれは個人的な好みだけど、エンブレがしっかり効いてくれるところが有り難し。ピカソの2.0HDiはエンブレの効きの弱さが不満だったので、これはマル。


■ミッション

搭載されているDFNはシングルクラッチながらなかなか良い仕事をしてくれます。変速も素早いし、出だしのギクシャクも特に気にならず。

慣れれば右足の動きひとつで自在に変速できるらしいDFNとのことですが、いまのところはもっぱらマニュアルモードで乗ってます。

駐車場など低速での微妙な移動はちょっとコツが要るので、こういう時はクラッチペダルが欲しくなりますね。ただこれはクラッチレスマニュアル車全てに当てはまるとは思うのですが。


■乗り心地&快適性

納車当初は賞味期限が切れたカチカチの18インチタイヤがついて来たので、乗り心地は良いとは言えませんでしたが、それでもしなやかな足回りの出来はなかなかのもの、16インチに替えてからはとても快適になりました。


シートの出来はどうでしょ。
もはや体を包み込むような、とは言えなくなったC世代のシトロエンのシート、一方でイタリアのクルマらしく固めのシートを持つデルタ。 

運転席は良い勝負。
一方リヤシートはデルタの圧勝。というかピカソのリヤシートはお粗末、できれば座りたくないです。

それよりもリクライニングの調整。
デルタはちゃんとダイヤルになっています、これは大事です。


それと個人的に重要項目である空が見れるか否か。
運良く装備されていたガラスルーフですが、ガラスの着色濃度が高いので、シェードを開けてもそれほど開放感はナシ、ピカソの圧倒的な開放感と比べるまでも無いです。


開放感で言うと、デルタはAピラーが太すぎ。
ピカソのAピラーは二股に分かれていた上で、断面もなるべくドライバーから見て幅を抑えるように工夫されていたので、それに慣れた身からすると左折時の死角が大きいのはちょっと怖いですね。

そのかわりBピラーはピカソよりも幅が狭く、右斜め後方の確認はデルタの方が優秀。


■装備

ピカソに対して無くなったものは
・オートライト
・クルコン
・USBポート
・1620の周波数

最初の2つは無きゃ無いでそれほど困らないもの。
3つ目も専用ケーブルを購入してなんとかなりました。

困るのは4つ目。
FIAT系のオーディオは仕向地によって入る周波数が決まっているらしく、並行でしか入って来ていないデルタは当然周波数もイタリア仕様、日本の交通情報を聞く事ができません。

これは147や500でも経験済み、並行モノFIATのデメリット。
日本にも導入されているモデルなら、オーディオをリプレイスすれば解決するのですが、デルタに限ってはどうしようもないです。


■デザイン

デザインに限っては好き嫌いがあるので何とも言えませんが、濃紺を基調色としたデルタのインテリアは、素材の組み合わせ方や白色LEDで統一したライト類、ステッチの入れ方など、上品にまとめられているのが魅力です。ウッドに頼っていないところもマル。

02













欲を言えば以前試乗させて頂いたフラウレザー仕様のインテリアの方がさらに魅力的なのですが、アルカンタラとレザーを組み合わせた標準仕様もなかなか。

但し助手席前につくDeltaのエンブレムや、シルバー塗装されたセンター&ステアリングホイールのパネル類の質感が安っぽいのはなんとかならなかったのかなぁ、と思います。

03













ちなみにフラウ仕様はエンブレムがステッチ!



■最後に燃費

当ブログの検索ワードランキングで常に上位であるHDiの燃費。

都内をメインの普段遣い(燃費走行は意識せず)での燃費は
・1.6HDiが16km/Lちょい
・2.0HDiが15km/Lをちょっと切るくらい
・1.6マルチジェットも15km/Lをちょっと切るくらい
 (前オーナーの積算値)

ただいずれにしても上り坂で過給する割合が増えると燃費の落ち込みが大きいのは共通しています。



また気付き事項が有ったらアップしてみます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はるぱ   January 21, 2013 23:57
こんばんは。 ボルドーデルタのはるぱです。

インプレッション、うんうん と色々と同感しながら読ませて頂きました。 

16インチホイールは、よく見つけられましたね! 

しかし、マルチジェットは、やはり燃費いいですね〜 うちの1.8は燃費は1.6マルチジェットの約半分です(悲)

また、情報楽しみにしています!
2. Posted by サトシ   January 22, 2013 15:42
はるぱさま

コメントありがとうございます!

ホイールは本当にラッキーでした。
元々純正17インチを取り寄せるつもりでいたのですが、今となっては結果オーライです♪

燃費の良さはディーゼルのメリットのひとつではありますが、むしろ低速からの力強さと高速巡航性能の高さこそにスポットが当たればなぁ、って思います。

デルタにラインナップされている2.0や1.9ツインターボのディーゼル、相当速そうで気になります(笑
3. Posted by しびとろ   January 23, 2013 05:43
デルタはエンブレ効くんだね。うちのTDIもエンブレ効かないんだよね。てっきりスロットルバルブのないディーゼルの宿命かと思ってましたです。
4. Posted by サトシ   January 23, 2013 06:03
僕も詳しくは分からないのですが、車重とギヤ比も影響しているのかもしれないですね。

ポンピングロスがどうやらこうやらも一因らしいんですが、そういやC4クーペではエンブレの弱さはは気にならなかったですねえ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: