March 08, 2016

またまた窓修理

もう何度目の交換になるんだろ、というくらいウインドウレギュレーターはバルケッタの数少ないウイークポイントと思います。

1457437073973

運転席側の窓が下りなくなったのは、ワイヤーを巻き取るギアの歯が欠けてしまったことが原因だった、というのは以前書いた通りですが、あれから数ヶ月、さすがに不便を感じるようになってきたので部品取りからパーツを移植しました。

もしこれが使え無かったらギアだけ移植しようか、なんて思っていたのですが、試しにギアの欠けた方のを分解してみたところ、思った以上のテンションでワイヤーが張られており、とてもじゃないけど手持ちの工具じゃその張りを保ったまま組み付けるなんて無理。
もしモーター以外の理由で不動になっているのであれば、DIYレベルだとおとなしくアッセンブリー交換した方がベターではないでしょうか。

1457437099573

手持ちのレギュレーターはモーターがやや弱り気味、昇降速度がかなりゆっくりだったので、手持ちの中から一番動きの良かったモーターを組み合わせました。

しかし前回も書きましたがドアインサイドハンドル周りの樹脂部品ってどうやって外すのが正解なんだろう。力任せで外そうにも知恵の輪状態で毎回30分以上格闘しています。
逆に大変なのはこのパーツの取り外しのみ。これさえ外れればあとはクリップ止めのトリムを外してボルトとナットをいくつか緩めればあっという間に交換完了。

さすがに何度もつけたり外したりしている箇所なのでトータルで1時間掛からず、無事に開閉するようになりました。

よかったよかった。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Monthly archive
visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: