October 10, 2016

パンダの季節

14633572_1089032964545502_7163220294077694277_o

ちょっと抜け出せる時間が出来たので、夜の徘徊をしてきました。
交換した純正相当品のマフラー、なんとなくですけど低速トルクが多少増したような気もします。ホント、気持ち程度ですが。

エンジンは特に調整してもらったわけでは無いけれど元々調子は絶好調、アイドリングがとても静か、かつ踏み込んでも愚図ることなく回転も滑らか。かといって神経質でもなく、このエンジンが好きっていう人の気持ちがなんとなく分かる気がします。

fireエンジンって悪い言い方すると軽く回るけどちょっと薄味、それに対して45のOHVエンジンはもう少し濃密な印象。

ただ減速→加速の時、2速か3速で迷うような状況で3速キープしちゃうとトルクが足らないのかガクガクしてしまうのはちょっと気になるところ。2CVの方がもうちょっと粘りがあったように記憶してます。

タコメーターが無いのでどれくらい回ってるかは音から判断するしかなのいですが、まあぶん回しても壊れなさそうだし、積極的に回して乗るのが正解なのかもしれません。

DSC06400

そうそう、シフトノブを交換しました。
パンダに似合う良いのがなかなか見つからないので、以前Y10で使っていたものに交換。たしかSWの純正オプションだったかのMOMO製。それでもまだミスマッチな気もするけれど、少なくとも黒で存在感は下がったのでひとまず良しとしよう。

あとぼちぼちキャンバストップの生地が固くなりつつあるので、冬が来て割れてしまう前に交換したいところ。それとゴーっという足回りからの音はなんとなくハブベアリングっぽいので、これもそろそろのメニューでしょうか。


実のところ、買ってしばらくはパンダって過大評価されてるんじゃ無いか、って思ってたのです。
ペダル類の角度、スイッチの構成、ハード面ではよくこれで市場投入したな、って思うところもいくつかあります。

ただ愛着が出てきたのもあるけれど、乗れば乗るほど楽しさが増して来ているような気がします。
じっくり付き合っていこう。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: