Peugeot 106

May 03, 2018

魔が差す

昨年手に入れたボロボロのテンサンラリー。

106_rallye_09

いまだ完成連絡はないのだけど、半ばボランティアみたいな条件で仕上げを受けて頂いたこともあって、いつでも良いですよー、と言ってしまった手前、プッシュするのも申し訳ないので気長に待つしかない。間も無くエアコンレスなラリーに乗れない季節になってしまうのだけど。

そんな中、ちょっと気になる1台を見せてもらって来ました。

DSC08256

なんとも珍しい色の146。
正統派のかっこよさではなく、ちょっと不恰好、でもなんとも言えない気品がある。

その気品はこの色ももちろんのこと、デビューから20年を経た年季から醸し出されているんだろう。神懸かり的な90年代前中期のフィアット系デザイン、絶大なインパクトと共に登場し、それが時間を経て熟成されて。

いきなり超コンサバに転じた直後のデザインを鑑みると、商業的には拒否反応もそれなりにあったのかもしれない。だけど自分がクルマのデザインを意識し始めた中高生時代と重なるこの時代のフィアット系デザインは今でも自分のメートル原器的な存在。


じっくり拝見させてもらった後はお店のご好意でテストドライブ。
運転席に座っての助手席までの距離感、そしてそこからハンドルとペダルとインパネの距離感。

あー、これだよね。

サイズやメーカーが違っても、自分が乗って来た限りだと何故かイタリアの車ってこれらの距離感にある種の統一性を感じる。
唯一の例外が意外なことにパンダ45。
設計年次なのかエンジニアリングが外部だったからか定かではないけれど。

大通りの手前でお店の方から運転を変わってもらう。147とバルケッタとの良いとこ取りをしたような、滑らかさとダイレクトさが同居したフィーリング。手中に収まった速さと気持ち良さに、慣れ親しんだ距離感が合わさり、さらにトドメのボディーカラー、となるともう惹かれないはずはない。

ここ最近は大きなフランス車続きだけど、Y10から始まった自分の愛車遍歴の軸足はやっぱりここなのかもしれないと改めて思わせる1台であった。

さて、どうしたものか。
satoshi_328 at 22:13|この記事のURLComments(0)

December 28, 2017

原点回帰

アナログで、小さくて、軽くて、そして少しだけコンペティションの香りがする、結局このあたりが自分の原点かつ行き着くところところなのかもしれない。

48cf5c97


peugeot-106-rallye-1L3

駐車場都合で手放してしまったXSiへの弔いも込めて・・・
satoshi_328 at 17:30|この記事のURLComments(0)

April 11, 2011

106ばらし

今日は106の足回りをバラしました。


いままで比較的大掛かりな作業はフィアット系のクルマでしかやった事無かったので、フランス車のそれは戸惑う事だらけ。

正直、作業性悪くない??

って感じたのは同じ部品のボルト&ナットでも上下でサイズが違ったり、16mmというあまり馴染みの無いサイズを使っていたり、変な位置からアクセスしなきゃいけなかったり、変なとこにトルクスを使っていたり、と挙げたらキリが無いくらい。

そう言うものなのかなー。
フィアット系はもっと作業しやすかったはずなんだけど

106















トーションバーも手持ちの工具ではアクセス出来ず外せず終い。
フロントショックもハブごと抜かなきゃならないってのもなー。

しかも前に部品を組み付けた際にロックタイトでも塗っていたのか、ってくらいとにかくボルトが緩まない・・・

ステアリングのボスもセンターのナットさえ外せば手前に引く事でスポッと抜けるはずが、これまた抜けず・・・

ということでほとんど作業が進みませんでした。 うーむ。

satoshi_328 at 10:39|この記事のURLComments(0)

February 28, 2011

ヒーターコア??

くもり取りの為にデフロスターをONにすると・・・

室内















クーラントの臭いと共に、デフロスター吹き出し口から湯気(!)
余計に曇って来た!!

譲り受けた時点で若干クーラント臭かったのだけど・・・
バルケッタもそろそろヒーターコアがヤバいんだよなー。

satoshi_328 at 05:43|この記事のURLComments(0)

February 13, 2011

バッテリー

106にも雪が積もりました。

106















前からバッテリーが弱りかけていて、いい加減交換の時期を迎えていたのですが・・・

106バッテリー















ついに完全にダメになったようです。

500からジャンピングしたらスグに始動したのですが、少し走れば充電されて再始動出来るレベルだったのが、今回は完全にアウト。

前オーナー曰く、4年くらい無交換だったそうなので、最後までおつとめを果たしてくれた様です。


一方の500のバッテリーは年末の点検時に交換済み。

33















若干弱りかけていたのと、冬だと始動性が落ちるので早めの交換。

エンジン&ミッションのオイルも交換したし、7月の車検は最低限の出費で済むかも??


そういやデュアロジ車はバッテリートラブルが頻発している様ですが、セレスピード搭載車同様、エンジン始動時に油圧ポンプを作動させるシステムなのでしょうか??

satoshi_328 at 00:55|この記事のURLComments(15)

August 16, 2010

スペアタイヤ

106のホイール交換をする時に車載ジャッキを使おうとしたのですが、最初どこにしまってあるのか分かりませんでした。

いままで乗ってきたクルマはトランクのフロアボードをめくればスペアタイヤが出てきて、その中にジャッキがあるのですが・・・

ジャッキ















106はトランク後端のマイナスネジをクルクル回すと・・・

タイヤ















スペアタイヤが降りてきて・・・
その中にジャッキが入ってました。

荷物が沢山入っている状態だと、こちらの方が楽なのでしょうが、途中でスペアを乗せているキャリアがガコッと落ちてくるんで、元に戻す時はちょっと面倒でした。

片手でタイヤを持ち上げながら、片手でネジを回して・・・
夜間、手元が暗い時とか、雨天時は難儀しそう。


スペアタイヤは常に外側に露出しているからもうドロドロ。
おそらく15年分の汚れがそのままです。

スペア















せっかくなのでキレイに水洗いしてあげました。

あとスペア外したついでに覗き込んだのですが・・・

スタビ















トーションバーも強化タイプが入ってました。
あとで調べたら意外と良い値段しちゃうのね。

satoshi_328 at 20:58|この記事のURLComments(4)

August 15, 2010

106のホイール交換

106のホイールを交換しました。

11















やっぱりラリーホイール!

ホイール















Made in Franceっていう刻印が入っているのも嬉しいところ。

現状スタッドレスなのでタイヤは新調しないといけないのですが、14インチなのでお財布にもやさしいはず。

プレセダあたりがいいなぁ。

satoshi_328 at 21:42|この記事のURLComments(0)

July 05, 2010

ご近所さん

どうも近所に同じ色の106Xsiがいるっぽい。

2度ほど目撃。

ボンネットのクリヤは剥げていませんでしたが(笑

11















やっぱりラリーホイールがカッコいいなぁ。

satoshi_328 at 18:37|この記事のURLComments(0)

May 19, 2010

なおしたいところ

106の名変に行ってきました。
陸運局が思いのほか空いていて、40分くらいで手続き完了。

自分で名変に行くのはかなり久しぶりだったのですが、おかげで受付の人も丁寧に対応してくれました。

前はもっと殺伐とした雰囲気だった様な気もするのですが。



それはさておき2週間ぶりの106、色々と気になるところが出てきました。前オーナーがかなり整備にお金を掛けてくれていたお陰で、しばらくはそのまま乗れそうなのですが。


■まずガコガコするフロント回り。

ブッシュなのかエンジンマウントなのか。
なんかガコガコ、ゴリゴリする感じ。

エンジンマウントは4万キロ前に交換&組替ってあったのですが。
ちなみに組替ってどういうことなんでしょ??


■ついでブレーキ。

フロントは社外品っぽいそこそこ効きそうなローターが入っているのですが、これが効かない、というかタッチがかなりスポンジー。パッドの残量はまだありそうなのですが、あまり粉が出ないパッドなのも一因なのかも。

あとはABSがエアを噛んでいるとか。
自動車部時代はよくエア抜きを手伝ったもんですが、ひとりで作業出来る工具もあるみたいですね。


■そしてクラッチ。

滑っている訳ではないけど、どうも13.6万キロ無交換っぽい。
ワイヤーも念の為スペアを入手しといた方がいいのかも。


欲を言えばヒーターONで甘い香りがする、とかエアコンがほとんど効かない、とかはありますが、まあ贅沢は言いません。贅沢は言いませんが、ボンネットのクリア剥げもなんとかしたいですねー。

クリア
















satoshi_328 at 21:47|この記事のURLComments(0)

May 11, 2010

しろ

106は久々に学生ノリで遊べそうなクルマなのですが、例えばこんな色。かなりやっつけフォトショ加工。

しろ















白い106と言えばラリーなのですが、黒モール入りの白もこれはこれでカッコよし。で、敢えてプジョースポールステッカーは貼らないとか。


ラッキーなことにラリーホイールもスタッドレス用として頂いているので、どっちをメインのホイールにしようかな、なんていう学生時代からしたらまさに夢の様なチョイスができるのです。

今ついてるスピードラインも90年代っぽくていいのだけど、やっぱりラリーホイールかなぁ。


思いつきで色々と出来ちゃいそう!

satoshi_328 at 23:50|この記事のURLComments(0)

May 04, 2010

ド定番

ホイール同様、これまた90年代定番アイテム。
スパルコのステアリングホイール&ペダル。

室内















スパルコの文字はレタッチしないと。

シフトノブはY10時代に使ってたのと同形状のMOMO。
Y10会長にいただいちゃいました。

イエロー















ヘッドライトはイエローバルブ。(写真だとわかんない)
法規的にNGだった様な気もしますが、なんか嬉しいアイテム。


追記:
106は平成17年以前製造なので問題ないみたい。

satoshi_328 at 10:37|この記事のURLComments(0)

May 02, 2010

106 vs 500

のりくらべ。

106-500















1600cc vs 1200cc
100ps vs 69ps
930kg vs 980kg

スペックでは3対0で106のストレート勝ち。
3000回転を超えると106の力強さが輝いてくる感じ。
500は低回転域から同じ感じで回りきる、っていう印象。
悪く言えば盛り上がりに欠ける回り方、と言いましょうか。
多分美味しい回転域を維持出来れば106はもっともイイ面を発揮出来る、ON/OFFがハッキリしているクルマ。

低速域でのスムーズさや軽快感は500の方が上。
やっぱそこは現代のシティーカーってことで。
高回転で結構イイ音を奏でる1.4に対して、素直さが売りの実用エンジン、っていうのが1.2の総評としてあながち間違ってないんじゃないかな、と思います。


再び106に戻って、吹け上がりに関しては以前代車でお借りした時の方がもう少しレスポンスよかった気がするのですが、まぁ踏んじゃえば気にならないレベル。

乗り心地は足回りが社外品に変わっているせいもあるのか、とにかく突き上げが激しく、荒れた路面ではかなりヘビー。
緩いボディに固い足回り、純正に戻したい気がします。
リヤの車高もかなり下がっているのですが、トーションバーをいじって車高下げるのはあんまり良い事ないみたいだし。


それにしてもXsiってかなり少数派なんですねー。初期顔で言ったらラリーの方が残存率高いんじゃないんでしょか。

satoshi_328 at 17:40|この記事のURLComments(0)

May 01, 2010

106のおしり

106はおしりがとってもかわいい。

106
















ちっちゃいテールランプがいい感じ。

おそらく初代オーナー(自分は3代目)がくっつけたであろうフランスのエンブレムは剥がしちゃいたい衝動にかられます。

白いスピードラインのホイールが90年代を感じさせますねー。

satoshi_328 at 17:49|この記事のURLComments(5)

April 29, 2010

106がやってきた!

ちょっとしたご縁で106をいただく事になり
先ほど受け取りに行ってきました☆

106















なんか楽しい事ができそうですよ。

自宅まで120kmほど乗ってのインプレは後ほど・・・

satoshi_328 at 16:19|この記事のURLComments(4)

January 31, 2007

プジョーオーナーになりました その3

そして次の日。

106_engineちょっと長距離を移動する用事があったのですが、道も空いていたのでちょっと踏んでみると、、、4000回転越える辺りから回転のシャープさに変化が。低いギアを使ってガンガン回してあげると面白い!ハンドリングもキビキビしていて速い!シートが絶妙!アシがイイ! 初日の悪い印象は何処へやら。久々に面白いクルマに乗る事が出来ました。ポジションが適度に低いのも個人的にマルでしたが、何よりアシが適度に固いのに突っ張った感じがしなく良く動いているなー、っていう印象がとても羨ましかったです。

106_rally_devilちなみに履いていたタイヤはミシュラン・プレセダ、ややスポーティーさに振ったタイヤですが、それほど固くなく今履いているP3000よりも静か。Yとのマッチングは不明ですが、結構好きなタイヤでした。ラリーの鉄ホイール、カッチョエエ!

とまぁ良い事ずくめの様な106ですが、運転する気で乗ると最高に楽しい反面、結構渋滞の多い環境に住んでいる事を考えると、、、学生時代にY10をイジくり倒してキャーキャー言いながら乗っていた時は、こういうクルマが理想だったんですが、今はサラッと乗れるYの方が合っているのかな。でもたまにこういうクルマに乗るのは精神衛生上とても良い様で、そういった意味でもバルケッタ手放さなくて良かったと心底思います。

返却までにもう一回くらいドライブに行きたいなぁ。

satoshi_328 at 00:57|この記事のURLComments(2)

January 30, 2007

プジョーオーナーになりました その2

イプシロンを車検に出してきました。

代わりにやってきたのがこの106xsi。ちなみに某ショップの売り物で493500円也。

106_FQ106_RQ






小股の切れ上がった感じと言いましょうか。きゅっと締まった感じがとてもイイ!オーソドックスなんだけどバランスの取れたデザインです。

106_int106_raggage






インテリアは趣味の悪い柄のシートと相まってもう一歩。今となってはちょっと古さも感じます。トランクスペースは若干浅いながらもYより広い!ボディーは106の方がコンパクトなはずなのに。

ところで。自分の中のスモールプジョー体験は共に学生時代、ざっけん氏の前後色の違う205(最初期モノ1.6GTi)と後輩の父君の106ラリー。もう7年くらい前の事ですがエンジンのレスポンスの良さとキビキビした動きに感動したのを今でも覚えています。

そんな記憶とCG誌のインプレからするとさぞかし刺激的なクルマなのだろうと期待が膨らみます。
帰り間際、店主さんが「ハッキリ言って遅いですよ」「ん???」半信半疑でYを預けてお店を出ると、、、確かに遅い! 少なくとも街中で常用するであろう3000回転以下ではレスポンスも悪いしトルクが薄い。自宅までは渋滞にもハマってしまいノロノロ運転オンリーの初日の印象はあまり良い物ではありませんでした。

次回へ続く、、、

satoshi_328 at 22:08|この記事のURLComments(4)

January 28, 2007

プジョーオーナーになりました

106_night今週だけプジョーオーナーです。詳細は追って、、、







satoshi_328 at 21:35|この記事のURLComments(0)
Monthly archive
visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: