皆さんこんにちは佐藤建業です!
暑さが続く毎日、熱中症には十分気をつけましょう!

なかなか収まらない新型コロナウイルス!!
新型コロナの流行により、「おうち時間」という言葉が生まれるほど、家での過ごし方に変化が起きました。
家での過ごし方が変わっていくなかで、家に求める理想像にも変化が生じているのではないでしょうか?
特に、子どもを持つ家庭では、考えているのでしょうか。
(参考資料参照)



新型コロナの流行は家に対する考え方を変えた?具体的な変化とは?
はじめに、新型コロナの流行によって家に対する考え方に変化が生じたのか伺っていきたいと思います。

d62943-2-499624-9


「新型コロナの流行は、家に対する考え方を変えましたか?」と質問したところ、7割近くの方が『はい(67.9%)』と回答しました。

今回の新型コロナの流行によって、家に対する考え方が変わった方は多いようです。
では、具体的にどのような考え方をするようになったのでしょうか?詳しく聞いてみました。

■新型コロナの流行で、家に対してこんな風に考えるようになりました!
・より過ごしやすくかつ魅力のある家にしたくなった(30代/男性/会社員)
・家で過ごす時間を快適にする気持ちが湧きました(30代/女性/パート・アルバイト)
・外出する機会が少なくなったので、家で楽しむことを画策しています(40代/男性/公務員)
・家族が在宅勤務する時間が増えたため、プライバシーを守るために部屋数が多いほうが良いと思った(40代/女性/専業主婦)

などの回答が寄せられました。

新型コロナ流行前と後で家に求める理想像が明らかになっています!

次回は、どんな家が望まれているかを見ていきたいと思います!これから家を購入しようと考えている方は、ぜひ参考になさってください。