当時、ストレスで夜もねれない、記事にするどころでなく、バケーションホームで特にやる事もなく、ある意味ヤケでテーマパーク通いしてましたが。実は、子供達今回の引越しで2ヶ月休校だったっんですよ😨日本で体育の出席日数落として留年させられた佐藤は、子供達も留年かと心配する反面、特に南部はゆるいから大丈夫かなーと思う部分もあって。4年前、東から西へ渡った際は、計画的で夏休み入ってすぐ動き、現地着後、予想に反してトントン拍子に物事が進みなんの問題もなかったんですが… 今回いきあたりばったりもいいとこ。頑固オヤジと化したダーリン、全ての決断が遅れ気味。西を発ったのは一学期のど真ん中。さらにフロリダ着後、話が一転、二転し、挙句、借家に落ちついたのが一学期終了一週間前で学区の上の方がすでに休暇で休み明けまで何も進まず。それでも、結果からゆうと子供達無事復学できました⭐️ 長男は学位制の違いでカリフォルニアで取った単位が無効とかもありますが、オンラインシステムも利用して追いつける予定。で、ここだけの話ですが、やっぱり南部遅れてた…子供達もどれだけ追いつく部分があるのか心配してたけど、かなりペース遅くすでに習った事をまだやってるんで、問題なく追いつけ、追い越し(来年度は上級クラスへ上がるよう先生からも言われ)これにて一件落着。これ逆だったらちょっと大変だったかもなんですけどね、やっぱりサウス、期待を裏切らなかったです☺️
バケーションホームから学校も考えたけど、1ヶ月弱でまた転校だし。フロリダは公立のオンライン教育が充実してるんで、オンラインを登録しようとしたら、住居証明の書類が取れず却下だったんですよ。
居住地落ち着いて、学校登録に行く際、空白の2ヶ月をどう説明すればいいのか、悩んだけど、仕方ないんで事実を話す。学校側も特に高校では2ヶ月は初めてのケース(注あり)だけど、大丈夫と言ってくれて。 注  そうです、ダーリン、私が学校に何て言えばいいんだろうと愚痴っていたら「大丈夫、アメリカではよくある事だから」って言った。彼の大丈夫は大丈夫じゃないを実感してる私は信用してなかったんでいいけど。確かに、結構行き詰まってなんの縁もない地に引越す人は多い、が子連れでここまで無計画に引越す人はアメリカ人でも少ないとだけ申しておきましょう。ついでに、スクールバス🚌、あるのにうちの住宅街新しいんでバス停の設定がされてない為、車通学… 私の1人オーランド日帰りランチの夢は遠い😞  
  ポチ励みになります❤️
人気ブログランキング 2E3A2CE2-6935-468C-9A03-DF4E4FDC581C