長男&長女は高校生。この2人、ダーリン地元州の小学校に通い、カリフォルニアへ転校、再び南部の学校へ転校である意味、南部に慣れるの早いかと思っていたら…口を揃えてカリフォルニアのが良かったと言う。確かに、先生や生徒同士は南部の方が話しやすいけど、学校の基本システムが刑務所みたいで嫌だと。まあ、確かに、ここでは規則は厳しくなったけどねえ。母はカリフォルニアの規則破ってもお咎めなしが嫌だったが、子供側からすると堅苦しいのが嫌になるんだねー。
対する次女の学校経験はカリフォルニアのみなのでどうなるかなーと。確かに最初の1週間は学校に行きたくない、カリフォルニアに帰りたいと毎朝泣いたのを、ホームスクールの手続きが終わるまで学校行かないといけないから、そっちの手続きが終わるまで我慢しい、と誤魔化して通わせた。軽度OCDっ子なんで、新しい学校でシステムがよく分からない事が問題で。で、慣れたら、今の学校の方がいいと言い出した。遊び場も広々としてるし、音楽、体育、工作の授業が充実してると。そうなんだよね、カリフォルニア、予算カットで上記授業も同じ担任の先生が教えていて、大した事やってなかった… しかも、小学校、学年の違う合同クラス(split)とか多くて、先生が1年生を教えている間、2年生は自習。下手すりゃ、学年上の子に下の子を面倒見させる違法child laborh建前ボランティア)が堂々と行われていたし。あるクラスなんて、1人の正規教員を雇うより、2人の臨時教員が曜日交代で持つ方が安いという事で、2人の臨時が日替わりで教えていたが、保護者から非難轟々で、翌年にはこのシステムは廃止された。
ただし、次女の今の学校、公立なのに制服があって面倒くさい。理由は学校での服装格差をなくすためらしいが、格差社会のアメリカで何を戯けた事を…
一方、スクールバスの利用もできるようになったが、予算カットの影響で本数を減らされたため、バス利用すると異常に早く家を出て、遅い時間に帰ってくるため、結局私が送迎(涙)

高校は、大学に近いシステムで、単位制なので、クラスの中で学年の違う生徒が混ざっていたり。基本は無料でも、バンドやスポーツ系とると親の負担が増える… 特に南部では法律が違うため、払わないと追い出される。カリフォルニアでは、法律的に追い出せず、義務ではなく寄付でしたし。どちらも共通しているのが、高校でAPクラスを取ると試験料、親が払う。APは大学へ持ち越せる単位なので、その分、大学での負担が減るはずなんですが…この単位持ち越しが実際には無効にされて(その大学でその課目を扱ってないなど)その学校で有効な単位の取り直しする必要が出たりもするんですが。大学、いくらかかるのか、今から不安〜💸

同情するならポチをくれ〜





 
人気ブログランキング