平成の30年間は、波瀾万丈だった。
もうすぐ26歳になろうとする直前に、
昭和天皇が崩御され、平成になった。

わたしが平成になったことに気づいたのは、翌日の1月8日だった。

都内での一人暮らし、

仕事で疲れ果て、日曜日に遅く目覚めて、疲労感と虚しさで、近所の定食屋さんに行った。
遅い朝ご飯兼昼ご飯を食べようとしていて、ついていたテレビを観ると、

画面にたくさんの白い菊の花ばかりが、しーんと音楽も無く映されていて、

なんだこれ?

って不思議に思っていたんだけどね、

しばらく観てたら、どうやら、昭和天皇が崩御されて、年号が変わっていたってやっと気づいた。

その頃、私は、アパレルの仕事に夢中で、バブリーな時代だったから、高級な高額な服が売れて売れて…

お客様がセレブだったから、
つい自分もセレブな感じの錯覚を起こしていて、かなりプライドも高かった。

年4回の展示会に追われて追われて、
夜遅くまで、仕事して、展示会前には会社に泊まり込んだりして

まぁ好きな仕事だったので、
残業手当なんてつかなくても全く気にせず、バリバリ仕事してました。

だからって、さほどいい給料でもなく、
利益出しても、自分に返ってくるわけじゃなく、

いのち削るような思いで、働いて、

セレブな優雅な奥様方のお洋服を作ることに
なんだか虚しさを感じてきて…

そんな時に平成を迎えたわけ。

昭和が平成になったことに、なんの感慨も感じなかった。
私にとっては、一夜が明けて、また月曜からは、過酷な仕事が始まるだけだった。

若い時のわたしは、
今、振り返ると

ほんとに、了見が狭いし、

自分のことしか考えてなかった。

人生経験浅いから、
自分の人生と人の人生を重ね合わせて考えるとか、感じるということができなかった。

その後、過労から
わたしは、鬱病になり、

実家に戻らざる得ない状況になり、

わたしを理解してくれないと思っていた親から逃げるように、

結婚して、

2人の子供を産み、

ダンナとは、気持ちが通い合うことができず、全く信じることができなくなり、

離婚して、

可愛い2人の子供を育てるために
必死に働き、

やれやれもうすぐ子育ても終わると思った頃から、

娘に問題勃発して……


平成28年には、初孫が生まれ、


令和元年8月には、第2の孫が生まれる予定。


かなり簡略して、書いたけど、


この30年間で、大きな失敗をしてきたおかげで、たくさんの方々に心配と迷惑をかけて、
たくさんの方々から、優しさをいただき、自分ひとりじゃ何にもできないことを痛いほど学んだ。

自分の間違った判断で、突っ走り、
どれほど親を泣かせてきたかを、
今になってやっとわかった。

だから、

平成から令和の節目に放映されたプリンセス美智子物語や、
平成天皇の最後のおことば、
令和天皇の最初のおことばには、
めちゃ感動して、

いろいろな想いが溢れて、涙なしでは
観れなかった。



歳を重ねるってことは、
経験を重ねるってことなんだと最近は実感する。

幸せと不幸の経験が
織り混ざって重なり合って、
痛みと喜びと混ざり合って、


だから、感慨深いものが、こころの中に出来上がっていくんだろう。


若い時には、絶対に想像できなかった
今の自分がある。

不思議だし、

また、それがありがたいと思う。







読んでいただきありがとうございます!
応援おねがいします!








久方ぶりの更新です。

それでも、地道に、読みに来てくださった皆様、ありがとうございます😊




実は、また大変なことが起きました。

それの対応で、バタバタしてたこともあるけど、

実は、自宅にて塾を始めることになり、
その準備で、メチャ忙しくなっています




えーと、

まずは時系列に並べて書きます。

1月6日   

娘から電話があり、お母さんに会ってほしい人がいると言われる。
(いやな予感)

つまり、結婚したいということ。
相手は、何歳かと聞くと、22歳だとー

え〜ッと,
私が嫌そうな返答をしたとたん、不機嫌になった娘。

私は、自分が年下ダンナで、苦労したんで、
そうでなくても、男は、こどもみたいな輩が多いので、嫌悪感バリバリ

なんだか、去年秋ぐらいから、
娘が、やたら携帯気にしてるし、
なんか、フワフワしてる感あるし、
嫌な予感していたんだよなー…

まだ付き合って半年だって言うから、

あと1年付き合ってみてから、結婚決めた方がいいよって言ったんだけど、

来月にも、籍を入れるなんて、
言い張るんで、

え、まさか

まさか

まさか

妊娠してるって〜〜



はぁ?


てなわけで、

今やすでに妊娠6ヶ月ですよ


予定日は8月上旬・・・・・・






読んでいただきありがとうございます!
応援おねがいします!





明けましておめでとうございます

昨年は、あまり更新できずに申し訳ございませんでした。

地道に読んでくださる読者様に深く感謝申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い致します.。゚+.(・∀・)゚+.゚


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

さて、昨年同様、1月2日は、娘が仕事のため、子守を頼まれた。

で・・・・新たな発見があったのですが・・・


子どもって、ホコリと、とっても親密な生活を日々しているんだなってこと

現在、孫(昨年12月で2歳になった)は、

電車、車のおもちゃが大好きで、室内では

常に、何時間でも、プラレールで遊んでいる。

そして、レールから脱線して、

部屋の引き戸のレールや、

じゅうたんをめくり上げて、そこに車をもぐりこませて走らせてみたり、

とにかく部屋の隅っこのホコリが溜まりやすいところに行って遊んでいる。



何でかなぁ・・・・と考えてみるんだけど、

たぶん、狭いところってなんか安心するんじゃなかろうか?

お母さんの子宮の中で暮らしていた時のような感覚?

そういえば、私も、幼い頃、

ベビー箪笥と洋服箪笥とミシン(昔のミシンはデカかった!)の間の隙間で

大好きなリカちゃん人形と一緒に、自分の世界に入り込んで長い時間遊んでいたもんな~(*´∇`*)

ホコリがどうのこうのなんて、全く気にしていなかった自由な意識のあの頃・・・・

孫は、なんかいろいろグチュグチュ言葉を発しながら、
自分なりの世界を作り上げて遊んでいる。



2歳になってから、急激にいろいろな言葉を発するようになってきて

だんだん対話が可能になってきた!

午後にいつもママと行っている公園に連れていったんだけど、

泥遊びして真っ黒な手になっちゃって、

「あ~ぁ、おてて洗わなくちゃだ~」って私が言ったら、

急にトコトコ走り出してどこに行くのかと思ったら、

なんと、そこには、水道があった!

「へ~!あ~ちゃん、おてて洗うところ知ってるんだ!」
と、びっくり!

そして蛇口をひねろうとしていて、慌てて袖をめくってあげて、

ぱしゃぱしゃごしごしよく洗えました。

保育園でも、やっているから慣れているんだろうか?


そのあと、またすぐに泥に触って汚して喜んでいたよ!

走リ出したと思えば、急にしゃがみこんで、

葉っぱを拾ったり、

木の枝拾ったり、

この間は君はミツバチの亡き骸をつまんでもってきたよね



子どもはクルクルと変化して、つむじ風みたいだよね~(゚Д゚≡゚д゚)




夕方5時過ぎにやっとママが帰ってきた。

とたんにパイパイせがんで、甘えん坊の赤ちゃんに戻ったあ~ちゃん。

ばぁちゃんにとっても楽しい、そしてハードな1日でありました

その後、孫は、風呂に入って、即効、爆睡だったそうです。




おやすみ~  あ~ちゃん





読んでいただきありがとうございます!
応援クリックおねがいします!












↑このページのトップヘ