2005年05月14日

北九州三大美味麺ポタ

「芭蕉庵までかる〜くポタしない?」
メールでてん子からのポタのお誘いがあった。芭蕉庵の蕎麦はそりゃあ魅力だが、北九州の八幡にあるあの店、ウチからは軽く50kmはあるんだが・・・

最近のキミ、ちょっとモノサシがおかしくなっていないかね。

この前の「黒門〜マルケン」巡りでは、てん子も80km完走していたことだし、彼女の家から芭蕉庵は25km程度、往復50kmでも楽勝だろう。それならついでに小倉まで足を延ばして「津田屋官兵衛」に行き、復路は輪行で帰ろうか?ということで話がまとまった。



午前9時、家を出る。和白あたりまでの3号線は車の運転が荒く、路肩も荒れていて苦手だ。10時に福間駅でてん子と合流。水分補給して10時20分にスタートする。
何回か走って北九州への道もだいぶ慣れた。日射しも風もさほど強くなく、いいポタ日和だ。快調に走ってあれれという間に城山峠もクリア、なんか今日はラクだなあ。

岡垣に入り、山田峠を越え、今古賀という地名をみたとたん、ポンっと黒門のラーメン画像がアタマに浮かんだ。時計を見ると11時ちょい過ぎ。これは啜っていくしかないでしょう。
ちょっと塩の効いたスープが汗をかいたカラダにぎゅ〜んと浸みていく。相変わらず、んまいです、クモさん。ずるずるとスープまで完食。
黒門5/14







次は「芭蕉庵」ね、と遠賀川を渡る。
若松方面と小倉方面に国道が分岐するところで、それまで走っていた左端から2車線越えて、右車線に入っていくのは相当おっかない、どう走るのが正解なんだろ?
やや向かい風の中、ゆるいアップダウンを幾つか越えてあっさり「芭蕉庵」着。黒門から45分だった。
ちょうど昼食どきとあって店内は満席。家族連れや若いカップル、自転車漕いできた人(笑)と、客層もさまざま。漫画や週刊誌を読みながら思い思いに蕎麦やうどんを啜っている。目の前の現場服の人はカレーうどんの大振りの具を、お茶碗のご飯にのっけてわしわしとかきこんでいる。うーん、しょっちゅう来られないから蕎麦しか食べたことがないけど、ここのは丼やうどんもとても美味しそうだ。ぜいたくだよ、おじちゃん。

てん子は金・土限定の手挽き粗挽き。ワタシは他の人のところに運ばれてきていたのに目が釘付けになった「鳥汁せいろ」を頼む。
温かい辛汁に深ネギのぶつ切りと鶏の薄切りがたっぷり煮込まれて、粉山椒、柚子、ねぎ、山葵が薬味に添えられてくる。細くしゃっきりした淡いみどりの蕎麦を、さっとくぐらせてしゅるしゅると啜る・・・ん〜、冷たい蕎麦に温かいつけ汁ってのもいいもんです。つけ汁はとろとろのそば湯で割って柚子を浮かべ、最後まで美味しく頂きました。

1時過ぎ、店内もずいぶん空いてきた。ゆっくり飲むならこの時間かもねえ、などとてん子と話しながら店を出て振り向くと「本日は終わりました」の看板が。
えーっ?営業時間は3時まででは?あやうく門前払いされるとこだった。
芭蕉庵、やはり行くなら早めがいいみたい。
芭蕉庵鳥汁せいろ芭蕉庵外観








皿倉山を後に、次は足立山を目指して小倉へ走る。
以前、紫川ICの近くに3年ほど住んでいたので、ウルトラ方向音痴のワタシでも、このあたりはちょっと土地鑑がある。
美術館のある鞘ヶ谷の丘を南に巻いていく道をとり、南小倉駅から片野、城野を経て小倉南区の「津田屋官兵衛」へ。午後2時20分無事到着。芭蕉庵からちょうど1時間。

前回は「素朴」麺だったので、今回はデフォルト麺で。
またもやさんざん悩んで「おろしぶっかけ」。ちょうど釜前のカウンターに席が空き、ごまひげさんともお話することができた。きょう3麺目だとてん子が言うと、「えぬさん並だね〜」と感心される。いえいえとてもかないませんって。

とはいえ、きょうは時速1麺。なかなか健闘しております。

きっちり締められた細身でつやつやのうどんは、以前の印象よりさらになまめかしさが増した気がする。口中粘膜刺激系悶絶艶麗うどん・・・食感にめろめろ、そして満腹でよろよろ。それにしても野菜天なども実に旨そうだった、次はあれとビールかな〜。(→もうかいっ!?)
津田屋官兵衛おろしぶっかけ津田屋官兵衛外観








モノレールの三萩野駅からすぐのところに、黄金町商店街というところがある。
そこの中にものすごく小さいクロワッサン(親指の先くらい)を作っているパン屋があって、小倉に住んでいるころはしょっしゅう買いに行っていた。ごく普通の町のパン屋で店の名前も覚えていないが、ここの「ちびクロワッサン」に似たものは他で見たことがない。ものすごく引きが強い生地で噛みしめると香ばしい生地とバターの香りがじわじわと出てくる。ディニッシュ系があまり好きではないワタシだが、ここのクロワッサンだけは大好きだった。
かれこれ7年以上前のことだし、自転車で走っていると知った店もずいぶん無くなっていたのでおそるおそる訪ねてみると・・・ヨカッタ!あった〜。
店の雰囲気もぜーんぜん変わっていない。グラム売りのプレーンを200グラムとチョコ入り(これも美味しい)を100グラム買って、いそいそとフロントバッグに詰め込む。(固くて崩れないのでポタのお土産向きです)
お近くにお寄りのさいはお試し下さい。

●「ベーカリー サンセ おかむら」
北九州市小倉北区黄金1丁目3-25 093-951-6602
サンセちびクロワッサンサンセ外観







さて、だんだん日も傾いてきた。あとはビールでも飲みながら電車で帰るかのう・・・とてん子を窺うと(まだ走れる!)オーラがめらめらと出ている。ひえぇ、まだ行く気だよ。よせばいいのに「走れるとこまで帰ってみる?」と聞いてしまった。

「おうっ!」(あちゃ〜(>_<))

幸い、復路は若干の追い風になる。かなり快調に飛ばし、八幡、黒崎、折尾、水巻も過ぎ、遠賀川を越える。この調子だと福間までは自走で帰れそう。てん子にとっては初めての100kmオーバーのポタになる。
かつては苦しんだ城山峠も、三瀬峠や板屋峠に比べたらおこちゃまである(なんつて)。アウターのみで登り切り、下ったところのポプラでてん子を待つ。ここまでくればあとはほぼ平地。無事に福間着。ちょうど駅の手前でてん子の走行距離は100kmを超えた。
それにしても自転車買ったばっかりなのに、彼女はホントに長距離をよく走る。いっそロードにしたほうが良かったんじゃない?

すでに6時を回ろうとしていた。日暮れてからではあの香椎から先の3号線を走るのは怖すぎる、スクーターに煽られ、バスを追い越し、排ガスまみれになりながら、日暮れ前の7時になんとか自宅着。ちょうど家の手前で走行距離が150kmを超えた。

帰宅してみると、つれあいも三瀬峠〜雷山林道を走って、ビールを買って帰ってきたところだった。シャワーを浴びて土埃と排ガスでざらざらの顔を洗い、ビールを飲みながら晩ご飯の支度。しっかり3麺食べたのに、長距離走ってすっかり腹ぺこ。冷凍庫をごそごそやって、きょうも「ありもん」飯。
海老と野生のみつばのクミン炒め、和牛カルビのひらたけ炒め、甘夏とツナのサラダ、パセリ入りオムレツなどで、震災ワインのちょっとよか白をぐびぐび。

●本日のポタ
 走行距離:150.11km
 走行時間:6時間46分
 平均速度:22.1km/h
 最高速度:45.6km/h



三つ葉と海老のクミン炒めパセリオムレツカルビ炒め甘夏サラダ

satoyan_yumyum at 18:24│Comments(7)TrackBack(1) 自転車'05 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 奥多摩うどんポタ〓その1〓  [ 長いものには巻かれろ! ]   2005年05月22日 17:20
土曜日に福岡の麺族女傑二人組、satoyanとてん子は芭蕉庵&津田屋官兵衛と三桁のポタに出かけた模様。こんな事を耳にすれば、俄然麺好きの虫が騒ぎ始めるのは必然。空を眺めれば曇っているものの、結構晴れ間がある。前回は秩父に行ったけど今日は奥多摩に行ってみるか! 先

この記事へのコメント

1. Posted by への   2005年05月16日 07:48
ブログ開設、オメデトウございます。

で、150キロ!?恐ろしや…。
2. Posted by えぬ(N)   2005年05月16日 08:21
新ブログ開設 おめでとうございます。
画像も増え楽しみ・楽しみ♪

あのぉ〜 私は連食はしても150キロも走れませんヨ^^


コノ親三麺巡り非常にうらやましいです。
芭蕉庵・・・私も行きたいなぁ・・・
3. Posted by satoyan   2005年05月16日 09:00
「暴走王」へのさんについていけるように、てん子ともども自主トレ積んでおりましたのよ。しかし最近は彼女のパワーに煽られ気味。次はまた、ご一緒させて下さいね〜。

えぬさん、芭蕉庵、今は福井丸岡のそば粉でした。てん子の粗挽きを摘ませてもらったんですが、甘いナッティーな香りがぐわんぐわんと口の中で爆発するようでしたよ。
日曜祝日休みなのは本当にツライですよね。
4. Posted by てん子   2005年05月16日 12:47
開設おめでと〜♪なんだか爽やかですなぁ〜♪

私のドリコムは又ブログの一部機能の停止で画像がUPできません。
私も引っ越したいよぉぉ〜。 

それと、、先日はお疲れ様でした。
結局最後まで走る事になっちまって・・。r(^_^.)

沖縄の件だけど、もうちょっと待ってね。はっきりした休暇日が決まり次第、連絡致します!! 


5. Posted by なべカズ@日野   2005年05月17日 01:21
(p^-^)pブログ解説おめでとう!!!

Satoyan達の麺ポタの翌日、奥多摩で思いっきり雹に打たれ、しかもビショ濡れになり〆の蕎麦を啜れぬままペダルを踏み続けていた麺馬鹿がおったそうな。
前回に引き続き、今回もつらい復路。ここんとこ、ついてねぇ〜(T-T)
6. Posted by くま   2005年05月17日 17:36
こんにちは、今朝自転車通勤でしたので、早速サンセに寄ってみました。実は通勤で毎回お店の前を通っているのです。 6時半頃着きました。開店はしてたのですがクロワッサンはまだ焼けてないとのこと、残念。また寄ってみます。 黄金町あたりの裏道は楽しいですよね、なんか雰囲気いいし。 チャリンコを押してせまーい路地なんかを通ったりもします(笑)
7. Posted by satoyan   2005年05月17日 23:20
くまさん、こんにちは。ワタシ当時から裏道フェチで、暇さえあればあっちこっちの細い道に彷徨いこんでいました。あんこ屋さんの六法焼きなんてのもよく買い食いしてました。黄金町商店街の韓国食材の店のキムチはちょっと高いけど美味しいですよ〜。
さすがにフロントバッグに詰めて帰る勇気は無かったけど。
北九州は古い街並みの中にとても魅力的な店が点在していますね。いつかポタでゆっくり見てまわりたいと思っています。その時はぜひお付き合い下さいませね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔