2006年11月18日

ぐるっと佐賀の日

Nさんてん子ときょうは唐津経由で佐賀方面、そして久留米へ。

きょうはNさんの車にお世話になったのだが、ここのとこ唐津はほとんど自転車で来てばっかりなので、ドライブというのもちょっと新鮮・・・(^^ゞ

てん子念願の一竜軒でまずは昼麺。
偶然北九州のモルトさんと同席になって、麺啜りながら「はじめまして〜」とかご挨拶。麺の世間は狭いですなぁ。
遠くからもわざわざ足を運ぶ人が多い人気店だけあって、朝抜きのぺこぺこのお腹にぎゅんとしみ入る美味でございました。

一竜軒

あいにくの雨模様の天気だが、ちょうど「九年庵」の一般公開の時期にあたっていたので
訪ねてみようということになった。

年間9日間だけの公開時期には、ものすごい数の人が訪れるそうで、整理券が発行されがあと1時間以上待つのはざら?というオソロシイ噂を聞いたことがある。

たぶん「行列人混み」大嫌いなワタシは一生足を向けることはないだろうと思っていたのだが、この日は冷たい雨がびしゃびしゃと降っていたせいか、聞いていたほどの混雑もなくスムーズにお庭を拝見することが出来た。

紅葉はもうひといきといった感じ。こんな雨の日でも、傘をさした人の列が立ち止まることも叶わないほどずらずら続くさまはちょっと見ものだった。

緑の苔と紅葉と池と、数寄屋造り建物がおりなすしっとり美しいお庭の景色と、人酔いするような混雑とのミスマッチばかりが印象に残っている。文人ならぬ野人なワタクシ、深山に分け入り自然の紅葉を眺めるほうがやはり性にあっているようで・・

九年庵のすぐそばには仁比山神社

仁比山神社

夕方、懐かし系うどんの「久留米荘」へ。
昆布も鰹もぎんぎんの、泡立つド迫力のすめと細めでやわやわとした「飲める」うどんが、時雨で冷えた体にじんわりとしみていく。

久留米荘

雨にも負けず、きょうもあれこれ盛りだくさんの休日でした。
Nさん、てん子、どうもアリガトウ!


satoyan_yumyum at 01:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔