2016年04月22日

食器棚の開き扉に、耐震ロックをつけました。

2005年の福岡西方沖地震(震度6弱)を経験して以来、背の高い家具には転倒防止の対策をするようになったんですが、食器棚の扉はしょっちゅう開け閉めするものだから、気にはなりつつ何の対策もしていませんでした。

先日の地震で「緊急地震速報」が鳴り出すと同時に、食器棚の扉を押さえに走ったのは、木っ端みじんになったグラスや皿の片付けが大変だった11年前のことがいまだにトラウマになっていたからでしょうか?(^_^;)

今回の地震は、一週間以上経った今でも、まだ予震が続いています。
ゆらっとするたびに、食器棚の扉を押さえに走るわけにもいかないので、いまさらですが耐震ロックをつけることにしました。
つれあいがいろいろ調べてくれて取り寄せたのは、大きな揺れがあった時だけ作動するタイプのコレ↓


穴開け位置を決めるためのガイドの紙が付属しています。
IMG_0732

はじめはガイドの使い方がよくわからなくて、一個目は取り付け位置がずれちゃってやりなおしましたが、作業そのものは簡単でした。
IMG_0734

ふだんは、取り付けていることを忘れるぐらいなんの引っかかりもなくスルスル開閉できます。
ホントに作動するんかいな?と、取り付け前に試しに振ってみたら、ばっちりツメがロックされたのできっと大丈夫でしょう。
IMG_0737

振動を感知したセンサーが瞬時にラッチをロックして、振動がやむと解除操作なしにロックが外れる仕組みなんですって。(ヨクワカラナイけど特許だそうです)

product1_1_img4


ねじ止め部が木製であること、など、取り付けられる扉の条件がいくつかあって、今回も天板との段差を木の板で埋めたり、穴開位置の調整などでちょっと苦労しましたが、あまり目立たず普段の使用に不自由がない点がいいと思います。通販で1500円前後で手に入ります。

satoyan_yumyum at 14:23│Comments(0)TrackBack(0) モノ語り | あれこれ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔