山歩き’16

2016年05月15日

水無鍾乳洞コースで井原山(2016年5月14日)

もうずいぶん昔のことになっちゃったけど、外遊びの仲間うちで「ちびキャン」という子供キャンプを折々の季節でやってました。

「イクメン」なんて言葉もまだない頃でしたがふだん馬鹿やってるオジサンたちが、保育園児から小学校低学年ぐらいまでの我が子を引き連れて、山に登ったり川で遊んだり・・・まあ子供たちが寝たあとはいつものグダグダな宴会モードになっちゃうんですけど、大人も子供も全力で遊んだ楽しいイベントでした。

あの頃は、まだまだエスコートが必要な危なっかしい足取りで山に登っていた子供たちも、いつの間にやら大学生になったり就職して巣立っていったりで、時の経つのは早いなあ・・・

・・・・などと感慨にふける間もあらばこそ。

まわるまわるよ時代はまわる。
当時はまだ独身だった若手のメンバーの子供たちが「山デビュー」出来る年齢になってきた(うゎ〜)ってことで「ちびキャン」も次の世代へ突入いたしました。(そのうち孫キャンとかもあったりして ^_^; )

今回は、水無鍾乳洞の登山口から、井原山を目指します。
渓流にそって登っていく気持ちのいいコース。子供たちは徒渉にも助け合いつつ果敢にチャレンジ!頼もしい(^^)
IMG_0840

したたる新緑、鳥のさえずりが降り注ぐ気持ちのいい登山道。
IMG_0845

オオキツネノカミソリの群落地では、ちょうど葉っぱが枯れて土に帰ろうとしていました。ヒガンバナと一緒で、花と葉の出る時期が違うんですね。
IMG_0846

渓流を離れると最後はしばらく急登が続きます。大人でもアゴが出るような難所をさくさくと登っていく子供たち。素晴らしい!
IMG_0850

そんなこんなで全員無事登頂!
IMG_0853

下山時の、午後の光もまた美しい。
IMG_0863

IMG_0869

光の加減かな?清水の湧く「フクロウ岩」がはじめてフクロウに見えました(^_^;)
IMG_0865

下山後は伊都の湯どころで汗を流して「瑞梅寺山の家」へ。
トイレや炊事棟、宿泊施設がしっかりしていてキャンプ用品をがっつり用意していかなくてもいいので誰でも気軽に利用できるのはありがたい。たき火が出来るエリアがあるっていうのも直火好きにはたまりません(^_^)

買い出し隊が調達してくれた糸島の食材を、炭火でいろいろ焼いてビール飲むだけでも幸せでしたが、ひとつだけ今回仕込んでいったのが「瓦そば」。以前ぼうがつるでやってウケたので(^_^)
本場の山口ではホットプレートなどで家庭でもよく作られてるポピュラーな麺料理だそうですが、関門海峡をはさんだここ福岡でも、蒸し麺とつゆがセットになったものがスーパーなどでわりと普通に売られています。


トッピングや薬味を仕込んでいけば、現地では麺を香ばしく焼きつけるだけなので手順は簡単。

甘辛に味付けした肉と錦糸卵は、おのおのジッパー付き冷凍袋でぺちゃんこに空気を抜いて冷凍しておいて冷蔵の麺と抱き合わせで保冷バッグにいれておくと半日は保ちます。
IMG_0873

レモンや小ネギ、大根おろし、紅葉おろし(市販のチューブが手軽です)刻み海苔などを添えるとなおよろし。

麺キャン・ちびキャンのまかないでは長年活躍してくれたベコボコのデカ鍋やフライパン、ぼうがつるを何シーズンとなく往復して、すでに寿命は全うしたかなぁ?なんて思ってましたが、この際穴があくまで使い倒すのもいいかもね。

ワタクシはもうたいがい飽きたので、デカ鍋継いでくれる給食係、ただいま絶賛募集中(^_^;)


satoyan_yumyum at 12:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年03月20日

低山侮るべからず・・・糸島立石山

ここんとこしばらく山歩きから遠ざかっていたので、(登り方、忘れてないかいな?)と先日(3月20日)つれあいとリハビリモードで近くの山に登ってみました。
糸島の芥屋海水浴場に登山口がある、立石山(標高206m)です。

登山口の目印は廃墟になったホテル・・・・美しいビーチが目の前なのにもったいないなあ。
IMG_0557

廃墟ホテルの裏手から登り始めます。
IMG_0532

たかだか標高200mそこそこ・・・と侮るなかれ、海抜0からのスタートなのでいきなり急登、でもどんどん高度も稼げるので非常に楽しい。道も整備されていて迷うような場所もありません。
IMG_0536

こんなところに背振山系でよく見かけるシダが・・・植生はつながってるのかな?
IMG_0541

登っている最中の眺望も抜群、展望のよい所では糸島360度が一望です。
花崗岩が露出した登山道には、低山とは思えない雰囲気があります。
IMG_0544

山頂は樹木に遮られて見晴らしはよくないものの、稜線を進むと眺めのいいピークがいくつかあってお弁当食べたりするのにはちょうど良さそう。

この日は三脚に長尺レンズのカメラ集団がピークに陣取っていて、なにごと?と思っていたら、この時期はハイタカの渡りのシーズンでそれを狙ってのことだったらしい。通りかかってお話聞いていた時にちょうど一羽現れたらしく「バシャバシャバシャバシャ!」って皆が一斉にカメラに飛びついてシャッター切ってらしたのが印象的でした。

↓もっと遠かったけどこんな感じ。
「ハイタカ」(日本野鳥の会のサイトより)
肉眼では(ちょっと白っぽいかな?)ぐらいで鳶とあまり見分けつかなかったけど、私ハイタカ見たのは初めてかもしれない。ル・グィン「ゲド戦記」でゲドの通り名が「ハイタカ」でしたが、福岡にも渡ってきてるんだなぁ・・・知らなかった。

さて下山。
来た道を戻るコースもありですが、急登すなわち急坂下り・・・リハビリ登山でコケては元も子もない(^_^;)
周回コースだと、遠回りではあるものの、舗装道をのんびり下れそうなので今回はそちらのコースを取りました。
道ばたにモミジイチゴが花盛り。木いちごの中でも風味がよくて一番好きなこの種類は、下を向いて咲く花が目印。こんど摘みに来ようかなぁ。
IMG_0549

つくしもたくさん。
IMG_0551

てんとうむし。
IMG_0552

れんげも咲いてました。
IMG_0556

朝ゆっくり出かけてもさっくり登れて、帰りに糸島エリアでお風呂入ったりご飯食べたり産直市に立ち寄ったりもできる・・・「立石山」侮るべからず。
ぼちぼち山道具のホコリを払って、また近場から出かけてみようかな。

satoyan_yumyum at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)