Computerlove芝原龍弥

恋の営みと訪れるコト。リプロダクションとそのフラグメンツ。ゴシック・ダブ・ロマンスをドローンとジャズる、いわゆるジャスト・アナザー・コンプリート・ミステイク。

2009年11月

FAUST 4

フリーク・アウトの金字塔。

“イッツ・ア・ビット・オブ・ペイン”をかける。


Karen Dalton

“ダウン・オン・ザ・ストリート”に続く。

FRED NEIL BLEECKER & MACDOUGAL

“カントリー・ボーイ”で漂う。

太陽にほえろ

“衝撃のテーマ”をかける。

SOUL FOOD TAQUERIA TG

このアルバムはモワックスだからまだDJシャドゥとかの流れを引きずっている。

“オーガニズム”をかける。


Sticky Fingers The Rolling Stones

このアルバムにボクは愛を感じる。

いつか“ムーンライト・マイルズ”やろう。ちゃんとストリングス入れて。。。


MY BLOODY VALENTINE 「Tremolo」creation

“ムーン・ソング”の手前の、インタルードをかける。

Pink Moon

この音楽に好運のかみ合わせを聴く人は、少なくはない。

“ホーン”をかける。


I hear a new world

アウトローズの黒幕、ジョー・ミークのアルバム。

“グロブ・ウォーターフォール”とかおもしろいなと想いつつ、かけるのは“ラヴ・ダンス・オブ・サルーズ”。

アウトローズはインディアンになんかこだわりがあるみたいだから、たぶんサルーズってそんな部族なんだろうとか想いつつ。。。




『Jumpin'』BRITISH 60's Instrumentals

アウトローズの“スー族の谷”、ニューノウツの“キャシー”は最高なんだけど、おいといて、タイトルになったザ・ボーイズの“ジャンピン”をかける。
フェントーンズを筆頭に、いわゆるベンチャーズの“ウォーク・ドント・ラン”をちょっと違うところまで持っていったアーリー・シックスティーのティーンエイジャーの音楽だ。

まるでテクノのように有名じゃないインストゥルメンタルたちだ。

プロフィール

satyriot

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ