ギター1本抱えて、淡路島に出稼ぎというか、アルバイトに行った夏

があった。。。

夢は不思議なモノだ。その朝にはすっかり忘れていても、なんかの拍

子にふと想い出す。とってもはっきりと。

淡路島に住んでいる若者たちは、かなり早くに結婚する。

曾婆ちゃんや曾孫のいる家なんて珍しくない。

夢の中でボクはある家の曾お婆ちゃんとまったりしゃべったコトがあ

る。しかしながらその内容までは想い出せない。

きっとそういうところに遊びに行ければ正夢になるんだろう。