来る日も来る日も同じ時刻に、朝はAnimal Collective『Sung Tongs』の

“Visiting Friends”、夕はDonato Dozzy『K』の“Track1”と“Track5”をよく

かけた1年だった。

待望のSven WeisemannやDeepChordやSMMはほぼ期待通りのできばえだった。

downyは完成度の高さから言うと『無題 第三作品集』を超えるものではない。

が、滑走感があった。

これらのディスクを用意してくれたのは、bumgaranだ。もう長いつきあいだ。

彼に感謝して今年も暮れてゆく。来年はどうなることやら。

01.Sven Weisemann 『Inner Motions』
02.DeepChord 『20 Electrostatic Soundfields』
03.Various Artists 『SMM:Opiate』
04.Downy 『無題 第五作品集』
05.Tim Hecker 『Virgins』
06.Pan American 『Cloud Room,Glass Room』
07.Jeri-Jeri 『Ndagga Versions』
08.Nils Petter Molvaer & Moritz Von Oswald 『1_1』
09.Kaboom Karavan 『Hokus Fokus』
10.The Heliocentrics 『13 Degrees Of Reality』
11.Jeri-Jeri 『800% Ndagga』
12.Juan Atkins & Moritz Von Oswald 『Borderland』
13.Darkside 『Psychic』
14.Recondite 『Hinterland』
15.Boards of Canada 『Tomorrow's Harvest』