北海道

2008年01月04日

すすき野 safro(サフロ)3


【最寄駅等】地下鉄南北線 すすきの駅
【所要時間】徒歩5分程度
【営業形態】サウナ


■外観、受付など

 北海道随一の繁華街『ススキノ』のど真ん中にあります。駅からも歓楽街からも近く大変便利なロケーションだと思います。確か1階が洋服屋さんか何かの白いビルで、受付はビルに入った2階にあったと記憶しています。
 受付のイメージは横浜のスカイスパのような感じで、若い人受けを意識したオシャレな雰囲気を作り出しています。

 ここで受付をして店内に向かいます。


■浴場

 更衣室などがあるフロアから専用階段で1階下に降りると浴場だったと思います。

 ここの浴場はかなり凝った内装をしています。全体的に洞窟をイメージした作りをしていて、カラダを洗うためのエリアとお風呂のエリアとが別れています。これはビルの構造上の都合もあるかと思いますが、そのおかげでこの両方を行き来するのが結構面倒です。
 
 ただ、この洞窟風の内装が良いのか悪いのか、僕が訪れた日、浴場内に数名のお仲間さんがいました。一人目は先述の浴場に繋がる専用階段で一人で露出オナしていた若い人、もう一人はカラダを洗うエリアで遭遇したオジサマでした。
 カラダを洗う場所には一人分づつ仕切りがあるのですが、その仕切りのおかげで見事な死角になっていたので、ここでしばらく事に及ばれました。

 その他の、例えばお風呂のエリアなどについては、先述のカラダを洗うエリアで出会ったオジサマが付いてきた以外にはこれといった組み合わせというか、お仲間とおぼしき人を見掛ける事はありませんでした。


■仮眠室

 仮眠室は複数あります。

 が、いずれも室内が明るく、そもそもそれほど部屋が広くないせいで見渡しが大変よく、ここで何かをするのは、よほど度胸がある人で無いと無理だと思います。

 先述のお風呂のオジサマがここでやろうと言ってきたのですが、他のお客さんが入ってきたら一瞬で見つかるのが明白で、僕はそこまでする度胸は無いのでお断りしました。
 ここでは落ち着いて寝るだけだと思います。


■その他・総括

 翌朝にお風呂を浴びて店を出る仕度をしている時にもお仲間さんに遭遇しましたから、こっちの人もソコソコ集まるのだと思います。ただ、店内の構造からお風呂で軽くやる分には良いかもしれませんが、仮眠室でサワサワとか、死角でジックリネットリという風にはなりづらいような印象を受けました。

 軽くやるためか、もしくはカプセルに宿泊して次のステージに進むという使い方がここでのベターな遊び方なのかと思われます。

 

sauna_men at 20:18|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2007年12月18日

旭川 サウナ オスパー(オスパーコート宮前)2


【最寄駅等】JR函館本線 旭川駅
【所要時間】徒歩15分程度
【営業形態】サウナ


■外観、受付など

 旭川駅を出て右手へ進み、線路沿いに15分ほど歩いた所にある跨線橋の向こう側のマンションの1階2階部分がサウナオスパーです。一見しただけではただの銭湯のような外見です。歩いてくる途中には競馬の場外馬券売り場やビール園のようなものもありました。
 なお、旭川四条駅からのほうが近いという情報もあります。

 お店に入って自動券売機で券を買い求め、それを受付で渡し、タオルや室内着などを受け取ってお風呂に進みます。

 ここまでは本当にただの銭湯のようです。


■浴場

 浴場は、確か1階にあったと思います。

 狭い脱衣所に宿泊客のロッカーも用意されていますので、ここに荷物を収めてからお風呂に入ります。

 お風呂は少し薄暗い雰囲気で、浴槽が何種類かあります。数は忘れてしまいましたが、お店の外見や受付、それに脱衣所の小ささを目の当たりにしてきたせいか、お風呂だけは少し広い印象を受けました。実際には10人で一杯になるくらいですが。

 そして、多少の死角があります。

 事前の情報では地域の宿泊しないゲイの人がお風呂に集まるという情報を得ていたのですが、僕がこの目でそういった場面を見ることはありませんでした。それっぽい人もいたようないなかったような、なんとも言えない感じでした。

 頑張れば出会えるのかもしれませんね。


■仮眠室

 仮眠室は2階にあります。

 2階には食堂や休憩室があり、お風呂とは一転して全体的に明るい印象です。

 そして仮眠室もまた非常に明るく、監視カメラも室内全域をバッチリとらえています。それに、個々のパイプベッドが離れて配置されており、仮に近づいてお触りを試みるにしても不自然極まりないです。

 あまりの明るさと監視の厳重さと離れて配置されたベッドで三重苦といった感じです。ここで事を起こすのはまず無理ではないかと思います。


■その他・総括

 宿泊してどうこうするよりは、地域の方々がお風呂で軽く遊ぶのがここでのスタイルという感じでしょうか。とても遊べそうに無い2階エリアを見ると、そうだとしか考えられません。

 ネットで呼びかけるとか、ほんの少しの望みを持って軽く遊んで後は寝るとか、ここではせいぜいそのあたりが精一杯だと思います。




sauna_men at 01:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年11月23日

【日帰り】すすきの ホテルライン(のサウナ)5


【最寄駅等】地下鉄南北線 すすきの駅
【所要時間】徒歩10分程度
【営業形態】ビジネスホテル(に併設されている日帰りサウナ)


■外観、受付など

 札幌のゲイの方で知らない人がいない位有名な当施設です。このブログのコメント欄にも以前、ここの情報が寄せられた事もありましたし、自分自身が札幌に行く機会が滅多に無いのもありますので、試しに行ってみました。

 場所はすすきのの歓楽街を中島公園方面に突き抜けた場所にあります。サフロ(後日掲載予定)という宿泊可能なサウナ施設のすぐ近くでもあります。

 パッと見、見栄えのしない営業しているのかどうかでさえ伝わりづらい雰囲気の『ホテル ライン』の出入り口の脇に、サウナ客専用の受付があります。そこには従業員は常駐していませんが、客が受付に行けばものの数秒でホテルのフロントから従業員がやってきて、非常に面倒くさそうに受け付けてくれます。

 ここで1.950円位の料金を払って、すぐそばの螺旋階段を下へ行くと、目的地に到達するという寸法です。


 ここに来る客がどういう人たちなのか従業員もよく理解しているのだと思いますが、それにしても無愛想過ぎる対応だと思いました。


■浴場

 螺旋階段を降り、すぐ目の前のドアを開けて中に入ると、もうそこは、かなり狭い更衣室兼休憩所です。

 客用荷物ロッカーの数は20人分くらいでしょうか、キャパシティがかなり限られています。そして、休憩所のリクライニングチェアと客用荷物ロッカーとの幅がかなり狭いので、そこでくつろぐ休憩客に気を遣いながらの脱衣となります。

 そして、その更衣室兼休憩所に直結された浴室に入ります。

 浴室は、狭いの一言です。

 ドアから見て左側の狭いエリアにシャワー7〜8人分が無理やり設置され、水風呂、一番広い常温風呂、そして一人入るのが精一杯の大きさの温かいお風呂があります。普通は暖かいお風呂が一番広いものですが、ここでは刺身のツマみたいな扱いです。

 そして、ドアからみた右手の一番奥に、3〜4人が精一杯のサウナがあります。

 
 浴室内におけるお遊びスポットは、プレイする人にもよるでしょうが、恥ずかしがらなければほぼ全域です。僕は見られながらするのが好きな方ですから、まずは常温風呂のお湯の中で一人のおじさんにお触りされて、やがておじさんの膝の上に座らされて、一旦お湯から出て、浴槽のへりに腰掛けたおじさんにお尻を掘ってもらいました。
 周囲に痛いほどの目線が逆に気分を高めますが、見られるのが好きではない人からすればこの浴室内には殆ど死角らしい死角がありませんから、したがってお遊びスポットが無い、という事になるかと思います。

 人を選ぶ場所なのは間違いありません。


■休憩所

 普通の銭湯にあるような休憩所よりも狭い、6〜7人分くらいのリクライニングチェアがある先述の更衣室兼休憩所です。

 ここには従業員が一切居ない(時折タオルの入れ替えにくるだけ)ので、リクライニングチェアに座っているお隣さんに手を出す人の姿も見受けられます。ここも浴室同様に死角らしい死角が無いので、周りに見られるのをよしとする気概がないと遊べません。

 僕はここで、先ほどのおじさまとは別のガッチリとした体型のおじさまにお触りされ、休憩所の端に一箇所あるトイレに連れていかれ、そこで立ちバックで掘ってもらえました。大きくて硬い、とても立派なモノをお持ちのおじさまで、かなり気持ちがよく終わったあとも余韻を楽しみたかったのですが、なにぶんトイレがこの一箇所しかないものですから、結局いそいそとトイレから出るしかありませんでした。

 僕が訪れたのは昼間ですが、他のお客さんに休憩所内(トイレ除く)でアナルセックスまでしている人はさすがに見られず、口か手で遊ぶのが精一杯という感じでした。

 どこまでやれるか試してみたい気持ちもありましたが、それに付き合ってくれる人がいればこそ。ここでも見られるのが好きという人でなければ遊べませんね。



■その他・総括

 とにかく狭いですし、これで1.950円も取るなんてボッタクリではないかと思うんですが、それでも、ここまで気軽に遊べる場所もそうそう無いでしょうから、こうして有名スポットになるのだと思います。

 乱交!というほどでもありませんが、それに近いノリに嫌悪感が無い方で、中高年の方が好きな人であれば充分楽しめる場所だと思います。




sauna_men at 23:13|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2007年11月20日

旭川 富士サウナ1


【最寄駅等】JR函館本線 旭川駅
【所要時間】徒歩10分程度
【営業形態】男性専用サウナ


■外観、受付など

 旭川のピンク街『サンロク』のはずれにあります。界隈を歩いていて、たまたま声を掛けてきたポン引きのおじさんに場所を聞いてやってきました。もちろんただ泊まれるサウナとだけ聞いたので、こちらの人がいるかどうかもわかりませんが、お店にたどり着いてみて、雰囲気を感じました。

 ボロくて、かつ『男性専用』というだけですけども。

 で、肝心の「富士サウナ」ですが、入り口の階段を一つ下に下りた所に受付があります。

 受付をしながら店内を見渡してみると、新潟サウナと雰囲気が似ていると第一印象で感じました。一般客を寄せ付けない程度のボロさと、家族経営のような雰囲気。

 そんな事を考えながら受付を済ませると、奥にあるロッカーで脱ぎ脱ぎしてお風呂です。


 ちなみに、受付で手渡されるロッカーのカギにはリストバンドがついておらず、本当にカギそのものを手渡されるので管理に注意をはらう必要があります。



■浴場

 受付と同じフロアの一番奥に浴場があります。

 小規模サウナにありがちな、7〜8人が精一杯のキャパのサイズです。湯船の脇の壁面には昭和の銭湯風情を醸し出す富士山の絵柄があります。これが店名の由来でしょうか。残念ながら夜の浴場には僕以外の客が居なかったので、できるできないの見極めはできませんでした

 湯船は普通の湯温、ぬるい湯温、水風呂の3種類です。ぬるいお風呂があるあたりが札幌のラインサウナ(後述)のようでもあります。浴場の雰囲気は似ています。。

 サウナがやや広めで、浴場からサウナの中が見えないような構造になっています。


 なぜだかわかりませんが、浴場内に灯油の匂いが充満していて気分が悪くなりますね。これは夜も朝も変わりありませんでした。


 翌朝は入浴する客が僕のほかに2名いまして、普通の湯船でかちあったので何が起きるかと期待しましたが、特に何もありませんでした。なんとも言えませんね。



■仮眠室

 仮眠室は受付目の前の階段をひとつ上にあがった階にあります。

 ベッドがロフト風に2段になっていて、それが手前と奥に2列あります。1段6〜7人で、それが都合4セット(手前と奥のベッドが2段づつ)ですから大して広くはないものの、適度に暗いですし、お隣さんとの仕切りもあってないようなものです。

 この通り非常に期待の出来る作りをしているのでゾクゾクしながらその時を待ちわびてみたのですが、僕が初めての仮眠客で、後から入ってきた人も1人だけ。僕は下の段の一番奥で、その彼は上の段へ。

 結局何も起きないまま朝を迎えました。

 仮眠室の構造は極めて期待できると思うんですが、肝心のお客さんが来ない事にはどうにもなりませんね。


■その他・総括

 旭川の街の賑わい方からして、どこかに一箇所くらいこっちの人が集まるサウナがあってもいいと思うんですが、この富士サウナについて言えば、それ以前に客が少ないので、そこに集まる所から始めないとなりません。

 仮眠室の見回りも無かったと記憶していますし、いいお店だとは思うんですがね。


 とにかく僕が行った時は何も起きませんでした。






sauna_men at 02:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年08月04日

【閉店しました】函館 サウナメトス


 JR函館本線 函館

 
 まず最初に断っておきますと、ここを訪れたのは
今から1年以上前で、その後に改装があったと聞いて
います。
 なのであまり参考にならないかもしれません。

 
 この日も電車で函館を訪れた僕は、その晩の宿と
してサウナメトスを選びました。
 前回函館に来た際に利用した五稜郭の健康ランドは
期待薄だったのと、電柱の広告に何となく雰囲気を感
じ取ったからです。

 駅からは比較的近く、少し重い荷物を持っていたそ
の日の僕でも、駅からの距離に苦痛は感じませんでし
た。

 建物構造の記憶が曖昧なんですが、階段の途中にあ
る仮眠室と、一番上の階に、まるで体育館のような仮
眠室があったのは多分間違いないと思います。
 浴場がどこだったかは思い出せません。

 事が起きたのは、先に述べた階段途中の仮眠室で、
部屋の入り口からの視線を遮るついたてがあるおかげ
で割と安心して事に及べます。というか及ばれました。
 基本受身なので。

 こっちの人はそんなに多くなかったと思うんですが
一人ではありませんでしたし(僕のお相手が)、その
お相手さんの慣れた感じからして、それなりに期待で
きる場所ではないでしょうか。

 今はどうなったのかわかりませんが、状況次第では
また訪れてみたいですね。
 特に北海道の情報が少ないだけに。



 続きを読む

sauna_men at 21:14|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2004年12月31日

漢方励明薬湯函館健康センター


 JR函館本線 五稜郭駅

 駅から少々離れていて、かつ分かりにくい場所に
位置しています。送迎バスがあるので、クルマ以外の
方はそちらのご利用をオススメします。

 行ったのが今年の春なので記憶がおぼろげですが
施設そのものは平均的なサイズで、浴場もほどほどと
いった所でしょうか。
 なぜ記憶がおぼろげかと言うと、期待していた事が
起こらなかったからです。近辺に同様の施設が複数
あるので、割とサービスが行き渡っているこの施設は
避けられるのかな?という感想です。


 1回しか行った事が無いので何とも言えませんが
あまり期待出来そうにない、とだけ書いておきます。




sauna_men at 04:58|PermalinkComments(24)TrackBack(0)