image

今朝、出勤したら複数の人たちが病欠しておりました。

風邪だそうです。

会社に病欠を告げる電話が掛かって来る度に、

皆がワタクシをチラ見する。

をいをい。ワタクシのせいだと言いたいのかい?

そういえば今朝の通勤時、満員電車内で唐突に喉が痒くなり、

「ゴホゴホ」と野太く咳き込んだら、

前に立つ髪を銀色に染めた若者かガバッっと振り返りました。

そしてマスクをしているワタクシを見て、

「うむ」という感じに深く頷き姿勢を戻しておりました。

これは許されたってことですかな。

インディーズバンドのボーカルで喉を死守すべく気を遣っているのだと、

残り2駅間で彼のキャラクター設定をしておったワタクシです。

さて、改めて会社内を見てみると

風邪をひいている若者がちらほら居るようです。

訊くと

「大丈夫です。savaさんから移ったって分かってますから」

と皆に言われました。

いやいやいやいや。

ワタクシのは風邪じゃなくて寒暖差アレルギーかもしれないんだからね。

風邪薬で完治しないんだから、その可能性大だから。

現に、ワタクシの席に近い人達は罹患していないんだし。

「ねえ」

と席が最も近いK氏に同意を求めたら、最近耳が格段に悪くなった同氏が、

「うん、もう既に俺はインフルエンザの予防接種を申し込んだ」

と全く関係ないことを言うてました。

ついでに訊いたら、

既に会社の指定機関は予約で埋まりまくっているそうな。

エントリー解禁日からまだ一週間も経っていないのに

昨年の大騒ぎを体感した人はソッコー予約を入れたようですな。

「皆、予防接種のエントリーを早よせんと空きが殆ど無いらしいで」

と声を上げたら、

聞いていた若者たちは慌ててPCに向かっておりました。

そういえば先日知ったのですが、

卵アレルギーだとインフルエンザの予防接種ができないそうですね。

インフルエンザワクチンに卵蛋白が混入しているからだそうで、

ワクチンに対してもアレルギー反応を起こす可能性があるのだとか。

実はワタクシ、成人してからインフルエンザ予防接種を受けたことがありません。

子供の頃は予防接種を受けた後で高熱が出ていたので、

たぶん身体に合わないのだろうと考えています。

打たなくても罹患したことがないため、今までは平気でした。

今後も大丈夫だとは言えませんが、打ってすぐに寝込むよりは、

なってから対応する方がマシだという気もしているため、

今年も打たない予定。

既に9月には沖縄県ではインフルエンザの警報が出ていたそうですね。

そんでもって現在流行している感染症には、咽頭結膜熱もあるようです。

つまりは、アデノウイルス。

昨年末から今年にかけてワタクシが罹患したヤツです。

あれは本当にヤバいです。

つり革、ドアの取っ手、手すり、エレベーターのボタンなど、

不特定多数の人が触るものへの間接接触で感染します。

前回罹患してから、つり革などに触れないよう

二の足で踏ん張る通勤を続けておりますが、

エレベーターの階数ボタンは触れずには居られませんわ。

再びクレベリンを大量買いする「思い込み療法」を始めたいと思います。

ってか、(極々たまに)咳と鼻水は出るけど、熱は無いし喉も痛くない。

これって風邪じゃないと思うんだけどなぁ。



【にほんブログ村】