image

本日はバレンタインデー。

日頃の感謝をチョコレートで返礼する日です。

ワタクシも、日頃大変(胃袋が)お世話になっているO夫妻に、

チョコにプラスして缶詰を進呈することにしました。

去年はふりかけだったので、ちょっとバージョンアップしてます。

ワタクシは帆立貝柱(のみ)が大好きでして、

今までに様々な帆立貝柱の缶詰めを試して参りました。

その中で不動の一位に君臨しているのが、

スーパーの三浦屋が出しているプライベートブランドの「ほたて貝柱」。

1,000円越え価格ですが、失敗しない味なのです。

帆立貝柱が大粒だし、缶詰の中のスープも美味。

お粥の上にこれを乗せて、醤油と胡麻油orラー油を垂らすと、

もうウマウマ過ぎる中華風粥ができちゃうんです。

でもイチオシは卵焼き。

出汁の代わりに缶詰の中のスープを入れて卵焼きを作ると、

全部一気に食べちゃいたくなるウマウマ卵焼きの出来上がり。

面倒な時は、特に何かにプラスせずとも、そのまま食べても美味しいです。

本当は熱く語りたかったのですが、

3cm角の強粘着付箋にギッシリとメッセージを書いて、

O氏の机に置き座って帰ってきちゃいました。。

缶詰だから賞味期限は長いし、丁度良かったかもしれん。

それはさておき、本日、帰宅途中の電車内で、

チョコの紙袋を持った男子高校生を見ました。

彼女に貰ったのかなぁ? それとも告白?

などと、様々なシチュエーションを妄想しちゃいました。

青春ですなぁ。

そういえば「青春」という言葉にある、春がなぜ青いのか?

古代中国の陰陽五行説で「春」の色は「青」だと決まっているからだそうです。

夏は「朱」。秋は「白」。冬は「玄」ともされています。

って、なんだよ「玄」って、と思われるでしょうが、「玄」は黒のことです。

春 ⇒ 青 (分からん)
夏 ⇒ 赤 (まあ、分かる)
秋 ⇒ 白 (分からん)
冬 ⇒ 黒 (分からん)

まあ、端的に言えば、

ワタクシは古代中国の陰陽五行説がよく分からんってことです。

冬こそ「白」のイメージなんだけどなぁ。

さて、今年のバレンタインデーは金曜日ですが、

今年のホワイトデーは土曜日なんですよねー。

その時期限定の何か面白いお菓子が出ていたら、

自分で自分に買ってみようと思います。

自分に義理立てする女。

それがワタクシ。



【にほんブログ村】