sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

港区@壱景

港区白金台『VEGETABLE LIFE(ベジタブル ライフ)』は港区郷土歴史館等複合施設内にある休日穴場カフェ。

image

本日は白金台にある港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」を見学しておりました。

昨年11月にオープンした施設だそうで、先日カフェでパンフレットを見て知りました。

そこで本日の目的地に定めた次第です。

朝から三時間ほど建物内を見学し続けて疲れたため一階にあるカフェで一休みすることに。

施設のエントランスが二階にあるため、

カフェがある場所が一階なのに地下なんじゃないかと錯覚しそうでした。

ここは旧国立公衆衛生院だった時代に食堂だった場所です。

腰壁はタイル張りで高級感があります。

そう。ここは歴史的建造物内にあるカフェなのです。

image
タイルが貼られた腰壁は圧巻です。

image
月替わり、週替わりでメニューが用意されているようです。

image
明るくて開放的な空間。

image
マグは大きくて珈琲もたっぷり飲めます。

image
ここは八芳園が手がけているんですって。

image
来月のスープ(下)に興味を示す母。
しかし今月のスープは上なのです。


image
で、ピュアホワイトの冷製スープを飲んでみた。
300円(税別)です。
ピュアホワイトってトウモロコシだったんですね。
ぶつぶつ具合が若干苦手なワタクシはあまり手にしない食材です。


image
さりげにスプーンレストが付いている食器でした。
(へこみがあるってことね)


image
床も一部補修されています。

image
古い床は釘が木製です。
なんかトキメク。


image
「秦山(たいざん)タイル」ではないかと言われているそうです。
※昭和初期に京都にあった泰山製陶所が製造したものでファンが多い

空間が大変気に入りましたので、ぼーっとしたい時に再訪しようと思います。

珈琲も税別300円でした。

港区の施設なので平日は混みそうですが、日曜日の今日は空いていました。

歴史的建造物に接しながら、カフェタイムを過ごしたい時にオススメです。

image
[旧国立公衆衛生院]
現・港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」


image
【VEGETABLE LIFE(ベジタブル ライフ)】

東京都港区白金台4-6-2 ゆかしの杜1F
営業時間 9:00~17:00,[土] 9:00~17:00
定休日:第3木曜(祝日は開館、前水曜休)、年末年始、特別整理期間
※Suicaが使えます
http://www.vegetable-life.com/


【にほんブログ村】

港区白金台『港区立郷土歴史館等複合施設 ゆかしの杜(旧国立公衆衛生院)』は歴史的建造物好きには魅力的なスポットです。【弐】

image

【壱】のつづき。

旧講堂は見応えがあったので、別記事にしてみました。

image
[旧講堂]
電球がLEDに替えられているためかなり明るく感じます。


image
正面演壇左右のレリーフは、
大正・昭和期の彫刻家、新海竹蔵(明治30年~昭和43年)によるもの。
※新海竹太郎は叔父


image
「葦鷺」

image
「羊」

image
名前を探すのは容易です。

image
懐かしい上下の黒板。
いずれは絶滅するアイテムなんだろうなぁ。


image
黒板の上にある時計。
レリーフに統一感があります。


image
ふと見上げたら、この部分は天井板が填めこまれていませんでした。
わざとかな?


image
柱のレリーフ。

image
柱にある照明器具は、
灯すとダイヤモンドの影が映るようなっているそうです。
※上部壁部分に注目


image
電灯の装飾具は8つある電灯のうち2つが新規材に替えられています。
※葉っぱの意匠っぽい部分
新規材は当初材に比べて厚みが4mmも薄いのだとか。


image
天井の照明器具。

image
演壇から見た座席。
椅子のシートは貼り換えてありますが、
椅子は当時のままだそうです。
前後の幅が狭くてワタクシは座れないかも。


image
ヒーターがあるので冬はそれなりに耐えられそうですが、
夏は天井にファンしかなくて暑かったらしいです。


image
金属製の蓋で覆われた通気口。

image
通気口はこうなっているようです。

image
建設当初から設置されているノンスリップ。
素材は明らかになっていないものの、石油系素材が使われているとか。
劣化して取り替えられていても不思議ではない
戦前の貴重な資材が見られる部分です。


image
ドアのストッパーも当時のまま。

image
旧講堂のドアは一部のみ鍵が外側につけられているものがありました。
「(取り付け方を)間違えたのではないか」と施設の方が呟いてました。


image
[旧院長室]
家具は復元したものだそうです。
向かって右側奥にある手洗い器は当時のものだとか。
※この写真には写っていません


image
寄せ木細工の凝った床。

image
壁はベニヤ板張りです。当時は高級品だったそうです。
ヒーター前の柵の意匠はシンプル。


image
旧次長室のヒーターの柵は凝った造りとなっています。

image
旧院長室から見える張り出し部分。

image
建物がコの字になっているため、窓から別の部屋が見えます。

image
たぶん3階から見た敷地内の木々。

image
防水処理が施された跡が見られる建物正面のバルコニー部。

image
建物正面の植え込み部分。
昔は水が貯められていようです。


image
ニホントカゲの気配を察知。
ズームしている間に逃げられました。

戦前の建物がしっかりと残っているってことは、この辺りは空襲被害を免れたんですかね。
江戸時代は田畑も多かった場所ですし、家々が密集していない分、延焼被害も低く抑えられたのかもなぁ。
と思っていたら、旧白金台町は空襲の被害を受けなかったとありました。

ちなみに「白金」は「シロカネ」と読みます。
ウチの近所には「白銀」という地名がありますが、「シロガネ」と読みます。
ってことを語っている一文を発見しました。

作家今東光は、谷崎潤一郎と話していて、うっかり「芝のしろがね町の……」と発言したために、「芝はしろかね。白金と書いてしろかねと言うんだ」「牛込のはしろがね。白銀と書いてしろがねと発音するんだ。明治になってから、田舎っぺが東京へ来るようになって、地名の発音が次第に滅茶苦茶になってきたな」と怒鳴りつけられた。

昔、女性誌で持て囃された「シロガネーゼ」は、正しくは「シロカネーゼ」なんですよねぇ。

まあ、それはさておき、ここは必見の歴史的建造物だと思います。

オススメです。



image
【港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」】
旧国立公衆衛生院

東京都港区白金台4-6-2
(東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅下車 2番出口徒歩1分)
開館時間 9:00~17:00,[土] 9:00~20:00
休館日:第3木曜(祝日等の場合は開館、翌日休)、年末年始ほか
常設展観覧料:300円
https://www.minato-rekishi.com/


【にほんブログ村】

港区白金台『港区立郷土歴史館等複合施設 ゆかしの杜(旧国立公衆衛生院)』は歴史的建造物好きには魅力的なスポットです。【壱】

image

1938年(昭和13年)に竣工した旧国立公衆衛生院は、日本の公衆衛生の向上を目的とした調査研究機関で、元東京帝国大学総長で東京大学本郷キャンパスの安田講堂を代表作とする内田祥三(うちだ よしかず)の設計によるものです。

毎度、この「祥三」という名前を「しょうぞう」と読んでしまうワタクシ。今なお覚えられないため、「内田うにゃうにゃ」と語尾を濁し気味です。

建物および設備は、関東大震災後の災害地復興援助の一部としてアメリカ・ロックフェラー財団から日本政府へ寄贈されました。

鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階・地上6階という大規模な建物で、建物は文化財的価値から港区が2009年に建物と敷地を取得して耐震補強とバリアフリー化を実施。2018年4月にがん在宅緩和ケア支援センターや学童クラブなどを開設。その後11月に郷土歴史館がオープンしました。
入館は基本無料ですが、郷土歴史館の展示スペースは有料となっております。

今回は建物を観ることが目的だったため、無料スペースのみ見学させて貰いました。

image

image
[2階中央エントランス]

image
2階中央エントランスの吹き抜け部分。
周囲を漆喰塗りのモールディングで飾ってあります。
クッキーの型みたいだ。


image
[3階中央エントランス]

image
3階中央エントランスの天井は漆喰塗りになっています。

image
真新しく改修されているモールディングはモダンな意匠。

image
3階通路の床面はノンスリップタイル張りになっています。

image
部分ごとに異なる床の意匠。
※これは2階


image
土星のような照明器具。
照明器具もモダンで見応えがあります。


image
2階エントランスの照明器具。

image
3階エントランスの照明器具。

image
電球はLEDに変わっております。

image
[4階休憩室]
旧講義室


image
圧巻のノンスリップタイル張りの通路。

image
巾木がタイル張りになっているところも。
豪華です。


image
[6階中央エントランス]

image
6階はかつて寮として使われていたため、
階段を上り切った場所には扉が付いていました。
この階の床はパーケットタイルとなっていましたが、
改修で大部分が撤去されました。


image
巾木部分も左官で仕上げられていますがビジュアルは質素です。

image
階段扉に填め込まれたガラスは飛散防止のワイヤ入りです。

image
階段部分の窓から東京タワーが見えました。
あちらが芝方面ですね。


image
1階中央ホールの床面にあるプリズムガラス。
地下1階の採光用に設置されました。
※現在は地下から光を当てて展示しています


image
[1階エレベーター跡]
エレベーターシャフトは現在、配管スペースとして利用されています。


image
建設当初のボタンが残されていました。
上下の文字が面白い。


image
当時は珍しかったのか、乗り方の説明書きが付いています。

image
スクラッチタイル張りの外壁。
施工費は如何ばかりか、と。


image
2階と3階のトイレは大理石張りでかなり豪華。

image
トイレスペースにはダスト・シュートが付いていました。

image
ミュージアムショップで購入したデニム地のエコバッグ。
以前はトート型だったみたいですが、こちらの方が畳めて良いですね。

image
デニムなので裏地は付いていません。
これで税別1,200円。

公衆衛生院には、公衆衛生に関する人材養成と調査研究機関という役割があります。

国や地方公共団体等における公衆衛生技術者の養成及び訓練を目的とした施設ですが、それに関する展示物は無料エリアにはありませんでした。有料エリアにもないんじゃないかな。



【弐】につづく。


image
【港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」】
旧国立公衆衛生院

東京都港区白金台4-6-2
(東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅下車 2番出口徒歩1分)
開館時間 9:00~17:00,[土] 9:00~20:00
休館日:第3木曜(祝日等の場合は開館、翌日休)、年末年始ほか
常設展観覧料:300円
https://www.minato-rekishi.com/


【にほんブログ村】

港区白金台『SHIROKANE | LOUNGE』という早朝たった3時間しか開いていないカフェ。

image
9時ちょい前には既にクローズになっていました。

本日は早朝から母と白金台に居りました。

目的は「ゆかしの杜」という港区の施設見学だったのですが、

その前に『SHIROKANE | LOUNGE』という

6時30分から3時間しか開いていないカフェで朝食を頂いて参りました。

image
レジで先に注文&支払いをしてから席に着きます。

image
ドリンク類は選べますが、シンプルにホットコーヒーにしました。

image
モーニングセット 500円(税込)

image
ふわっふわのパンケーキが付いています。
メープルシロップに付けて食べると、ウマウマ~

白銀在住のご近所さんたちがワンちゃんを連れて集うカフェのようです。

よく躾けられた毛並みの美しいお犬様たちが静かに店内で座っております。

いいなぁ~、犬。

猫より犬派であるワタクシは、

お犬様たちがちょっかいを掛けてくれないかと待っておりましたが、

どのお犬様も主以外には興味が無いようでした。

まったりと読書をしつつ珈琲とパンケーキを食し、

胃袋が満たされたところで目的地に向かうべく席を立ちました。

モーニングの旅は二度目ですが、

そのエリアの日常が垣間見えて、ちょっと楽しいかもしれん。



image
【SHIROKANE | LOUNGE】

東京都港区白金台5-13-26
営業時間 6:30~9:30,冬季営業(11月〜2月)7:00~9:30
定休日:不定
https://www.shirokanelounge.com/


【にほんブログ村】

港区六本木『ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ』で珈琲ではなくレモネードを飲む。

image

ブルーボトルコーヒーに入ったのは初めてかもしれません。

と思ったら、万世橋にあるカフェもブルーボトルコーヒーだったんですね。

今まで意識したことがなかっただけだってことが発覚しました。

実は本日、六本木に居たもんで、ちょいとのどを潤すべく入店。

シンプルな店舗は清潔感があり、

カウンター席は落ち着けるしで、良いなと思いました。

注文して、出来上がると呼び出してくれるのですが、

支払い時に名前を告げねばならず、若干躊躇いました。

馬鹿正直に本名を告げましたが、(レシートにも名前か入ってます)

「Aです」

と言ったらそれで呼び出してくれたんだろうか?

とちょい妄想しちゃいました。

image
レモネード 594円(税込)※2019.9月現在

コーヒーメニューの中で目に付いたのがレモネード。

最近よく飲んでいる気がするのですが、

ワタクシ、疲れているんですかね?



image
【ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ】
BLUE BOTTLE COFFEE

東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi B1F
営業時間8:00~20:00
定休日:基本無休
https://bluebottlecoffee.jp/


【にほんブログ村】

港区六本木『DEMMERS TEEHAUS(デンメアティーハウス)』でザッハトルテを食べてきた。

image

ウィーンの最高級ホテル「ホテル・ザッハー」のカフェで提供されている紅茶は『デンメアティーハウス』のもの。

その『デンメアティーハウス』のアジア1号店が六本木にあります。

本日は六本木で講習があったので、チョイ空き時間に立ち寄って参りました。

有名なホテル・ザッハーのザッハトルテが食べられるのかな? と思ったからです。

学生時代にウイーンに研修旅行で行きましたが、

当時はインペリアルトルテにハマっていたため、ザッハトルテはスルーしていました。

若干懐かしいと感じる思い出のケーキではあります。

ちなみにここのザッハトルテはホテルのものとは特に関係はなさそうです。

店内もショウウィンドウも撮影禁止。

しかしちょいとお断りを入れて、供されたもののみ撮らせて頂きました。

image
紅茶は「ザッハブレンド 800円(税込)」を選択。

image
ザッハトルテ 550円(税込)

ものごっつい久々どころではなく久々にチョコレートケーキを食しました。

基本チョコレートケーキは食べませんので、

どれぐらいぶりなのか記憶にないほどです。

ザッハトルテを食べた感想は、「ふむふむ、なるほど」というものでした。

そういえばデメルのチョコレートケーキも甘かったっけ。

帰りがけにフルーツフレーバーティーをお土産に購入致しました。

先日、練馬の蜂蜜を頂いた方におかえしをしようと思って。

ティーバッグはそれほど種類はないものの缶入り(税込2,100円)で、

なかなか良い買い物ができたかなと自画自賛中です。

自己満足なので、喜んで頂けなくても無問題です。




image
【DEMMERS TEEHAUS(デンメア ティーハウス)】

東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル1F
営業時間 11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:無休
※6歳未満の子供のカフェ利用不可
http://www.demmer.co.jp/


【にほんブログ村】

港区新橋5丁目『美の』で旬の料理で日本酒を楽しむ。

image

新橋にある『美の(よしの)』。

かなりの人気店だそうで、予約が取りにくいのだそうです。

仕事関係の飲み仲間がここに予約を入れてくれたので、

久々に日本酒を堪能しに行って参りました。

料理はコース1種のみ。季節ごとに内容が変わるようです。

追加の単品メニューもありましたが、

最後の一品を完食した頃には、満腹でございました。

image
[美の豆腐、春キャベツと新玉葱の土佐酢和え]

image
[お造り(クロダイ、シマアジ)]塩
で食べるお刺身。このお塩も美味しかったです。


image
[本日の魚(ハマチ)]

image
[海老真丈 山椒塩添え]

image
[来福(らいふく) 純米大吟醸 生酒 りんご]
@来福酒造


image
フルーティーですが、りんごは使われていません。

image
[蛍烏賊の道明寺蒸し]
今年初のホタルイカですわ~


image
[雑穀米とひじきの土鍋御飯、お味噌汁]


「うるいと浅利のお椀」のみ、写真を忘れました。

お出汁にコクがあり、バターでも入っているのか?

と思えるほどでした。

総じて、美味。

別の季節に来てみたいとも思いました。

新橋駅からはちょっと歩くんだけどね。



image
【美の】

東京都港区新橋5-9-5 NTビル1F
営業時間18:00~22:00
定休日:年末年始
全席禁煙
http://r.goope.jp/yoshino


【にほんブログ村】

港区元赤坂『迎賓館赤坂離宮(国宝)』を母と見学してきた。

image

1909年(明治42年)に紀州藩の屋敷跡に建てられた旧東宮御所は、ジョサイア・コンドルの弟子にあたる片山東熊(かたやまとうくま)の設計です。初めて国宝に指定された明治期以降の建築物です。 表慶館(東京国立博物館)、京都国立博物館、奈良国立博物館、新宿御苑御休所も片山東熊の設計です。
しかし、東宮御所の建設に心血を注いで完成報告を明治天皇に行ったところ、「贅沢すぎる」と言われてショックを受け、病気がちとなったとか。

image

せっかく完成しても、皇太子時代の大正天皇がここを使用することは、やはり殆どなかったそうです。しかしその後、皇太子時代の昭和天皇一家が使われたそうで、昭和天皇即位後は離宮として扱われることになり、赤坂離宮と名称が改められました。

現在の迎賓館は村野藤吾と谷口吉郎(和風別館)の設計により、外国賓客に対する迎賓施設として改修され、1974年(昭和49年)に完成したものです。

image

公開されている場所は、本館・庭園(主庭及び前庭)、和風別館・庭園です。
本館の参観エリアは、羽衣の間、朝日の間、彩鸞の間、花鳥の間、玄関ホールなどで、入館料が掛かります。本館の前庭及び主庭だけの見学は無料です。和風別館は事前予約が必要…だったと思います(HPをご確認ください)。

image

今回、我々は事前予約をしていなかったので、開門前に正面から並び、その後西門から入場。手荷物、所持品等の検査を受けた後、券売機で入場券を購入。本館に向かいました。

実はワタクシは大昔に抽選で入館したことがあります。
その頃はもっとボランティアが沢山居た気がします。今回久々に本館に入りましたが、以前より(雰囲気が)緩くなっている気がしました。

image
噴水も国宝。

ちなみにGWは混むそうです。確かに観光地としては手軽で内容も良い気がします。平成最後の~とか、令和最初の~とかいう記念としても記憶に残るかも?

image
ところどころに植わっている赤松が、
ここが日本であると実感させてくれます。


image
この出入り口の右側に主庭があります。

image
主庭側から見た本館(端)。

image
庭には名残の桜がほのかに残っていました。

image
image
前庭側から見た本館。

image
正面の車寄せを進んでみる。

image
正面玄関の扉には桐紋(日本政府の紋章)があしらわれていました。
※三つある扉の中央には菊の御紋があしらわれています


image
鳳凰の意匠は頻繁に目にした気がします。

image
こちらも国宝に指定されている衛舎。
中央の道を挟んで左右にあります。

本館内は撮影禁止。しかし、立派なパンフレットが入口で配布されますので、それで十分かと思われます。入館料の一部はパンフレットとして還元されているんですねぇ。
抽選時代には無かったものなので、これは良い記念になるなと思います。

ちなみに母は、イヤホンガイドを借りて(200円)ゆっくりと見学し、満喫したようでした。良い天気・良い気候だったので、待つのもそれほど苦では無かったかなと思っています。
早朝は空いていましたが、帰る頃には混んでいたので、意外と人気観光地なのかも。
早めに来て見学する方がいいんじゃないかと思います。

見学後、ここからホテルニューオータニに向かおうかとも思ったのですが、若干歩くし、今日は結婚式が多そうで混んでいそうだったので、我々は東京駅に向かったのでした。


image
【旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)】

東京都港区元赤坂2-1-1
公開時間 10:00~17:00(最終受付16:00)
本館・庭園参観料(現金のみ)
一般:1,500円、大学生:1,000円、中高生:500円、小学生以下無料
※本館参観の19名以下の個人の方については事前予約不要
https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/visit/


【にほんブログ村】

港区新橋『アンテナショップ福岡久留米館』で有明産の海苔を買う。

image
計1,026円(税別)でした。

そうだ、海苔を買おう(国産品)。

そう思って会社帰りに立ち寄ったのが新橋です。

最近、全く来てなかったわ~

と思ったら、ほぼ丸っと四か月御無沙汰してました。

って、行きつけの飲み屋の話ですけどね。

年末年始にウイルスで倒れてから、

肝臓に優しい生活を送っているワタクシ。

かと思いきや、日本酒イベント行ってましたね、そういえば。

まあ、それはそうとして、新橋に来た目的を果たすべく、

アンテナショップの福岡久留米館に向かいました。

有明産の海苔は、佐賀県だけのものでは無かったんですねぇ。

ってことを知ることができるアンテナショップです。

間違いなく国産品を買える(と思う)お店です。

ふりかけが目当てだったのですが、

初摘みの海苔があったので、それも購入。

海苔巻にしてお弁当に持って行こうと、いろいろ妄想してました。

帰宅途中にキュウリを買って、河童巻き~と思っていたのですが、

帰宅した途端にやる気が萎え、キュウリは冷蔵庫に消えてゆきました。

でも出来るだけ早めに消費したいと思っています。

週末に、爆弾おにぎりを握って、花見に行っても良いかもね。

・・・といいつつ、きっと面倒くさくなって、

おにぎらずになっちゃうんだろうなぁ。



image
【アンテナショップ福岡久留米館】

東京都港区新橋2-19-4 SNTビル1&2階
営業時間 10:00~20:00
定休日:年末年始
http://www.f-kurumekan.jp/


【にほんブログ村】

港区新橋『とっとり・おかやま新橋館』が29日(金)から改装工事で休館するそうな。

image

久々に新橋駅に降り立ち、『とっとり・おかやま新橋館』に立ち寄って参りました。

特に用事があったわけでは無いのですが、何かあるかなぁ~と思って。

で、上の写真の品々を購入致しました。

本日は26日ですが、三日後の3月29日(金)から4月25日(木)まで

店舗の改装工事で休館するのだそうです。

今日開いてて、無駄足にならなくて良かったよ。

image
[黄ニラしょうゆ 432円(税込)]
倉敷買って以来、ずーっと気に入り続けている醤油です。
常に家にストックがあるほど。


image
[瀬戸の牡蠣塩 486円(税込)]
牡蠣は嫌いだけど、オイスターソースは使います。
ってここ何年か使ってないけど。
この塩もオイスターソースみたいなものかなぁと思って購入。


image
[瀬戸内海産ままかりの酢漬(ゆず) 367円(税込)]
子供の頃から我が家では唯一ワタクシだけが大好物で食べる「ままかり」。
お米と一緒に食べようとは思いませんが、大好きです。


image
[焼きいわし 40g 324円(税込)]
これは美味しいに違いないと思って購入してみました。


image
[クルードスパゲティ式めん 130円(税込)]
今回初チャレンジしたのがこの一品。
ナポリタンみたいなものができるのかなと思って購入しました。

帰宅後、もの凄くナポリタンが食べたい気分になったワタクシ。

さっそく、「グレードスパゲティ式めん」を開封致しました。

image
この袋の賞味期限は今年の8月14日でした。
意外と日保ちするのねぇ。


image
冷蔵庫で眠り過ぎていたピーマンを洗って手で千切って投入。
付属の調味料を入れましたが、野菜の量が多すぎるのか色がつかず。


image
結局、追いケチャップをしてしまいました。

麺の微妙な柔らかさが癖になりそうです。

パスタはアルデンテで!! と仰る人には向かないと思いますが、

ワタクシは好きなタイプの麺でした。

お洒落じゃない喫茶店の昭和っぽいナポリタン、

って感じの料理が出来ます。

3袋入りを買っても消費できそうな気がするので、

次回はそちらを選ぼうと思います。




アンテナショップ
【とっとり・おかやま新橋館】
東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1・2F
営業時間 10:00~21:00


【にほんブログ村】

港区南青山『微熱山丘(SunnyHills) 南青山』のりんごケーキが美味しい。

image

母が『微熱山丘(SunnyHills) 南青山』に行ってきたそうです。

台湾のスイーツブランド『微熱山丘』の東京支店です。

パイナップルケーキが有名ですが、今は「りんごケーキ」が出ているようです。

それをお土産に買ってきてくれました。

ワタクシはアップルパイなどのリンゴ加工品が大好きなもんで食べるのが楽しみ。

しかし、食後だし、わらび餅を食べちゃったしで、その日のうちには食べられませんでした。

image
商品を入れるバッグがリンゴになっていて可愛い。

image
個別パッケージはパイナップルケーキとほとんど変わらないようです。

image
外に粉砂糖が掛かっており、甘さ控えめのりんご加工品が入っています。

image
青森のリンゴを使っているそうですが、台湾で作っているんですね。

image
パイナップルケーキと比較したら、袋の色が若干違っていました。


りんごケーキはかなり好みの味でした。

自分でも買いに行きたいと思うほどに。

ホワイトデー間近ですが、こういうものを貰うのもいいなぁ。



image
【サニーヒルズ/微熱山丘 南青山】
SunnyHills at Minami-Aoyama

東京都港区南青山3-10-20
営業時間 11:00~19:00
東京メトロ表参道駅下車(A4出口より徒歩約7分)
A4出口を出て左方向へ直進、2つ目の信号を左折後、約200m直進した左手
https://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/


【にほんブログ村】

港区北青山3丁目『Sghr cafe Aoyama』はスガハラのガラス食器で食事ができる小洒落たカフェです。

Sghr cafe

表参道駅B1出口から直ぐの場所にある『Sghr cafe Aoyama』は、

ガラス食器で有名なスガハラ(菅原工芸硝子)のショップに隣接するカフェです。

ショップで販売しているガラス食器で供される料理がポイントで、

ガラス食器の奥深さを体験できます。

先日、このエリアで食事会があり、ショップに立ち寄ったのですが、

その際、レシートを見せるとカフェが10%引きになると聞き、

本日改めて病院帰りに行って参りました。

土日が混むらしいので、平日のランチタイムに訪れるのは正解だと感じました。

Sghr cafe
全てのガラス器がスガハラのもの。
気に入れば、隣のショップで購入可能です。


Sghr cafe
[トマトキーマカレー 1,080円(税込)]
サラダorピクルス、ミニスープ付き


Sghr cafe
このピクルスを入れた器は先日ショップで見て魅かれたもので、
食器棚に重ね置くのが大変そうだと思って止めたものでした。
見る角度で表情が変わるので、やはり面白い器だと思いました。


Sghr cafe
今回、衝撃的だった使い方でして、
熱々のスープが入っていますが耐熱ガラスという訳ではないのだそうです。
急激な温度変化を与えなければ割れないんですよと教えて貰いました。


Sghr cafe
メインのキーマカレーが入ったこの器もガラスです。
透明なものもあるそうで、逆さに使って花器にする方も居られるそうです。
すごくスプーン運びが良くて食べやすい器だと思いました。


Sghr cafe
店内のランプシェードもガラスで可愛いのです。

Sghr cafe
オプションでカプチーノを追加しました。
単品だと645円。ランチセットに追加すると100円引きになります。
この食器の色をカタログから選ばせて貰っちゃいました。
持ち手に工夫がされていて、持ち易いです。


やはりスガハラのガラス食器は好みだと再認識しました。

ちょいちょいツボにくるものがあり、価格も高くはないので

ついつい買ってしまいそうになります。

今度、本気で探しに行こうと思います。

ガラス好きな方なら、ちょっと嬉しくなるカフェなんじゃないかと思います。

ショップで買い物した後(レシート必携)に行くのがオススメです。

Sghr
ショップの入口は別にあります。

Sghr
先日購入したピーナッツを模したガラス皿。
使用方法に自信が無かったので1枚だけ購入しました。
カタログなどには掲載のない商品なのだそうです。


Sghr cafe
【Sghr cafe Aoyama】
エスジーエイチアール カフェ 青山

東京都港区北青山3-10-18 北青山本田ビル1F
(Aoビルの裏)
営業時間11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:無休(臨時休業あり)
完全禁煙
http://www.sugahara.com/


【にほんブログ村】

浜松町駅周辺の再開発で世界貿易センタービルの解体がカウントダウン。夜景を見るなら急がねば。

世界貿易センタービルディング
[左]世界貿易センタービルディング
[右]ニッセイ浜松町クレアタワー(浜松町二丁目4地区B街区)

1970年(昭和45年)に竣工した世界貿易センタービルは、高さ152m、40階建ての超高層ビル(設計は日建設計)です。
40階にある展望台「シーサイドトップ」は夜景紹介サイト「夜景倶楽部」が主宰する「新日本三大夜景・夜景100選」に認定されており、東京タワーや東京スカイツリー、お台場などのランドマークを一望でき、晴天時の日中には富士山も望めるそうな。

浜松町駅周辺は東京都市計画都市再生特別地区の一つでして、2025年頃まで大規模な再開発が行われています。現在建設中の南館が2021年1月に竣工予定。
2025年12月にA街区全体が竣工予定となっています。
現在の世界貿易センタービルは2019年から2020年頃に解体着手される予定で、国内で解体される建物としては最高層であるため大きな注目を集めそうです。
というか、ワタクシが注目しております。

世界貿易センタービルディング
旧芝離宮恩賜庭園側から見たA街区。
手前の茶色い世界貿易センタービルの左側に南館が建ちます。


図
世界貿易センタービルディングがある場所がA街区になります。

超高層建築物の解体といえば、赤坂プリンスホテルが記憶に新しいのですが、あれはスゴイですね。
だるま落としのように順番に階を削って行く解体方法で、大成建設の「テコレップシステム」(赤プリは大成の工法)や鹿島建設の「鹿島カットアンドダウン工法」、竹中工務店の「竹中HAT DOWN工法」、大林組の「QBカットオフ工法」などがそれにあたります。
映像を見るとその凄さが分かるかも。


[だるま落とし工法 鹿島カットアンドダウン工法]

目まぐるしく変化する予定の浜松町駅周辺。“今のうち”しか見られないものが色々あります。
そのうちの一つが、世界貿易センタービル40階から見る夜景。
高層ビルが林立するエリアになるようなので、いずれかのビルに機能が移行するだろうとは思いますが、昭和の超高層ビルから見られる景色は今だけ。
見られるうちに「シーサイドトップ」からの夜景を眺めておく方が良いかもね。



【世界貿易センタービル40F展望台シーサイド・トップ】
東京都港区浜松町2-4-1
営業時間 10:00~20:30
(受付時間20:00まで、ただし夏季、クリスマスは延長あり)
定休日:年末(12月30日31日)全館休館日
利用料金:大人・高校生620円,中学生・小学生360円,幼児260円


【にほんブログ村】

港区南青山『微熱山丘(SunnyHills) 南青山』は隈研吾氏の建物が特徴的な台湾パイナップルケーキのお店です。

image

建築家・隈研吾氏設計の『微熱山丘(SunnyHills) 南青山』は、

2013年12月にオープンした台湾のスイーツブランド『微熱山丘』の東京支店で、

南青山ではパイナップルケーキとパイナップルジュースを販売しています。

店舗は三階建てですが、販売コーナーは1階入り口の極々小さな一角のみ。

それ以外は、オモテナシ用途として使われています。

image
一階店舗内階段脇の植栽が面白いです。

店舗外観は、地獄組みと呼ばれる組木格子が特徴。

image
正面外壁を覆う木組み。

地獄組みとは木材片を組み上げる組子手法の一つでして、

一度組むと外すのが難しく、構造物の強度を高められるという利点があります。

障子の組子に類するといえば分かりやすい・・・のか?


隈研吾/サニーヒルズ南青山について語る

スターバックス太宰府天満宮表参道店も同様の手法が用いられていましたね。

2000年代の隈研吾建築ならではとも言える外観かもしれません。(異論は認める)

さて、入口で先に商品を購入し、その後、二階に案内して貰いました。

image
台湾の奉茶(ほうちゃ)精神に則って供されるお菓子とお茶。
こちらはサービスになります。


image
パイナップルケーキは一階で売っているものと同じです。

image
日本の小麦粉と、エシレバターを使っているんですって。
中のねっとりとしたパイナップルジャムが美味です。

image
[パイナップルケーキ5個入 1,500円(税込)]
布の袋に入れてくれます。この袋も可愛い

クッキー部分はオークラのものがワタクシ的には好み。

でも、パイナップルジャムはこちらの方が好きかも。

さて、食べ終わった後で、三階を見せて貰いました。

image
2階の天井。
点検口はどこにあるんだろう?と探してしまいました。


image
階段部分。

image
3階の個室。
開口部の和紙を貼った扉が面白いです。


image
トイレがある一角の扉も面白い。

image
トイレの水廻りが面白かったので、つい撮ってしまいました。
木製の台が途中から斜めにカットされてボウルの役目を果たしています。
最近よく見るタイプの手洗いですが、ブームなのかしら?


image
屋上はどうなっているんだろう?

もの凄く目立つ建物です。

近隣の人々はどう思っているのかしら? と訊いてみたくなります。

でもまあ、南青山は興味深い建築物が多いので、

ここもランドマーク的存在なのかも。

一度、日暮れにこの建物を観てみたいですね。

キャンプファイヤー的な様相を呈すのかしら。



image
【サニーヒルズ/微熱山丘 南青山】
SunnyHills at Minami-Aoyama

東京都港区南青山3-10-20
営業時間 11:00~19:00
東京メトロ表参道駅下車(A4出口より徒歩約7分)
A4出口を出て左方向へ直進、2つ目の信号を左折後、約200m直進した左手
https://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/


【にほんブログ村】

港区新橋2丁目『日本酒専門店!KURAND SAKE MARKET 新橋店』は日本酒飲み比べ放題が楽しめる。

image


池袋、新宿、上野などにも展開中の『KURAND SAKE MARKET』は、

料理持ち込み可、出入り自由、セルフで日本酒が飲み比べ放題のお店です。

その新橋店に酒豪Mと行って参りました。

料理を持ち込まねばならんため、本日は午前休みで日本橋に居たもんで、

三越の地下で料理屋さんのお惣菜を入手致しました。

ふらふら歩いてお惣菜に迷っていたら、

たった一品だけ個人的には魅惑的な白いものを発見。

鱧でした!!

image
鱧@青柳


これは買わねばと思い、値段も訊かずに即購入。

野口英世一枚程度の価格でした。

ちなみに本日からスタートした一品なのだそうです。

超先取りぢゃないのぉー。と、ちょっと嬉しくなりました。

鱧、大好きです。

東京ではあまり食べられないので、こういう発見は嬉しいです。

それをアテに、日本酒をちびちびと。

image
色んなものがセルフサービスとはいえ、スタッフの方も居るので
困ったり分からないことは聞いた方が早いです。


しかしこの日は予約で満席らしく、時間制限付きでの飲み放題になりました。

価格は90分で2,160円/人。

場所代を取られるわけでもなく、食べ物の持ち込み可なのでリーズナブルに感じますね。

image
調理をしない、缶詰などのおつまみは購入可能です。


人数が多い方が、いろいろ持ち込めて楽しいかもしれませんね。

時間無制限の場合は、3,240円/人になります。

7人以上で予約すると、一人分の価格が無料になるという張り紙がありました。

今度、人を集めるか。

image
酒豪Mが用意したキュウリの糠漬け。

image
そしてナスの糠漬け。

image
結構豪華なアテが並びました。
右下の緑のものは稚鮎の抹茶衣揚げ的なもの@美濃吉


酒豪Mはお漬物とシュウマイなどを用意していました。

お腹にガッツリたまるタイプのメニューですな。

ワタクシが持参したものとは全く被らない内容でした。

image
食器は用意されているものを使用できます。
お箸もグラスも揃っています。


image
調味料もひととおり置いてあるし、電子レンジもあるんです。


他のテーブルの団体さんを見たら、揚げ物セットとかを用意されていました。

若いから揚げ物で日本酒が楽しめるんですね。素晴らしい。

といっても、ビールもあるので、そちらのアテかも。

image
100種類以上の日本酒の中から自由に飲むことができます。

image
初っ端に何を飲もうかと迷っていたら、
スタッフさんに奨められたのがコレ。


image
岐阜のお酒は殆ど飲んだことがないかも。

image
注いでくれました。

image
時間に限りがあるので、大きめのぐい飲みで頂きます。

image
黒板の要チェックです。

image
愛知県のお酒。綺麗なラベルに魅かれて選択。

image
こちらはスタッフさんに選んでもらった島根のお酒。

image
しっかりした味でした。←感想がふんわり

image
モダンなラベルの広島のお酒。

image
とても飲みやすい日本酒です。
八反錦という文字を頻繁に見ましたが、
西日本の酒米はそれがブームなのかしら。


image
どっしりした風味の誉池月。
つい最近飲んだなぁ・・・と記憶を辿ってみる。
店の説明書きには「エロい」と書いてありましたが、
その点はよく分からんかった。


image
熱燗もできます。


薄々は感じていましたが、今はもの凄く日本酒ブームなんですね。

こういうお店が成立するとは。

感想としては、屋内キャンプをしている気分でして、

持ち寄りができて飲み放題が味わえるレアなお店だと思いました。

人数が多いと安上がりになるんじゃないかな。

高価なお酒はなさそうですが、面白いお酒はありそうです。

皆でワイワイと日本酒を楽しみたい時にオススメしたいお店です。

人数が少なかろうと、予約するのがbetterかも。



image
【日本酒専門店!KURAND SAKE MARKET 新橋店】
(クランドサケマーケット)
東京都港区新橋2-3-7 菊豊ビル3F
営業時間 [平日]17:00~23:00(22:45LO)
[土日]12:00~16:00(15:30LO),17:00~23:00(22:45LO)
定休日:無休
料金:時間無制限 3,000円(税別)
https://kurand.jp/sakemarket/shimbashi/


【にほんブログ村】

雨天の桜。@増上寺

minato city



港区芝にある徳川将軍家の菩提寺、増上寺で桜が咲き始めました。


本日は冷たい雨が降っており、昨日までとは違って冬に逆戻りしたような気温。


明日は雪が降るそうです。


先日東京で開花が宣言された桜ですが、しばらく蕾のまま停滞しそうですね。


週末から見ごろになるという予想だったのに、来週にずれ込みそうです。


そんな本日の増上寺の桜は、こちら。


Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus



ちょっと記憶にないほどの花冷えですね。


寒くて今日はコートの内側にダウンを装着しました。


それでもマフラーをしていかなかったもんで、日が暮れてからが寒い。


再び風邪をひかんようにせんとね。


明日は雪が降る予報ゆえ、お花見に行く人は少ないだろうなぁ。





Cerasus
【増上寺】

東京都港区芝公園4-7-35
本尊:阿弥陀如来
正式名:三縁山 広度院 増上寺


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。