sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

山形@壱景

山形県@壱景。

山形市




村山地方(山形市・寒河江市・上山市・天童市など)、



最上地方(新庄市など)、



置賜地方(米沢市・南陽市・長井市など)、



庄内地方(酒田市・鶴岡市など)に大別される山形県。



そのうち今回は、村山地方と置賜地方に行ってまいりました。



山形駅
新幹線・山形駅にある「とれいゆ つばさ」のオブジェ。
https://jr-sendai.com/train/toreiyu/


山形駅
ダイヤブロックで出来ています。

山形駅
ピンクである理由がわからん。




徐々に旅の勢力圏を北上させているワタクシですが、



なかなか村山地方の結界を越えることが出来ません。



バス利用が賢い選択なのかもしれんなぁと考え始めているところです。



ちなみに、飛行機は苦手なので極力乗りたくはありません。



上山市
[ポテトクリーム専門店 NORMA(ノーマ)]
山形県上山市新湯1-13
(JR奥羽本線 かみのやま温泉駅 徒歩8分)
営業時間[月・火・木~日・祝]12:00~19:00
(L.O.19:00、ドリンクL.O.19:00)
定休日:水曜(月ごとに変動)

ここでのランチを希望していたのですが、
2号店が開店したとのことで4月半ばまで休みだそうです。


上山市
かみのやま温泉のランチタイムは遅いっぽい。
ピザもいいかなぁ・・・とも思ったけれど、
時間が掛かりそうなので断念しました。




また行きたいのが「かみのやま温泉」。



足湯が記憶に残りました。



5箇所全てをまわってみたいもんです。



夏場は嫌だけど。



ジャーキー
3個で安くなるというワゴン商品内にあった干し肉。
最近ワタクシは干し肉を非常食として鞄に常備しています。
旅先で小腹が空いたのにコンビニすら無いときに役に立ちます。


image
どぶろくと、吟醸酒。
・・・だったと思う。


image
米どころゆえ、煎餅類は美味しいです。
特に酒田米菓は買わずにはいられません。
いつかは酒田米菓の工場見学をしてみたいわぁ。




本当は酒田市に行きたいんですよ。



でも、電車移動はなかなか難しいのです。



電車の本数が少ないし、移動距離も長い、時間もかかる。



ハードル高いわぁ。



しかし、今年度中に実現させたいと思っています。



リベンジ 山形! ・・・的な。



image
山形市内にある見栄えの良い蔵。
広い敷地の一部は工事中のようでした。


image
[丸十大屋]
「味マルジュウ」という商品で山形では有名らしいです。
http://www.marujyu.com/jp/


猫
霞城公園でみた猫。
この縞々模様の猫をサバトラって言うんでしたっけ?


猫
キジトラとサバトラってことでいいのかしら。

蔵王
[蔵王]

山形市
[月山]
山形県を代表する山、月山。
一度はこれより近くで見てみたいもんです。


image
山形の日本酒で最も有名だと思われますが、
プレミアム価格過ぎて手が出せません。
※お店の方に了解を得て撮影しています




山形について徐々に理解が進んできた気がするワタクシ。



主に、地図的な意味で。



蕎麦の国ゆえ、なかなかスリリングなのですが、



山並みが綺麗でなかなか良いところです。



いつかは蕎麦アレルギーを克服できたら良いのになぁ~



【にほんブログ村】

山形県山形市『乃し梅本舗 佐藤屋 本店』で雛飾りを拝見しつつ銘菓「乃し梅」を頂く。

佐藤屋


早朝、表蔵王に行く際にバスで通りかかり、一瞬で建物に魅せられました。

山形駅に戻ったら是非建物を見に行こうと心に誓ったほどです。

昼過ぎに山田屋で「ふうき豆」を購入後、

ぶらぶら歩いてこちらの店舗までやって参りました。

近くで見たら、あの「乃し梅」で有名なお店だったんですね。

めっちゃ嬉しい。これは買って帰らねば。

文政4年(1821年)に『佐藤屋』は、もともと薬屋として創業したようです。

薬を買いに来た旅人達に和菓子の提供をしたことが今に至っているとか。

佐藤屋
昭和初期のモルタルの建物感漂う外装がいい。
そして窓のサイズが気になる。


佐藤屋
店舗の脇に木の板塀が続きます。

佐藤屋


昭和9年かぁ。明治生命館と同年の竣工ですね。

それはそうと、板塀に雛飾り公開のポスターが貼ってあったもんで、

ちょいとお邪魔をして参りました。

佐藤屋
4月3日までで、公開は土日祝。
ちょっと今日が何日だったのか考え込んでしまいました。


佐藤屋

佐藤屋
こちらの入り口からお邪魔致します。

佐藤屋
玄関のあしらい。

佐藤屋
玄関直ぐに内蔵がございました。
玄関の正面にも雛飾りがあります。
蔵の中にある雛は関西風でした。


佐藤屋
お座敷の雛飾り。
道具類は関東風です。


佐藤屋
恐縮ながら、お茶を頂きました。
食べたことが無いと申し上げると、
「乃し梅」の包装の見本を撮影用に用意してくださいました。


佐藤屋
お茶と「乃し梅」。

佐藤屋
これぐらいのサイズが丁度よいですね。
ってか、初めて食べます、たぶん。


佐藤屋
羊羹とも違った感じで、ねっとりした梅ジャムみたいな感じ?
甘酸っぱくてとても美味しかったです。


佐藤屋
今週6日からスタートする日本橋三越の全国銘菓展にも出すそうです。
チラシを頂きました。


佐藤屋
最後に頂いたお干菓子。
展示物だと仰っていた気がするので撮影用かと思いきや、
お持ち帰りをさせて頂きました。


個人宅に展示している雛飾りを見るのは初めてです。

作法が分からなかったのですが、後で続々と訪れる人々を見て、

入り口で「お雛様を見せてください」と挨拶することを知りました。

雛飾りを見てまわっている人って結構居るんですね。

皆さん慣れた様子で、なかなか勉強になりました。

この後、となりの店舗に立ち寄り、「乃し梅」を購入致しました。

佐藤屋
店舗入り口。

image
自分用に一袋、もう一袋はベルウッドさんへのお土産にしました。

image
たぶん他では見られないんじゃないかなって感じの梅のペースト。
ジャムみたいなものだそうで、
紅茶に入れても美味しいかもと想像して購入致しました。


思いがけず、楽しいひと時でした。

単純なのですが、奥様の人柄に触れ、

『乃し梅本舗 佐藤屋』のファンになりました。

これから三越で見るたびに買っちゃうかも。



佐藤屋
【佐藤屋 本店】

山形県山形市十日町3-10-36
営業時間8:30~18:00
定休日:元旦のみ
http://satoya-matsubei.com/


【にほんブログ村】

山形県山形市『山田家 ふうき豆本舗』で今回も「ふうき豆」を購入。

image
袋入りと箱入り(小)を一つずつ購入。


山形といえば、「ふうき豆」。


今回もこれを買わずに東京に帰るわけにはいかないと思い、


ちょいと歩いてお店まで行って参りました。


大箱を買っても一人では食べられないし、賞味期限も短いため、


前回と同じく、袋入り500円(税込)を購入。


潰れていまうことも考慮して、もう一つは箱入り600円(税込)を購入しました。


ふむ、ちょっとした達成感を味わえたよ。


昨晩は疲れ過ぎて夕食が食べられなかったもんで、


山形の美味しいものの一つを購入できてホント良かったです。


明日は「ふうき豆」をパンに挟んで食べてみようかな。


image
箱入りは潰れないので安心です。
でもソッコー密閉容器に入れないと乾燥しちゃう。
賞味期限は3日間ですが、
密閉容器に入れると要冷蔵で倍の日数長持ちします。



image
【山田家 ふうき豆本舗】

山形県山形市本町1-7-30
営業時間 9:00~18:00(年末年始は閉店時間が変わります)
定休日:火曜、第3月曜(年末年始の休みも同様)


【にほんブログ村】

山形県山形市『オコメカフェ 森のたんぼ』のおにぎりが美味。

おにぎり
[右] 牛肉しぐれ煮 230円
[左] 季節のおにぎり「ふきのとう味噌」165円
※ただし、レシートを見たらもっと安かった


山形県と言えば、美味しいお米の産地。

これは是非、おにぎりで食べておかねばと考え、

山形駅から500メートルほどの場所にある

『森のたんぼ』に立ち寄りました。

店内はランチ客でいっぱい。

ワタクシはこの後移動予定なので、持ち帰ることにしました。

お米は白米か玄米かを選べます。

メニューも豊富。

これはトキメキますわ。

注文したから握るため、おにぎりはホカホカだったのですが、

諸般の事情で、食べたのは帰りの新幹線内でした。

でも、冷めても美味しかった!

これは是非是非、次回も立ち寄って持ち帰りたいと思います。

お米の産地のおにぎりは間違いないね。

駅弁もいいけれど、旅の友にはおにぎりもイイネ。



image
【オコメカフェ 森のたんぼ】

山形県山形市城南町2-10-3 福原ビル1F
営業時間7:30~18:00
定休日:木曜


【にほんブログ村】

山形県山形市『Cafe & Dining 990』のボロネーゼはドリンクなどとセットで1,200円。

image

山形まるごと館 紅の蔵にある『Cafe & Dining 990』。

江戸時代に紅花で財を成 した長谷川家の蔵屋敷を活用した

観光複合施設です。

旧羽州街道(国道112号)に面している飲食店が『Cafe & Dining 990』。

イタリア料理のお店になっています。

本日はランチタイムで利用いたしました。

image
店蔵を利用したっぽい店内。

image
ランチにはスープとサラダ、ソフトドリンクが付きます。

image
ボロネーゼを選んだ理由は、山形牛を使用していると書いてあったから。
味の違いは分からんかったけど。


味も値段も一般的なお店って感じですが、店内はいい感じです。

天井が高いので圧迫感も無いし、一人でも居心地がいい。

カフェ利用もし易そうです。

隣は蕎麦屋ですが、そちらは従来の日本家屋を利用しているようです。

入ってみたいけれど、個人的に蕎麦は無理なので

屋内を見るのは、ちょっと難しいなぁ。

image
ベニバナで財を成した家だったので
ベニちゃんが居るんですかな。


Cafe & Dining 990
【Cafe & Dining 990】

山形県山形市十日町2-1-8
営業時間[日~木]11:00~20:30,[金,土,祝前日]11:00~21:30
定休日:水曜(祝日・10日の場合営業、振替休あり)、元旦
http://990.hokoan.com/


【にほんブログ村】

山形県山形市『山形城址』は発掘調査・復元を目指しているらしい。

山形城址
[山形城]




日本100名城に選定されている山形城址



城郭構造の基礎は最上義光の時代に造られたそうで、



その後、鳥居忠政の時代に現在の形に整えられました。



現在残っているのは、二の丸跡ぐらい。



建造物で現存するのは大手南門で、市内の万松寺山門として移築されているようです。



霞城公園
[霞城公園(かじょうこうえん)]
山形城二の丸の堀と石垣などの遺構を公園としたもの。


山形城址
2033年頃に本丸全体の発掘調査が完了予定。

石垣
これが昭和時代に一部修復された石垣。

山形城址
石垣の古い部分の上に新しいものが乗っているんですね。

山形城址
[山形城
]
これが上の案内板が示す箇所。


山形城址
色の黒っぽい下の方が元の石垣ってことですかね。




城跡と城址。



違いを今まで認識していませんでしたが、



城の建物あった場所と、城全体があった場所で区別していたりもするようです。



しかし、明確な区分は無いというのが正直なところっぽい。



ちなみに写真のキャプションを「城跡」にしているちころがありますが、



googleマップに書かれている“箇所”を参照しています。



同マップの中にも、城址と城跡の双方が書かれているんですよ。



山形城址
刻印についての説明もありました。

山形城址
指摘されてよく見ないと分からない刻印。
傷だと思えなくも無い。


山形城址
象形文字のような刻印。
でも指摘されないと判別できません。




日本100名城のスタンプが、この山形城址にもあるようです。



石垣しか残っていないのに、何処にスタンプ台があるのだ? と思う前に、



数分前まで見学していた場所に設置してありました。



旧済生館本館
旧済生館本館(山形市郷土館)の中にスタンプがありました。

旧済生館本館
[旧済生館本館]
国指定重要文化財(移築)。




最近思うのですが、



古い建築物や建設物を大切にする時代って平和なんじゃないかしら。



古いものを壊さないと新しいことができなかった明治や、



戦争などで消失してしまった時代を思うと、そう感じられます。



何はともあれ、城ってロマンがありますもんねぇ。



って、全然詳しくないけど。




山形城址
【山形城址】

山形市霞城町1-1
別名:霞城(かじょう)、霞ヶ城(かすみがじょう)、吉字城
開場時間 [4~11月]5:00~22:00,[12~3月]5:30~22:00
定休日:無休



【にほんブログ村】

山形県山形市『旧済生館本館』は国の重要文化財に指定されている建物です。

旧済生館本館



済生館(さいせいかん)は、明治6年(1873年)に設立された私立病院です。


明治37年(1904年)には市民病院になっています。


1878年9月に建てられた本館は1967年7月から霞城公園内に移築され、


現在は山形市郷土館として利用されています。


旧済生館本館
1878年12月、太政大臣三条実美により「済生館」と命名。

旧済生館本館
扁額も三条実美による。

旧済生館本館

旧済生館本館
3層楼なのに実は4層構造。
2階は16角形のホールで中央に柱は1本も立っていません。


旧済生館本館
明治初期の下見板張擬洋風建築の最高傑作と評価されています。

旧済生館本館
2階ベランダ部分も結構凝った造りになっています。
ベランダ下の持送りには唐草の彫刻が施されています。


旧済生館本館
公開されているのは1階と2階のみです。

旧済生館本館
一回部分は14角形のドーナツ型になっています。

旧済生館本館

旧済生館本館
建物は撮影OKだそうです。

旧済生館本館
壁は漆喰塗りになっています。

旧済生館本館
軒の部分は軒天井を張った軒蛇腹になっています。

旧済生館本館
中庭から見た2階と3~4階。

旧済生館本館
14角形をした1階には8つの部屋があります。

旧済生館本館
横浜にあるイギリス海軍病院を参考にした建て方だと
言われているそうです。


旧済生館本館
驚くことに、中庭に面する回路の天井は紙貼りです。

旧済生館本館
そのことは、「二」の(五)にも書かれています。

旧済生館本館
中庭があることで、光を取り入れやすい
開放的な雰囲気になっているんでしょうね。


旧済生館本館
2階から見下ろした中庭。

旧済生館本館
アーチ欄間は色ガラスがはめ込まれています。

旧済生館本館
照明器具が付いている位置が面白い。

旧済生館本館
2階に続く階段。

旧済生館本館
階段から見下ろした中庭への開口部。

旧済生館本館
3階に続く螺旋階段。

旧済生館本館
ドアの色はグレーなんですよね。

旧済生館本館
屋根瓦が割れているのか、もとからこういう造りなのか・・・



現在の病院はもちろん近代的な建物になっています。


霞城公園の外にあります。


image
現在の済生館。



旧済生館本館
【旧済生館本館】

山形県山形市霞城町1-1
開館時間 9:00~16:30
休館日:年末年始(12月29日~1月3日)


【にほんブログ村】

山形県山形市『米沢琥珀堂 ぐっと山形店』の米沢牛スペシャルメンチバーガー。



前回、米沢に行った際に心残りだったのが、米沢牛のハンバーガー。

本日、表蔵王にある「ぐっと山形」のフードコートで発見してしまいました。

メンチカツですけど。

米沢牛スペシャルメンチバーガー
[米沢牛スペシャルメンチバーガー]
注文してからセットしてくれるタイプのバーガーです。


米沢牛スペシャルメンチバーガー
蓋を開けると、野菜が飛び出す仕組み。
って、そんな仕組みはありません。


米沢牛スペシャルメンチバーガー
再度、ギューッと押さえてから齧り付きました。


700円強の良いお値段ですが、

米沢牛なら仕方ないよねと思わせるブランド力。

毎度思うのだけれど、

米沢牛と書いてあっても、

どれだけの割合を使っているかは分からないんですよね。

100%で食べたい場合は、それなりの価格になるんだと思う。

サイズが大きいので、かなり満腹になりました。


image
【米沢琥珀堂 ぐっと山形店】

山形県山形市表蔵王68番地 「ぐっとやまがた」フードコート内
営業時間9:00~19:00(5月~10月),9:00~18:00(11月~4月)


【にほんブログ村】

山形県で宮城県のブランド苺「もういっこ」を発見したので購入する。

もういっこ
[山元町産 もういっこ]

もういっこ
完熟ですが実がしっかりしていて食べ応えがあります。




山形駅からバスで表蔵王までやって参りました。



本日は、ここにある『食の駅』がお目当てです。



山形の美味しい農産物などが沢山あり、心トキメキます。



しかし、持ち帰りたい気持ちと、持ち帰る能力は別。



泣く泣く諦めたものが多々ありました。



「うるい」とか。



image
山形県産のお米て言えば「つや姫」が結構メジャー。
プレミアムと書いてあったのでこちらを選びました。




母に美味しいお米を送るよう指示を受けていたのですが、



如何せん、袋が大きすぎる。



何十キロあるんだよってサイズで、価格も送料もお高い。



ゆえに断念いたしました。



見てまわる楽しみを満喫するに留めましたが、



ここでの買い物を目的とするなら、とても楽しく商品が選べそうです。



山形は美味しいものが多すぎて、ほんと困る。




食の駅
【食の駅 山形蔵王店】
山形市表蔵王68 山形観光物産会館
営業時間 9:00~19:30
定休日:無休
山形駅からバスで表蔵王口下車・片道410円



【にほんブログ村】

山形県山形市『農家の店 菜果園』で見つけたもの。

image
[右] しみ大根 480円(税込)
[左] 干し茄子 150円(税込)


表蔵王口に居ます。

道の駅ならぬ、食の駅が目当てです。

その食の駅の隣に『農家の店 菜果園』がございまして、

たぶんこの周辺の方が作っている風な野菜が店内に並んでおります。

水分を含む重い野菜は持ち帰れないと考えて選んだのが干し野菜。

干した茄子が商品になっているのを初めて見ました。

訊くと、これをお湯で戻して軽く絞り、

糸こんにゃくや肉などと一緒に煮ると美味しいのだそうです。

お味噌汁用かと思ったら、煮付け用だったんですね。ふむふむ。

その近くにあったのが、しみ大根。

凍み大根の煮物は、山形の郷土料理らしいですね。

こちらは、身欠きニシン、ジャガイモなどと一緒に煮るそうです。

今週、どちらかを使って煮物を作ってみようと思います。

干した野菜って、雪深いエリアの知恵なんでしょうね。

蔵王
[蔵王連峰]
噴火警戒レベル2



菜果園
【農家の店 菜果園】
山形県山形市表蔵王52-1
営業時間 8:30~19:00
定休日:1~3月は水曜



【にほんブログ村】

山形県長井市『山の下』の あつやき窯焼きパンケーキセット600円。

山の下
[あつやき窯焼きパンケーキセット 600円(税込)]


長井駅で電車を待つのに、かなり時間があったもんで、

駅前の『山の下』で珈琲でも飲んでおくかーと思って立ち寄りました。

オープン間が無いのか、店内には花が飾られており、

真新しい感じの内装でもありました。

改修したとか?

その点の詳細はワカリマセンが、店内は常連さんだらけっぽかったです。

山の下
山形駅に到着するのが19時を超えるもんで、
何か食べ物を胃に入れておくべきかもしれんと考えるワタクシ。


山の下
[あつやき窯焼きパンケーキセット 600円]

山の下
ホットケーキっぽいものを想像していたら、
スポンジケーキの上にフルーツなどをデコレートしたものでした。

珈琲は普通に美味しかったです。

長井駅周辺はカフェがないっぽいので、大変貴重なお店だと思います。

観光シーズンは混むかもね。

山形鉄道フラワー長井線
[長井駅]
山並みが綺麗です。


長井駅
駅の待合室は驚きの充実ぶり。
ストーブも点いていました。



山の下
【山の下】
山形県長井市栄町1-6
営業時間10:30~18:00
定休日:日曜、祝日
(4月~6月は休まず営業)


【にほんブログ村】

山形県長井市『長沼合名会社』で日本酒を買いたいと思ったけれど誰も居なかった。

長沼合名会社

大正5年(1916年)創業の『長沼合名会社』は、

国の有形文化財に指定されている蔵などを複数持つ酒蔵です。

「惣邑」や「誉小桜」という日本酒を出しています。

それが欲しくて、長井駅から歩いて向かったのですが、

現地に行っても、何処にも、誰も居ませんでした。

「もっちぃ パスポート」も持っていたのにー。

無念すぎるので、次回は是非ともリベンジしたいです。

っつーか、電話して行こうかな。


長沼合名会社
車があるから誰か居そうなものなんだけれど。

長沼合名会社
[長沼合名会社仕込蔵]
国登録有形文化財(建造物)


長沼合名会社
ショップのコーナーは真っ暗でした。
しかも誰も出て来てくれない。


長沼合名会社
入口に置かれた文化財プレート。

その後、ここの日本酒が欲しくて様々な場所で探したのですが、

ついぞ手に入れることはできませんでした。

手に入らないとなると、俄然、試したくなる。

長沼合名会社
「山形鉄道フラワー長井線を楽しむ本」には
モデルコースとしても掲載されていたのにー。

ほんと、無念です。



長沼合名会社
【長沼合名会社】

山形県長井市十日町1-1-39
非公開


【にほんブログ村】

山形県長井市『旧丸大扇屋』は彫刻家・長沼孝三の生家でもある江戸時代から続いた商家なんです。


丸大扇屋
[旧丸大扇屋]
向かい側に長沼合名会社があります。


丸大扇屋

『旧丸大扇屋』は呉服屋として栄えた商家で、

幕末から明治・大正にかけての商家の暮らしぶりを残す建物として、

県の文化財(建造物)に指定されています。

丸大扇屋
店・店蔵・母屋・内蔵・座敷蔵・味噌蔵・新座敷の7棟が県指定文化財。

丸大扇屋
店の様子を再現してある入り口。

丸大扇屋
[母屋]
昔は雨戸もあったそうですが、今は撤去されています。


丸大扇屋
[入れかわど]
驚くべきことに屋内に川が引き込まれています。
昔は食用鯉を飼い、食器を洗う際の残飯を食べさせていたとか。


丸大扇屋
置いてある籠の全てにトキメキを覚えます。

丸大扇屋
[内蔵]
食器などを展示してありました。


丸大扇屋
店の土間は石張り。
近くで良質な石が取れる採石場があったそうです。


丸大扇屋
[座敷]
ぱっと見は分からないのですが、驚くほど贅沢な造りです。


丸大扇屋
炉の縁は、黒柿です!
写真はありませんが火鉢の縁も黒柿。


丸大扇屋
天井がとても高くなっています。

丸大扇屋
[嬰児籠(えじこ)]
藁製の嬰児籠で、赤ん坊を入れて育てるために使われたものです。


丸大扇屋
引き手は巴紋。
家紋かもしれませんね。


丸大扇屋
葛布(くずふ)の襖

丸大扇屋
劣化してもろもろになっていました。

丸大扇屋
透かし彫り欄間と奥座敷。

丸大扇屋
釘隠しも巴紋になっています。
ただし、先の襖の引き手とは逆の巻き方になっていますね。
どういうことなんだろう?


丸大扇屋
[奥座敷]
床脇の天袋の上にあるのは神棚のようです。


丸大扇屋
離れの奥座敷の床脇。

丸大扇屋
格式の高い「真」の床の間になっています。

丸大扇屋
たぶん、離れの廊下だったんじゃないかな?
かなり広い開口部です。


丸大扇屋
敷地の裏側にある蔵。

長沼孝三彫塑館
[長沼孝三彫塑館の入り口]

丸大扇屋
母屋と庭。
雪囲いがしてあります。
まだ雪が残っていますね。


丸大扇屋
母屋の屋根は藁葺き。

丸大扇屋
屋根が神社のようです。


丸大扇屋
【旧丸大扇屋・文教の杜ながい(ぶんきょうのもりながい)】

山形県長井市十日町1-11-7
開館時間 10:00~16:30
休館日:月曜、月末日
https://bunkyounomori.jimdo.com/


【にほんブログ村】

山形県南陽市『山形鉄道フラワー長井線 宮内駅』のうさぎ駅長「もっちぃ」と駅員のウサギ。

宮内駅
[山形鉄道フラワー長井線 宮内駅]

宮内駅
ウサギが駅長ってことで有名です。

山形鉄道フラワー長井線の宮内駅にはうさぎ駅長「もっちぃ」が居ます。

特にそれが目的だった訳ではないのですが、

移動時の最寄り駅が宮内駅だったもんで、ちょいと見て行くことにしました。

宮内駅
ホーム側から見た宮内駅。
ここでは駅員さん(?)が出発する電車を手を振って見送ってくれます。
ちょっと感動した。


宮内駅
南陽市には「幸せを呼ぶ3羽のうさぎ大賞」なるものがあるんですね。

宮内駅
こちらが「もっちぃ」の駅長室です。

宮内駅
ゲージに入った白いウサギか「もっちぃ」。
震災以降臆病になってしまったそうです。


宮内駅
茶色いウサギは駅員らしいです。
「てん」か「ぴーたー」か判別が付きませんでした。


宮内駅
この子がなかなか懐っこい。

宮内駅
山形鉄道フラワー長井線のPRキャラクター「鮎貝りんご」。
鉄道むすめ達の中でも突出した容姿だと思います。


宮内駅
キャラクターグッズの充実ぶりが半端ない。

山形鉄道フラワー長井線
別の駅でですが、
山形鉄道フラワー長井線のガイドブックを買っちゃいました。
一冊500円。


山形鉄道フラワー長井線
乗車賃が結構お高いので、一日乗車券を購入しました。

山形鉄道フラワー長井線
[土・休日フリーきっぷ 1,000円]

山形鉄道フラワー長井線
一両だけで走行しています。

山形鉄道フラワー長井線
鉄道むすめのラッピング電車。

山形鉄道フラワー長井線
電車の窓にはカーテンが付いていました。
レトロです。


時間があれば、そして花が咲く時期ならば、

この線に一日中ぼーっと乗車してみたいです。

車窓から見える山並みが、富山の立山連峰を彷彿とさせ、

個人的にはツボでした。

ただし、でっかいカメムシがロングシートを這って接近してきたもんで、

びびって景色どころではありませんでしたが。

虫はある程度大丈夫だけれど、カメムシは無理だ。

それはそうと、ウサギを見てもテンションが上がらなかったので、

たぶんワタクシは一生ウサギを飼わないと思います。

見ている分には可愛いと思うけどな。


【宮内駅(みやうちえき)】
山形県南陽市宮内
山形鉄道フラワー長井線の駅
開業年月日:1913年(大正2年)10月26日


【にほんブログ村】

山形県南陽市『icho cafe(イチョウカフェ)』は熊野大社にあるカフェですがここのカルボナーラが美味し!

icho cafe

熊野大社を参拝した後、境内の階段下にある『icho cafe』に入店。

せめて珈琲だけでも飲みたいと思って入ったら、

有難いことにランチもOKで助かりました。

熊野大社
熊野大社の下にあった旧売店をリノベしてカフェにしたそうです。

icho cafe
ランチ時間ギリギリ手前だったので、食事にありつくことが出来ました。

icho cafe
サラダとドリンクも付いてます。

icho cafe
[麓の芳醇パスタ カルボナーラ]

icho cafe
酒粕をオーブンで焼いたものをふりかけているそうです。
ほんのりと酒粕の風味がして、美味しかったぁ~。

思いがけずツボに入る味に出会えました。

これが熊野大社の御利益だったのかもしれん。

熊野大社
お店の直ぐ脇に大きなイチョウの木が植わっています。

icho cafe
最後の三行が気になる。

ちなみに珈琲の味は薄めでした。

まあ、そういう事もある。


icho cafe
【icho cafe】

山形県南陽市宮内3707-1
営業時間 11:00~18:00
定休日:火曜


【にほんブログ村】

山形県南陽市『熊野大社』の御朱印。

熊野大社
[熊野大社 拝殿]

イザナミ、イザナギ、スサノオの3神の他に、

境内には様々な神様が祀られています。

30もの神様がここには居るそうです。

八百万の神々を思い出させてくれる場所ですねぇ。

熊野大社
[幸神社(さいわいじんじゃ)]
御祭神:猿田彦神(さるたひこのかみ)


熊野大社
[右]湯殿山神杜(ゆどのさんじんじゃ)
御祭神:少彦名命(すくなひこなのみこと)

[左]月山神社(がっさんじんじゃ)
御祭神:月読命(つくよみのみこと)


熊野大社
[鐘楼(しょうろう)]
寛永3年(1626年)に寄進された貴重な大鐘。


熊野大社
[授与所(じゅよしょ)]


熊野大社
[神楽殿(かぐらでん)]

熊野大社
屋根は茅葺。
雪で劣化しちゃうんでしょうね。


熊野大社
神楽殿の脇にある看板?
無駄に豪華です。


熊野大社
[八幡神社(はちまんじんじゃ)]
御祭神:応神天皇(おうじんてんのう)戌と亥の守り神でもあります。


熊野大社
ここの彫刻も凄いんです。
扉の脇の彫刻とか。


熊野大社
もう、どこを見ればいいのか分からなくなります。

熊野大社
兎の毛通しが亀になっています。
火伏せ、でしょうね。


熊野大社
[菅原神社(すがわらじんじゃ)]
卯年の守り神でもあります。


熊野大社

熊野大社
柵が設けられていて特別感があるけれど、
屋根の劣化が気になる。

さて、かなり時間を割いて境内を見て回りましたが、

ぼちぼち御朱印帳を受け取らないと、忘れて帰ったかと思われるかもしれん。

ちなみにワタクシが居る間に御朱印帳を預けていたのはお一人だけでした。

縁結び色の強い神社ゆえカップルが多く、

御朱印を頂きたいと思うような方は、あまりここまで来ないのかしら?

熊野大社
ご祈祷や御朱印の受付ができる授与所。

熊野大社
[結(ゆわい)うさぎ 初穂料500円]

御朱印
[御朱印]

ちなみにワタクシは恋愛の縁結びには興味が無く、

人生に良い御縁があればいいなぁと思う次第。

それはそうと、気付いたのですが、

ワタクシ、熊野神社関係にお参りするのは初めてでしたわ。

だから、御祭神がイザナミ、イザナギだということに驚いたんですな。

『日本書紀』を習ったけれど、黄泉に下るところぐらいしか覚えてないわ。

あれを読んだとき、

ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディケの話と一緒じゃんと思ったっけ。

どちらも男性が取る行動に、なんだかなぁ・・・と呆れたもんですわ。

今読んだら、違う解釈ができるのかな。

今のワタクシなら、男性側の気持ちが分かりそうな予感がして、ちょっと気になる。

山形県長井市
[大鳥居]


熊野大社
【熊野大社】

山形県南陽市宮内3476-1
主祭神:伊弉冉命(イザナミ)
日本三熊野の一つ


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。