sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

あなたの知らない私

断捨離否定派のワタクシがモノを捨てる日。

image

断捨離とは、不要な物を減らし、モノへの執着から離れること。

ワタクシはモノに対する執着はありませんが、断捨離否定派です。

他人様が断捨離するのを止めたりはしませんが、自分はしません。

勧められたくもありません。

買う時に人の意見を聞かないのに、

捨てる時だけ誰かに決められたくはないのです。

ワタクシの飲み仲間は断捨離推進派。

「捨てたほうがいいよ。使ってないならムダなものなんだよ」

と飲む度に、めっちゃ彼女は言いますが、

ワタクシの持ち物を把握している訳ではないのに、

なぜにそう断言できるのかが謎。

モノはワタクシの人生に寄り添うもので、

人生から手放すかはワタクシが決めたいのです。

ゆえに、自分の気持ちが整わぬのに断捨離はできません。

使っているモノだけが自分に必要なのではなく、

使っていないモノでも必要だと感じるものもあるんです。

今は読んでいない本などは特に。

モノを捨てたから執着から逃れられるとも思えませんし。

自分の寿命がどれほどあるのかはわかりませんが、

なるようになるのが人生だと先人たちが言ってますし、

死ぬのをカウントするような断捨離はしなくてもいいんじゃないかな。

無論、全くモノを捨てないわけではありません。

消耗品や、使えないものは捨てています。

先日、若い頃に着ていた服を大量に捨てました。

サイズが合わず、減量できる見込みが皆無なのが理由ですが、

着ない服って保存方法に気を遣わないと劣化するんですよね。

革製品とか、服の裏地とか。

ゴミを出し、粗大ごみにも申し込みましたが、

それでもまだウチにはモノがあります。

それらとは、納得して徐々に別れて行きたいと思っています。

それにしても断捨離をした人って、

どうしてああも他人にも同じ行動を強いようとするんだろう?

あまりにも断捨離を強いられると、

人間関係を断捨離してしまいそうな気がする今日この頃です。


【にほんブログ村】

社会人になってからの学習方法に悩む若者。

室堂 (13)

学生時代さぞかし勉強の仕方を工夫していたのだろうと思われる若者が、社会人になった途端に「学び方が分からない」と仰る。
一人だけかと思いきや、ワタクシの周囲には複数おります。

「興味があるものの一か所から掘り下げて行けばいい」と今まではアドバイスして来たのですが、どうやらそのアドバイスだと不十分らしい。その「一か所」をどこにすればいいのか分からないらしいのです。
ゆえに、現在最も楽しいと思える物事を訊き、その単語からワタクシが気になる物事を質問し、答えられなければ調べて貰い、知識と興味を広げて貰うようにしています。

近年、自分が何に興味があるのか分からなくなっている若者が増えている気がします。
流行は知っているし、追ってもいるけれど、それだけ。だから物事を深く知ろうとしていない若者も複数居ます。

本は読んでおいた方が良いよ。漫画でもいいから。と若い子にはアドバイスしたい。
そこから興味が芽生えることもあると思うから。

何も思い浮かばないという若者から、「savaさんはどうやって勉強しているんですか?」と訊かれることが多いのですが、ワタクシは記憶力が人よりかなり劣るため、なるべく体験するようにしております。
その土地について知りたければその場所に行き、地元の方と会話をする。そのように、シチュエーションで覚えるようにしています。

それと、「なぜなんだろう?」と気になったことは、なるべく追うようにしています。

最近気になって調べて驚いたのは、青森ヒバ。
ヒバはヒノキ属ですが、ヒノキの葉、「桧葉」って書くんですね。ずーっとカナ認識だったので、漢字を見たときは驚きました。属性、分かり易っっ!! 的な。
そういえば、昔は科目が独立していたスギ(旧・スギ科)ですが、現在はヒノキ科に入っている(ヒノキ科スギ亜科スギ属)そうです。
そのヒノキ科の中に、クリスマスツリーでお馴染みのイトスギってのがございます。
花言葉は死・哀悼・絶望。
イトスギは死や喪の象徴とされているのですが、反対に生命や豊穣のシンボルでもあるらしいです。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが好んで描いたイトスギは上の花言葉に由来するものですが、逆にレオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』に描かれているイトスギは、生命や豊穣のシンボルという意味で描かれているのだとか。
また『受胎告知』といえば様々な画家が描いていますが、聖母マリアの服の色に意味があるのはご存知の方も多いと思います。
赤色の服、青色のヴェール(マント)、雄蕊の無い白百合、が受胎告知における聖母マリアの三種の神器ですが、赤色の服は神の慈愛を、青色のヴェール(マント)は海の星を、雄蕊の無い白百合は純潔の象徴を示しています。

ここで「海の星」って言葉に引っ掛かりますよね。
聖母マリアの古い呼び方に「ステラ・マリスの聖母」(ラテン語:Stella Maris)というのがありまして、希望の印・導きの星としての役割を担い、海の旅人たちの保護者ともされているそうです。
その海の色を纏っている・・・と端的に言うには奥が深い話なのでここでは語らぬとして、宗教画は深い意味のあるものが多くて興味深いです。

まあそのように、青森ヒバに生じた疑問は宗教絵画まで到達できるという話です。

「savaさんはどうやって勉強しているんですか?」の質問には、そのように回答しております。
ワタクシが拾う知識の信憑性は定かではないものも多く、玉石混淆だとも認識しているため、深掘りしたいものは論文を探しています。その論文も玉石混淆なので、なるべく多くの文献を読むようにはしています。

学説も時代によって変わるので、最終的には、知ったものの中から信じたいものを信じていればいいんじゃないかな。

さて、ここまで書いておいてなんですが、ワタクシは一般人より格段劣る記憶力ゆえに、ワタクシにできることは他人様にもできると正直思っております。

その人が出来ないのは、端的に申せば「やってないから」。

三十代の頃のワタクシであれば、「ぐだくだ言ってんと、ええから、やれ」と、一蹴していたと思われます。
なんせ未だに言われるワタクシの当時のセリフが「できるか、できへんかやない。やるんや!」ですから。
じたばたと藻掻いてから質問に来い、と言いたい気分はあるのですが、最近の人はプライドが高くて打たれ弱いからなぁ。
失敗しないようにという気持ちが強すぎるのか、マニュアル世代と言われた我々よりも、マニュアルを欲しがっている気配があります。
若いからしゃーない。とは思いますが。

何にせよ、小さくとも動きださないと車輪は回らんのです。

歳を取れば取るほど、新しいことを吸収するのが億劫になるのだから、できるだけ若いうちに癖をつけておかんと。

ほんの少しの時間、甥達に接するだけでも「なぜなに」的な質問を浴びるのに、毎日一緒にいる親子はどのようにそれに対処しているんだろう?
と疑問に思った後で気づきました。

「自分で調べろ」という親の元で育った子は、調べ方が分からんから放置しますわな。
しかし、何かしら教わった子は、どんどん自分で調べるのかもしれん。
それを踏まえて考えるに、やっぱりヒントは与え続けんと人は育たないものなのかも。

検索したところ、「学び方を学ぶ」というテーマのセミナーは様々にあるようです。
社会人になってからの学習方法に悩む人は意外と多いらしい。


格言(ガンジー)

【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

自分が「起こり得る」と考えている意識外のものを見ると、

「幻かもしれん」と自分を疑うものだと知った今日のワタクシ。

今日一番の驚きは、反対車線側の歩道を走る車を見たことでした。

あれ? ワタクシは車道を歩いているんだっけ?

と一瞬自分を疑って立ち位置を確認しましたが、

アスファルトは車止めの向こう側だったので我に返った次第です。

しかしワタクシ以外に目撃者が居ないようで、

こういう違反は事故にならない限りは咎められないんだなぁと感じました。

反対車線側で本当に良かったです。

現実ではないのかも? と考えている時間が長かったため、

運転席に座っていた人がどのような人だったのかは見ませんでした。

ワタクシは突発的な出来事に反応できないタイプかもしれん。

今日二番目の驚きは、駅ビルの抜け道ですれ違った人の顔が黒かったこと。

黒い理由は、黒いマスクと真っ黒のサングラスをしていたからなのですが、

思わず二度見しそうになりました。

どこまで顔を隠したいのかは謎ですが、その二点以外は無防備だったもんで、

紫外線対策って訳でもなさそう。

すれ違った場所が場所だけに、

何らかの事件に絡んでいたら嫌だなぁという妄想が膨らみまくりました。

ちょっとしたサスペンス小説のイントロのようでした。

今日三番目の驚きは、スーパーで子供がトイレに行きたいと訴えているのに、

「我慢しなさい!」と叱り飛ばしているお母さんを見たこと。

「いや、それは我慢したらアカンやつや」と脳内でツッコミを入れたものの、

その後、子供がどうなったのかは見届けていないため不明です。

病気にならなきゃいいけれど。

自分に経験のないことが日々起こり得るのに、

それに対処する術を持たない身の上。

帰宅途中の交差点に立っていて気付いたのですが、

最近、歩道ギリギリ立って信号待ちをする人が激減したのは、

車が突っ込んできた時に逃げられるようにという自衛なのかも。

そんな感じで日々様々な事柄に

逃げ場を確保しておくべき時代なんだなぁと感じました。

毎日安全に生き永らえるって、

結構凄いラッキーなことなんですね。


【にほんブログ村】

些細なものでも「増税前に」と考えてしまう今日この頃。

image

10月1日から定期代が変わるとかで先日申請を出したのですが、

ワタクシの場合の差額は一ヶ月100円アップ程度であまり変化がありませんが、

人によってはルートを変えたらかなり安くなったというパターンもありました。

値上げの有無は企業次第で、総じて寝上がる訳ではないのですね。

しかし値上がりするものが多いことには変わりなく、

今のうちに買わねばならんものは買っておこうと考た今日までのワタクシでした。

そのうち最も選択に悩んだのがキャリーケース。

その際、スーツケースとキャリーケースって別物だったってことを知りました。

スーツケース = ハードタイプ
キャリーケース = ソフトタイプ


で分かれているんですね。

ほほーぅ。

ゆえに今まで当ブログで表記間違いがあったと思われます。ごめんなさい。

実は先日の岡山旅の復路機内に荷物を預けたら、

キャスターが一つ破損しておりまして廃棄することにしたのです。

もともと、頻繁に全国出張をしていた時代に

途中で立ち寄った京都の伊勢丹で10,000円で買ったものでした。

安い割には使い勝手が良く、かなり使い込んだものだったのです。

さっさと粗大ごみ回収に申し込み、新規購入するつもりでした。

しかし、当初はデパートで買おうと思っていましたが、

スーツケースは数あれど、キャリーケースはなかなか無いのです。

ゆえにメーカーサイトで購入することにしました。

他に使っているケースが三つあるため、今回はセール品から選択。

ちょっと型落ちでも動けばいいし、入れば良いと考えているため、

10,000円程度値下がっているものを選びました。

メーカーサイトに会員登録すると500円分のポイントが貰えたので、

なかなかお手頃価格の買い物になった気もしています。

本体価格が万円代だと、一割の税はガツンと懐に衝撃を与えますもんね。

今のうちに買っておいて良かったです。

ってか、今までに買ったものも、

今までに買っておいて良かったとも思えます。

実はワタクシ、増税は致し方ないと思っている一人です。

自分は貢献できない少子化対策にも使って欲しいと考えています。

ワタクシの周囲に「老後2,000万円問題」があるから使わないという

後期高齢者の方が居られますが、

いや、あなたは今、老後を生きていますから!

あるなら使ってくれ、頼むから!

と内心思っております。

まあ、そんなワタクシの考えはともかく、

些細なものでも「増税前に」と考えてしまう今日この頃。

今月に入り、物干しハンガーを探し続けているのですが、

ピンチハンガーはスーパーで複数種類売っているのですが、

アームタイプはなかなか無いんですよね。

ホームセンターでも探してみたのですが、かなり大きかったりして。

致し方なく、Amazonで適当にポチっと買いしました。1,000円未満也。

花粉症だし高所恐怖症になっちゃったため室内干し派なのですが、

室内干し派の方々は、ピンチハンガーとハンガーで干しているんですかね?

気になって検索してみたら、浴室乾燥機を利用している人が多そうですね。

でもウチには無いからなぁ。(今は付ける予定もない)

今一番欲しいものは電動工具なのですが、1,000円代からあるものの

マニアに訊いたところ、ちゃんとしたメーカーのものを買った方が良いそうな。

頻繁に買い替えるものでもありませんし、当然の意見かもね。

現在吟味中なのですが、見れば見るほど訳か分からなくなる分野でもあります。

高いものは本当に高いし。

それゆえ、レンタルも視野に入れようと考えているところです。

今後益々レンタル分野が成長しそうですね。

江戸時代には「損料屋」というレンタル業者がいたそうですが、

そういう時代に再び突入しつつあるのかもなぁ。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

ウチから徒歩3分のところにあるヘアサロンにて髪を切って参りました。

普段は眼鏡を掛けているのですが、施術中は外さねばならず、

そうなると殆ど見えなくなるため、一日限定でコンタクトレンズを装着。

先日眼科でドライアイだけは改善していると言われていたのですが、

久々のコンタクトレンズは目に慣れず、違和感の連続でした。

そういえばこのコンタクトレンズの度は遠方に焦点を合わせたのだわ。

ゆえに目の中に入った睫毛が全く見えません。

つまりは老眼鏡を携帯せねばならんということですな。

今やVRの時代なんだから、

眼鏡もコンタクトレンズも自動補正してくれるものが欲しい。

目が見えないって、ほんと辛いの。

見えないまま歩いていると、バーチャルな街を歩いている感じがします。

現実感が薄くなるというか。

でも、髪を切って一番整っている時でもあるので、

ちょいと電車に乗って無駄に出歩いてしまいました。

帰宅後、目がめっちゃ乾燥。

久々にコンタクトレンズを装着すると、耐えられるのは数時間だけでした。

今後、ちょいちょいコンタクトレンズ装着日を設けないと、

歳とともにもっとレンズ装着が億劫になる気がする。

久々にショウウィンドウに映る眼鏡なしの自分を見て、

コンタクトレンズって若返るんだなぁとも感じました。

でも、髪を切ったからってこともあるかもしれん。

チラチラ見えていた白髪が隠れ、

リセットした気分になったので、

明日は秋物の服を探しに出かけようと思います。

と言いつつ、栗菓子を買って帰って来るだけって予感もする。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

本日は仕事関係の方々と浅草で飲んでいました。

新宿からタクシーで移動すると言われる前にメトロに向かったのですが、

新宿から浅草って30分もかかるんですね。驚きました。

ワタクシがなるべく浅草エリアで飲まないようにしている理由は、

この仕事関係の方が浅草好きゆえにこの地で遭遇してしまう率が高いからです。

ゆえに、これからも新橋の行きつけの赤提灯飲み屋で席を温めたいと思います。

さて、上の写真はとあるバーから撮ったものです。

すっごく良いところで気に入ったのですが、

二次利用禁止(他の誰かと来るのは禁止)と言われたので

残念ながら再訪は自粛しようと思います。

仕事関係の方なので、面倒は回避したい保守的なワタクシです。

このロケーションで察した方は、自力で行ってみてください。

外国の方が多いスポットで、確かに観光なら利用するだろうなぁと思います。

爽やかな風が吹く季節は、外がオススメだと思われます。

ちなみにワタクシは高所恐怖症ゆえ、端には座れませんでした。

色々と苦手なものがあるワタクシですが、

いちいち申告するのが面倒なので黙して耐えることも多々あります。

蕎麦アレルギーのように、黙しているとヤバいことになるものだけ申告しています。

でもまあ、大概忘れられちゃうんですけどね。

二次会は蕎麦屋で呑み直しと言われると、ササっと帰宅するようにしております。

この日も魚卵、白子などの料理に耐え、その後の高所飲みだったため、

全く酔えませんでした。

まあ、そんな日もある。

image
浅草寺ってライトアップするんですね。

【にほんブログ村】

別部署のT君から沖縄土産を頂く。

image

出勤時、会社のビル一階のエントランスで別部署のT君にバッタリ会った。

なんだかとっても久しぶりな気がする。しかも

「眼鏡じゃん」

と挨拶もせず開口一番思ったまま口にしたら、

「おはようございます。そうです、日替わりです」

と、いつも淡々としている彼は

身体をこちらに向けつつ淡々と仰った。

眼鏡とコンタクトを日替わりで付け替える男だったらしい。

彼は別部署所属ゆえ全く絡みがなく、

ウォーターサーバー前でしか会話をしない。

だから

「めっちゃ久しぶりって気がするわ」

とエレベーターに乗り込みつつ告げたら、

夏休みを一気に取って奥さんと石垣島に潜りに行っていたそうな。

フロアに着いてエレベーターから降り、

話しながら歩いていたら廊下の途中で突如立ち止まり、

「そうだ、savaさんにお土産があるんです」

と言いつつ彼はリュックの中から何かを取り出しなすった。

それが写真の珈琲。

いつ会うか分からんのに持ち歩いているところに、

何だかむず痒い笑いがこみ上げ、

「めっちゃ嬉しいわ」

と満面の笑みでお礼を言っておく。

すると彼はワタクシが持つ珈琲をひょいと摘んで裏面を向け、

「これ、ちょっと面白くて、サンゴを使っている珈琲なんです」

と言うもんで、

「サンゴ使って大丈夫なんかいな!?」

と驚いたら、

image

風化サンゴを使って焙煎しているんだそうな。

あらまあ、そうだったんですね。

「沖縄でしか売っていないものなんです」

と彼は熱く語っておりました。

そうかそうか。

これを買う時にワタクシのことをチラリと思い出してくれたんだね。

逆にワタクシは君にお土産を買って渡したことが無くて、

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだよ。

後から彼と同じ部署の女性に訊いたのだけれど、

彼が夏休みを取ったのは先月末のことだったんだそうな。

二週間近くもの間、

「いつか会うかも」と思って持ち歩いてくれていたんですな。

最近の若者はひねてなくて良いですなぁ。和みますわ。

とりあえず一日パッケージを眺め、

(ただ単に今日は飲む暇が無かったとも言う)

明日にでも飲んで、感想をフィードバックしておこうと思います。

そして今度どこかに行ったら、

個別パック入りご当地珈琲をお返ししようと思います。

って、サンゴ以上のインパクトは望めないけどなっ。


【にほんブログ村】

できれば近付いて欲しくないというお年頃。

image

毎日、汗、だくだくです。

加齢も順調に進行中。

ゆえに、できれば顔を寄せて話をして欲しくないと思っております。

パーソナルスペースは広めにお願いしたい。

お年を召されると耳が遠くなるようで、

思いっきり顔を近づけて話す方が多くなるのですが、

実はあれを相当苦手としているワタクシです。

相手が嫌いだからじゃないんです。

自分の臭気が気になるだけなんです。

汗拭きシートで拭いた後のアルコール臭も気になりますし、

そもそも汗をかいた後の自身の頭皮の臭いが気になります。

だから風上には立ちたくありません。

同性異性に関わらず、最近の若い人は近づいて話す率が高いため、

こちとらオバチャンだから、あまり近付かないでぇぇぇぇぇ~

と内心絶叫しているワタクシです。

しかし、ご高齢のオジサマ方は例外です。

自他ともに臭いを気にされる方は居ないと思われますし、

ご高齢のオジサマ方とは近付いて話すほうが

人間関係が円滑にいくことが多い気もしています。

ちなみに「排他域」という絶対的に他人を入れたくない範囲は

50cm以内だとされていますが、

ワタクシは80cmだと思っています。

また日常会話が行われる範囲は50cm~150cm以内ですが、

個人的には100cm以上は離れて欲しいです。

何度も申しますが、

相手が嫌いだからじゃないんです。

自分の臭気が気になるだけなんです。

最近は「DEOCO(デオコ)」という

"女子高生みたいな匂いがするシャンプー"

がオジサンたちに大流行しているそうですが、

それに至る気持ちは分からなくもない。

ちなみに自身の臭いを気にし過ぎることには呼称がございまして

自己臭恐怖症という強迫性障害の一種なのだそうです。

強迫性障害といえばワタクシは水音に神経過敏になるのですが、

会社のお手洗いでいつ遭遇しても、お湯をジャージャー流しながら

ずーーーーっと石鹸で手を泡立て続けている女性が居るのです。

手を洗い続けるのも強迫性障害の一種だろうと推察されますが、

「すすがないなら、お湯、止めとけよ」

と、お湯を出しっぱなしにする行為にイライラしてしまいます。

事業用ビルは水道メーターの呼び径が大きいんだから、

値段もその分跳ねあがるんだよ、と注意したくもなります。

ワタクシが支払っているわけではないので言いませんけど。

でもイライラするんですよねぇ。

水栓を全開にしなければ音もそれほど気にならないのでしょうが、

ジャージャーという音って結構耳にクル。

その音が長時間続くと本当にイライラしてしまいます。

だからなのかワタクシはその女性が苦手です。

神経質で無神経な人だと思っています。

その女性を苦手としている要因は本当は別にあるんですけどね。

それはさておき、この度、頭皮用制汗デオドラントを購入したので、

暫くそれを試して検証してから

パーソナルスペースについて再考しようと思います。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

今日はとても蒸し暑く、あまりにも汗をかいたので夕食を作る気になりません。

帰宅後、洗濯物を回して、クーラーをつけて涼んでおりますが、

停電がおきている地域での苦痛は如何ばかりかと思うものの、

身の安全を図る意味でもつけずには居られないほどの室温となっております。

ちなみに台風で強風が吹きつけている時はエアコンをつけてはならんらしいので、

あの日は寝汗と闘いながら一夜を過ごしておりました。

なんでも台風の日にエアコンを使うと故障する可能性が高くなるそうな。

室外機に当たる強風の方向によっては、

回転方向とは逆の方向に圧が掛りプロペラが破損するのだとか。

破損した羽根が突き刺さる場所によっては、かなり危険なことになるんですって。

常に「自分にも起こり得る」と考えてしまうタイプなので、

危機回避のために扇風機に頼っておりました。

台風明けに外出したら、街路樹の枝がバッキリと折れて落下しており、

これが直撃していたらそれなりの負傷になったろうなと想像しておりました。

撤去されていないってことは、誰にも知られずに落下していたということで、

無事で何よりです。

実はワタクシ、うっかり物干し竿を縛り忘れておりましたが、

翌朝見たら幸い二本とも所定の位置に収まっていました。ヨカッタ。

昨日は会社自体が休みだったため、本日が台風後の初出勤だったのですが、

千葉県在住者は通勤に2時間かかっており、台風の爪痕の深さを感じました。

と言っても、無害なエリアに住んでいると想像の域を出ないんですけどね。

申し訳ない。

それにしても、熱帯魚など、電力を使う生き物を飼っている人は

停電中はどうしているんだろう?

知人は自家発電機を持っているらしいのだけれど、

そういうのを持たない人はどうするのかな。

ちょっと気になる。


【にほんブログ村】

今日は会社が休み。

image

本日は会社が休みです。

台風後の出勤の大変さを考えれは幸いなれど、

今日はイベントで関西から来客があるため、

その方が開催時間に間に合うのかという点は心配。

と思っていたら、東海道線が運転再開してました。

意外と大丈夫そうですね。

今月は、来週・再来週ともに週休三日になるため、

仕事が詰まって嫌だなぁと思っていたのですが、

汗を流しながら満員超過電車で出勤する苦行を思うと、

今日のような日に休みなのは有難いです。

午後からは暑くなるらしいので、

大きめのハンディファンを持って出かけようと思います。

それにしてもウチの近所が平日とは思えないほど静か。

周囲の会社も休みなのかな。

ってか、子供の声すら聞こえないので、

学校も休みなのかも。

ほんと、静かだ。

ってか、静か過ぎる。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

本日は文楽の会でございました。

今年は国立劇場に架かる頻度が高い気がしておりまして、

今回で3度目。

家から近いので有難いのですが、今日は暑くて汗だくになりました。

で、劇場内は寒すぎる、と。

仕事がらみの方が居られたり、飲み会だけの方が居られたり、

そもそもこの会でしかお会いしない方も居られます。

本日の演目は心中ものだったのですが、

主人公がクズ過ぎてツッコミどころ満載でした。

最近は、耳に心地良い太夫の声ってのが自分なりに出てきまして、

太夫の役割って大事だなぁと感じるようになりました。

それにしても、人間国宝がごろごろ居る舞台って文楽ぐらいじゃないか?

と思い始めているところです。

なかなか奥が深く、興味深いのですが、

食後はついつい睡魔に負けてしまうワタクシです。

さて、明日は休業日でして、

台風の影響で8時まで止まると言われている通勤電車に乗りません。

しかし夜にイベントがあるため、その手伝いで午後から出歩く予定です。

今夜から暴風雨だと聞いているので、

マンション内の規定の場所にゴミ出しを済ませておきました。

午前中は一歩も外出しない気満々です。

洗濯も済ませ、入浴も済ませ、あとは就寝するだけ。

本格的な暴風雨を聴くことなく爆睡したいと願っております。

ワタクシ、水音があまり得意ではなく、

耳にしているうちに眠れなくなっちゃうんです。

ミソフォニアだったりして?

今はとても静かなウチの近所。

神田川の警報を聴かずに眠れたらいいなと思っているところです。

image
文楽にもゆるキャラが居た。


【にほんブログ村】

シェアサイクルに登録してみた。

image

シェアサイクル(サイクルシェアなどの名称もあり)に登録してみました。

自転車をシェアするシステムのことで、

レンタサイクルと違う点は、手続きがスマホで出来るというところ。

また、一日貸しの料金ではなく、使った時間だけの料金で済む点や、

複数のサイクルポートで利用・返却ができる点、

普通自転車ではなく、電動アシスト自転車である点も異なります。

遠くまで自転車で出かけて、ポートで乗り捨てができるのは、

疲れたら帰りは電車利用もできる可能性も含んで気楽でいいですね。

都内でよく見るのは、「ドコモ・バイクシェア」。

自治体とNTTドコモが提携する、あの赤い自転車です。

他に、

ソフトバンクグループによる「HELLO CYCLING

京阪電鉄などの3社が提供する「PiPPA(ピッパ)」

ベンチャー企業が経営する「COGICOGI(コギコギ)」

以前はメルカリの子会社が運営していていた「メルチャリ」

中国の企業で世界に広がりを見せる「Mobike(モバイク)」などもあります。

どの業者を選択するかは、

①サービス提供エリアおよびポートの場所を確認する

②支払い方法を確認する(ワタクシはdocomoが面倒でした)

③時間ごとの価格を確認する

スマホでサイトを見て気に入った業者があればアプリをDL。

各ポートにある使用可能な自転車の台数などがアプリで確認できるので、

それを見て、予約を入れることができます。

予約はポチっと押した時から30分キープできるよってものなので、

前日から予約しておくってのは無理っぽいです。

業者によるのかもしれませんが。

また、利用者が多いエリアだと借りたくても借りられないことも発生します。

その点にも留意しておいた方が良いかも。

返却する際は、ポートが埋まっていないかアプリで確認する必要があります。

埋まっていると返却できないので、別のポートに返却する羽目になるかも。

都内だとポート間は近い場合が多いのですが、

地方だと一駅離れているところもあるので大変です。

しかし、そういう面倒があったとしても、

レンタサイクルで書類を書いて、

身分証明書をコピーされることを考えれば、

断然ラクだと感じます。

認知度7割というほと、急速に普及しつつあるシェアサイクル。

物を買わずに借りるというこの時代に合っているだけでなく、

SDGs(エス・ディー・ジーズ)の目標に即したシステムかもしれません。

それにしてもSDGs(エス・ディー・ジーズ)の認知度の低さって、

こんな状態で2030年は大丈夫なのか? と不安になるレベル。

メディアがもっと頻繁に取り上げるべきだ話題だと思うのだけれど。

まあ、そんなグローバルな話題も含みつつ、

シェアサイクル生活の第一歩を踏み出してみようと思います。

そして今後粗大ごみ料金が改訂される可能性を感じるため、

今月中に古い自転車を粗大ごみに出すべく予約を入れた次第です。

ぼちぼちクロスバイクが年齢に合わなくなってきたと感じておりまして、

電動アシスト付き自転車に強く魅かれる今日この頃。

駐輪スペースを考えると、

買うより借りるがワタクシの生活では正しい気がする。

image
小山市では「HELLO CYCLING」と提携。
2019.9月現在試用期間中につき無料で借りられます。

【にほんブログ村】

スイカの季節は終わったのか?

image
山形の尾花沢スイカサイダーがオススメです。

冷蔵庫に入っていた巨大な桃を食べたら大変満腹になりました。

ゆえにこれをもって今年最後の桃に致そうと思います。

ぼちぼち「今年最後の」夏を感じさせるアイテムが姿を消しつつあります。

その一つがスイカ。

スーパーには葡萄と林檎が並び、スイカの気配は消え去りました。

しかしウチの冷蔵庫にはいくつかのスイカジュースが入っているため、

それを「今年最後のスイカ」と致そうと思います。

さて、写真のスイカジュース。

image
右はスペインが原産国のスイカジュースでして、原材料名は、
スイカ、レモン、スイカエキス、レモンエキスとなっております。
果汁は82%。

スペインのスイカジュースの説明文には、

「甘さ控えめのスッキリしたウォーターメロンウォーターです」

とあるのですが、「ウォーターメロンジュース」じゃないんかい?

と、その微妙さに小声でツッコミを入れたくなるのです。

果汁82%ってことは、残り18%が「エキス」ってことで、

ここに「水」が入っているのかもと推察しているところです。

ほんと、スイカジュースの原材料名は見るのが楽しいです。

それはミックスジュースでは!? という内容のスイカジュースがあったりもして。

さて、写真の缶入りのスイカサイダーは山形土産の定番品ですが、

有名なだけあってやっぱり美味しいのです。

果汁はスイカ以外にグァバが入っているようです。

ってか、

グァバなの? クアバなの?

同様に

グァムなの? グアムなの?

と、毎度ちょっと引っかかります。

それはそうと、山形県の尾花沢市は、夏スイカ生産量日本一なんだそうです。

夏スイカってわざわざ言わなくても良くない?

と思っていたら、冬スイカってのもあるらしいですね。

初めて知りました。

熊本県で作っているらしいです。

先ほどこのジュースを「今年最後のスイカ」と致そうと言いましたが、

前言撤回。

冬にもスイカが出回るのなら、一度冬にも食べてみたいです。

年末年始の家籠り計画の愉しみに、

ネットでポチっと押しちゃうかもしれん。

ってことで、「今年最後」は桃だけに致そうと思います。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

大毛蓼

ワタクシは殆どテレビを見ません。

ラジオも聞きませんし、音楽も聴きません。

万年留守録設定ですし、

ビルのモスキート音は超絶苦手です。

寺院の鐘の音も、風鈴の音も、車のクラクションも嫌い。

静かな環境をこよなく愛しております。

最近「そうではないか?」と思い始めているのが、

聴覚過敏症。

重度ではないけれど、

引っかかっている気がします。

昼寝中に自分の寝息が頭の中で響いていることもあります。

(鼾ではない)

ちなみに、

「自分の声や呼吸音が耳や頭に響いてしまう」

という症状は、

耳管開放症(じかんかいほうしょう)という病気らしいです。

顎関節症の人がなる確率が高いのだとか。

完全に治るという治療法はないため、

もし自分がそうだったとしても放置しておこうと思います。

音に対して自衛すればいいかと考えているからです。

その点、一人暮らしは有難い。

誰かが響かせる音を拾う率がかなり低いのがその理由です。

一人で居る時に耳ら入る音は、エアコンとキーボード、

換気扇と冷蔵庫などの家電が発する音ぐらいです。

屋外で鳴っている音を拾いはしますが、

一過性のものが多いので我慢できます。

しかし我慢できなかったのは、下手っピなスケボーの音。

あれが深夜に道路から聞え続けた時は通報しようかと思いました。

先にご近所さんがキレて怒鳴っていたみたいですけど。

子供がやっているのかと思いきや、犯人は成人男性でした。

いつまで経っても上手にならないらしく、

毎度ガタンガタンと失敗しまくっている音が響いていました。

ある日ある時、ワタクシよりもかなり年上のオバチャンに叱られ、

その後鳴りを潜めました。

今はツーリストのキャリーケース音の方が響いている気がする。

ちなみにキャリーケースの平均騒音は、だいたい80dBらしいです。

ストレスに感じ難い騒音は40から60dBまでなので、

明らかにストレスになり得る音ですね。

東京都の環境確保条例で定める騒音規制基準によると、

第三種区域(近隣商業地域)の場合、21時から翌朝6時までは

40dB~50dBまでに抑えねばならんっぽい。(間違ってたらゴメン)

そんなこんなで周囲を煩がっているワタクシですが、

実は、クシャミ大袈裟なのです。

平均は80dBらしいですが、たぶん100dBぐらいあるんじゃないかな。

自分のクシャミが頭に響いてツライ・・・

音って忽せにできませんね。

夜間はなるべく気配を消して生息したいと

心から思っている今日この頃です。


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image

昨日、唐突に眼鏡が壊れました。

鼻パッドがポロリと取れてしまったのです。

その日の晩に飲み会があったことと、

そもそも近くを見るための眼鏡であったため仕事ができず、

急遽、半日夏休みを申請して日本橋に向かいました。

行きつけ(?)の眼鏡店に駆け込んだら、

ベテランさんが鼻パッドを新しいものに付け替えてくれました。

無料で。

(鼻パッド交換って500円から800円ほどするようです)

その後、近くのものを見ようとその眼鏡を取り出したら、

鼻バッドの向きが天地逆に付いていて驚きました。

でもなぁ、ベテランさんだったしなぁ、こんな単純ミスはしないよなぁ。

とポジティブに考えてみましたが、

ネットで画像検索するも、やっぱり天地が逆っぽい。

もしかしてこの付け方をするのは鼻が低い人の為なのか?

とネガティブに考えてみたり。

image

さて、飲み会と言えば、昨年から実践しているのが事前の油摂取。

写真のココナッツオイルを愛用しておりまして、

これを呑み会の前に飲むと悪酔いしないとワタクシと千葉県民Tの間では評判です。

胃に油でバリアを張るのか、アルコール吸収が穏やかであると感じます。

ワインを飲む前にオリーブオイルをスプーン一杯舐めるという

イタリア人の教えは正しかった。

まあ、そんなこんなで呑む前に飲む。

オススメです。



【にほんブログ村】

スマホ放置ゲーム『ツキの冒険 (Tsuki)』に癒され中。【石集め?→完了】

image
今回は石を集めるイベントなの?

『ツキの冒険』というGoogle Playの放置系ゲームがオススメです。

先日大幅なバージョンアップがされたようですが、

ただのキャンプイベントだと思いきや、

ツキが石を集めているようなのです。

いったい何個石があるのかは謎ですが、風水火はあったので、

他に木とか金とかありそうだなと思っているところです。

image
神社の炎をタップすると石がゲットできました。
※炎は出ていたり消えていたりランダムになっているようです

しかし、森から出ると石は消えるみたい。

image
古代の神殿でもらえる石は「地」でした。
※水のゲージがバッテリーに呼応していて、100%になっていないと石は貰えないようです。

image
石(ルーン)は合計4つなのか?


その後、一気に石を4つ集めたものの、どこに向かえばいいか分からず・・・


image
やっとこ抜けた。

image
洞窟のヒントを頼りに石を納める場所を探すことにしました。

image
ようやく達成しました!
アイテムget!

この後、森を抜けるとやっぱり石(ルーン)は消えていましたが、

アイテムは無事です。

今までありがとう、カップ麺!

image
夜の森は怖い。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。