sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

食物万歳

日本全国のご当時鍋や汁物をラインナップした「ゆかりのtabete」という乾燥スープが気になる。

image

日本全国のご当時鍋や汁物をフリーズドライにした「ゆかりの tabete」。

ホテルメッツ秋葉原1階にオープンしたNewDays秋葉原で発見しまして、

5つ選抜して購入してしまいました。

日本全国ってことは、たぶん47種はあるのだと思われます。

そのうち、居住地の東京、大阪を選択し、

その後、好きな都道府県第一位の富山のものを選び、

残りは気になる味で選びましたが、

ネット通販での人気ランキングにはいずれも入っていませんでした。

image
[ゆかりの東京 深川丼風あさりのお味噌汁 248円(税込)]

image
[ゆかりの 大阪 肉吸い(豆腐入り)  216円(税込)]

image
[ゆかりの 富山 富山県産白えびのお椀  216円(税込)]

image
[ゆかりの 湯布院 かしわ汁 216円(税込)]

image
[ゆかりの 香川 国産真鯛のブイヤベース  324円(税込)]

香川が意外にお高いです。

鯛だからかな?

ちなみに人気投票第一位は「仙台の牛テールスープ風」、

第二位は横浜の「紅ずわい蟹入りふかひれスープ」でした。

なぜに横浜で「紅ずわい蟹」なのか謎は深まりますが、

いずれにせよ、全ての味を試してみたいものです。

蛇足ですが、NewDays秋葉原のセルフレジを利用すると、

5%引きになります。

たぶん期間限定なので、今が買い時かも。



【にほんブログ村】

ローソンの「ドルチェプリン」がうまうま。

image
[ドルチェプリン 248円(税込・軽)]

ローソンで先月から販売中の「ドルチェプリン」がうまうまです。

見つけ次第買うようにしているのですが、

ウチの近所だと売り切れ率が半端ない。

母にオススメしようと探していたのですが、

9月の滞在中には入手できませんでした。

会社の近所のローソンなら、

早朝に行けば入手可能であるため

食す頻度は会社に居る時の方が多いです。

image
プリンとは言ってもプルプル・ツルツル食感ではなく、
もったり・ぬっちりした食感です。
カラメル味が良い感じ。


image
スプーンを付けてくれるので、それで食べます。
手で持つとカラメルが手に纏わりついて惨事になります。

レアとベイクドの丁度中間って感じの食感。

プリンとチーズケーキの間って感じの味です。

9月は関東限定販売だったらしいけれど、

今はどうなのかな?

いつまで販売されるものなのかは不明ですが、

オススメです。



【にほんブログ村】

埼玉県草加市『源兵衛せんべい』と『米重せんべい』の草加せんべいを買ってみた。

image

埼玉県草加市は日光街道の草加宿があったところ。

街道沿いには煎餅屋が今も立ち並んでいます。

子供の頃、大阪から転向して行った友達が草加に住んでおりまして、

お宅まで遊びに行ったことがあります。

駅前に空き地が多かったと記憶しているのですが、

記憶を掠りもしない街並みとなっていて何も辿れませんでした。

ゆえに、草加せんべいを買って帰ろうと思った次第です。

帰りにお土産に持たされた記憶があるのですが、

あれは帰り道にあったお煎餅屋さんで買ったものでしたっけ。

路面直ぐに品物が並んでいた、素朴な店構えだったような・・・。

まあ、35年ほど前のことなので記憶は断片的ですし、

そもそも昭和時代のことなので、

記憶に合致する確率はかなり低いんですけどね。

さて、改めて埼玉県の草加市について。

人口は、さいたま市、川口市、川越市、所沢市、越谷市に次ぐ県内6位。

日光街道沿いの草加宿の外れは水田地帯だったため、稲作が盛んでした。

米を団子状にして乾燥させた保存食を、

江戸時代に草加宿で販売したのが草加せんべいのルーツだそうです。

今回ワタクシが購入先に選んだのは、『源兵衛せんべい』と『米重せんべい』。

それぞれ甲乙付け難い美味しさです。

『源兵衛せんべい』ではバラ(一枚90円・税込)を、

『米重せんべい』では6枚入りの海苔煎餅(648円・税込)を購入しました。

image
『源兵衛せんべい』の袋は画期的です。
指定されている緑の部分を手で切ると・・・


image
スルーっと綺麗に袋が切れます。なんか気持ちいい!

『米重せんべい』の海苔煎餅も良い感じです。

海苔が高いこのご時世に、べろりと片面に貼られている海苔。

味は濃すぎず、薄すぎず、食感も良い感じ。

流石に本場の草加せんべいは美味ですわ。

双方、また買いに来るかもしれん。

学生時代、東京駅で草加せんべいを買って帰阪したものですが、

今では東京駅の何処で草加せんべいを売っているのか分かりません。

それぐらい意識にない。

東京駅で買えるお土産は当時から比べると爆発的に増えていますもの。

ちなみに今回選んだ二店はホームページなどがありません。

地元密着型の百年越え名店なんだと感じました。

草加駅までは、日比谷線&半蔵門線直通。

なかなか便の良い街ですが、観光地って訳ではなさそうなので、

足を運ぶ際は、草加せんべい買うためだけに行くってことになりそうです。



image
【源兵衛せんべい】

埼玉県草加市神明1-2-26
営業時間 9:00~18:30
定休日:不定
創業:明治3年(1870年)

image
【米重せんべい】

埼玉県草加市神明1-10-1
営業時間 9:00~19:00
定休日:不定
創業:明治38年(1905年)


【にほんブログ村】

O氏夫人からフランス土産を頂いた。

image


ワタクシとほぼ同い年のO氏。彼の奥様がフランスに行っていたらしい。

O氏も同行したとは聞かないので、たぶんお友達と一緒かなと推察してみたり。

今朝出勤したらO氏が席までやって来て、

「これ、うちのかみさんから」

と言って紙袋を渡された。

「へ?」

と変な声を出したら、

「フランスのお土産だって。前回ロクシタンのを貰ったからって」

という説明をされ、

いやいやいやいや、その時お返しにカナダ土産を頂いたわいな。

と貰い過ぎ感に若干焦るワタクシ。

袋を覗いてみたらお菓子が入っていました。

「うわぁ、ラングドシャだぁ! めっちゃ嬉しい!」

と興奮するワタクシ。

(よく見たらクッキーでした)

image
ケースには「ラ プティット キュイエール(La Petite Cuillère)」と書いてある。
@Poilâne(ポワラーヌ)

北マレ地区にある老舗パン屋(洋菓子もある)らしいです。

毎度思うが、O氏夫人はグルメなんだと思う。

ワタクシとは方向性の違いを感じるものの、

頂くものにハズレ無しって気配がするもの。

image
オマケにお茶も付いている!
しかもクスミティー!(デトックス茶)

こんなん選ぶ人って、女子力高そうだわぁ~。

絶対、ビジュアルもワタクシとは真逆だと思うわ~

(O氏が一般的にイケメンと言われているので特にそう思う)

image
ラ プティット キュイエールのセットには
ホットチョコレートと書かれたパッケージも入っていました。

甘いお菓子とドリンクを飲んだ後に、デトックスティーを飲む。

もう、至れり尽くせりです。

こういう気遣いができるなんて、絶対良い人やん。

帰宅後、やっぱり嬉しくてO氏にメールを送り、

改めて奥様にお礼を伝えて貰いました。

スプーン形クッキーは、

一緒に入っているココアに浸して食べると美味しいそうな。

その他のレスポンスもハートウォーミングでした。

やっぱり良い人だと思う。

一度飲みに行こうと(十年ぐらい)言い続けているのだけれど、

誘うとしたら、お店を十分吟味せんといかんかもなぁ。



【にほんブログ村】

国分寺市『THIS IS THE BURGER』のゴルゴンゾーラ バーベキューに足したり引いたり。

image

今日は通院day。

ランチタイムに国分寺駅前の『THIS IS THE BURGER』に立ち寄りました。

この辺りでは人気のハンバーガーショップらしいです。

なぜ選んだかというと、ゴルゴンゾーラチーズのメニューがあるから。

しかしそれだけだと物足りないので、ちょいとカスタマイズしてみました。

image
基本はゴルゴンゾーラ バーベキュー 830円。
(パティ トマト ゴルゴンゾーラ BBQ ソース タルタルソース)
トマトを抜いて、他のものをトッピングしています。


image
追加したのはアボカド(150円)とレタス(60円)。
ゴルゴンゾーラの追加は200円ですが、それを忘れてた。


image
こんなビジュアルになりました。

image
バンズは、ノーマルかブリオッシュ(+50円)か選択できます。
今回はノーマルを選択。


image
コーンスープS 100円。

思いのほか早く出てきたなぁと思ったら、それなりの冷たさでした。

パティは熱々って訳ではないのがデフォルトなのか、

冷たいものに挟んだから熱々では無くなったのか、

よく分かりません。

ゴルゴンゾーラチーズは塩気のみで感じる程度。

ガッツリとゴルゴンゾーラチーズを食べたい時は追加する方が良いかも。

価格はかなり良心的です。

だからこれはこれでアリなんだと思う。

でも、久々にアイコウシャに行きたくなりました。

週末に行ってみようかなと思ったら、土日祝が定休日になってた。

仕方がないので、次の通院dayにランチ候補にしておこうと思います。

image



image
【THIS IS THE BURGER(ディスイズザバーガー) 国分寺店】

東京都国分寺市南町2-16-21 (JR国分寺駅南口徒歩1分)
営業時間11:00~22:00
定休日:無休
※カード不可,電子マネー不可
https://this-is-the-burger.com/


【にほんブログ村】

神楽坂『Lantern burger(ランタンバーガー)』で今度はアボカドチーズバーガーを食す。

image

母と一緒に(半ば強引に)ランタンバーガーにやって参りました。

ワタクシがここのハンバーガーを食べたくて仕方がなかったためです。

時間がズレていたからか今日は空いていて、のんびりとランチを楽しむ・・・

ってよりは、べろんごっくん、って感じに丸のみする勢いで食べてしまいました。

食べ終わって母が食べるのを見守る時間が長かったワタクシです。

image
アイスコーヒーを選択。

image
[アボカドチーズバーガー 1,280円]
Avocado Cheese Burger
チェダーチーズがカリカリで美味。


image
アボカドのとろりとした食感と、パティの肉肉しいジューシーさと食感。
トマト抜きにして貰っていますが汁気タップリなのは肉汁ゆえかと

今回はチーズが付いている分、バージョンアップ感があります。

鉄板でパティをミディアムに焼いており、ついでにバンズもカリッと熱々です。

二度目ですがガッカリ感もなく、また来たいと思いました。

土日しか行けないから、ここでランチを食べるなら家から遠くには行けないけれど、

たぶん今年中にもう一度足を運びそうな気がしています。

次回は何を食べようかな。



image
【Lantern burger(ランタンバーガー)】

東京都新宿区津久戸町1-14
営業時間11:30~15:00(L.O.14:30),[土日]11:30~16:30(L.O.16:00)
定休日:月曜

※18:00~24:00は「酒処ランタン」として営業(定休日:土・日・月曜)
http://lantern-burger.favy.jp/
https://www.instagram.com/sakedokoro.lantern/


【にほんブログ村】

港区白金台『VEGETABLE LIFE(ベジタブル ライフ)』は港区郷土歴史館等複合施設内にある休日穴場カフェ。

image

本日は白金台にある港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」を見学しておりました。

昨年11月にオープンした施設だそうで、先日カフェでパンフレットを見て知りました。

そこで本日の目的地に定めた次第です。

朝から三時間ほど建物内を見学し続けて疲れたため一階にあるカフェで一休みすることに。

施設のエントランスが二階にあるため、

カフェがある場所が一階なのに地下なんじゃないかと錯覚しそうでした。

ここは旧国立公衆衛生院だった時代に食堂だった場所です。

腰壁はタイル張りで高級感があります。

そう。ここは歴史的建造物内にあるカフェなのです。

image
タイルが貼られた腰壁は圧巻です。

image
月替わり、週替わりでメニューが用意されているようです。

image
明るくて開放的な空間。

image
マグは大きくて珈琲もたっぷり飲めます。

image
ここは八芳園が手がけているんですって。

image
来月のスープ(下)に興味を示す母。
しかし今月のスープは上なのです。


image
で、ピュアホワイトの冷製スープを飲んでみた。
300円(税別)です。
ピュアホワイトってトウモロコシだったんですね。
ぶつぶつ具合が若干苦手なワタクシはあまり手にしない食材です。


image
さりげにスプーンレストが付いている食器でした。
(へこみがあるってことね)


image
床も一部補修されています。

image
古い床は釘が木製です。
なんかトキメク。


image
「秦山(たいざん)タイル」ではないかと言われているそうです。
※昭和初期に京都にあった泰山製陶所が製造したものでファンが多い

空間が大変気に入りましたので、ぼーっとしたい時に再訪しようと思います。

珈琲も税別300円でした。

港区の施設なので平日は混みそうですが、日曜日の今日は空いていました。

歴史的建造物に接しながら、カフェタイムを過ごしたい時にオススメです。

image
[旧国立公衆衛生院]
現・港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」


image
【VEGETABLE LIFE(ベジタブル ライフ)】

東京都港区白金台4-6-2 ゆかしの杜1F
営業時間 9:00~17:00,[土] 9:00~17:00
定休日:第3木曜(祝日は開館、前水曜休)、年末年始、特別整理期間
※Suicaが使えます
http://www.vegetable-life.com/


【にほんブログ村】

港区白金台『SHIROKANE | LOUNGE』という早朝たった3時間しか開いていないカフェ。

image
9時ちょい前には既にクローズになっていました。

本日は早朝から母と白金台に居りました。

目的は「ゆかしの杜」という港区の施設見学だったのですが、

その前に『SHIROKANE | LOUNGE』という

6時30分から3時間しか開いていないカフェで朝食を頂いて参りました。

image
レジで先に注文&支払いをしてから席に着きます。

image
ドリンク類は選べますが、シンプルにホットコーヒーにしました。

image
モーニングセット 500円(税込)

image
ふわっふわのパンケーキが付いています。
メープルシロップに付けて食べると、ウマウマ~

白銀在住のご近所さんたちがワンちゃんを連れて集うカフェのようです。

よく躾けられた毛並みの美しいお犬様たちが静かに店内で座っております。

いいなぁ~、犬。

猫より犬派であるワタクシは、

お犬様たちがちょっかいを掛けてくれないかと待っておりましたが、

どのお犬様も主以外には興味が無いようでした。

まったりと読書をしつつ珈琲とパンケーキを食し、

胃袋が満たされたところで目的地に向かうべく席を立ちました。

モーニングの旅は二度目ですが、

そのエリアの日常が垣間見えて、ちょっと楽しいかもしれん。



image
【SHIROKANE | LOUNGE】

東京都港区白金台5-13-26
営業時間 6:30~9:30,冬季営業(11月〜2月)7:00~9:30
定休日:不定
https://www.shirokanelounge.com/


【にほんブログ村】

「日本橋ロカボ祭 2019」スタンプラリーでゆで卵を貰って来た。

image
JA全農たまご(株)のブースでアンケートに答えて貰ったゆで卵。

日本橋から築地に移動するリミットまでに若干空き時間があったため、

偶然見かけた「日本橋ロカボ祭 2019」のスタンプラリーに参加してみました。

スタンプラリーと言いながら、集める気は無かったので、

アンケートに答えてモノが貰えるJA全農たまご(株)のブースに立ち寄りました。

一番人気はグリコだったのですが、ものごっつい長蛇の列だったのと、

これからランチに出かけようという時だったのでスルーしました。

ちなみにロカボとは、「おいしく楽しく適正糖質」を標語に、

極端な糖質抜きではなく、緩やかな糖質制限を推奨するものだそうです。

ロカボナッツぐらいしか知らんかったので、

意外とロカボフードってあるもんなんだなぁってことを知りました。

「日本橋ロカボ祭 2019」は9月28日(土)と29日(日)の2日間開催です。

日本橋に行く用事があれば、明日あたり如何でしょう?

我が家では母と二人で参加したもんで、ゆで卵が4個あります。

そういえば卵の黄身を食べること強要、推奨されていたんだっけ。

ほとぼりが冷める前に、すっかり忘れてた。

とりあえず思い出したので、貰った卵を食べておこうと思います。


【にほんブログ村】

築地2丁目『築地鉄板焼 Kurosawa』は古民家をリノベーションした隠れ家っぽい料理店です。


image

以前から気になっていた築地のクロサワに行って参りました。

建物が興味深かったのでチェックしていたのですが、

ここは大工棟梁ではなく建築家が設計した近代和風建築なのです。

入母屋造で、下見貼り板に覆われた外壁はどっしりとしていて圧巻。

玄関を中心に左右対称の建物が特徴的です。

現在は鉄板焼きのお店としてリノベーション活用されております。

至る所に黒澤明監督の写真が飾られていますが、

ご子息がプロデュースしたお店だからという理由らしいです。

image
内部も漆喰塗りでなかなか落ち着く空間となっております。

image
土曜・祭日限定メニュー(月替わり)の「ランチ明コース」を選択しました。
税・サ別で5,000円のコースです。(この価格で中間ランクになります)


image
[Appetizer]
シェフおまかせ小前菜


image
[Seafood]
本日の旬鮮魚介のソテー
肉厚のサーモンをミディアムに焼き、サーモンの皮をパリパリに焼いた一品。
ソースはエビだそうですがチョイ味濃いめ。


image
[main&Vegetables]
出来上がったものからお皿に乗せられてゆきます。


image
Kurosawa 特製フォアグラ入りハンバーグ
肉肉しい食感のハンバーグでした。
こちらもソースは濃いめ。


image
黒澤特選黒毛和牛のサーロインとガーリックのチップ。
ワタクシはミディアムな焼き加減でと依頼しました。


image
徐々に埋まって行くプレート。

image
ハンバーグを食している間に野菜が載せられました。
ハンバーグソースの濃さは、半熟卵で中和されるっぽい。


image
[Rice]
白米の他にガーリックライスにすることも出来ると聞いたので、後者を選択。
目の前の鉄板で作ってくれます。製作過程がエンターテインメント。


image
お漬物は白米を選んでも付きます。

image
お味噌汁の代わりに、
鶏がらスープでガーリックライスをお茶漬けにすることも出来ます。


食後のデザートは場所を移動し、二階のバーラウンジで頂きます。

移動するのは1階を利用した客のみで、2階の客は部屋を移動せずに供されるらしいです。

image
[Dessert]
ガトーショコラとカシスとバニラのアイス。
ドリンクは珈琲、紅茶、エスプレッソ、ハーブティから選べます。

担当シェフが付き、目の前で調理してくれます。

焼いている手元が鮮やかで、つい見入ってしまったり。

シェフによって力量に差があるのかは謎ですが、

我々を担当してくれた方はなかなかだったと(上から目線ですが)感じました。

帰りは表に出て見送りまでしてくれ、

どこぞの料亭みたいだなぁと思ってみたり。

ちょうど年末の忘年会の場所を探していたため、ついでに予約を入れました。

これで年末まで安心して過ごせそうです。

image



image
【築地鉄板焼 Kurosawa】
(旧中村家住宅)
東京都中央区築地2-9-8
営業時間 [平日] 11:30~15:00,17:00~23:00
[土祝] 11:30~15:00,17:00~22:00
定休日:日曜、年末年始
http://9638.net/tsukiji/


【にほんブログ村】

港区六本木『ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ』で珈琲ではなくレモネードを飲む。

image

ブルーボトルコーヒーに入ったのは初めてかもしれません。

と思ったら、万世橋にあるカフェもブルーボトルコーヒーだったんですね。

今まで意識したことがなかっただけだってことが発覚しました。

実は本日、六本木に居たもんで、ちょいとのどを潤すべく入店。

シンプルな店舗は清潔感があり、

カウンター席は落ち着けるしで、良いなと思いました。

注文して、出来上がると呼び出してくれるのですが、

支払い時に名前を告げねばならず、若干躊躇いました。

馬鹿正直に本名を告げましたが、(レシートにも名前か入ってます)

「Aです」

と言ったらそれで呼び出してくれたんだろうか?

とちょい妄想しちゃいました。

image
レモネード 594円(税込)※2019.9月現在

コーヒーメニューの中で目に付いたのがレモネード。

最近よく飲んでいる気がするのですが、

ワタクシ、疲れているんですかね?



image
【ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ】
BLUE BOTTLE COFFEE

東京都港区六本木7-7-7 Tri-SevenRoppongi B1F
営業時間8:00~20:00
定休日:基本無休
https://bluebottlecoffee.jp/


【にほんブログ村】

港区六本木『DEMMERS TEEHAUS(デンメアティーハウス)』でザッハトルテを食べてきた。

image

ウィーンの最高級ホテル「ホテル・ザッハー」のカフェで提供されている紅茶は『デンメアティーハウス』のもの。

その『デンメアティーハウス』のアジア1号店が六本木にあります。

本日は六本木で講習があったので、チョイ空き時間に立ち寄って参りました。

有名なホテル・ザッハーのザッハトルテが食べられるのかな? と思ったからです。

学生時代にウイーンに研修旅行で行きましたが、

当時はインペリアルトルテにハマっていたため、ザッハトルテはスルーしていました。

若干懐かしいと感じる思い出のケーキではあります。

ちなみにここのザッハトルテはホテルのものとは特に関係はなさそうです。

店内もショウウィンドウも撮影禁止。

しかしちょいとお断りを入れて、供されたもののみ撮らせて頂きました。

image
紅茶は「ザッハブレンド 800円(税込)」を選択。

image
ザッハトルテ 550円(税込)

ものごっつい久々どころではなく久々にチョコレートケーキを食しました。

基本チョコレートケーキは食べませんので、

どれぐらいぶりなのか記憶にないほどです。

ザッハトルテを食べた感想は、「ふむふむ、なるほど」というものでした。

そういえばデメルのチョコレートケーキも甘かったっけ。

帰りがけにフルーツフレーバーティーをお土産に購入致しました。

先日、練馬の蜂蜜を頂いた方におかえしをしようと思って。

ティーバッグはそれほど種類はないものの缶入り(税込2,100円)で、

なかなか良い買い物ができたかなと自画自賛中です。

自己満足なので、喜んで頂けなくても無問題です。




image
【DEMMERS TEEHAUS(デンメア ティーハウス)】

東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル1F
営業時間 11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:無休
※6歳未満の子供のカフェ利用不可
http://www.demmer.co.jp/


【にほんブログ村】

新宿区四谷1丁目『志乃多寿司』が甘々じわわって感じで美味。

image

創業して90年になる老舗『志乃多寿司』。

稲荷寿司とかんぴょう巻きの二つだけを売るテイクアウト専門店です。

久々に食べたくなったので、予約して会社帰りに買って参りました。

ついでなので、千葉県民Tに差し入れ。

おやすいおすしですし。←言いたいだけ

image
フードパックだと一人前490円。
注文を受けてから作るシステムなので
閉店間近の受け取りの場合は予約がベターかも。


image
甘めの味付けなので、疲れている時に丁度良く感じます。
汁気たっぷり、でもご飯はほろほろ。

母がスープを作ってくれていましたので、

これと併せて、いただきました。

あっという間の完食。

丸のみした気もしています。

美味しかった。

また食べたい。



image
【四谷 志乃多寿司】

東京都新宿区四谷1-19
営業時間 8:00~18:00
(第1・第3・第5火曜は8:00~12:00)
定休日:第2・第4火曜
http://www.shinodazushi.com/


【にほんブログ村】

銀座3丁目『スターバックスリザーブストア 銀座マロニエ通り店』は平日も大混雑です。

image
カフェラテ 1杯680円。


今月4日にオープンした銀座のスターバックス リザーブ ストア

1階は「持ち帰りのみ」の営業で、2階はイートインスペースがあります。

97席あるらしいのですが、本日午後に立ち寄ったら、店内だだ混み。

大混雑でございます。

本来は立ち寄るつもりは無かったのですが、

どうしても座りたいと切望するほど疲れていたため店内へ。

2階への階段を上るとスタッフさんが居て、席を探してくれます。

コップ入りの水で席をキープしてからオーダーカウンターへ。

こちらも行列ができていました。

並んでいる間にメニューを眺めるも、あり過ぎてワカラン。

ってことで、スタッフさんのアドバイスを貰いました。

選んだのはカフェラテ。

うん、いつもと変わりがありませんね。

でもここはリザーブストア。

特別な豆を扱っているお店です。

豆はブレンドを選びました。

キープしていた席に戻ってドカッと座り、ゴクリと飲む。

ほろ苦~

疲れて入ったスタバですが、隣との間隔が狭くて落ち着かない。

全く落ち着かない。

いずれは空くのでしょうが、

しばらくはこの混み方が続くんじゃないかな。

帰りに一階に下りたら、イートインスペースが出来ていました。

隣との間隔が広くて、「こっちのがいいじゃん!」と羨ましく思いました。

特別な豆についての違いが分かる女ではないワタクシは、

次は普通のスタバに行くと思います。

グッズはシンプルでした。

一階と二階にあるパン類は、

イタリアンベーカリー「Princi(プリンチ)」のものだそうです。

珈琲と共に食べると、良いお値段になるんだろうなぁ。



image
【スターバックスリザーブストア 銀座マロニエ通り店】
STARBUCKS RESERVE® STORE

東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル1F
営業時間 7:00~22:30
定休日:不定
https://www.starbucks.co.jp/


【にほんブログ村】

千代田区丸の内『シェイクシャック 東京国際フォーラム』でレモネードが一番おいしかった。

image
シャックバーガーをトマト抜きにしたら貧相なビジュアルになった。
でもこれ一式で1,600円は超えている。

東京国際フォーラムにあるシェイクシャックに行って参りました。

ハンバーガーの有名店ですが、

個人的に満足度は今まででダントツに低かったです。

ランチでもセットメニューはなく、結構割高。

何よりハンバーガーの見た目の悪さは引くレベルでした。

バンズに挟んであるのはパティ、チーズ、サニーレタスの欠片一枚。

ものごっつい雑過ぎる・・・。

逆にレモネードが最も美味しいと感じたというワタクシの舌は

疲れていたんでしょうか。

二度と行かないとは申しませんが、

バーガーキングの方がまだ良い気もする。

これはグルメバーガーと言って良いのだろうか?

謎です。



image
【シェイクシャック 東京国際フォーラム】

東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム ホールC 1F
営業時間 11:00~22:00
定休日:無休
※Suicaなどの電子マネーが使えます
https://www.shakeshack.jp/location/yurakucho


【にほんブログ村】

埼玉県大里郡寄居町『枕流荘 京亭』にて再び天然鮎料理を満喫す。

image

前回予約を入れておいたもんで、

再び寄居町にある『枕流荘 京亭』に母と行って参りました。

価格は前回よりも500円アップの8,500円(税別・サ別)。

鮎のコースは6,500円からありまして、

天然鮎を使うのは7,000円円以上だった気がさそます。

前回から500円アップした分は煮物となって供されました。

寄居駅に着いたのが予約の30分以上前。

前回はタクシーを利用しましたが、

今回は時間に余裕があり過ぎるため、

小雨の中、徒歩で向かいました。

ぶらぶら歩いて10分強。

着いた時間は「ちょっと早いかな?」程度でした。

image
入口にかかっている額。
もとはこの額にあるように「虚羽亭」という名だったそうです。


image
部屋は洋間を入れて4部屋あります。
すべて個室で貸し切り。


image
国指定史跡の鉢形城跡が対岸に見えます。

image
とりあえずビールを頂きました。

image
手前は、鮎のうるか(内臓の塩辛)。

image
[鮎甘露煮]
頭から尻尾まで全て食べられます。すごく美味。


image
[前菜]
ツブ貝、鮎の骨せんべい、いくら、生ハムとイチジク。


image
[鮎一夜干し]
こちらも頭から尻尾まで全て食べられます。


image
[鮎刺身]
しっかりした歯触りの身です。


image
少しだけ飲みたい、という気分に合わせて燗酒を選択。

image
[虎河豚ひれ酒]

image
[冷製の煮物]
茄子はウルカで炊いているそうです。


image
[天然鮎の塩焼]
この日の鮎は新潟県の魚野川産でした。


image
今回は、一人二尾ずつでした。

image
苦手なのに白子が付いてた。

image
[白身魚すり身石焼]
蟹と玉葱の真薯でほんのり甘くてフワフワ。


image
[稚鮎の天麩羅]
苦みが大人の味って感じ。


image
[鮎飯]
一人一合かな?ってぐらい入っています。
残りは持ち帰り。


image
なめこと豆腐がたっぷり入った味噌汁も良い感じでした。

image
水菓子はシャインマスカットでした。


先付に変化があったものの、基本の料理は前回と変わらず。

食後、雨が上がったので庭に降りました。

涼しくて、散策には丁度良い感じ。

眼下を流れる清流も見ることができ、なかなか良かったです。

image
池には鯉やメダカ、アメンボが居ました。

image
名勝玉淀の荒川の流れ。
トンボがめっちゃ飛び交っています。


image
昭和23年の皇太后陛下(貞明皇后)による植樹の木斛?

いちいち電話を入れるのが面倒なので、

帰りがけに来年の予約を入れておきました。

これにて今年の鮎料理は打ち止め、かな。



image
【枕流荘 京亭(きょうてい)】

埼玉県大里郡寄居町寄居547
営業時間 11:00~19:00(要予約)
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
http://chinryusou-kyoutei.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。