sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

かき氷

岡山県倉敷市『三冠酒造有限会社』仕込み水で作った酒蔵オリジナルの夏季限定かき氷。

image

1806年(文化3年)創業の『三冠酒造』。

地図を見ていて偶然発見した倉敷市児島にある酒蔵ですが、

今年5月に築百年を超える精米蔵を改装し、

酒造ギャラリー兼直売所をオープンさせたそうです。

同蔵製造の日本酒のほか、

地元 児島・下津井で水揚げされる魚介の加工食品などを販売。

角打ちもでき、「酒の肴(3種セット)」は700円から楽しめます。

三冠酒造の仕込み水「みこえの水」は若干硬水。

この水で作った夏限定の「かき氷」も人気っぽい。

販売は2019年9月30日までとのことで、バスに乗って行って参りました。

image
特注なのかな? と思える看板。

image
酒造ギャラリー兼直売所の暖簾は児島デニム製のようです。

image
たったこれだけのビジュアルで涼しさを演出できるという不思議。

image
ここのかき氷も「みこえの水」を使っています。

image
内部はこんな感じ。靴を脱いで畳の上でかき氷を食べることができます。

image
今のフレーバーは4種類。

image
[吟醸酒粕日向夏かき氷 700円(税別)]

image
上に酒粕ホイップが乗っています。

image
こだわっていそうなお手拭きから、後継者さんの気合を感じました。


こちらの酒造ギャラリー兼直売所は、

若き後継ぎさんが発案して作ったのだそうです。

今年オープンしたばかりですが、

既にメディアにも取り上げられており、

児島でも知名度は高いようでした。

土日は結構混むらしいです。

そもそもワタクシは日本酒を嗜む者でして、

東京ではなかなか味わえないココの日本酒を試してみたいと思いました。

ゆえに、角打ちをすることに。

image
この「三冠」という日本酒がメインです。

image
角打ち(利き酒)は3種類を選択できます。
と言っても、選択肢は4種ぐらいしかないんですけどね。


image
漫画で取り上げられた知名度の高い日本酒がこちら。

image
少量ですが、なかなかに飲みごたえのある3種でした。
ツマミも付いています。


image
やはり好みは純米酒かなぁ。

image
そういえば、下津井は蛸が有名なんです。
イイダコも特産なんですって。
今回は食べなかったけど、秋が旬とかなんとか。


image
ここで販売しているツマミを購入しました。
いずれも下津井産です。

結局、純米の生酒を一本購入しました。

東京では見たことがないので、記念に。

まだまだ暑いので、炭酸で割ったら美味しいかもと思っております。

かき氷もなかなか美味しかったです。

汗をかかなきゃ2杯は余裕でいけたかも。

記憶に残る酒蔵となりました。

image
生酒なので早く飲まなきゃ。



image
【三冠酒造(さんかんしゅぞう)有限会社】

岡山県倉敷市児島下の町2-9-22
営業時間: 10:30~18:00(夏季以外の営業時間は~16:30)
定休日:不定
http://www.sankan.co.jp
https://ja-jp.facebook.com/sankanshuzo/


【にほんブログ村】

茨城県日立市『Cafe. Cream』という常陸多賀駅すぐの場所にあるリノベカフェ。

image

JR高萩駅からJR常陸多賀駅に移動して参りました。

良い感じに昼時なので、目的地である『Cafe. Cream』でランチを摂ることに。

『Cafe. Cream』は古い店舗を改修しており、

この周囲ではかなり人気のカフェです。

ワタクシが居る時も、ほぼ満席でした。

ゆったりと飲食を楽しむ地元の方が多いようです。

image
メニューはこちら。
前払い制です。
オススメして頂いた土曜日限定のプレートを注文しました。
かき氷とドリンクが付いて1,500円(税込)なのでお得です。


image
アイスティーは甘いと聞いたので、アイスコーヒーにしました。
量はたっぷりとあります。良心的ですね。
一日中汗と闘い続けている身には有難いです。


image
ワンプレートランチが届きました。結構いろいろ乗ってますね。

image
上から見るとこんな内容になってます。
スープが1種、サラダが2種、パンが1つとキッシュが1つ。
中央はトマトで煮た鶏肉です。
パンは予想外にむっちりホワホワでした。


image
食後に届いたかき氷。
苺と練乳です。
昔懐かしいけどなんか新しいジャリジャリした食感の氷。


image
内部までがっつり苺+練乳味なっています。
食べ応えのある一杯でした。

JR常陸多賀駅での目的地はここだけでしたが楽しかったです。

クーラーがないので暑かったけれど、

日陰で食べられるってだけで助かりました。

それぐらい外が暑かった。

パン屋さんには地元の方が訪れては会話をし、

一種のコミュニティースペースなんだなと感じました。

切り盛りしているマダムが人気者なんでしょうね。

駅前商店街の建物が再生され、

人が集まるスペースになっている好例だろうと感じました。

image
before
[リノベーション工事前]


image
after
[リノベーション工事後]


image
カフェの隣はパン屋さんですが、建物内で繋がっています。



image
【Cafe. Cream(カフェ クリーム)】

茨城県日立市千石町1-11-21(JR常陸多賀駅から222m)
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定
https://ja-jp.facebook.com/cafecreamquiche2016/


【にほんブログ村】

茨城県高萩市『高萩茶寮』は文化財指定の古民家に期間限定でオープンする、かき氷が食べられるカフェです。

image

茨城県指定文化財「穂積家住宅」は築二百年以上の茅葺古民家です。

ここを訪れたいと長らく思い続けておりましたが、

如何せん交通の便が悪い。

JR高萩駅までは何とかなるにしても、

その先を往復しようと考えられるとタクシー利用なくしては難しい。

何よりハードルが高いと感じるのは、

敷地内にオープンする『高萩茶寮』が期間限定営業であるということ。

高萩茶寮が営業していなくとも見学はできるのですが、

できれば営業している時に行きたいと思っていました。

周囲に飲食店はありませんしね。

しかし今までタイミングが全く合わず、

高萩駅で下車したこともありませんでした。

来年はオリンピックイヤーだし、

関東地方の夏の移動がもっと困難になるかもしれんと考え、

今回奮起して行って参りました。

image
昔は馬屋だったと思われる側の出入口。
脇の川から水を引いている水路があります。
(清水が流れていました)


image
馬屋だったと思われる一角から内部を望む
内部は修繕されており、屋内にも安心して入れます。


image
高萩茶寮ではこのような期間限定営業用メニューがあります。

image
飲食は広間に設けられた机と椅子で頂けます。
フードコートのような、セルフサービス式です。


image
開口部に近い席は風が通り抜けて涼しいです。

image
ワタクシが選んだのは「たつご味噌キャラメルかき氷」。
近くにあるたつご味噌の味噌を使っているようです。


image
かき氷の上に乗っているのはナッツ類。

image
かき氷の中にも何かが入っています。

image
大きな花豆が入っていました。
茨城県北部で採れる花豆は「常陸大黒(ひたちおおぐろ)」というそうです。
冷たいけれど柔らかで食感が面白く、いいアクセントになっています。

長らくの野望が叶い、ふんわりとした達成感が得られました。

達成感が「ふんわり」になった理由は、

歩いて行けなくもない「たつご味噌」に行かなかったためです。

アスファルトに熱せられた外気の中、

陽射しを遮るものの無い国道を歩くのは厳しすぎる。

高萩の観光は車利用でなければ難しいと痛感しました。

そもそも観光地が少な過ぎるんですけどね。

帰りにタクシーを呼んだら、運転手さんは北茨城市の方でした。

北茨城から来ているってことは、

この時期は高萩の方が利用客が居るってことよね。

疑問に思って訊いてみたら、

病院に行くのに利用する高齢者が多いそうです。

なるほどね。

もし北茨城市を観光する際は、

半日タクシー利用でセットで回れると仰ってましたが、

アンコウの美味しい時期は1、2月らしいので、

その頃また考えたいと思います。

ってか、青春18きっぷ利用じゃなきゃ、

気分的になかなか来れないエリアなんだよな、北茨城は。

ってことで、「穂積家住宅」についての詳細は、別途


image
【高萩茶寮】

茨城県高萩市上手綱2337-1 穂積家住宅
営業期間:2019年7月20日(土)~9月1日(日)
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:30)
http://www.takahagi-saryo.com/
https://www.facebook.com/takahagisaryo/

JR高萩駅から⑦バス乗り場「千代田行き」 10:32発(土日祝)
「川側」バス停下車(290円)
※ただし帰りのバスが無いためタクシー利用になります
(復路利用で1,450円でした)

いばらき路線バス路線図:http://www.bus-ibaraki.jp/busmap2/takahagi00.html
高萩駅発着バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/takahagi-s.html


【にほんブログ村】

茨城県結城市『FLOUR BASE 105 氷屋一〇五。』で桃のかき氷を食べてきた。

image

今日は朝からヤバいぐらいに暑いです。扇風機必携です。

そんな中、水筒片手にかき氷を食べに結城までやって参りました。

新しいフレーバーが出ているかなと気になっちゃうのと、

モヒートが食べたくて、ついつい出かけちゃうのですが、

この日もモヒートは食べられませんでした。

image

すももと桃で迷った結果、桃を選択。

しかし暑さゆえ酸味を求めていたのだと気付いたのはかき氷をひと口食べた後でした。

今日みたいな暑い日は、すももの方が良かったかもしれん。

桃は今日みたいな日には甘過ぎました。

image
でも、この時期は桃が食べたくなるのよねぇ。

image
二杯食べられたかもしれんと思っていたら徐々に混んで来た。

image
前回は食べた花ですが、今回は残しました。

image
今日のかき氷は掻いてから押さえていないらしく、
ふわふわ過ぎて溶けるのがあっという間でした。
※ヨーグルトをトッピングしています(+100円)

今日みたいな日には、塩パインがベターだったかもしれん。

と思うものの、次回もそれを選ばない気がするワタクシです。

モヒート、やってくれないかなぁ~。

image
今日は全国的に猛暑で熱中症警報が出ています。
移動時に水分は必携ですな。


image
【FLOUR BASE 105】

茨城県結城市結城7518-1
かき氷屋の営業:春夏 11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜、火曜
お菓子屋の営業:秋冬 13:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:金~日曜
http://flourbase105.com/
https://www.instagram.com/flourbase105/


【にほんブログ村】

【台湾】台北市中正区『于記杏仁豆腐』という杏仁豆腐専門店。

image

母が某ブランドの某店店長さんから聞いたという杏仁かき氷。

それが食べたい。ついでに杏仁ヌガーを買いたい。

と仰るもんで、ちょいと地図を検索してみました。

あら、中山堂のすぐそばにあるじゃないの。

そういえば前々回の台湾旅で見た気がするわ。

image
日本語のメニューもあります。

image
こちらのかき氷もトッピングは中に入っていました。
(母の注文品)


image
ワタクシが選んだのは杏仁豆腐。
汁?が付いていました。


image
容器に入っている杏仁豆腐をそのまま食べるんじゃだめなのか?

image
と思いつつ、うらの表記に従ってみる。

image
原材料名のトップが「水」。ふむふむ、確かにそうでしょうね。

image
容器の中に汁?を入れてみました。
見た目は何ら変わらん。

お好きな方には申し訳ないのですが、可もなく不可もなくって感じでした。

普通。としか言いようがないと言いますか。

逆に、日本の杏仁豆腐って捨てたもんじゃないなという感想を抱きました。

銀座の中華料理店のランチに出てくる杏仁豆腐でも十分美味しいし。

ってか、そもそもワタクシは杏仁豆腐に対する愛が無いのかもしれん。

申し訳なく。



image
【于記杏仁豆腐
(ユージーシンレンドウフー) 衡陽店】
台湾台北市中正區衡陽路101號(MRT西門駅4番出口より徒歩1分)
No. 101, Hengyang Road, Zhongzheng District, Taipei City
営業時間 10:30~22:00
定休日:無休


【にほんブログ村】

【台湾】台北市大同区『夏樹甜品』の杏仁豆腐冰と杏仁豆花。

image

迪化街にある『夏樹甜品』は、

食べログにも枠がある日本人にはおなじみのお店です。

杏仁かき氷が食べたいと言っていた母を連れてやって参りました。

ワタクシが食べたいと思うかき氷は限られているので、

ここでは杏仁豆花を選択しました。

image
日本語のメニューもあります。

image
[杏仁豆腐冰]
トッピングは中に入っています。


image
アイスモンスター的な氷の形状ですね。

image
[杏仁豆花]
つるつるとした食感は夏向き。ただし、味は普通。

食べログでは高評価なのですが、個人的には普通だと思えました。

もう一度食べたいかと問われれば、「うーん」って感じ。

冰讃(ビンザン)のかき氷はもう一度食べたいと思ったんだけどなぁ。

ってことで、好き好きだと思われます。



image
【夏樹甜品(シアシューティエンピン)】
Summer Tree Sweet
台湾台北市大同區迪化街一段240號
(MRT 大橋頭駅下車徒歩10分)
No. 240, Section 1, Dihua St, Datong District, Taipei City
営業時間10:30~18:30
定休日:無休
http://www.summertreesweet.com/(中国語)


【にほんブログ村】

静岡県三島市『たまご専門店 TAMAGOYA』の焼きかき氷。

image

青春18きっぷの使用が本日から可能になったため、

母と朝から三島市に向かいました。

目的地の一つは、「伊豆・村の駅」に隣接する『たまご専門店 TAMAGOYA』。

ここの“焼きかき氷”が目当でして、一日限定20食ゆえ、

売り切れないだろう時間帯にやって参りました。

最寄り駅は伊豆箱根鉄道駿豆線(すんずせん)大場駅ですが、

歩くと距離があってしんどいので、JR三島駅からタクシーで向かいました。

割と早い時間帯だったのに「伊豆・村の駅」は結構な人で賑わっていましたが、

TAMAGOYAでは、隙間時間だったようで、待たずにすんなり着席できました。

image
ランチメニューも卵料理が充実。

image
殆どの人が(っつーか全員か?)パンケーキを注文していました。

image
こんな期間限定パンケーキもございます。

image
しかし我々の目的は焼きかき氷なのです!

image
[焼きたまご 1,300円(税別)]
お兄さんがバーナー片手にメレンゲで覆われたかき氷に挑みます。


image
お皿を回しつつ炙っていきます。

image
てっぺんまでこんがり焼けました。
ちなみにこれを供されるまで30分以上掛かります。
待つ覚悟が必要。


image
上から食べ進めてくださいとのアドバイスに従って掘ってゆきます。
すぐに卵黄が登場。


image
卵黄に接すると、できる限り丸い形状のまま維持したくなります。

image
卵黄を潰さぬよう気を付けながら食べ進めると、
凍ったフルーツがお出迎え。
これが食感も楽しく、なかなか美味。


image
この頃になると卵黄の表面が凍り、なかなか割れなくなります。

image
最後に卵黄を割ってフィニッシュ。
ここまで食べ進めたら寒くて震えてしまいました。

美味しいけれど、寒いです。

image
かき氷が出てくるまで待ち時間があるので、先に珈琲を出して貰いました。
珈琲が出るのも時間が掛かったんですけどね。

最後に温かいものが欲しくなる冷えっぷりでした。

かき氷を食べる際は、テラス席で食べる方が良いかも。

まあ、真夏はソッコーで溶けそうですけどね。

焼きかき氷なんて見たことが無いので、わざわざここまで来ましたが、

なかなかエンターテインメント性があり、面白かったです。

JR三島駅方面に戻るべく、大場駅まで歩きましたが、

かき氷で摂取した水分の大半が汗で流れ出た気がしました。

さて、この後は「村の駅」でお買い物です。

image
帰りに、熱海のラスカ内にある「村の駅」でオレンジ味のプリンを購入。
硬めのプリンなので、この極小サイズで丁度いい感じです。



image
【たまご専門店 TAMAGOYA】

静岡県三島市安久322-1
(JR三島駅からタクシーで15分 伊豆箱根鉄道大場駅からタクシーで10分)
※JR三島駅からタクシーで1,890円でした

[カフェ] 9:30~11:30,15:00~16:30 [ランチ] 11:30~15:00
定休日:無休
http://izu-tamagoya.com/


【にほんブログ村】

長野県松本市『NAKAMACHI CAFE』と『&s ROAST FACTORY』をハシゴするも・・・。

image

バスの時刻までまだ余裕があるもんで、

ちょっとカフェで休憩することにしました。

適当に入ったのが、パンケーキが人気らしい『NAKAMACHI CAFE』。

奥行のある店内には、若い方々でいっぱいでした。

image
珈琲一杯500円(税別)。

image
店内に置いてあった姉妹店のチラシを発見。

ってことで、かき氷を食べに近くの『&s ROAST FACTORY』へ向かいました。

松本は水が美味しいし、いろいろ良い感じに違いないと期待しておりました。

image
外観は観光地にありがちなビジュアル。

image
ここで焙煎をしたものを、先ほどのカフェで提供しているらしい。

image
本日のオススメがコレらしいので、選択。


image
生ピンクグレープフルーツ練乳 1,000円(税込)

かき氷はテイクアウトとなっておりまして店内で食べることはできません。

イートインできなくて、この価格帯はかなり強気だと思えました。

皆さん、外のベンチで食べるようで、

アスファルトに落ちたシロップに蟻が群がって列を成していました。

美味しい気もしなくもないけれど、

店内で座って食べられず、

しかもプラカップとプラスプーンで食べるかき氷はチープな気分。

とても残念でした。

観光地価格なのかもしれんね。

まあ、そういうこともあるってことで。



image
【NAKAMACHI CAFE(ならまちかふぇ)】

長野県松本市中央3-3-17
営業時間 10:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:木曜
http://www.nakamachicafe.com/

image
【&s ROAST FACTORY(あんどえす ろーすとふぁくとりー)】

長野県松本市中央2-4-13
営業時間11:00~18:00
定休日:木曜


【にほんブログ村】

茨城県結城市『FLOUR BASE 105 氷屋一〇五。』のメロメロンは茨城県産ブランドメロンのイバラキングを使っているらしい。

image
建物の真横も“らしい”装飾がなされているのです。

水曜日からモヒートのかき氷がスタートしたと知り、

急ぎ結城市にやって参りました。

しかし今日は無く、明日やる予定なんだとか(泣)。

image

本日のメニューでは、スイカとメロンで迷ったもんで、

オーナーさんにアドバイスを貰い、

茨城県産のブランドメロンを二種類使っているというメロメロンを選択。

茨城県はメロンの全国シェア約25%を占める、日本一のメロンの産地なんです。

茨城県のメロンは緑色のネットメロン。

ワタクシが好む方のメロンでございまして、

甘くてジューシーで、本当に美味しいんですよ。

桃は山梨、メロンは茨城。

ワタクシは双方の果物押しでございます。

って、今日のメニューの一番人気はピンクグレープフルーツみたいでしたけどね。

image
今日は意外と涼しいからか、店内は空いていました。

image
ゆえに待ち時間がそれほどなく運ばれて参りました。

image
メロンが掛かっていますが、甘すぎずスッキリとしたシロップとなっております。

image
この金平糖が食感のアクセントになります。

image
今回もヨーグルトをトッピングしました。これは外せない。

image
この花も食べられるそうです。
そんな気はしていましたが、今回初めて食べました。うん、花。
そんな味です。

今回は食べられませんでしたが、

モヒートを食べるために再訪したいと思っております。

やっぱり食べたいもんな、モヒート。

いろんなフレーバーを食べたいと思うのですが、

今年はここに何回足を運ぶことになるかしら。

ってか、今年はかき氷を食べまくっている(個人比)気がする。

まだ六月初旬なのに。

梅雨が始まったばかりで、夏はその先。

今年も長い夏になりそうです。

image
今後の営業予定はこんな感じらしいです。



image
【FLOUR BASE 105】

茨城県結城市結城7518-1
かき氷屋の営業:春夏 11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜、火曜
お菓子屋の営業:秋冬 13:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:金~日曜
http://flourbase105.com/
https://www.instagram.com/flourbase105/


【にほんブログ村】

栃木県佐野市『味噌まんじゅう新井屋 佐野本町店』のかき氷と味噌プリン。

image

佐野市といえば『味噌まんじゅう新井屋』が有名。

文化財に指定されている建物をリノベして使用している和菓子店です。

ここで前回買わなかった「味噌ぷりん」を買って帰ろうと思い、立ち寄りました。

すると季節柄か、「かき氷」の旗がはためいておる。

訊くと、ここで食べられるとのことだったので、試しに食べていくことにしました。

ネット情報によると、「上高地の天然水氷を使ったかき氷」らしいです。

image
[かき氷(とちおとめ) 600円(税込)]
ほどよいボリューム感。


image
初めて見ましたが、「とちおとめ」はジャムのようなもの、でした。
甘過ぎず、くど過ぎず、それなりの味。
考えたら和菓子屋さんですもんね。砂糖が違うのかも?


image
食べているうちにクセになってきました。
これはこれでアリかも。

面白いかき氷で、黒みつきな粉も食べてみたくなりました。

和菓子屋さんの黒みつだから美味しいに違いないとも思え。

毎度、接客が良い感じなので、

店内の椅子に座って食べていても居心地の悪さはありません。

食べている間、プリンは冷蔵庫で冷やしてくれていました。

佐野観光には欠かせないお店だと、個人的には思っています。

image
[味噌ぷりん @280円(税込)]
若者のために開発したらしい一品。人気商品です。



image
【味噌まんじゅう新井屋 佐野本町店】

栃木県佐野市本町2942
営業時間 9:00~18:30
定休日:月曜
http://www.misoman.co.jp/


【にほんブログ村】

千代田区富士見『まめ茶和ん』で正雪の純米大吟醸の酒粕を使ったかき氷を食す。

image

本日は通院day。

検査結果が激混みだったらしく、待ち時間が異様に長い日でした。

気が付いたら13時を過ぎていたので、

気になっていた近所のかき氷店に向かうことに。

空腹なのに、たらふく氷を食して帰って参りました。

で、疲れて、そのまま寝る、と。

飯田橋駅裏のビルに移転してきた『まめ茶和ん』は、

元々は武蔵小山にあったお店だそうです。

かき氷ランキングに出てくる大人気店で、

普段は結構混むのだとか。

しかしこの日は待ち時間もほとんどなく、空いていました。

image
迷わず選んだのが、こちらのかき氷。
白玉をトッピング(+100円・税込)しました。


image
初心者だけど、期間限定欄にある「正雪」の二文字を見て即決。

image
オーソドックスな和風かき氷も揃っています。

image
上に載っているのは刻みジンジャー。
甘酒ピューレは濃厚です。


image
上に3つ白玉を載せてみる。

image
冷えすぎると硬くなる白玉は、少しずつ載せて食しました。

甘酒だし、夏バテに良いんじゃなかろうか。

他には無い、フレーバーだと思えますし。

美味しいのですが、ワタクシには少し量が多くて、

完食するのが大変でした。

若い娘さんに人気のようなので、

若い胃袋には丁度良い量なのかもしれん。

ちなみに当ビルは仕事関係で来るところだったもんで、

知人に会うんじゃないかとドキドキしました。

そういった点からも、

今後かき氷を食べる時は神楽坂に行っちゃうかも。

image
この看板が目印。

image
時間によって供されるものが変わります。


image
【まめ茶和ん】

東京都千代田区富士見2-7-2 飯田橋プラーノ2F
営業時間 [平日・かき氷]13:00~20:00
定休日:不定
https://www.facebook.com/mamechawan/


【にほんブログ村】

栃木県真岡市『寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷』の高すぎるかき氷。

image

本日は母と真岡市に居りました。

生憎の晴天で(笑)、日傘とサングラス必携という一日。

端からかき氷目当てで向かったのですが、

今日は絶好のかき氷日和となりました。

真岡駅からそれほど遠くはない場所にあるのが

『寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷』。

タワーのような形状のかき氷で有名なお店です。

毎日開店時間が不定なため、前日にTwitterを確認。

今日は10:30からということで、それに間に合うように向かいました。

しかし、開店3分前なのに、既に待ち時間が発生しておりまして、

一時間半後を提示されました。

まあ、それぐらいなら無問題だと思ったので、

注文+支払いを済ませ、指定時間まで時間を潰しました。

image
先ずは表でシステムを確認。

image
細長い店内はそれほど広くはありません。
(つまりは待っていられない)


image
壁のメニュー。
いろいろあって迷います。


image
しかし「迷います」と言える値段じゃないものもあるのです。
宮崎マンゴー4,500円!


image
時間指定なので、人が居らず空いている(ように見える)時間もあります。

image
本日解禁という言葉に魅かれてこちらのメニューを選択。

image
一番上の写真のかき氷を上から齧り付き、低くしてからスプーンを使います。

シロップはフルーツそのもの。

これはもうフルーツジュースです。

ボトル一本分が一皿に使えるシロップの量らしく、

食べてしばらくすると、追いシロップをしに来てくれます。

手間ひま掛かるから、そりゃ待つわ。

他にない(というほど食べあるしていないけど)かき氷って気がします。

オリジナリティがあるというか。

桃の季節に再訪したいけれど、真岡市は遠いわ、やっぱり。

あまり遅い時間に行くと売り切れちゃうかも。

蛇足ですが、オーナーが大変フレンドリーで楽しい方でした。

ランチ情報、ありがとうございました。



image
【寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷】

栃木県真岡市荒町5161 (北真岡駅から740m)
営業時間 日によって異なるのでTwitter要確認
定休日:Twitter要確認
https://twitter.com/juhyomoka?lang=ja


【にほんブログ村】

神奈川県小田原市『cafe 空(くう) 小田原』でちょっと変わったかき氷を食べてきた。

image

休日おでかけパスを利用して母と小田原にやって参りました。

何故、小田原なのか? と申しますと、

休日おでかけパスの範囲ギリギリが小田原駅だったからです。

駅前でお寿司でも食べようか~と思っていたら、満席でアウト。

2件目に行こうと思っていた

海抜28mぐらいはありそうな高台にあるカフェ『空』に向かいました。

ここでは珈琲を飲みつつかき氷を食べる予定でしたが、

ここでランチも頂いちゃいました。

image
入口にある石の看板。

image
店内は広く、モダンで開放的な空間です。

image
着席すぐに供された水は二重グラスで保冷効果抜群です。

image
[やわらか鶏むねご飯 1,500円]
ワンプレーとランチで、珈琲も付いています。


image
タイトル通り、柔らかい鶏でした。
添えてある野菜が丁寧な処理をしてあり、あわせて美味しかったです。


image
これが目的!というかき氷。
かき氷というより、かきフルーツです。
凍らせたフルーツをそのままスライスしたものです。


image
[花氷イチゴ&ブルーベリー]

image
ザクロも乗っている気がする。

image
下はトッピングにヨーグルトアイスを選択しました。

image
庭からも入れるっぽい?

急坂をえっちらおっちら登る大変さは年齢に比例します。

可能であれば、小田原駅西口からタクシーに乗ったほうがいいかも。

帰りは下り坂になるので、タクシーは不要です。

落ち着いたカフェで、わざわざ坂を登る価値のあると思いました。

フルーツと特製蜜を凍らせたかき氷「花氷」は大変に美味しく、

二個ぐらい食べられちゃうんじゃないかと、ちよっと迷いました。

小田原を再訪することがあれば、また是非立ち寄りたいと思います。

ちなみにネット情報によると、

ここのオーナーは隣接するお寺のご住職らしいです。

だからこういう店名なんでしょうねぇ。



image
【cafe 空(くう) 小田原】

神奈川県小田原市城山2-27-12
営業時間 11:00~18:00(Lunch 11:30~14:00)
定休日:火曜
※完全禁煙、小学生以下入店お断り
https://www.cafe-ku.info/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『FLOUR BASE 105 氷屋一〇五。』でニンジンのかき氷を食べてきた。

image

母と、かき氷を食べに結城の 『氷屋一〇五。』へ行って参りました。

前回シニア割引ってのを知ったので、今回はそれを母にオススメ致しました。

image
[今日のメニュー]
マンゴーを食べようと思っていたのに、人参を発見してしまいました。

image
シルバー割引が利く、いちごミルク。ちょいと小ぶりです。

image

image
[ウ!! マンゴゥ★]
ヨーグルトをトッピングしました。


image
美味しい。
とろとろのマンゴーがめっちゃ美味しいです。


image
中下にもマンゴーが入っています。

image

image
[ヨーグリーナ彩誉(人参)]
こちらにもヨーグルトをトッピング(イン)。
ヨーグルトましましです。
彩誉(あやほまれ)って大阪産の人参らしいです。


image
とにかくビジュアルが可愛いのです。
味はめっちゃ人参。
人参嫌いのお子様にはツライかも。


image
このゲームを思い出しました。
夏になったら、このゲームにもかき氷が登場したりして~


image
6月の営業日が出ていました。

今日は街でイベントがあったようで、混んでいました。

忙しそうで、大変そうでした。

ここのところ立て続けに訪問しておりますが、飽きません。

母も「夏が終わる前にもう一度来たいわねぇ」と言うてました。

ビジュアル的に、女性が好きなかき氷店なんじゃないかなぁ。

店内が空いていたなら、二種類は食べたくなるオススメ店です。



image
【FLOUR BASE 105】

茨城県結城市結城7518-1
かき氷屋の営業:春夏 11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜、火曜
お菓子屋の営業:秋冬 13:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:金~日曜
http://flourbase105.com/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『FLOUR BASE 105 氷屋一〇五。』で他では見たことのないかき氷を食べてきた。

image

結城市の『氷屋一〇五。』に、かき氷を食べに行きたいなぁ~

という欲求が爆発したため、佐野市に行った後で結城市に向かいました。

前回は苺を選択したので、それ以外のものを注文しようと思っておりました。

オススメを訊いたら前回目にしなかったメニューがあったので、

かき氷としては意外過ぎる内容ですが、それに決めました。

image
苺のみ、ジュニア割引とシニア割引があります!
(量が少なめになるんじゃないかな)
って、ワタクシには関係ないけれど。


image
[トマト戦隊ゴレンジャイ]
今日のトマトは沖縄県産だそうです。
塩を掛けて食べると甘みが増すそうですが、
十分甘かったのであまり掛けませんでした。
トマトの色が5色あります。(一つ見えていませんが)


image
氷の周囲にもトマトが満遍なく掛かっています。
(抜けているところにはトマトが付いていました)
甘くて、甘すぎず、かなり美味しいトマトでした。


image
半分は黄色、半分は赤いトマトのシロップが掛かっています。

image
今回も100円でヨーグルトのトッピングをプラスしました。
ヨーグルトの下にもトマトシロップが掛かっていて満喫できます。


image
残したのは花とミントの葉っぱのみ。

image
五月の爽やかな風が店内を吹き抜けます。

image
[再掲] 営業日カレンダーです。

今日は暑い日だったので、氷の溶け方が早かった。

乗っているトマトに重量があるので、急いで食しました。

急いで食べても頭がキーンとしないので、大変食べやすいです。

次回はマンゴーにチャレンジしてみようかな。



image
【FLOUR BASE 105】

茨城県結城市結城7518-1
かき氷屋の営業:春夏 11:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:月曜、火曜
お菓子屋の営業:秋冬 13:00~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日:金~日曜
http://flourbase105.com/


【にほんブログ村】

【GW】豊島区巣鴨『かき氷工房 雪菓』で常連さんオススメの期間限定かき氷を食す。

image


10連休がスタートしました。

しかし初日の今日は天気が良くなく、

昨日までの疲れも残っているため遠出をする気が失せまして、

朝5時の段階で、近場でお茶を濁すことに決めました。

で、ちょっと気になっていた巣鴨のかき氷店に向かうことに。

ちょい早めに到着したので入口付近の張り紙を見たら、

GWだけれど、今日は開いているっぽい。

入り口脇にはテーブルが置いてあり、名前を書くシステムっぽいので、

皆さんに習って名前を書き込みました。偽名で。

さて、ぼちぼち入店の頃かなという時間に店に戻ると、

入店待ちの方が沢山居まして、名前を書いた初めの方から注文をして居られる。

メニューを渡されたものの、下調べ不足で何を選べばいいのか見当がつきません。

image
限定商品はやはりお高め。
どれがいいのかさっぱりわからん。

ちなみに注文をしたのは数名で、その後は店内で注文するってことで良いみたい。

順番に店内に入り、席に着いたものの、その段階でも決めかねていたもんで、

隣の常連さんっぽい若い娘さんに「どれがオススメですか?」と直球で聞いてみました。

すると、SAKURAと紅茶ホリックがオススメだと仰る。

SAKURAは桜餅っぽくて、今だけしかないもので、

紅茶は色んな層になっていて美味しいのだとか。

アドバイスを聞いてちょっと迷ったものの、限定のSAKURAにしました。

image
えらく可愛い見た目ですが、予想外のフレーバー。
あとに塩味が残るので、最後までさっぱりと食べられます。
葉っぱは厚めのチョコレートでした。


image
柔らかそうな見た目ですが、それなりにかき氷でした。

image
中に入っているのはクリームチーズかなぁ。ヨーグルトかなぁ。

帰りがけの娘さんにお礼を言ったら、

「冬場はレモンミルクがオススメですよ」と教えてくれました。

かなりの常連さんだったっぽい。

彼女が隣の席で、かなりラッキーでした。

ありがとう。確かに美味しかったです。

ちなみに店内に居ると、ここは秋葉原だろうか?という錯覚が芽生えます。

店内に置かれたもの以外に、BGMはたぶんアニソンだったと思われます。

橋本潮の『ロマンティックあげるよ』が流れたりもして。

すごく懐かしいと思ったら、1986年の歌だったんですね。

『ドラゴンボール』って息の長いアニメなんだなぁ。

と思いつつ完食した次第です。

店内は若い女性率高し。

GW初日の巣鴨ですが、ここだけは巣鴨っぽくない異空間でした。

今日は寒いから空いているかと思いきや満席で並んで待つ人も居たので、

かなりの人気店なんだと思われます。

夏場はもっと混むんだろうなぁ。

かき氷は、このワタクシが完食できるほどの量と味でした。

一日二回食べにくる常連さんが居るらしいですが、

隣の男性は4種類注文していたので、

そちらもかなりのファンだとお見受けしました。

次回来ることがあれば、紅茶にチャレンジしてみようと思います。

image
ほぼ隣にカレーうどんで有名な『古奈屋』があります。
いつもは並ぶのでしょうが、今日は空いていました。



image
【かき氷工房 雪菓(せっか)】

東京都豊島区巣鴨3-37-6
(都営地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩3分)
営業時間11:00~17:00
定休日:月曜
http://www.atelier-sekka.com/
https://twitter.com/Atelier_Sekka


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。