sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

プリン

山形県山形市『プリンとブッセの店 あうる』のほろにがプリン330円。

image

七日町にある『プリンとブッセの店 あうる』。

ぷらぷら歩いていて発見したので、ホテルへの復路で買っていくことにしました。

定番商品は、「あうる ほろにがプリン」330円。

他に、季節商品もありました。

image
プリンとブッセの二本柱。
ほかにクッキーなども少々あります。


image
食べた結果、カラメルが特徴的なプリンだと感じました。

image
こちらの商品にも魅かれた。ちょい高め。

image
10月はハロウィーンってことで、季節商品は南瓜です。
こちらは母が選らんておりました。


image
母がプリン2個とブッセ1個。
ワタクシはその他です。


image
ブッセは「気まぐれ」ってのをチョイス。
酸味の強い苺が入っていました。

ふむふむ。なるほど。

という感想です。

ほどほどに美味しいって感じ。

ブッセは翌朝に食べたため、ちょいとパサついてました。

やはり早めに食べんとね。



image
【プリンとブッセの店 あうる】

山形県山形市七日町3-2-33
営業時間 10:00~18:00
定休日:月曜、日曜
https://www.instagram.com/owl161706/


【にほんブログ村】

ローソンの「ドルチェプリン」がうまうま。

image
[ドルチェプリン 248円(税込・軽)]

ローソンで先月から販売中の「ドルチェプリン」がうまうまです。

見つけ次第買うようにしているのですが、

ウチの近所だと売り切れ率が半端ない。

母にオススメしようと探していたのですが、

9月の滞在中には入手できませんでした。

会社の近所のローソンなら、

早朝に行けば入手可能であるため

食す頻度は会社に居る時の方が多いです。

image
プリンとは言ってもプルプル・ツルツル食感ではなく、
もったり・ぬっちりした食感です。
カラメル味が良い感じ。


image
スプーンを付けてくれるので、それで食べます。
手で持つとカラメルが手に纏わりついて惨事になります。

レアとベイクドの丁度中間って感じの食感。

プリンとチーズケーキの間って感じの味です。

9月は関東限定販売だったらしいけれど、

今はどうなのかな?

いつまで販売されるものなのかは不明ですが、

オススメです。



【にほんブログ村】

台東区浅草『菓子工房 ルスルス』という雑誌やメディアで取り上げられる率の高いカワイイ洋菓子店。

image

若い方へのお持たせで人気なのが『菓子工房 ルスルス』のクッキー。

HPに申し込みフォームがあるのですが、

現在は店頭でしか予約を受け付けていないっぽい。

東麻布と松屋銀座店B1にもお店がありますが、

浅草店にはイートインスペースもあり他店よりは広そうだったので、

予約は浅草店で行うことにしました。

image
古民家をリノベーションした狭い間口に、ちょこんと生けられた花々。

image
生洋菓子以外にスコーンやタルト、クッキーなどの焼菓子もあります。

image
魅力的なケーキ類が並び、かなり迷いました。
(クリックで拡大)

image
マフィンは見ている間に売り切れてしまいました。

image
今回入手したのはこちらの4点。
手前のグリュイエールチーズケーキは420円(税別)


image
[シュークリーム 250円(税別)]
ミルク感がある優しいクリームでサイズ的にも小ぶりで良い感じ。


image
[梅ゼリー 420円(税別)]※レシート価格
(ショウケースに表示してある価格より税別40円高いです)


image
梅がごろりと入っています。
めっちゃ酸っぱい梅で、久々に口がしわしわになりました。


image
[プリン 300円(税別)]
かためのプリンです。
口の中にねっとりと残る感じ。
カラメルはサラサラタイプでほろにが。
これはこれでアリたと思いました。安いし。


image
ここでの一番人気はこちらのクッキー。
予約して数日後に受け取り or 郵送で入手可能です。


image
ここでは焼菓子の方が売れ行きは良さそうでした。
クッキーが人気だからそうなるのかなぁ。

ひっきりなしに人がやって来る人気店です。

どの駅からも遠いし、駐車場もないから結構歩く場所にあるのに。

小洒落たお菓子が多いので、客層は若い方が多いみたい。

イートインスペースはあるのですが、忙しい時は開かないようです。

image
7月でイートインができるのは土日だけっぽい。
しかもメニューはかき氷。

ここのかき氷ってどんなビジュアルなんだろう?

気になるけれど、土日はめっちゃ混むんだろうなぁ。

いずれの商品も女性のセンスで丁寧に作っている感があり、

そりゃ人気で並ぶわ、と納得の味でした。



image
【菓子工房 ルスルス 浅草店】

東京都台東区浅草3-31-7
営業時間 12:00~20:00(カフェ L.O. 17:30)
カフェ席数:8席
定休日:月曜、火曜、水曜
https://www.rusurusu.com/
https://www.facebook.com/kasikoubourusurusu/


【にほんブログ村】

豊島区巣鴨『FRENCH POUND HOUSE 大和郷本店』のショートケーキは日本一美味しいの?

image

巣鴨の洋菓子店といえば『FRENCH POUND HOUSE 大和郷本店』。

大和郷本店とありますが、支店があるわけではありません。

巣鴨駅から徒歩5分程度の住宅街にあるお店は、

オープン前から行列ができるほどの人気店です。

有名なのはショートケーキでして、日本一美味しいと言う方も居られるとか。

ワタクシの感想はタイトルの「?」に込めてみました。

image
[メロンのショートケーキ 750円(税別)]
夏限定商品。マスクメロンを使用。
スポンジがパサパサしているのだけれど、
時間が経つとしっとりするのかな?


image
[和栗のモンブラン 500円(税別)]
これは美味!サクサクのメレンゲ台に乗ったクリームも含めて。


image
[クレーム・ブリュレ 450円(税別)]
これは普通に美味しい。
中にグレープフルーツ?がひと房入ってます。


image
[シュー・ア・ラ・クレーム 265円(税別)]
上面の生地がサクッとしていてナッツの香りもして美味。
クリームがたっぷり詰まっていて、なかなかの美味しさです。


image
ジップロック スクリューロックに入れるとサイズ感が掴みやすいかも。
それほど大きなシュークリームではありません。


image
[はちみつカラメルプリン]
明日までもつと聞いて二つ買ってみた。


image
混むので、こんなルールがあるらしいです。

ちなみに巣鴨には『PÂTISSERIE Yoshinori Asami』というお店もあります。

派手なパフェが有名なパティスリーですが、未だに行ったことがありません。

評価が高いし気になっているのですが、なかなか機会が無くて。

巣鴨は「おばあちゃんの原宿」と言われていましたが、

有名スイーツ店がチラホラあって、若者にも侮れない街だと感じます。

って、ワタクシはどちらにも属さない年齢ですけどね。

いろいろ試して、自分のベストを探してみたいと思います。

ちなみに写真のスイーツは全て明日までの賞味期限になるそうです。

今日中では無いんですね。

スポンジはともかく、クリームが美味しいお店なんだなと感じました。



image
【フレンチ パウンドハウス 大和郷本店】

東京都豊島区巣鴨1-4-4 マンションサンビップ巣鴨1F
営業時間 10:00~20:00
定休日:無し
https://www.frenchpoundhouse.com/


【にほんブログ村】

栃木県佐野市『味噌まんじゅう新井屋 佐野本町店』のかき氷と味噌プリン。

image

佐野市といえば『味噌まんじゅう新井屋』が有名。

文化財に指定されている建物をリノベして使用している和菓子店です。

ここで前回買わなかった「味噌ぷりん」を買って帰ろうと思い、立ち寄りました。

すると季節柄か、「かき氷」の旗がはためいておる。

訊くと、ここで食べられるとのことだったので、試しに食べていくことにしました。

ネット情報によると、「上高地の天然水氷を使ったかき氷」らしいです。

image
[かき氷(とちおとめ) 600円(税込)]
ほどよいボリューム感。


image
初めて見ましたが、「とちおとめ」はジャムのようなもの、でした。
甘過ぎず、くど過ぎず、それなりの味。
考えたら和菓子屋さんですもんね。砂糖が違うのかも?


image
食べているうちにクセになってきました。
これはこれでアリかも。

面白いかき氷で、黒みつきな粉も食べてみたくなりました。

和菓子屋さんの黒みつだから美味しいに違いないとも思え。

毎度、接客が良い感じなので、

店内の椅子に座って食べていても居心地の悪さはありません。

食べている間、プリンは冷蔵庫で冷やしてくれていました。

佐野観光には欠かせないお店だと、個人的には思っています。

image
[味噌ぷりん @280円(税込)]
若者のために開発したらしい一品。人気商品です。



image
【味噌まんじゅう新井屋 佐野本町店】

栃木県佐野市本町2942
営業時間 9:00~18:30
定休日:月曜
http://www.misoman.co.jp/


【にほんブログ村】

群馬県高崎市『たまご市場 卵太郎』のなめらかプリンがウマウマです。

image

高崎駅に戻る際、群馬県の国道406号線沿いにある

『たまご市場 卵太郎』に立ち寄りました。

往路で看板を見てから気になっていたのです。

「卵かけご飯はなくとも卵はあるんしゃないかな」

と同行者と話していたのですが、

店内には卵を使ったお菓子が並んでいました。

後で調べたところ、

鶏卵の生産・販売を行っている三喜鶏園直営の、

知る人ぞ知る人気店だったようです。

image
[なめらかプリン 175円(税込)]

image
卵の味が濃厚でクリーミーで美味ぃー。

image
カステラ ハーフ(570円)、こだわり雅味(340円)、特上ボーロ(390円)
「こだわり雅味」は、ビタミンE30倍、ビタミンDが4.5倍、
オレンジ色の濃い卵黄は餌にパプリカを配合することで出るそうです。

車内でプリンを食べましたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

これを母へのお土産に致しましたが、母も美味しいと言ってました。

オススメです。

通販するようになったら、お取り寄せしたいわぁ。

ちなみにこの日売り切れていた人気商品は、シュークリームでした。

image
左上の忍者たちの猫背っぷりが気になる。


image
【たまご市場 卵太郎(らんたろう)】

群馬県高崎市下里見町1358(安中駅から3,200m)
営業時間10:00~18:00
定休日:無休
http://www.sanki-rantaro.com/


【にほんブログ村】

千代田区丸の内『東京會舘』のスイーツはまた買いに行きたくなる美味しさ。

image

芥川龍之介賞及び直木三十五賞の授賞式が行われることでも有名な東京會舘。
2015年(平成27年)から建替えのため営業休止していましたが、今年の1月8日より営業を再開しています。
ここを本日最後の目的地に致しました。建て替え後にどのような内観になったのか、以前から気になっていたのです。
先ずは「スイーツ&ギフト」でケーキを買ってから、「ロッシニテラス」で休憩をとりましたが、保冷剤が帰宅までもったから良いものの、工程を逆にすべきだったとこっそり反省致しました。
「スイーツ&ギフト」で買ったケーキについてですが、先に2種食べたのでそれを載せておきたいと思います。

image
[マロンシャンテリー 980円(税込)]
生クリームとモンブラン好きなら食べておくべき一品かと思われます。
軽いので一人で食べられると思う。
(今回は母とシェアしましたが母も同意見でした)
来年の自身の誕生日ケーキとして買いたいぐらいです。


image
[ひょうたんシュークリーム 959円(税込)/個]
HPで見た時から可愛さに魅かれており、これを買うのが目的でした。
プレーンと抹茶を一つずつ購入。

image
上から見る方が瓢箪だと分かり易いかも?

image
ビスケット生地のサクサク感も良い感じです。

image
クリームはギッシリミチミチに詰まっておりまして、食べ応えタップリです。
image
抹茶フレーバーは3月から5月までの期間限定商品です。

久々に美味しいケーキを食べた感があります。
ここは誰かにオススメしたい。(総じて高いけど)
自分にご褒美を与えたくなったら、何かを買いに来ようと思います。

さて、上の買い物をした後で入った「ロッシニテラス」。
フードメニューはハンバーグやカレーなどがあり、一人でも食べやすそう。
ってか、そもそも一人でも居心地の良い場所だと思えます。
客の年齢層は高め。ゆえにか、店内は結構静かでした。

image
ロッシニテラス(オールデイダイニング)で珈琲を頂くことにしました。

image
かなり座り心地の良い椅子で、猛烈なる睡魔に襲われまくっていたワタクシ。

image
母はクラブハウスサンドを食べていました。
これが今日の晩御飯、だそうです。

ケーキセットなどもあったので、サービス料10%は付くけれど、ここで先のスイーツを食べられるのだと思われます。
家まで持って帰るのが大変な夏場などは、ここで涼みつつ食べるのも良いかもね。

image
プリンも買っておりました。
今風のとろとろ食感ではなく、しっかりとしたプリンです。
下に敷いたカラメルの液体っぷりが半端ないのだけれど、
プリンとカラメルがきっちり分かれているため、
どうやって作っているんだろう? と感心しながら食べました。


image
【東京會舘 スイーツ&ギフト】

東京都千代田区丸の内3-2-1 東京會舘本舘 1F
営業時間 10:00~20:00
https://www.kaikan.co.jp/


【にほんブログ村】

最近激ハマりしているヤスダヨーグルトのミルクプリンは飲み物だと思う。

image
[ミルクプリン]
※冬季限定

ものごっつい、ヤスダヨーグルトのミルクプリンにハマっております。

のど越しが良いので、飲むように食べることができます。←個人の感想です

新潟県産生乳を贅沢に86%使用したミルクリッチなプリン、だそうです。

ほんのり甘くて、牛乳牛乳していて、好みの味でして、

毎度、3個ぐらいは買って帰ってきます。

日持ちがそれほどしないので、3個が限度かなと思っています。

一個120円強たったかなぁ。覚えてませんけど、だいたいそんな感じ。

image
弾力があるので、プッチンプ●ンのように器に入れることができます。
原材料:生乳,砂糖,全粉乳,クリーム/ゲル化剤(ゼラチン,増粘多糖類)


image
スプーンですくっても崩れません。むっちりした弾力です。

最近東京でも、ヤスダヨーグルト製品を見るようになってきましたね。

(ワタクシにとって)いいことだ。

ワタクシは上野で買いましたが、他のエリアでも取り扱いがあるかもしれません。

冬季限定商品なので、ぼちぼち買えなくなるかもなぁ。



【にほんブログ村】

千代田区内神田『シュークリー 神田店』のシュークリームが無ければクリームパンを食べればいいじゃない。

image

行列必至の人気店『シュークリー』。

シュークリームが有名なお店です。

前回は人形町店に行ったのですが、売り切れ

長らく食べて居ないので、

神田に居るついでに神田店に立ち寄って参りました。

image
ランチセットがあるみたいだけれど、持ち帰りかしら?

シュークリームの販売時間は、9:30、12:00、17:00の3回。

9時半は50個、12時と17時は100個焼かれます。

でも並んで買う人が多いので、あっという間に売り切れちゃうのよねぇ。

image
この日の神田店でも売り切れていました。

シュークリームは買えないだろうなぁ~と思って立ち寄ったので、

それほどガッカリは致しませず、第二目的であるクリームパンを買うことにしました。

image
2015年に「次に立ち寄ったら買おう」と思っていたクリームパン。
@270円(税別)です。


image
外側はカリカリで砂糖がかかってあるのかほんのり甘い。
胡麻の香りが香ばしいです。


image
中には生クリームが入っています。
※ゆえに当日限りで日持ちしません

帰宅後、さっそく一つ食べてみましたが、

シュークリームを彷彿とさせる味です。

パンだけど。

生地が軽いし、生クリームも軽いので、ペロリと食べられます。

これは差し入れに良いかもー。

今度、使ってみようと思います。

って、できればシュークリームの方が良いんだけどね。

シュークリームが売り切れていてガッカリした時にオススメです。

それにしても、何年経ってもハードルの高いシュークリームだわ~

いつ買えるねんって感じ。

今度、母が来た時に頼んでみようかなぁ。


image
次にいつ来れるかわ分からんのでプリンも買ってみた。
@320円(税別)
プリンの上にはスポンジが乗っています。


シュークリー
【シュークリー(sucre-rie) 神田店】

東京都千代田区内神田1-15-11 千代田西井ビル1F
営業時間 9:30~19:00
定休日:日曜
https://twitter.com/sucre_rie_kanda


【にほんブログ村】

栃木県栃木市『パーラートチギ』は長らく使われていなかった国登録有形文化財をリノベした小洒落たカフェです。

image
国の登録有形文化財(建造物)
文化財登録名:関根家住宅店舗 
鉄筋コンクリート造2階建、瓦葺、建築面積46㎡

以前はギャラリーだったと思われる建物が今はカフェになっていました。

明治から昭和初期まで煙草卸売商を営んでいた洋風店舗建築で、

大正11年の建物です。

内部を観てみたいなぁと思い続けていたのですが、

この建物がカフェになったと知り、今回の旅の目的に据えました。

以前は10時オープンだったようですが、今は11時オープン。

ゆえに帰りに立ち寄ることにしました。

店内は四人掛けの席などのほかに、大きなテーブルがあります。

オヒトリサマだと、大テーブルに相席で座ることになります。

人がそれなりに居るし、今回は壁に向かって座ることにしました。


image
[オリジナルブレンド珈琲 500円]

image
[プリン 480円(税込)]
プリンは舌触り滑らか。
ほろ苦いカラメルがたっぷりと掛かっています。美味。


image
端にはストーブがありました。なんか和む。

5月ごろから二階でショップを開く予定だそうです。

写真はNGだけど二階を見ても良いと言っていただいたので、覗いて参りました。

屋根の構造が分かり易い。

天井などが改修されていて、安心感ある状態になっていました。

航空写真で見ても面白い造りの同建物群。

もしかして裏側に駐車場があって、

そちら側から入店することも可能なのかもと推察されます。

そうすると、もっと建物の内部が垣間見られそうな気配があるわけで。

大変興味深い建築物なので、

次回はゆっくりじっくり観察してみたいと思います。

image
正面と両側面のパラペットで見えませんが、屋根は切妻っぽい。
二階内部から見ると、壁のレンガ積みがそのまま残っていました。
窓枠は木製サッシのままです。


image
建物の周囲を飾る意匠がモダンでアールデコっぽい。
大正モダンと言うべきか?


image
これだけ周囲をタイル張りにするなんて、建築費は如何ばかりか。

image
鰻の寝床のように奥に細長く続く敷地。
そこに数棟の建物が並んでいるようです。
それらを観てみたいなぁ。

ワタクシはカフェメニューの利用でしたが、ランチメニューもあるようです。

珈琲はなかなかに美味でした。

この辺りはカフェ激戦地だから当然なのか?

次回も必ず訪れたいと思うお店です。

ものごっつい蛇足ですが、

店長さんの雰囲気が優しい感じの癒し系でした。



image
【パーラートチギ】

栃木県栃木市倭町11-4
営業時間 1100~20:00(通常)
定休日:水曜
https://www.facebook.com/parlourtochigi/


【にほんブログ村】

台東区浅草『淺草シルクプリン』の浅草シルクプリンを買ってみた。

image


昨晩、母とプリンの話をしていたもんで、

何やら猛烈にトロトロ系のプリンが食べたくなりました。

今まで食べたことのないお店のもので、都内で、しかも遠くない場所で、

せめて19時ぐらいまで開いているお店、という縛りで探したら、

浅草にある『淺草シルクプリン』がヒットしました。

どうやら有名店らしいです。

ネットでも買えるっぽい。

定番の「浅草シルクプリン」から季節限定商品まで12種類もあります。

迷った末に、ド定番の「浅草シルクプリン」のほか、

「プレミアムシルクプリン」、「チーズプリン(390円)」、

そして季節限定の「紫芋プリン(450円)」を選択しました。

日持ちはだいたい5日ぐらいするそうです。

(賞味期限がそれぞれ違っているため、“だいたい”です)


image
瓶の絵柄は浅草を感じるものになっています。
(雷門の大提灯もあるし)


image
さて、ド定番の「浅草シルクプリン」を食してみました。

image
トロトロ過ぎて舌に残りません。
飲んだような気になるプリンです。


期間限定プリンは1~2か月おきに変わるのだそうです。

今は「紫芋プリン」と「キャラメルバナナプリン」がそれ。

バナナの加工品が苦手なため、今回は紫芋一択でした。

観光客だらけの浅草まで買いに行くのはちょっと億劫ですが、

浅草に3件ほどお店があるみたいなので、

何かのついでがあれば、また入手してみようと思います。

数日もつとは言え、ちょっと買い過ぎたので、

当分プリンは買わないと思う。


image
それぞれに価格は異なりますが、プレミアムがやっぱりお高い。

image
プレミアムシルクプリンは、より滑らかでドリンクのよう。

image
蛇足ですが、家で食べるならスパチュラ付きのスプーンがベストです。



image
【淺草シルクプリン】

東京都台東区浅草1-4-11
営業時間 11:00~21:00
定休日:不定
http://www.testarossacafe.net/


image
【プリン専門店 浅草シルクプリンまるごとにっぽん店】

東京都台東区浅草2−6−7
営業時間 10:00~20:00
定休日:不定
※Suicaが使えます


【にほんブログ村】

【台湾】台北市大同区『スターバックスコーヒー保安門市店』で食べたマンゴープリンが激ウマ!だった。

image


飛行機の発着が大幅に遅れたため、予定も大幅に変更せざるを得なくなりました。
で、いろいろございまして、『スターバックスコーヒー保安門市店』にやって参りました。

ここはパイナップルの缶詰を輸出して富を築いた葉金塗氏が1926年に建てたもの。日本統治時代の建造物ですが、文化財には指定されていないようです。現在はスターバックスが建物をリノベーションして利用しています。
ここは台湾でも数少ない「STARBUCKS RESERVE」。厳選された高品質の豆を使ったドリップコーヒーを淹れてくれるお店です。特別な珈琲を飲みたい場合にオススメです。

image
3階は穴場です。

歩き疲れた我々はとりあえず甘いものを入手しまして、ソファーでぐーたらすることに致しました。
クーラーは効いているし、静かで快適だし、一人当たりのスペースは広いし、言うことなしです。

image
ケーキを食べたがった甥っ子は、どうやら最近、抹茶にハマったらしい。

image
プラのストローが使えなくなったとかニュースで見たような・・・
台湾じゃなかったっけ?


image
ワタクシがそっこー買おうと思ったマンゴープリンはNT$75(約272円)。

image
見た目からして濃そうですが、食べたら激ウマ!
今まで食べたマンゴープリンの中で一番好きかも。
買い占めたいぐらいです。


image
持って帰れないものか・・・・・・。

image
日が暮れてまいりました。


そういえば、スタバグッズを見逃しましたわ。兄に買ってあげなくもない、と高飛車に考えていたのに。
どこかのスタバにもう一度入ることがあれば、見てみようと思います。



image
【Starbucks Coffee保安門市店 / 星巴克保安門市店】

No. 11, Bao'an Street, Datong District, Taipei City
台灣台北市大同區保安街11號
営業時間 7:00~22:30
定休日:無休っぽい


【にほんブログ村】

今回の日帰り旅で静岡土産にワタクシが買ったもの。

image
[喜味プリン 400円(税込)/富士山麓のなめらかプリン 330円(税込)]
なぜか静岡県で購入するプリンって美味しいんですよねぇ。
何故なんだろう?


image
[シーチキンとろ 540円(税込)]
限定品という文字に踊らされて購入。


何度も静岡市に来ていると、お土産選びにも飽きてきます。

わさび漬けとか、桜エビとか、しらすとか。

シーチキンも名物ですね。

今回ワタクシが選んだのは、写真の2品。

わざわざ保冷バッグを持参したので、保冷ものを何か買いたいと思っていたんです。

静岡市
平野屋でホタテ貝柱の干物を買おうと思っていたのですが、
出来上がるのが15時以降だと言われて断念致しました。

本当の目的の品が入手できず、かなり残念でございました。

次回こそはぜひぜひ入手して帰りたいと思います。

プリンとシーチキンは千葉県民Tにもおすそ分けしました。

シーチキンが苦手だという人に、めったに合わないので、

静岡土産としては良いんじゃないかな。

缶だから重くなるけど。

プリンは若干斜めになっていたため、数滴零れておりました。

次回は持ち方にきを付けないといかんなと反省した次第です。

静岡市
静岡浅間神社の参道で発見した麹店。

静岡市
静岡みそ、なるものに魅かれたものの、
持ち歩くことに躊躇したため、次回に持ち越そうと思います。


そんなわけで、静岡駅までは気軽に行けるようになったワタクシ。

いつか、青春18きっぷで、浜松町まで行きたいものです。

そしてお土産に、うなぎ商品を買うのだ。



【にほんブログ村】

「大きな絹ごしプリン」が予想以上のカロリーだった。

image
[大きな絹ごしプリン 参考価格300円]
カロリー:523kcal
販売エリア:東北・関東・甲信越


image
[絹ごしプリン 参考価格120円]
カロリー:180kcal
販売エリア:東北・関東・甲信越・北陸・東海・近畿・中国・四国



コンビニ&スーパーのスイーツのメーカーであるロピアから、


大きな絹ごしプリンが発売されていました。


人気商品である絹ごしプリンの倍ぐらいのサイズなのかな。


ものごっついプリンが食べたいって時があるのですが、


今日がそうだというわけでもない。


しかし、大変気になるので、一つ購入してしまいました。


このカロリーからして、一食分ですわいな。


朝食にしたら、胸焼けするかしら?


image
通常サイズと比較してみた。



このサイズの茶碗蒸しは食べられる自信がないけれど、


プリンはいけそうな気がする。


それほど賞味期限が長くはないので、


週末にがっつりいただこうと思います。


とりあえず、通常サイズのプリンはウォーミングアップがてらペロリと食べといた。


これはもしかしたら楽勝かもしれん。



【にほんブログ村】

ワタクシが静岡土産に買ったもの。

image



今年初の青春18きっぷの旅は静岡県からスタートしました。


当初は諏訪大社に行く予定だったのですが、


ワタクシが蕎麦アレルギー、千葉県民Tが小麦アレルギーであるため、


ランチに定食があるお店を求めて静岡県を選択致しました。


美味しい海の幸が食べられるかなと思って。


気付けば、長野県よりは足を運んでいる静岡県


行くたびに色々買っておりますが、


今回は静岡駅で購入できるものをお土産に致しました。


静岡駅コンコースにあるキヨスクは大型店舗で品揃えが豊富。


見ていて楽しいお店です。


いろいろあって目移りしている間に、


何が欲しいか分からなくなる魔境でもあります。


そんな中、最後までブレなかった欲しいもののみ購入して参りました。


image
[玉華堂の極みぷりん(富士山・苺) 390円(税込)]
@グランドキヨスク


image
固形のプリンってよりは、液状に近いプリンって感じ。
とろっとろです。


プリン
上には軽いクリームが乗っています。

プリン
正直、「苺」より「富士山」の方が好みでした。

image
[濡れ富士 各308円(税込)]
@駿府楽市


image
富士山の水99%使用の高級ウエットタオル・・・だそうです。8枚入り。
茶、檜、橙、朝露の4種類ありました。


image
[正雪本醸造生 464円(税込)]
以前購入して大変美味しかった正雪。
その生酒は東京ではあまり置いてないだろうと思って購入。



まだまだ飽きない静岡県静岡市。


今はまだ静岡市に行くぐらいが限界ですが、


いつかは浜松市まで行ければいいなと思っております。


でも、青春18きっぷ利用ではツライだろうなぁ。



【GRAND KIOSK(グランドキヨスク)静岡】
静岡県静岡市葵区黒金町47 アスティ静岡
営業時間6:15~22:30
定休日:無休
Suicaが使えます。

【駿府楽市(すんぷらくいち)】
静岡県静岡市葵区黒金町47 アスティ静岡 西館(静岡駅南口が近いです)
営業時間9:00~21:00
Suicaが使えます。
http://www.sunpurakuichi.co.jp/rakuichi/


【にほんブログ村】

「卵皇のプリン」と書いて「らおうのぷりん」と読むそうな。

image
[卵皇のプリン 520円(むらからまちから館価格・税別)]@自然卵農園
【参考】ネットで買うと送料込みで4,050円/6個入り(675円/個:税込)


image
プリンの容器に犬がプリントされているところが謎すぎる。
(蓋を覆う紙には牛が描かれている)
容量:170cc



「むらからまちから館」でプリンを発見しました。


今まで見たことが無いので、新入荷らしい。


すっごく疲れていたので、一つだけ買って帰ることにしました。


疲れていたので値段を見なかったけれど、意外とお高い。


まあ、170ccなので量はたっぷりあるけれど。


食べてみると、上にトロトロのクリームが乗っかり、


下はしっかりした食感の昔風プリンでした。


カラメルはかなりトロトロなので、「昔風」であって「昔ながら」ではない感じ。


しかし、大変食べ応えがあり、「たべたー」と満足できる内容です。


ワタクシにはどうしても、ワンカップにプリンが入っているように見えるけれど。


そして、容器側面に描かれた犬がめっちゃ気になります。


ひよ子は分かる。卵を使っているから、いつかはそれを産むんだろうし。


でも犬はどういう意味があるんだろう?


会社のマスコット犬なのかな。


添付の紙には


「鶏達とポンポコ防衛隊に感謝とねぎらいを」


と書いてありました。


もしかすると、犬はポンポコ防衛隊の隊員なのかもね。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。