sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

上野

台東区上野公園『国立国会図書館国際子ども図書館』は一見の価値あり、だと思う。

image
1906年建設の旧帝国図書館の庁舎を利用。

上野にある『国立国会図書館国際子ども図書館』の前身は帝国図書館です。

久留正道により設計され、

1906年竣工の第一期工事と1929年竣工の第二期の二次にわたって建設。

国際子ども図書館に転用されるにあたり安藤忠雄建築研究所と日建設計により設計。

鴻池組により改修が行われ、2002年に完成しました。

最も内装の豪奢な旧貴賓室を子どものためにあてているそうですが、

休日は子供がたくさん居るため、未だに入ったことはありません。

今回は母と、建物の極々一部を見学してまいりました。

image
ガラス張りの部分がエントランスです。

image
三階から見る外壁。

image
窓を覆うモールディンクはそれほど多くはないものの優美です。

image
三階の階段手前のドア。

image
書物を持ちながらドアが開けられるようになっているため、
ドアノブがありません。


image
[旧大閲覧室]

image
現在はイベントホールとして使用されているようです。

image
クリックで拡大

image
階段手摺は落下防止と手すり設置ゆえか改修されていました。

良い建物だと思うのですが、今のところ文化財ではありません。

ちなみにワタクシは図書館ユーザーになったことがありません。

不特定多数の人か触れる紙が苦手なもんで。

虫とか、虫とか、蟲とか。

でも本は好きです。本棚に入った背表紙を読むのも好き。

ここが大人向けの図書館だったなら、通ったかもなぁ。



image
【国立国会図書館国際子ども図書館】
旧:帝国図書館

東京都台東区上野公園12-49
開館時間 9:30~17:00
休館日:月曜、祝祭日、年末年始 第3水曜(資料整理休館日)
※5月5日のこどもの日は開館
https://www.kodomo.go.jp/


【にほんブログ村】

『東京国立博物館』の常設展示の入館料ってこんなに高かったっけ?

image
[東京国立博物館本館(重要文化財)]
1932年(昭和7年)着工、1937年(昭和12年)竣工。
渡辺仁の案が採用された帝冠様式の代表的建築。

ものごっつい久々に、上野にある東京国立博物館に向かいました。

大きな企画展が無い隙間の期間なのですが、

入館料を支払う際、620円という価格に驚きました。

こんなに高かったっけ!?

400円台のイメージだったのですが、

それは十数年前の価格だったようです。

ちなみに今後も620円から値上がる予定だそうです。

イギリスの大英博物館は無料なのに・・・とボンヤリ思うワタクシ。

以前は国立博物館メンバーズパスを持っていたのかもしれん。

ちなみにメンバーズパスは現在2,000円で、

常設展なら何度でも入館できます。

またメンバーズパスを買おうかなぁ。

5,000円のプレミアムパスなら、

特別展無料観覧券が4枚付くみたいですし。

ちなみに母は年齢的に無料でした。

う、羨ましくなんかないからねっ!

image
敷地内には既に萩の花が咲いていました。

image
[山下門内博物館の表門]
現在の千代田区内幸町にあった頃の博物館入口。
薩摩藩の装束屋敷、飯山藩・小城藩の藩邸があった場所で、
上野に新しい博物館が建った明治14年までこの地にあった。
博物館移転後の明治16年に鹿鳴館が立てられ、
明治20年には帝国ホテルが開館する。

今回、展示からこのことを初めて知りました。

旧因州池田屋敷表門
[旧因州池田屋敷表門]
現在、東京国立博物館敷地内にある大名屋敷門。
旧因幡鳥取藩池田家の江戸屋敷の表門で、昭和29年に上野に移築。
博物館の展示物の一つとなっている。

旧博物館入口のイメージとしては近しいかも。

東京国立博物館って、体力と気力を気合を維持して回らんと、バテますな。

歩きすぎて疲労骨折の個所が再び痛み、ちょいちょい椅子に座って休みました。

その間、母は休まず、ずーっと展示物を見歩いていました。

意外と元気だ。

image
一度庭に降りると、館内への再入場はできないらしい。
爽やかな風が吹く良い季節でしたが、庭に降りるのは断念しました。

母は「いろいろ見ないと勿体ない」と言っていましたが、

よくよく考えれは無料じゃん。

入館料はたかが620円で、

普段からその価格を無駄遣いしまくっているワタクシなのですが、

「高い」と感じた衝撃は捨て難く、

この日一日中思い続けていた次第です。

値上がる前にメンバーズパスを買おうと思うけれど、

暫く行かないうちにどうでもよくなって忘れちゃうんだろうなぁ。



image
【東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)】

東京都台東区上野公園13-9
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
※毎週金曜、土曜、11月3日は21:00まで開館
休館日:月曜(祝・休日の場合は開館、翌平日休館),年末年始
※ゴールデンウィーク期間とお盆期間中は原則無休
入館料:一般620円、大学生410円
無料開館日:国際博物館の日(5月18日)
使用可能電子マネー:iD,Suicaなどの交通系ICカード,WAON
https://www.tnm.jp/


【にほんブログ村】

台東区上野『うさぎや CAFE』で早朝限定の「うさパンケーキ」を食べてきた。

image

上野御徒町にある老舗どら焼き店『うさぎや』。

日本橋にも『うさぎや』がありますが、

グルメな小母たちは断然、御徒町店の方が美味しいと言い張ります。

しかしワタクシはあまりどら焼きが好きではないので、

亡き叔母に付いて一度入ったっきりで、

その後一度も足を向けたことがありませんでした。

image
[うさぎや]
大正2年の創業です。

そんな『うさぎや』の近くに、『うさぎやCAFE』が2015年の夏にオープンしました。

当然、有名な和菓子店のカフェですから年齢問わず大人気でして、

毎日大混雑していると聞いていたため今日まで敬遠しておりましたが、

三連休の中日だし、明後日からはお盆で東京の人口が減るし、

今日が狙い目かもしれんと思って朝からふらりと向かいました。

店舗は、東京メトロ銀座線「上野広小路駅」か

都営大江戸線「上野御徒町駅」から徒歩2分ほどのところにあります。

出口はA4が一番近いのですが今は階段しかありません。

東京メトロによるエレベーター新設工事中の気配がするので、

もしかすると今年度中にはバリアフリー化いるかもしれません。

中央通りから通りを湯島側に3本入った道沿いにある店舗に

辿り着いたのは開店数分前。

毎朝9時から9時10分の間に来店した人のみが食べられる

「うさパンケーキ」目当ての方々が列を作っていました。

あれ? こんなに並ぶの?

正直、舐めてました。

しかしせっかく来たし、急ぐ予定もないのでそのまま並ぶことにしました。

オープン前に店長らしき男性が人数を聞きに来ます。

そして「相席のお願い」などの説明を道路上でしていました。

オープンしてから一巡目の方々は相席をしていたようですが、

我々の頃には相席はありませんでした。

ある種、タイミングが良かったっぽい。

そして、よくよく調べずに向かったのですが、

朝メニューは一種のみっぽい。

そんな感じで入店です。

image
数字が描かれたこちらのショップカードを配布されましたが、
理由がよく分からん。残りカウントなのかも。


image
席に着いたらドリンクを選びます。これは必須。
そうこうしているうちに、焼きたてのどらやきの皮がうさぎやから届きます。
裏口ではなくお店の入口から。


image
[Usa Pancake+coffee 1,110円(税込)]
早朝のこのセットに限り、珈琲などの一部ドリンク類はお代り自由です。
後から写真を見て気付きましたが、
トレイに乗ったパンケーキは小鉢と合わせてウサギを模しているっぽい。


image
このスタイルで食べるものらしい。

image
ちょいと小ぶりなパンケーキって感じ。

image
どら焼きセットが二つある感じ。

image
これにバターと餡が付いているので、自分でセットします。

image
バターの塩味が薄甘い皮の味にマッチ。

image
餡は水分多め。
熱いうちに食べるとバターが溶ける上に餡も流れます。


image
どら焼き風に食べるには餡が少ないのですな。

「うさぎや」のどら焼きを念頭に置いて食べると物足りないかもしれません。

しかし、「うさぎやのどら焼きの皮の焼き立てを食べる」と考えると、

これはこれで楽しい気がします。

二度も三度も並んで食べたいかと訊かれると、正直それほどでもない。

それより、もう少し後の時間帯に供されるかき氷が気になるかも。



image
【うさぎや CAFE】

東京都台東区上野1-17-5
営業時間 9:00〜18:00
定休日:水曜
http://usagiya-cafe.com/


【にほんブログ村】

上野の森美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」に行ってきた。

image


6月6日からスタートした「ミラクル エッシャー展」。

2日経った本日、上野まで見に行って参りました。

平日なら、まだ空いているかと思ったのですが、凄まじい混み具合でした。

と言っても、入場の待ち時間は無かったんですけどね。

エッシャー大人気ですなぁ。

大昔に聞いたところによると、エッシャーファンは男性が多いそうな。

今日見たところによると、女性が多かったですけどね。

平日だからかな。

感想はともかく、ショップでグッズをいろいろ買って参りました。

image
無論、図録は外せない。2,700円なり。
図録を止めるゴムバンドは四色あり、それを選択できます。
これは紺赤。


image
[クリアファイル 各400円(税込)]
「滝」のクリアファイルがあれば複数枚買うのにと思わなくもない。


image
会場限定の飴@パパブブレ

image
エッシャー要素は表のシールだけで、中の飴は上野のパンダです。

image
眼鏡ケースと眼鏡拭き。
ずーっと眼鏡ケースを探していたので、迷わず買ってしまいました。


image
眼鏡ケースはともかく、眼鏡拭きはちょっと迷いました。
しかし、後で欲しくなっても入手し難いよなぁと思い、結局購入。


image
やっぱり両方購入して良かったです。


さて感想。

正直、動けなくなったほど魅せられた子供の頃の気持ちは薄れていました。

確かに一枚一枚凄いのだけれど、あの感動を再びとはならなかったです。

感動も一期一会ですね。

好きなのは変わらないんですけどね。

絵を見て動けなくなるってことを再び体感してみたいもんです。

ワタクシの感性は衰えつつあるのかしら。

やはり感受性の豊かな時期にたくさんの美術作品と出会っておくべきですね。

学生時代に来る日も来る日も東京の美術館に自転車で通いまくった夏を思うと、

そのスポンサーになってくれた祖母と叔母に感謝する次第です。

あれは貴重な経験でしたわ。

まあ、それでもエッシャーは大好き。

その変わらぬ気持ちを確認できたことが本日の収穫かな。

image
今までのワタクシのバイブルだった本がこれです。
図録にはない情報が沢山あってファン必携の一冊です。



image
【上野の森美術館】

東京都台東区上野公園1-2
会期:2018年6月6日(水)~7月29日(日)
※会期中無休
開館時間 10:00~17:00
※毎週金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
チケット代:一般 1,600円


【にほんブログ村】

台東区池之端『旧岩崎邸庭園』の紅葉は今が見頃っぽい。

旧岩崎邸庭園



旧岩崎邸庭園にやって参りました。


ここの入園料は400円。


ちょっとお高く感じます。


本日は庭が目当てだったので、洋館内には入らず庭のみの利用。


それでも400円を支払うことに変わりはありません。


何故か今日は洋館内が混雑しているっぽかったんですよね。


ベランダに人が結構立っていたもんで、これは混雑しているなと判断しまして、


空いている庭の紅葉を愛でることに専念致しました。


旧岩崎邸庭園
もみじの赤と、イチョウの黄色が鮮やかでした。

旧岩崎邸庭園
緑と黄色と赤い葉が混じった庭園内の樹々。

旧岩崎邸庭園
この辺りは色付き始めなのかな?

旧岩崎邸庭園
落葉している樹もあります。

旧岩崎邸庭園
これは色付き始めなのだろうか?

旧岩崎邸庭園
日陰で棲息している樹は紅葉も遅いみたいですね。

旧岩崎邸庭園
旧岩崎邸庭園
旧岩崎邸庭園
旧岩崎邸庭園
なんだか和菓子が食べたくなってきました。



今日の東京地方の気温は19℃。


かなり暖かかったです。


しかし明日は一気に気温が下がり、12月中旬の気温になるそうな。


紅葉が進むのか、落葉が進むのかはわかりませんが、


明後日からは12月がスタート。


早く「紅葉めぐりスタンプラリー」を終わらせねばと思っている今のワタクシです。




旧岩崎邸庭園
【旧岩崎邸庭園】

東京都台東区池之端1-3-45
開園時間 9:00~17:00
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
入園料:400円


【にほんブログ村】

寛永寺根本中堂の御朱印が立派。

寛永寺
[根本中堂]




徳川歴代将軍15人のうち6人が眠る寛永寺は徳川将軍家の菩提寺ですが、



上野戦争で焼失し、明治維新に土地没収、輪王寺宮の還俗などを経、



川越の喜多院の本地堂を移築して本堂として明治8年に復活しました。



ゆえに、現存する建物は寛永寺のものではありません。



寛永寺
人の気配のない敷地内。

寛永寺
東山天皇が書いた「瑠璃殿」の勅額。

寛永寺

寛永寺
真横から見た本堂。

寛永寺
こちらが社務所です。
呼び鈴を押して対応して頂くシステム。


御朱印
とても立派な文字で、こういうのを見ると書道を習いたくなります。




今度、改めて川越の喜多院に行ってみようと思います。




【寛永寺 根本中堂】
東京都台東区上野桜木1-14-11
宗旨:天台宗
本尊:薬師瑠璃光如来像(国指定重要文化財)



【にほんブログ村】

寛永寺の厳有院(げんゆういん)霊廟勅額門は国指定重要文化財です。

寛永寺
[厳有院霊廟勅額門(げんゆういんれいびょうちょくがくもん)]




江戸幕府4代将軍徳川家綱の霊廟勅額門が寛永寺霊園に建っています。



霊廟は昭和20年の東京大空襲で焼失したため、現存しているのは門のみ。



大層立派な門ゆえ、今は見られない霊廟は如何ばかりかと思われます。



寛永寺

寛永寺

寛永寺
形式は四脚門、切妻造、前後軒唐破風付、銅瓦葺。

寛永寺
右側の阿形の獅子

寛永寺
左側の吽形の獅子。

寛永寺
内部から見られないのが残念です。
ここにお墓があるのっていいなぁ~。




綱吉よりは家綱の方が好きなワタクシとしては、



年始からこの門を見ることが出来て良かったです。



久々にお万の方の話を読みたくなりました。



 


【厳有院霊廟(げんゆういんれいびょう)勅額門】
東京都台東区上野桜木1
延宝9年(1681年)建造



【にほんブログ村】

東叡山 輪王寺(開山堂 両大師)の一月一日の御朱印。

輪王寺
東京で唯一の門跡寺院。
東叡山の開山、天海大僧正を祀る開山堂と同じ境内に在り、この開山堂には慈眼大師天海大僧正自身が尊崇していた慈恵大師良源大僧正(元三大師)も合せて祀られているため、一般には両大師として知られている。輪王寺はもと寛永寺の伽藍の一部で、開山堂または慈眼堂と称されていた。




東京国立博物館の隣にあるのが両大師と呼ばれる輪王寺。



ここでもお参りし、御朱印を頂いてまいりました。



輪王寺
ほとんど人の居ない境内。

輪王寺
昨年知った「角大師」。
様々な角大師の絵を見比べてみたいものです。




御朱印は堂内で頂きます。



かなり素っ気無い対応(←柔らかく表現しても) をされ、



お寺にお勤めする人にも様々なタイプが居るよなぁとしみじみ思いました。



厄除けのご利益云々以前に、



その方の印象、イコール同場所の印象となってしまいました。



御朱印
御朱印帳に書くのではなく、書いてある紙をいただきました。




お寺さんとの相性ってのもあるんでしょうね。



それはともかく、



角大師の絵を探すことも今年の旅のテーマにしてみようと思います。





【東叡山 輪王寺 開山堂・両大師】
東京都台東区上野公園14-5
本尊:阿弥陀如来



【にほんブログ村】

小休止。

上野
正面が東京国立博物館。
本日は休館日です。




湯島から歩き続けてきたもんで、小休止することにしました。



公園内での休憩場所と云えば、スタバ。



今日は元旦だし、開いていないかもなぁ・・・と思いつつ向かったものの、



奇跡的に開いておりました。



ラッキー。



上野
[スターバックス 上野恩賜公園店]
営業時間 8:00~21:00
定休日:不定休


image
ヘーゼルナッツソイラテと注文したのに、ソイが入っていませんでした。
まあ、いっかー。




ちょっ休むと、身体がラクになりますね。



こういう点も、歳をとったなぁーと感じる点です。



ゆえに、母に合わせるのもラク。



無理をせずにぼちぼち行動できるのが、



年齢を重ねた母子旅の利点かもしれませぬ。





【にほんブログ村】

上野東照宮の重要文化財の唐門には左甚五郎作の龍の彫刻があるんです。

上野東照宮
寛永4年(1627年)藤堂高虎が上野の高虎の敷地内に創建。




関東大震災や、第二次世界大戦でも倒壊しなかったと言われる上野東照宮。



それゆえに上野のパワースポットと呼ばれており、



御利益は、開運厄除、病気平癒、業成就守、健康長寿、金運とされています。



ここは文化財の多い上野の山でも特に重要文化財に囲まれた場所でもあります。



上野東照宮
[石造明神鳥居]
寛永10年(1633年)
重要文化財


上野東照宮
ここは門扉がないため自由に通り抜けられます。

上野東照宮
石塔に囲まれた石畳を(手前に)進むと
近代的な金属製の門に突き当たります。


上野東照宮

上野東照宮
9時前だったので金属製の門が開いておらず、
皆さん開門を並んで待っておられました。


上野東照宮

上野東照宮
上野東照宮
阿吽の狛犬。

上野東照宮
正面が唐門(重要文化財)。

上野東照宮
唐門の両側にあるのは、左甚五郎・作の登り龍・下り龍。
(左甚五郎:日光の眠り猫で有名)


上野東照宮
[登り龍]
※分かり易く写真を横にしています
※左が天


上野東照宮
[下り龍]
※分かり易く写真を横にしています
※右が天


上野東照宮
精緻な透かし彫りの数々。

上野東照宮
唐門両側の銅灯籠6基は、
右側より紀伊・水戸・尾張の徳川御三家より寄進されたもの。
銅灯籠と透塀は
重要文化財

上野東照宮
[神楽殿]
1874年(明治7年)、深川木場組合奉納。


上野東照宮

上野東照宮

上野東照宮
[旧寛永寺五重塔]
所在は東京都台東区上野公園内。
重要文化財


上野東照宮
寛永8年(1631年)佐倉城主土井利勝の寄進により建立されたが、
寛永16年(1639年)に火災で焼失。
同年すぐに再建されたものが現在に至っている。


上野東照宮
鬼瓦のひたい部分に梵字が見える気がする。

上野東照宮
上野動物園内にあるこの塔に、雀が自由に出入りしておった。
何かイラッとする。


上野東照宮
期間限定のお守りもあるそうな。

上野東照宮
唐門右手の建物で御朱印を頂けます。




なんだか、こんなに東照宮に行きまくっていると、



全国制覇したくなってきますね。



って、しませんけど。



昨年秋頃から葵の御紋を見まくっている気がします。



さて、ここで有名なのがぼたん園。



しかし、9時半オープンだったのと、開花状況が不明だったため、



有料エリアは敬遠しておきました。



絶対咲いてそうだと思える時期になったら、見に行ってみようかな。



image
こちらは、葉牡丹。




上野東照宮
【上野東照宮】

東京都台東区上野公園9-88
主祭神:徳川家康、徳川吉宗、徳川慶喜



【にほんブログ村】

寛永寺清水観音堂は歌川広重が名所江戸百景に描いた『月の松』の復元木もある国の重要文化財に指定されている建造物です。

清水観音堂
寛永8年に慈眼大師 天海大僧正によって創建。
国の重要文化財に指定されています。




不忍池辯天堂の向かい側の高台にある『清水観音堂』は、



京都の清水寺を模したと言われている観音堂です。



上野の山にあるため、不忍池が見下ろせます。



そしてその場にある松は『月の松』と呼ばれ、



歌川広重が『名所江戸百景』に描いた松を復元したものなんだそうです。



これは一見の価値あり。



どうやってこの形に成形したのか謎ですが、



松、がんばったなぁ~と労いたくなります。



上野にはよく来るワタクシですが、



ここに来たのは本日が初めて。



しかし、大変気に入りました。



とても良いところです。



清水観音堂

清水観音堂
至極立派な屋根瓦が睨みを利かせています。

清水観音堂
不忍池方面から見た本堂と「月の松」。

清水観音堂
歌川広重の描いた「上野清水堂不忍ノ池」とは形が若干違いますが、
ぐるっと巻いた枝は特徴的で印象に残ります。


清水観音堂
清水観音堂から見た不忍池方面。

清水観音堂
不忍池辯天堂が輪の向こうに見えます。

清水観音堂
高台ゆえ、こんなスポットもございます。

清水観音堂
5個の石を眼下の容器に入れれば良いらしい。
兎が見守っています。




こちらでも御朱印を頂きました。



本堂の左側の床に並び位置があり、



前の人が御朱印帳を受け取るまで待つ仕組みみたいです。



つまりは番号札などの配布は無いということ。



空いていたので待ち時間はありませんでしたが、



混むこともあるということなんでしょうね。



御朱印
右側が清水観音堂の御朱印です。





清水観音堂
【寛永寺清水観音堂】

東京都台東区上野公園1-29
本尊:千手観世音菩薩
江戸三十三箇所観音霊場の第6番札所



【にほんブログ村】

不忍池辯天堂にも詣でて参りました。

不忍池辯天堂




上野の山にある寛永寺は、江戸城の鬼門に位置しています。



この一帯が寛永寺の敷地で、



京都の鬼門である比叡山にならい「東叡山」と称されています。



ちなみに裏鬼門にあたる場所には増上寺があります。



不忍池辯天堂は、天海大僧正が滋賀県の琵琶湖竹生島になぞらえ、



寛永年間に不忍池に中之島を築き、そこに建立されました。



不忍池辯天堂
空襲で焼失したため、現在の弁天堂は昭和33年に再建されました。

不忍池辯天堂
ここは谷中七福神めぐりの一つらしいです。

不忍池辯天堂
大昔に伯父に連れられて回ったことがあるものの、
全く覚えておりません。




金運のパワースポットなんだそうですが、普通に淡々とお参りしちゃいました。



実はずーっとお参りしてみたいと思っていた場所なので、



この地を踏むことができてよかったです。



記念に、ここでも御朱印を頂きました



御朱印のみならず、今年の暦に関する冊子も頂きました。



これを見て、全国いずれかのお寺に行ってみようかな。



続いて向かい側にある清水観音堂に向かいます。





【不忍池辯天堂(しのばずのいけべんてんどう)】
東京都台東区上野公園2-1
本尊:八臂大弁財天(はっぴだいべんざいてん)



【にほんブログ村】

東京藝術大学大学美術館「驚きの明治工藝」が100点ほどの小規模な展示なれども満足できた。

東京芸大美術館
会期: 2016年9月7日(水)~10月30日(日)
午前10:00~17:00(入館は16:30まで)
公式サイト:http://www.asahi.com/event/odorokimeiji/




明治時代を中心とした細密で写実的な日本の工芸作品。



台湾の「宋培安コレクション」から100件以上もの明治工藝の名品を、



日本で初めてまとめて紹介している美術展が「驚きの明治工藝」です。



ここに根付が展示してある上、世界最大の龍の自在置物があると知り、



本日、病院帰りに母と上野まで行って参りました。



館内は、ワタクシよりもかなり年上の老男女ばかりで混雑しており、



結構人気のある展示なんだなと知りました。



まあ、自在置物は男性がお好きそうですもんねぇ。



ワタクシはそれほど興味がございませんが。



だって引っ掛けたら怪我して痛そうとか考えちゃうんだもん。



ぽつぽつある根付と、カエルの意匠の工芸品の前で時間を費やしました。



(ポスター右下のカエルを含む)



「柄杓蛙」は必見です。



ああいうものを見ちゃうと、カエルを飼いたくなるよなぁ。





東京芸大
【東京藝術大学大学美術館】

東京都台東区上野公園12-8

JR上野駅(公園口)より徒歩10分
JR上野駅公園口から台東区循環バス「東西めぐりん」(東京芸術大学経由)で4分



【にほんブログ村】

両国東あられ本鋪の「塩れもん小枝あられ」がごっついレモン味。

あられ
[塩れもん小枝あられ 324円(税込)]
@両国 東あられ本鋪
 http://www.azuma-arare.co.jp/




昨年ハマったのが、両国東あられ本鋪の「梅こぶ茶」。



梅こぶ茶味の、あられです。



固くてボリボリ食べられてウマウマでした。



本日、久々に同社の商品を上野のスーパーで目にしたら、



塩レモンなる味が出ていました。



ホント、夏になると異様に“塩レモン”商品が溢れるよなぁ。



大根の塩レモン漬けとか、塩レモンヨーグルトとか。



シュークリームやエクレアにまで塩レモン味があるのには引いたけれど、



「あられ」はアリかも。



ちなみに“塩レモン”味を食べ過ぎると、



ワタクシの場合は舌がバカになります。



レモン味じゃインパクトが薄いのか!? 塩は必須なのか!?



などと、疑問が湧かなくもない今日この頃です。



チーかま
チーかままでもが!





JR上野駅
【THE GARDEN(ザ ガーデン) 上野店】
東京都台東区上野7-1-1-3090 アトレ上野1F
営業時間 8:00~23:00
http://www.garden.co.jp/
Suicaが使えます。



【にほんブログ村】

台東区上野『THE GARDEN 上野店』で揚げおかきなどを買ってきた。

揚げおかき
[玉露園こんぶ茶うめ味 揚げおかき 238円(税込)/袋]
ざらめが付いていない限り、梅味の米菓子は大好きです。


揚げおかき
揚げ煎餅って大量には食べられないけど、少しだけだと美味しく感じるよね。




久しぶりに早く帰れる日だったもんで、ちょっくら上野まで行って参りました。



上野と言っても、駅だけですけど。



大好きなスーパー『THE GARDEN』で梅こぶ茶あられを買おうと思ったのですが、



全く置いていなかったのには、衝撃を受けました。



食べたかったのにー。



致し方なく、新しい“好み”を探そうと、いろいろ買って参りました。



どれも美味しいと思うのだけれど、



やっぱり、梅こぶ茶あられを食べたかったなぁ。



今度、成城石井か、クィーンズ伊勢丹に探しに行ってみようっと。



こんぶ千枚
[こんぶ千枚 130円(税込)]
昆布が付いたり入ったりしているお煎餅は大好物です。
でもよく考えたら、一枚幾らだよ!?
答え:13円/枚


うにせん
[うにせん 216円(税込)]
生のウニは食べませんが、ウニ味は大丈夫・・・だと思う。


ポテトチップス
[マウイチップス(カイソルト味) 321円(税込)]
基本的にポテトチップスは食べないのであるが、
コレだけはたま~に食べたくなります。
厚切りポテトの歯ごたえが、なかなか好み。




THE GARDEN
【THE GARDEN(ザ ガーデン)上野店】

東京都台東区上野7-1-1-3090 アトレ上野1F
 営業時間 8:00~23:00
http://www.garden.co.jp/
Suicaが使えます。



【にほんブログ村】

両国東あられ本鋪の「梅こぶ茶(あられ)」にごっついハマる。

あられ
[梅こぶ茶 324円(税込)]
@両国 東あられ本鋪
 http://www.azuma-arare.co.jp/




今、めっちゃハマっているのが、両国東あられ本鋪の「梅こぶ茶」。



梅こぶ茶味の、あられです。



固くてボリボリ食べられてウマウマです。



今日は思わず上野のスーパーで大人買いしちゃいました。



ありそうで無い味なのがハマる点かも。







JR上野駅
【THE GARDEN(ザ ガーデン) 上野店】
東京都台東区上野7-1-1-3090 アトレ上野1F
営業時間 8:00~23:00
http://www.garden.co.jp/
Suicaが使えます。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。