sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

中央区

「日本橋ロカボ祭 2019」スタンプラリーでゆで卵を貰って来た。

image
JA全農たまご(株)のブースでアンケートに答えて貰ったゆで卵。

日本橋から築地に移動するリミットまでに若干空き時間があったため、

偶然見かけた「日本橋ロカボ祭 2019」のスタンプラリーに参加してみました。

スタンプラリーと言いながら、集める気は無かったので、

アンケートに答えてモノが貰えるJA全農たまご(株)のブースに立ち寄りました。

一番人気はグリコだったのですが、ものごっつい長蛇の列だったのと、

これからランチに出かけようという時だったのでスルーしました。

ちなみにロカボとは、「おいしく楽しく適正糖質」を標語に、

極端な糖質抜きではなく、緩やかな糖質制限を推奨するものだそうです。

ロカボナッツぐらいしか知らんかったので、

意外とロカボフードってあるもんなんだなぁってことを知りました。

「日本橋ロカボ祭 2019」は9月28日(土)と29日(日)の2日間開催です。

日本橋に行く用事があれば、明日あたり如何でしょう?

我が家では母と二人で参加したもんで、ゆで卵が4個あります。

そういえば卵の黄身を食べること強要、推奨されていたんだっけ。

ほとぼりが冷める前に、すっかり忘れてた。

とりあえず思い出したので、貰った卵を食べておこうと思います。


【にほんブログ村】

築地2丁目『築地鉄板焼 Kurosawa』は古民家をリノベーションした隠れ家っぽい料理店です。


image

以前から気になっていた築地のクロサワに行って参りました。

建物が興味深かったのでチェックしていたのですが、

ここは大工棟梁ではなく建築家が設計した近代和風建築なのです。

入母屋造で、下見貼り板に覆われた外壁はどっしりとしていて圧巻。

玄関を中心に左右対称の建物が特徴的です。

現在は鉄板焼きのお店としてリノベーション活用されております。

至る所に黒澤明監督の写真が飾られていますが、

ご子息がプロデュースしたお店だからという理由らしいです。

image
内部も漆喰塗りでなかなか落ち着く空間となっております。

image
土曜・祭日限定メニュー(月替わり)の「ランチ明コース」を選択しました。
税・サ別で5,000円のコースです。(この価格で中間ランクになります)


image
[Appetizer]
シェフおまかせ小前菜


image
[Seafood]
本日の旬鮮魚介のソテー
肉厚のサーモンをミディアムに焼き、サーモンの皮をパリパリに焼いた一品。
ソースはエビだそうですがチョイ味濃いめ。


image
[main&Vegetables]
出来上がったものからお皿に乗せられてゆきます。


image
Kurosawa 特製フォアグラ入りハンバーグ
肉肉しい食感のハンバーグでした。
こちらもソースは濃いめ。


image
黒澤特選黒毛和牛のサーロインとガーリックのチップ。
ワタクシはミディアムな焼き加減でと依頼しました。


image
徐々に埋まって行くプレート。

image
ハンバーグを食している間に野菜が載せられました。
ハンバーグソースの濃さは、半熟卵で中和されるっぽい。


image
[Rice]
白米の他にガーリックライスにすることも出来ると聞いたので、後者を選択。
目の前の鉄板で作ってくれます。製作過程がエンターテインメント。


image
お漬物は白米を選んでも付きます。

image
お味噌汁の代わりに、
鶏がらスープでガーリックライスをお茶漬けにすることも出来ます。


食後のデザートは場所を移動し、二階のバーラウンジで頂きます。

移動するのは1階を利用した客のみで、2階の客は部屋を移動せずに供されるらしいです。

image
[Dessert]
ガトーショコラとカシスとバニラのアイス。
ドリンクは珈琲、紅茶、エスプレッソ、ハーブティから選べます。

担当シェフが付き、目の前で調理してくれます。

焼いている手元が鮮やかで、つい見入ってしまったり。

シェフによって力量に差があるのかは謎ですが、

我々を担当してくれた方はなかなかだったと(上から目線ですが)感じました。

帰りは表に出て見送りまでしてくれ、

どこぞの料亭みたいだなぁと思ってみたり。

ちょうど年末の忘年会の場所を探していたため、ついでに予約を入れました。

これで年末まで安心して過ごせそうです。

image



image
【築地鉄板焼 Kurosawa】
(旧中村家住宅)
東京都中央区築地2-9-8
営業時間 [平日] 11:30~15:00,17:00~23:00
[土祝] 11:30~15:00,17:00~22:00
定休日:日曜、年末年始
http://9638.net/tsukiji/


【にほんブログ村】

COREDO室町テラスの『誠品生活』などに行ってきた。

image

2019年9月27日(金)にグランドオープンしたCOREDO室町テラス。

2階には、台湾の「誠品生活」日本1号店が入り、初日から大人気だったらしいです。

売り場面積は約2,900m²(約877坪)。

「Books, and Everything in Between.(本と暮らしの間に)」

をコンセプトにする誠品生活からライセンス許諾を得た有隣堂が

「誠品生活日本橋」の書店部分を運営しています。

本日はオープン2日目の土曜日ということで、混雑を覚悟して朝から行って参りました。

image
台湾好きが多く集まりそうなフロアでして、
時間が経つごとに人が増えて参りました。
多いのは20代から50代って感じかなぁ。


image
2階はこのような店舗が入っています。

母と一階入り口で解散し、指定時間まで自由行動に致しました。

それぞれに買い物をして、時々バッタリと会ったりもして。

二周まわったら店舗の把握ができる程度の広さですが、

目新しいのもあって、それなりに楽しめました。

image
台湾生まれのオーガニックコスメ『阿原(ゆあん)』。石鹸が有名です。

image
開店記念価格になっているヨモギブレンドのアロマオイル。
税別2,800円。
肌に直接塗れるアロマオイルだそうです。
使用期限は2024年まで。


image
おまけに石鹸を貰いました。
使用期限は2020年11月30日まで。

image
ハーブティー専門店「南阿蘇 TEA HOUSE」で買ったお茶1,944円(税込)。

image
浮腫みを取りたいと言ったら、これを勧めてくれました。

image
茶葉などはこんな感じ。

image
日本百貨店も一階に入っています。
食品だけじゃない。

歩き疲れてきたところで、母と合流。

飲み物を飲みつつ小休止することにしました。

image
タピオカミルクティー専門店「鹿角巷(THE ALLEY:じあれい)」。

image
[翡翠レモングリーンティー(M) 500円(税別)]
渋くて酸っぱいドリンクでした。
ストローは紙製なので、早めに飲まないとクタクタになります。


image
母はタピオカが入ったドリンクを選んでいました。

誠品生活のフロアで衝撃的だったのは、山産店の竹ストローが売られていたこと。

ここでは1,200円の値札が付いていた気がするのですが、

台湾で幾らで買ったのかを記録しておらず差額が分かりませんでした。

ってか、ガラスのストローを取り扱って欲しかったです。

image
台湾で105円程度だったものが、ここでは583円でした。驚愕。

ここに来たら台湾欲が消える訳ではないっぽい。

ここにない何か、を探しに旅に出たくなります。

あと、一階には神楽坂の名店『あげづき』が入っていました。

ここだと並ばなくても良いかも?

フードショップは11:00開店、23:00閉店らしいです。

ほとぼりが冷めたら、

一階にあるグルメバーガー店に行ってみようと思います。

早速行ったことで納得したし、満足です。


image
【誠品生活(せいひんせいかつ) 日本橋】
Eslite Spectrum Nihonbashi store

東京都中央区日本橋室町3-2-1
日本橋室町三井タワー内 COREDO室町テラス2F
営業時間 10:00~21:00
http://www.eslitespectrum.jp/esliteactivity/


【にほんブログ村】

銀座3丁目『スターバックスリザーブストア 銀座マロニエ通り店』は平日も大混雑です。

image
カフェラテ 1杯680円。


今月4日にオープンした銀座のスターバックス リザーブ ストア

1階は「持ち帰りのみ」の営業で、2階はイートインスペースがあります。

97席あるらしいのですが、本日午後に立ち寄ったら、店内だだ混み。

大混雑でございます。

本来は立ち寄るつもりは無かったのですが、

どうしても座りたいと切望するほど疲れていたため店内へ。

2階への階段を上るとスタッフさんが居て、席を探してくれます。

コップ入りの水で席をキープしてからオーダーカウンターへ。

こちらも行列ができていました。

並んでいる間にメニューを眺めるも、あり過ぎてワカラン。

ってことで、スタッフさんのアドバイスを貰いました。

選んだのはカフェラテ。

うん、いつもと変わりがありませんね。

でもここはリザーブストア。

特別な豆を扱っているお店です。

豆はブレンドを選びました。

キープしていた席に戻ってドカッと座り、ゴクリと飲む。

ほろ苦~

疲れて入ったスタバですが、隣との間隔が狭くて落ち着かない。

全く落ち着かない。

いずれは空くのでしょうが、

しばらくはこの混み方が続くんじゃないかな。

帰りに一階に下りたら、イートインスペースが出来ていました。

隣との間隔が広くて、「こっちのがいいじゃん!」と羨ましく思いました。

特別な豆についての違いが分かる女ではないワタクシは、

次は普通のスタバに行くと思います。

グッズはシンプルでした。

一階と二階にあるパン類は、

イタリアンベーカリー「Princi(プリンチ)」のものだそうです。

珈琲と共に食べると、良いお値段になるんだろうなぁ。



image
【スターバックスリザーブストア 銀座マロニエ通り店】
STARBUCKS RESERVE® STORE

東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル1F
営業時間 7:00~22:30
定休日:不定
https://www.starbucks.co.jp/


【にほんブログ村】

季節が秋の果物を呼んでくる。

image
みかんが出始め。めっちゃお高いがウマウマ。

本日は母を強制連行して千疋屋総本店に行って参りました

「千疋屋スペシャルパフェ」を味わってもらうため&ワタクシが味わうためです。

ぼちぼち果物界にも秋の気配がやって参りまして、

一階の千疋屋のショップでは、柿と梨が並んでいました。

秋ですなぁ~

そんな秋の気配に追い立てられつつ、

夏を感じるパフェを食した次第です。

image
今日の千疋屋スペシャルパフェ。

今後のパフェは栗やリンゴに移行するんでしょうな。

栗はそれなりに興味がありますが、リンゴパフェはどうだろう?

まあ、それはともかく、今年もみかんの箱買いをすべく、

秋冬を待ちわびたいと思います。



【にほんブログ村】

日本橋室町『土佐料理 祢保希 日本橋店』の週替り定食1,280円。

image

本日は日本橋のYUITOに入っている『祢保希(ねぼけ)』にてランチを摂って参りました。

千疋屋総本店でスペシャルパフェを食べ、珈琲も飲んだ直後だったため、

これを完食した後は満腹過ぎて、デパ地下散策が捗りませんでした。

(って、どんだけ食まみれの一日やねんって感じですね)

さて、この『祢保希(ねぼけ)』は、

ワタクシが銀座オフィス時代に銀座店に通った郷愁(?)の店でして、

三年ぶりのランチとなります。

しかし、銀座店と同じかと思いきや、価格も内容も軽めで、

オフィスワーカーのための店なのだと理解しました。

この感想を他の人と共有できるかと食べログを見てみたら、

やはり評価は銀座店の方が上でした。

うん、納得。

でもまあ、リーズナブルな価格だし、一人でも入り易そうだし、

何より母は気に入ったようで、

コレドで映画を観た帰りに来ようと言ってました。

image
お得感があるので、本日はこちらのメニューを選択。

image
ワタクシは「A」のメンチカツを選択しました。
※母は「B」を選択


image
直ぐに帰宅するわけでは無かったので、
ニンニクをショウガに変更して貰いました。

このセットには茶碗蒸しが付いていて、

茶碗蒸し好きの母はこの点も気に入ったようです。

(週替り定食なのでいつも入っているかは不明ですが)

YUITOには他にもリーズナブルな価格でランチが摂れるお店があり、

結構穴場のようですし、日本橋散策時のランチ利用に良いかも。



image
【土佐料理 祢保希 日本橋店】

東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビルYUITO3F
営業時間 [昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:00~22:30(L.O.21:30)
[土日祝] 11:30~21:30(L.O.20:30)
定休日:基本無休
https://neboke-nihombashi.com/


【にほんブログ村】

今秋開業予定の「COREDO室町テラス」に台湾の誠品生活が入るらしい。

image

日本橋室町3丁目に建設中の「日本橋室町三井タワー」。

このビルの低層階に開業する商業施設が「コレド室町テラス」です。

実はここの2階に台湾の「誠品生活」が日本で初めて出店するのです。

日本第1号店となる「誠品生活日本橋」は、書籍ゾーン、文具・雑貨ゾーン、ライフスタイル体験型のセレクト物販・ワークショップゾーン、レストラン・食物販ゾーンでフロアを構成。日本橋の歴史、人々の暮らしの中で受け継がれてきたカルチャーを編集し、台湾発の「くらしと創造のカルチャー・ワンダーランド」として創造的で新しいライフスタイルを発信するプラットフォームを目指す。

誠品生活には台湾で人気のショップが複数入るらしいです。

京盛宇』が入ると嬉しいんだけどなぁ。

image
秋にオープンといっても具体的には何月何日なんだろう?

image
一階には「日本百貨店」が入るみたいで嬉しい。

ワタクシは毎度、東京駅からメトロリンク日本橋(Eライン含む)に乗り、

日本橋界隈に足を運んでおります。

東西線が苦手なので、できる限りJRのみの移動を心がけているためです。

バス停があるエリアでの商業施設新規開業は結構朗報。

秋以降は日本橋に向かいがちになっちゃうかもな。


【にほんブログ村】

日本橋室町『千疋屋総本店 フルーツパーラー』で千疋屋スペシャルパフェを食す。

image

本日は急遽、半日だけの夏休みを取りました。

眼鏡が壊れたためです。

何だか異様に勿体ない夏休みの使い方をしたもんで、

眼鏡を修理して貰ってから近くにある千疋屋総本店に向かいました。

ここで美味しい桃を食べてやる! と意気込んでの入店だったのですが、

既に桃の季節は終了しておりました。

でも気分は桃。

桃、桃、桃、桃。 桃を出せーっ!!

ってことで、一縷の可能性に掛けて、スペシャルパフェを注文致しました。

image
今はシャインマスカットの季節だったらしい。

image
[千疋屋スペシャルパフェ 2,100円(税別)]

正直、舐めてました。

やはり千疋屋のフルーツは凄かった。

めちゃくちゃフルーツを堪能できるパフェでした。

上に乗っているフルーツに桃が入っていたので大満足です。

いの一番に食べて、幸せに浸りました。

パフェの中にはフルーツソルベが入ってます。

今日食べたパフェには、バナナとマンゴーのソルベが入っており、

底には苺のソースが入っていました。

これはウマウマ。

明日も食べに行きたいレベル。

長らくパフェを食べていませんでしたが、

今後はここでパフェを食べたいと思います。

残念な夏休みになるところでしたが、

千疋屋スペシャルパフェのおかげで良い感じになりました。

ありがとう、桃。



image
【千疋屋総本店 フルーツパーラー】

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー2F
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定
※Suicaなどの交通系電子マネーが使えます
https://www.sembikiya.co.jp/


【にほんブログ村】

日本橋本町『天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店』の玉子天ぷらは最初に食べるべきだったかも。

image

今日は午前中から日本橋に居りまして、

ランチに選んだのが『天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店』。

近くにある天丼店が大行列だったため、こちらを選択したのですが、

ここでも30分は待ちました。

実はワタクシ、ここに入るのは初めてです。

人気店であるため長蛇の列ができるため、長らく敬遠していたのです。

しかし今日は日曜日で開いているお店が少ないし、

曇天で暑くなく、比較的待ち易い日だったため、

母と一緒に行列に加わりました。

入って食べて納得。

このクオリティでこの価格なら、そりゃ行列ができるわ、と。

image
行列で待っている間にオーダーを取りに来てくれるため、
店内に入って座ると、比較的すぐに料理が出てきます。


image
追加メニューもあります。
母は、茄子と小玉葱を追加していました。


image
カウンター席のみの店内。
目の前にある3つの鉢には、
いぶりたくあん、烏賊の柚子和え、きんぴらゴボウが入っています。
これを小鉢によそって食べるのはセルフサービス。


image
烏賊の柚子和え。
これでご飯を食べたくなりますor飲みたくなる。


image
穴子がやって来ました。
舞茸、ししとう、卵も乗ります。


image
その後、カボチャ、ささ身しそ巻、いかのかき揚げ、海老が追加されました。

image
玉子天ぷらを最後に食べたため御飯が既に汚れており、
撮影に耐えられるビジュアルではありませんでした。

ふわふわで美味な穴子は一本まるっと供されます。

これは穴子が入るメニューをオススメしたくなります。

美味しくて満腹で、かなり満足致しました。

が、その後は殆ど胃袋に入れられず、夕食ヌキになりました。

小さな子供さんは完食できないかも。

これからの季節は行列で長時間待つのは大変だと思います。

再訪は難しいかもなぁ。

image
どちらも行列ができるため、観光客にはかなりハードルが高いようです。



image
【天ぷらめし 金子半之助 日本橋本店】

東京都中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋 1F
営業時間 [平日]11:00~22:00(L.O. 21:30),[土日祝]10:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日:不定、年末年始
http://kaneko-hannosuke.com/


【にほんブログ村】

日本橋室町1丁目『三越本店』で柴田慶信商店商店の曲げわっばを見つけてしまう。

image

三越本店の5階で、柴田慶信商店商店の曲げわっばを見つけてしまいました。

以前、工芸エキスポで製作体験して益々興味が湧いた工芸品です。

すべすべの肌触りと、コロンとしたフォルム。木肌の色合い。

その全てに癒されます。

今回もしばらく展示商品から目が離せず、長時間鑑賞してしまいました。

で、鑑賞に飽き足らず、「なかなか入って来ない」という写真の商品を入手。

「丸弁当箱ミニ」と名付けられている商品です。

公式サイトにも掲載が無いのですが、レアアイテムってことなのかな?

もしかしたら、柴田慶信商店浅草店にはあるのかもしれません。

image
手のひらサイズの小さなお弁当箱です。

image
2つしか入って来なかったというので、2つとも頂きました。

image
ついでに棕櫚たわしも購入。1,000円(税別)なり。

image
身体を洗いたくなるぐらい痛気持ちいい肌触り。

image
お弁当箱を固定するバンドも購入しました。
だって中央の装飾部分は印傳なんですものー。
ちょっと他では見たことが無いアイテムです。
柄も色も豊富でした。
700円(税別)なり。


image
で、止めてみる。ああ良い感じだわー。

二つ買った理由は、

二段重ねにもなるってことの他に、

家で夕食時に使えそうな気がしたためです。

ちらし寿司を入れるとか、稲荷寿司を入れるとか。

とりあえずは、おにぎりを握るのも面倒だって日に、

御飯だけ入れて持って行こうかなと思っています。

鞄に入れやすいのがナイスです。

いやぁ、良い買い物したわぁ~。

幸せです。

image
後日、母が夕食で使ってくれました。
うん、可愛い。


【日本橋三越本店】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店5F
営業時間 10:00~19:00
定休日:無休(三越に準ずる)
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html


【にほんブログ村】

日本橋室町1丁目『三越本店コンフォートバスガーデン』でハンドタオルに満たされる。

image
価格は600円から2,000円。

タオルが大好きです。

大好き過ぎて、見ると必ず買ってしまいます。

これはもう病気なんだと思います。

だから、しゃーない。治らない。

ってことで、今回もタオル売り場でタオルを複数購入致しました。

と言ってもハンドタオルなので、価格はそれほどお高くないんですけどね。

今回ツボったのは、「挿絵画家morita MiW× 楠橋紋織」のタオル。

森田MiWさんとタオルメーカー楠橋紋織によるコラボブランドです。

モノガタリになっていて、

タオルの裏にそれぞれの物語が書かれたシールが貼ってあります。

可愛いです。

image
こちらはHotmanのシェニール織りのハンドタオル。
今回購入した中ではダントツの価格です。

ってか、ホットマンって東京・青梅のタオルメーカーだったんですね。

知りませんでした。

絹織物製造業として150年前にできた会社だそうです。

写真の商品は絵柄が可愛くて気に入りましたが、

シェニール織って、肌触りは抜群なんだけど汗を吸いにくいのよねぇ。

でも、鞄に入れておくとテンションを上がるかなと思っております。

いやぁ~、タオルっていいよねぇ。

消耗品だから散財したという罪悪感は薄くて済むし。

これからもタオルを見たら買っちゃう人生を送ると思います。



【日本橋三越本店 コンフォートバスガーデン】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店5F
営業時間 10:00~19:00
定休日:無休(三越に準ずる)
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html


【にほんブログ村】

日本橋室町1丁目『三越本店リラクジングラボラトリー』でボディーシャンプーを入手。

image


Aromatherapy Associatの商品が好きで時々購入するのですが、

そういえば三越にも入っていたよなぁと思い、

5階のリラクジングラボラトリーに向かいました。

結論としては銀座三越にしかありませんでした。

実は、ちょっといい香りのボディーシャンプーが欲しかったのです。

雨季のシーズンにテンションを上げるのは香りだと思っていて、

会社のデスクで使っている加湿器にもアロマオイルを垂らしています。

目のために加湿器を使いなさいと病院で言われたのですが、

ただ使うだけでは味気ないなぁと思ってやっております。

ちょっと離れた場所にデスクがあるからこそ出来ることですけど。

話は戻ってボディーシャンプー。

今はラベンダーなどの香りを使っているのですが、

毎日だと飽きるのです。

香りに「ふぁぁぁぁぁ」とすることが無くなってくるのです。

ゆえに今回新たな香りを調達した次第です。

image
Panpuri(パンピューリ)の
「サイアミーズ ウォーター UPL ボディクリームウォッシュ」
「インドシン STH ボディウォッシュ」 の2種購入。


image
左もボディーシャンプーなんですって。

リラクジングラボラトリーでは様々なメーカーとブランドが揃っていて、

ここである程度は事足りる気もします。

Aromatherapy Associatはありませんけどね。

ついでにハンドクリームが欲しいなぁと思って探していたら、

下の商品を発見しました。

image
[カトルソワース リラックス<クリーム/ゲルタイプ> 大地のやすらぎ]
これ一つで化粧水、乳液、美容液、化粧下地の役割を果たすそうです。
旅行にいいよね。しかもすごくいい香りです。

今日の入浴が楽しみです。

両方試すために二度洗いしちゃうかもな。



【日本橋三越本店 リラクジングラボラトリー】
RELAXING LABORATORY
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店5F
営業時間 10:00~19:00
定休日:無休(三越に準ずる)
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html


【にほんブログ村】

日本橋室町1丁目『青柳 日本橋三越店』のあんみつは絶対買うべき一品だと思う。

image
[あんみつ 600円(税別)]

みつ豆が大好物です。

子供の頃はあんみつも好きで、東京の祖父母の家に遊びに来る度に、

紀の善」か「みつばち」のあんみつが6個ぐらい買ってあり、

文字通りの大人食いをしまくっておりました。

まあ、それぐらいこの類の甘味は大好きです。

そんなワタクシが近年ハマっているのが、

三越本店地下にある『青柳』のあんみつ。

テイクアウトのみですが、発見すると買うようにしています。

いつもある訳ではないんですよねぇ。

もしかしたら、夕方までには売り切れちゃうのかも。

ほかのお惣菜は「なるほど」という感じですが、あんみつは

「うっまっ! 飲めるやんコレ! やっばっ!」

というリアクションを(心の中で)とってしまうワタクシです。

image
季節に応じてフルーツが変わります。春は苺でしたが今は枇杷。

image
この寒天が美味しいのだ。
切っていないのは、崩れやすいから。
崩れないギリギリの柔らかさで攻めてます。

ワタクシの中では「飲める あんみつ」だという認識です。

黒みつが添えてありますが、あまり使いません。

使わなくても美味しいからです。

ここの黒豆も実は美味でして、年末になるとお正月用に瓶詰が売られます。

こちらも買うべき一品だとワタクシは思っております。

母に食べさせたいなぁ~と思うのですが、未だにその機会が無いんですよね。

絶対好きに違いないのに。

青柳のお惣菜が入手できるのはココ三越本店だけらしいので、

日本橋にお越しになる際は、オススメです。



2019.6.23 購入分
image
この日のトッピングには黒豆はありませんでした。

image
代わりに乗っていたのは、杏、アメリカンチェリー、生姜。
アメリカンチェリーが苦手なので、母に食べて貰いましたが、
これはこれで美味しかったです。
ただし、やっぱり黒豆が食べたかったなぁ。

【青柳 日本橋三越店】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店本館B1F
営業時間 11:00~20:00
定休日:無休(三越に準ずる)


【にほんブログ村】

日本橋室町1丁目『富山 はま作』の3周年記念特別ランチ。

image
[3周年記念特別ランチ「まつり丼」 2,800円(税込)]

本日の予報が大雨だったもんで、朝から三越に行っておりました。

雨の日のデパートって空いていて良いですね。

濡れずに長時間楽しめますし。

ゆえにいろいろと買い物をしまくってしまいました。

良い感じに空腹感を覚えてきたので、

三越新館向かいの日本橋とやま館脇にある『富山 はま作』に入店。

いつもは大混雑している同店ですが、雨なので空いておりました。

image
富山館3周年の特別メニューがありました。
期間限定メニューなので、これを選択。


image
雨の日はこんなに空いているんですね。ねらい目です。

image
特別メニューなのでお品書きが付いていました。

image
富山県の海の幸山の幸が一つのお皿に乗った丼です。
白エビを最後まで残し、一気に口に含むと幸せになれました。
うっとり。


image
丼にはこの特性ダレをかけて食べます。
隣はととろ昆布のお味噌汁。


image
お品書きに載っていない小鉢も付いていました。

image
デザートは氷見はと麦茶のアイスでした。

image
初めに出されるこのお茶も、氷見はと麦茶です。
独特の香ばしさがあるお茶です。

隣接する日本橋とやま館にはバーラウンジがあり

富山の日本酒を飲めるのですが、勝駒は売り切れていました。

相変わらずのレア&人気っぷりですねぇ。

高岡大和が閉店したため、入手する先を失してしまったワタクシ。

個人的には益々入手困難な日本酒となりそうです。

image
しかし、はま作店内には勝駒が能作の器に入れて展示してありました。

image
リニューアルしていたらしいけれど、どこが新しくなったんだろう?

image
アンテナショップ『日本橋とやま館』でこちらの4点を購入しました。
手ぬぐいは河原シンスケさんとのコラボによる三周年記念商品です。



image
【富山 はま作】

東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F
営業時間 11:30~14:30,17:00~22:30 [日祝]11:30~14:30,17:00~21:00
定休日:不定休 (年末年始ほか)
https://toyamakan.jp/restaurant


【にほんブログ村】

日本橋2丁目『山本山 ふじヱ茶房』でかなり早めのランチとお茶を堪能する。

image

二日前にランチに行こうと思っていた『山本山 ふじヱ茶房』。

高島屋新館の入ったビルにあります。

もともと山本山があった場所のままの位置っぽいですね。

本日はもとより日本橋に来る予定だったのですが、

なんだか11時からパレードをやるみたい。

警視庁が道路を通行止めにしています。

どうせならばと、席に座ってパレード見るってことをやってみようと思いました。

で、『山本山 ふじヱ茶房』店内へ。

できるだけ、ゆっくり食せるものをと考え、

「海苔にぎり巻き 茶菓セット」を選択しました。

image
食事にはこちらの海苔のようなランチョンマットが出てきます。
海苔を意識したものではなく、和紙に漆を塗ったらこうなったそうです。


image
[海苔にぎり巻き(やまもとやま)]

image
自分で海苔を巻いて完成させ、食します。海苔ウマ~

image
どれも工夫されていて面白いと感じたので、
自宅でパーティをすることがあればチャレンジしてみようかと
妄想していました。


image
和菓子は「長門」のもの。
ここ専用に少し小さめに作っているようですね。


image
お茶は合組煎茶 “天下一”を選択。
そして和菓子は木守(きまもり)です。
お茶は三煎まで淹れてくれます。


image
食べるのは二度目ですが、やはり美味しいです。
安定のクオリティーですな、長門は。

和菓子付きのセットの方がお得な気がします。

単品だと割高ですし。

image
image

天井が高く、端正な内装。

誰の設計なんだろう? ちょっと気になりました。

カウンター席があるのでオヒトリサマでも安心です。

長門の和菓子と、山本山のお茶を愉しみたい時に再訪しようと思います。

image
第46回にもなるイベントだったんですね。

image
警視庁にも騎馬隊があるのかぁ。

image
いろいろなマーチングバンドが日本橋の方向に向かって進んでゆきます。



【山本山 ふじヱ茶房】
東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋三井ビルディング1F
営業時間 10:30~20:00
定休日:年末年始
https://fujie.yamamotoyama.co.jp/


【にほんブログ村】

日本橋1丁目『ときわ木』の上生菓子がものごっつい美味しい。

ときわ木


明治43年(1910年)創業の『ときわ木』。

平日しか開いていない和菓子屋さんです。

店内には、ショーケースがなく、重箱(商品見本)が置いてあるのみ。

入店すると、それを広げて見せてくれます。

上生菓子の価格は300円代。

いろいろあってかなり迷います。

本日は母が居るので、4つほど購入致しました。


image
左上から時計回りに、あんず餅、菊、栗入り大納言、紅葉。

image
母が選んだものから零れた二種。


むちゃくちゃ美味しいです。

甘さ控えめで、しっとりしていて、香りも良く、後を引く美味しさ。

母も大層気に入っていました。

同感です。

平日で半休の時に、またチャレンジしたいです。



ときわ木
【ときわ木】

東京都中央区日本橋1-15-4
営業時間9:30~17:15
定休日:土曜、日曜、祝日


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。