sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

太田市

群馬県太田市@壱景。

太田市


群馬県太田市には古墳はあれども、文化財指定の建築物は驚くほど少ない。

それは、同地に中島飛行機(株)の工場があったからだと思われます。

戦時中、太田市や伊勢崎市には同社の飛行場や軍需工場があり、

米軍は日本軍の補給力を壊滅すべく、何度も両市に空襲を行っています。

ゆえに建物が焼き払われ、残っていないのです。

現在も太田市にSUBARU(旧:富士重工業)の工場が多いのは、

同社が元は中島飛行機に由来する会社であるから。

GHQによって航空機の生産・研究が禁止されたため、

中島飛行機の航空機技術者たちが自動車産業に進出。

現在に至っています。

今は外国籍の方が工場に勤務されるのが増えているのか、

今回の太田市散策ではインド系らしき方を多く見かけました。

実は戦時中の疎開については伯父からしか聞いたことが無いワタクシ。

伯父はワタクシが今住む地で生まれ育っているもんで、

東京の子供たちの疎開先に該当するのですが、

群馬県の草津や水上の辺りがそれだったようですね。

しかし、同じ群馬県でも空爆を受けた都市があったことを

今まで考えたことがありませんでした。

近年、文化財を訪ね歩くようになったことで、

先の大戦と文化財の関係が切り離せないものだと考えるに至っております。

京都など木造の築年数百年を超える建築物がある街がある一方、

地方でも空襲を受けた土地はそのような建築物がほとんどないところがある。

残っていたとしても、大概が戦後のもの。

今回初めて太田市を訪れましたが、

戦後の建物ばかりが並ぶワタクシ的に申せば近代の街なみでした。

そんな中、今回は行きませんでしたが、旧中島家住宅が現存しているのは奇跡。

国の重要文化財に指定されている敷地面積10,000平方メートルを越える大邸宅は、

中島飛行機の創業者である中島知久平が両親のために生家近くに建てたものです。

でもどうしてここは戦火を免れたんだろう?

空襲時に投下された爆弾は、この地方特有の「上州からっ風」により

目的地を逸れて流されたとも聞きますが、そのせいなんですかね?

いろいろ謎ですが、調べてみると興味深い事柄が出て来そうです。

さて、近代建築物が多い太田市内にて、少々古そうな木造建築を見つけました。

太田市立太田小学校
太田市立太田小学校のグランドの隅に立つ建物。
屋根が傷んでいるので今は使われてい無さそうです。


太田市立太田小学校
地図を見ても建物名は書かれてはおらず、
何に使われていたものなのかも不明。


太田市立太田小学校
外壁を見る限りは定期的に修繕はされているようです。

太田市立太田小学校
開口部から推察するに今は倉庫として使われていそう。

本当に古い建物が少ないため、

ワタクシのような者が街歩きするには向かない土地かもしれません。

でも中島飛行機には興味があるから、旧中島家住宅見たさに再訪しちゃうかもなぁ。

太田市美術館・図書館
[太田市美術館・図書館]
設計:平田晃久


太田市美術館・図書館
太田駅北口の人気スポットになっているようです。
内部にはカフェもあります。(ソフトクリームが美味しいらしい)


太田市美術館・図書館
屋上まで続くなだらかなスロープがあり、
多くの人が建物内を散策していました。

戦後73年。

街に記憶(記録)が残るうちに、様々場所を見て歩きたいと思う今日この頃です。



【参考】
足利市の空襲 - とちぎの空襲と戦災を語り継ぐ会 ←太田市の空襲についても語られています
伊勢崎空襲

【にほんブログ村】

群馬県太田市『キッチン オフコース』はパンケーキのお店です。

キッチン オフコース

八幡山古墳のそばにある『キッチン オフコース』は、

ふわふわパンケーキを供するお店です。

太田市で人気のお店らしく、満席で入れないこともあるとか。

入店して納得。

席数はそれほどありません。

オヒトリサマだと、満席時はちょっとツライかも。

キッチン オフコース
店の前に車が停まっていないということは着席可能かもと判断し、入店。

キッチン オフコース
やはり初心者はプレーンから始めるべきかしら。
と思い、ドリンクセットで注文。


キッチン オフコース
パンケーキが3つお皿に乗っています。
その上にさほど甘くないクリームが。


キッチン オフコース
見た目からしてフワフワ~

キッチン オフコース
ナイフが添えられていましたが、ふわふわ過ぎて逆に使い難いかも。

キッチン オフコース
お好みで、という感じに添えられた
メープルシロップを掛けた方が美味しいです。


image
お会計票と一緒に出されるおせんべい。
これは気が利いてるなと思いました。


歳をとったのか、ソーセージパンケーキを頼んだ方がよかったかもと思いました。

美味しいのですが、口の中が甘さで飽和状態になります。

ぼちぼちファンシーなメニューは引退かもなぁ~と、珈琲を飲みながら感じました。

秋だわ~。

心の中に木枯らし一号が吹きそうになったわ~。

お店は手作り感があり大変アットホームな感じ。

一般家庭のリビングにお邪魔している感があります。

ピアノも置いてあるし。

パンケーキは注文してから焼き始めるので時間が掛かります。

ワタクシはそれを本を読みつつ待ちました。

のんびりした良い時間だった気がします。

胃袋も舌もまだまだ若いぜィ~と仰る方にオススメです。


image
[八幡山古墳]
興味があったけれど、自転車を置く場所が無くて登るのは断念しました。



キッチン オフコース
【キッチン オフコース】

群馬県太田市大島町343-23
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜、火曜
※全面禁煙
http://atelier-ofcourse.sunnyday.jp/cafe


【にほんブログ村】

群馬県太田市『新田パン』は平日しか開いていないベーカリーなんです。

新田パン
本日定休日。

大正6年(1917年)創業の『新田パン』。

昔ながらのコッペパンや食パン、クリームパンというラインナップがあり、

特に、甘納豆とレーズンが入った「栄養パン」が有名みたいです。

気になるなぁと思ったものの、土日は定休日なんですよね。残念。

しかし、農産物直売所で同社のパンを発見し、二つほど購入したことで、

お店を見てみたくなりました。で、行ってみました。

新田パン
意外と大きな工場に併設されているレトロなパン屋さん。

新田パン
工場内の建物も面白そうです。

新田パン
大きな煙突が目を惹きます。
遠くから見えていたのですが、銭湯かと思いました。


新田パン
鉄筋コンクリート製の煙突。ちょっと面白い造りですね。

新田パン
駅方向から見ると「新田パン」の文字が見えます。

新田パン
パンはJA太田市 城西の杜農産物直売所で購入しました。

創業当時からのロングセラー商品らしい「栄養パン」は二種類ありました。

値段の違いが何の違いか分からないまま、高い方を購入。

ついでに「うぐいすパン」も買っておきました。

レジで教えてもらったのですが、11月から値上がりしたそうです。

元の値段を知らないので「そうなんですね」としか言えなかったのですが、

疑問に思う購買者が多いのかしら。

一度お店が開いている時を見てみたいなぁと思うものの、

たぶんそれが叶うことはないだろうなぁ。



新田パン
【新田パン】

群馬県太田市本町25-33
営業時間9:30~17:00
定休日:土曜、日曜
http://www.nitta-pan.co.jp/


【にほんブログ村】

群馬県太田市『JA太田市 城西の杜農産物直売所』まで行って来た。

太田市

太田市の特産品は大和芋と小玉西瓜なのだそうです。

太田市の郷土料理 焼きまんじゅうで、B級グルメは太田焼そば。

「呑龍夢麦酒」という地ビールもあるそうですが、

今はネットでしか買えないのかも。

思いのほか、特産品が少ない太田市ですが、

せっかく来たので大和芋を購入することにしました。

長芋じゃなく、大和芋。

これでフワフワお好み焼きを作るのだ。

その大和芋が買えるのが、JA太田市 城西の杜農産物直売所です。

ちょっと遠いけど、人気なのか結構地元の方で混んでいました。

image
名のあるメダカが驚くほど安い。
買っても容器が無いので断念しましたけど、
もの凄く後ろ髪を引かれまくりました。
数本抜けたと思う。


image
これが名物の大和芋。
こんなブランド名が付いているんですね。
レシピも貼ってありました。


image
聞かなきゃ分からないのですが、新芋とそうじゃないものがありまして、
新芋は文字通り取れたてですが、アクも強いそうです。
(手が痒くなるやつね)
一年寝かせたものはその点がマイルドになっているのだそうな。


image
ってことで、迷わず新芋を購入。
ラベルに「B」とあるのはB級品ってことらしい。
ちょっとだけ形が悪いものなんですって。
一応両方買っといた。


image
ほうれん草が安い。しかも結構入っていて量もある。
茹でて冷凍しておこうと思う。


image
美味しそうな里芋を発見。
茹でて先日購入した塩で食べようと思います。

野菜の直売所って、なんであんなに楽しいんですかね。

高いものや安いものが混在していて、まさに玉石混淆。

産地違いの野菜もあったりして、宝探しのようです。

それにしても、メダカは惜しかった。

でもこれ以上増やすとメンテナンスが大変だからなぁ。

我慢、我慢。



城西の杜農産物直売所
【JA太田市 城西の杜農産物直売所】

群馬県太田市城西町53
営業時間9:00~18:00
定休日:年末年始
http://ja-ota.jp/


【にほんブログ村】

群馬県太田市『今井酒造店』は慶応2年創業の150年以上続く酒蔵です。

今井酒造店

1866年(慶応2年)創業の今井酒造店。

「上州風まかせ」、「新田山」、「不二神龍」などの日本酒を醸造販売する老舗酒造会社です。

そんな今井酒造店の店舗兼主屋、本蔵、新蔵、釜場及び瓶詰場、文庫蔵、煙突が、

2016年(平成28年)8月1日に国の登録有形文化財に指定されました。

今井酒造店
太田駅から数キロ離れたところにある酒蔵。

今井酒造店
駐車場になっているところは、
以前建物があったのかもと思わなくもない。


今井酒造店
今井酒造店釜場及び瓶詰場
登録有形文化財(建造物)
明治41年(1908年)の建築。


今井酒造店
木造二階建、切妻屋根の妻面に深い庇を設けている。

今井酒造店
今井酒造店店舗兼主屋
登録有形文化財(建造物)
明治前期(1868~1882年)
明治33年(1900年)移築,平成15年(2003年)改修
近隣の農家を移築し店舗兼主屋としたもの。


今井酒造店
右手が釜場及び瓶詰場、左手が店舗兼主屋。

今井酒造店
今井酒造店文庫蔵
登録有形文化財(建造物)
明治41年(1908年)の建築。

今井酒造店
屋根は置屋根桟瓦葺。


今井酒造店
今井酒造店煙突
登録有形文化財(建造物)
明治41年(1908年)/昭和40年(1965年)頃改修
イギリス積みの煉瓦造、高さ13.8m。
上部は鋼製に改造されている。


今井酒造店
直営店舗「風蔵」
道路に面した小さなショップでこちらで醸している日本酒が買えます。
開店は9時からだった気がする。

今井酒造店
看板商品「上州風まかせ」300mlと玄米塩麹(540円・税込)を購入。


今井酒造店敷地内にカフェもありますが、こちらは11時オープン。

ちょっと時間が合いませんでした。

イベントフリースペース「神龍蔵」があり、100人規模のイベントも可能だとか。

今は切り絵展示をしているらしいです。

今井酒造店
こちらが喫茶店として使っている蔵。

今井酒造店
敷地内は綺麗に整備されていて、
酒蔵見学は開催していないものの、
観光酒蔵のようになっていました。
太田市の景観賞を受賞したそうです。


日本酒の名にもなっている「風」。

群馬と言えば「上州のからっ風」ですが、いったいどんなものなのかしら。

風に向かって歩くことが困難だと聞きますので、

ちょっぴり体感してみたい気がします。

そんな風にも耐えて100年以上保っている建物って、

実はかなりスゴイんじゃないかな。

太田市
建物が無いところで強風のなか進むのは大変そう。←妄想中



今井酒造店
【今井酒造店 喫茶室サロンかぜくら】

群馬県太田市鳥山中町746-2
営業時間11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:月曜、火曜
https://www.nihonsyu.org/sakagura04-1/


【にほんブログ村】

群馬県太田市『山田屋本店』の焼きまんじゅう(呑龍まんじゅう)。


山田屋本店

「呑龍まんじゅう」は群馬県名物の焼きまんじゅうでして、

自家製のみそダレを付けて食べる『山田屋本店』の登録商標です。

焼きまんじゅうを焼く前のものが「呑龍まんじゅう」で(たぶん)

10個入(750円)から156個入(8,300円)があります。

156個入りィ!?

思わず二度見してしまいました。

山田屋本店
こちらのケースに入っているのが「呑龍まんじゅう」。

山田屋本店
焼きまんじゅうはコチラから注文できます。
注文は一本からOK。
注文してから焼いてくれます。


山田屋本店
ワタクシの前の方は持ち帰りで大量に焼いて貰っていました。


焼きまんじゅうは一本190円。

「呑龍まんじゅう」が4個並んだ串になります。

つまりは、焼きまんじゅう1本を現地で食べる方がお得ってことなのか?

まんじゅうの原材料は、小麦粉、砂糖、塩、自家製麹。

味噌たれにも砂糖が入っています。

甘いです。ってか、あまじょっばいです。

山田屋本店
空腹だったもんで、つい二本頼んでしまいました。
焼きあがったのを見てその大きさに驚き、
「思いのほか大きかった」と呟いたら、
「軽いから大丈夫だよ」と言われました。


山田屋本店
両面に余白無く塗られた味噌ダレ。

山田屋本店
蒸しパンみたいな食感です。


JR高崎駅のお土産物屋でよく目にしていたのですが、食べたのは初めてです。

こういう味だったんですねぇ。

ちょっと他には無い感じがします。

空腹だったので二本食べましたが、通常は一本で十分だと思います。

けっこうお腹に溜まります。

この辺りの飲食店が開くのが11時なので、

それ以前に小腹を満たしたい時に有難いお店だと思います。

その場で食べられるし。

暑くもなく寒くもなく、丁度良い季節だったので、

もたもたと食べながら、お茶を飲んでしばらくぼーっとしていたワタクシです。



山田屋本店
【元祖呑龍 山田屋本店】

群馬県太田市金山町13-1
営業時間 9:30~17:30
定休日:月曜(祝日の場合は営業,翌日振替休業)
http://www.donryu-yamadaya.com/


【にほんブログ村】

群馬県太田市『大光院(だいこういん)』で第62回関東菊花大会ってのをやってました。

大光院
[第62回関東菊花大会]

2018年10月25日(木)~11月25日(日)
太田市三大祭りの一つ、だそうです。


大光院(だいこういん)の詳名は、義重山大光院新田寺。

「子育て呑龍(どんりゅう)」、「呑龍さま」という通称がある浄土宗の寺院です。

第二次世界大戦終戦まで東洋最大で世界有数の航空機メーカーだった

中島飛行機で開発された「呑龍(百式重爆撃機)」は、

同寺院の通称に由来するものだそうです。

端的に言えば、大光院は徳川家康が新田義重を弔うために建てた古社です。

慶長18年(1613年)、徳川家康が先祖と称する新田義重を祀るために呑龍を招聘して創建。境内裏には新田義重や呑龍の墓がある。義重は九条兼実に従い法然上人に帰依した。
建久6年(1195年)3月に寺尾城内に大光院を建立した。
時を経て、家康は観智国師・土井利勝・成瀬正成に遺跡を探させ、墓石と礎石などをここに移した。
呑龍は1616年(元和2年)、孝心のため国禁を犯した子をかくまい幕府から譴責されたが、5年後の1621年(元和7年)に赦免された。このことから、子育て呑竜の異名で呼ばれるようになった。

大光院
吉祥門と名の付く山門は太田市指定重要文化財。
山田屋本店の焼きまんじゅう(呑龍まんじゅう)を食す前にお参りをば。


大光院
異様に立派な手水舎がありました。

大光院
大光院
太めの金網で覆われていて立派そうな彫刻が見られず。残念。

大光院

大光院
開山堂。
法要はこちらで行われていました。
今は七五三の時期みたいですね。


大光院
ずいぶん昭和チックな建物だなぁ。

大光院
懸魚にスズメらしき鳥がいました。
ハマってる。


大光院
ほほう。昭和8年の建造物でしたか。

大光院
朱は近年塗り替えたのか剥落が無くて綺麗ですね。

大光院
扉は金属製っぽい。

大光院
本堂が見えます。

大光院
開山堂の前にある菊作品を並べたテント。

大光院
盆栽が展示してあります。
もっと手前で見られればいいのにと思わなくもない。


大光院
ワタクシがいいなぁ欲しいなぁと思った作品。

大光院
開山堂と本堂は回廊で繋がっていますが一般人は入れません。

大光院
[大光院臥龍の松]

大光院
ちなみにこちらの松は樹齢700年を超えているとか。

大光院
味のある?文字が躍る看板が並ぶ本堂は慶長18年(1616年)建立。

大光院
正面三間向拝。

大光院
本堂の裏手にある門は一部朽ちていました。

大光院
奥の建物には庫裡などがあるのでしょうか。

大光院
大方丈らしき建物。
建築年は古そうです。


大光院
懸魚もシブいです。


ここは東上州三十三観音特別札所でもあり、群馬七福神の弁財天もあります。

そんな大光院で現在、太田市三大祭りの一つ「関東菊花大会」が開催中です。

関東各地から菊花作品が約1700鉢集められているとのことですが、

まばらな感じもあり、ちょっと寂しい気もする・・・。

大光院
大光院
大光院
大光院
大光院
大光院
大光院
大光院
大光院
大光院


期間中は菊作り教室や観菊茶会などが行われるそうです。

ちなみに、時間が早すぎるとやっていません。

いまいち盛り上がりに欠けると思ってしまうのですが、

新宿御苑で昔見た菊が凄かったので、

それと比べちゃっているのかもしれません。

申しわけない。



大光院
【大光院(だいこういん)】

群馬県太田市金山町37-8
山号:義重山
宗派:浄土宗
本尊:阿弥陀如来
創建年:慶長18年(1613年)建立
開基:徳川家康、呑龍


【にほんブログ村】

群馬県太田市『旧金山図書館』は太田市指定の重要文化財です。

旧金山図書館


太田駅からほど近い場所にある『旧金山図書館』は、

奇跡的に空襲で焼け残った大正時代の木造建築物です。

現在は図書館としての機能はないものの、

太田市内で現存する最も古い図書館になります。

旧金山図書館は明治・大正時代の太田出身の実業家である葉住利蔵(1866~1926)が太田地方の文化発展のため、私財を投じて建設した私立の図書館で、大正11年(1922)5月1日に開館したもの。木造平屋建て、入母屋造り桟瓦葺で、閲覧室40坪(132平方メートル)と玄関3坪(約10平方メートル)からなります。
閲覧室は床を高くし、基礎には石組が使用されています。天井は床から14尺(約4.6m)と高く、湿気を防ぎ、建物の耐久化が図られています。窓は開閉自在の上下窓で、通風・採光が十分配慮され、図書館機能が建築構造の中によく活かされています。
建築当時は閲覧室のほか、二階建て土蔵造りの書庫、管理者用の和風住宅が付設されていましたが、現在は残っていません。
その後、図書館は太田町に寄付され、現在は太田行政センターの別館として使用されています。明治・大正時代を通じての木造公共洋風建築としては、市内に現存する唯一の建物です。
建物の保存状態は良好で、群馬県内に現存する草創期の図書館建築としても重要です。


日本ガス協会のホームページによると、ここにガス燈があるらしいのですが、

事前知識がなかったもんで、見逃しました。残念。

建物に向かって左側にあったっぽいですね。


旧金山図書館
まだまだ暖かい気候ゆえ、草木か茂っており、
外観はスッキリとは見えませんでした。


旧金山図書館
開口部は大きく取ってあるため屋内は明るいです。

旧金山図書館
これぐらいあ明るい。
※窓の外から内部を撮影しています


旧金山図書館
玄関ドアは左右にあります。

旧金山図書館
擬洋風の外観ですが、屋根は和風。
瓦には「金山」の文字が見えます。

冬になればもう少し外観をスッキリと捉えることができるかもしれませんね。

古い建物がほとんど残っていない太田市にあっては、貴重な建物たと思えました。



旧金山図書館
【旧金山図書館】

群馬県太田市本町27-9 太田公民館敷地内
太田駅から徒歩8分


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。