sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

文京区

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で週末に使う手土産にギモーヴを選択。

image
右は自分用。

週末、数年ぶりにお会いするかもしれん方に手土産を持参しようと思い、

会社帰りにアヴランシュ・ゲネーに立ち寄って参りました。

マシュマロは得意ではありませんが、ここのギモーヴは大好きです。

image
買ったのはシュー・アラ・クレーム290円とシューキャラメル330円。
※価格は税別

image
タルト・ネクタリン 680円(税別)
激しいお値段ですが、納得できるお味でした。


ここのギモーブはめっちゃ美味しいです。

自分の好みが他人様にも通用するとは思っていないけれど、

手土産が相手の方に気に入っていただけると嬉しいんだけどなぁ。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『御菓子司 喜久月』がお手頃価格で数を買ってしまいがち。

image
右下の練切は「雁」。一つだけ+20円に設定されています。

FIRE HOUSEのすぐそばに、『御菓子司 喜久月』があります。

ついでなので立ち寄って和菓子を買って帰ることにしました。

老舗と言うには年数が足りないのですが、

地元に愛されているお店という感じ。

初めて立ち寄るので、上生菓子のビジュアルが目に新鮮です。

一つ一つは小ぶりなのですが、価格が安いのに丁寧で、

ご高齢のご夫婦の善意がにじみ出ているように思えました。

image
秋らしいラインナップです。

寿司をつまむのに三本の指を使うとしたら、

この和菓子は二本の指で十分持てるサイズです。

つまりはコンパクト。

そして餡は割と甘めです。

小ぶりなのでクドさは感じないのですが、

口の中に残る甘さではあります。

しかしコスパを考えれば味は十分で、お得だとも思える。

税込み価格で一つ150円ですからね。

お給料日前だけどホンの少しだけ和菓子気分を味わいたい

という時に、

このお店は良いかもしれません。



image
【御菓子司 喜久月】

東京都文京区本郷4-6-13
営業時間9:00~21:00
定休日:日曜
http://home.s07.itscom.net/kikuduki/


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『FIRE HOUSE』のアボカドバーガー。

FIRE HOUSE
アボカドバーガー 1,350円(税込)、アイスコーヒー 410円(税込)
※トマト抜きです

2011年に食べて以来だという気がする『FIRE HOUSE』のアボカドバーガー

この8年間でビジュアルも価格も変わっておりました。

ポテトですら形状が変わっており、変化がないのはピクルスぐらい。

久々に食べたアボカドバーガーの味は、マヨネーズの印象で幕を閉じました。

FIRE HOUSE
マヨネーズの酸味は嫌いじゃないけれど、その印象が後味となってしまう感じ。

本当はチーズバーガー的なものを食べたかったのですが、

ダブルチーズバーガーの価格は二千円近く、

価格の理由がよく分からなかったためアボカドバーガーに日和りました。

正直、日和って良かったのではないかと思っているところです。

ワタクシの舌が変化したのか、ここのバーガーが変化したのか。

目下ワタクシの中のアボカドバーガー第一位はランタンバーガー

昼のみというハードルの高さがネックですが、また食べに行きたいです。

何はともあれ、

未だに『FIRE HOUSE』にデリバリーを依頼したことがありません。

流石にこの歳になると、そんな野望は消滅しつつある。



FIRE HOUSE
【FIRE HOUSE(ファイヤーハウス)】
東京都文京区本郷4-5-10
営業時間[月~金]11:00~16:00(lunch),~23:00,
[土日祝]11:00~23:00
定休日:年末年始
http://www.firehouse.co.jp/


【にほんブログ村】

文京区本駒込『六義園(りくぎえん)』の紫陽花は見頃を過ぎてしまったのかも。

六義園

朝から六義園(りくぎえん)に行って参りました。

昨日が雨だったので、紫陽花が綺麗に見えるかなと期待したからです。

いそいそと向かったのですが、駒込橋交差点側の入口が閉鎖され、

出入口が本駒込方面のそれに変更になっていたのには驚きました。

いつの間に? 何ゆえに? 謎です。

山紫陽花紅やま
[山紫陽花 紅やま]

山紫陽花七段花
[山紫陽花 七段花]
下側に向く花ゆえに、カメラで撮ったものしか見れませんでした。


Hydrangea macrophylla
土壌が若干酸性化してきてこんな色になっているのかな?

山紫陽花深山八重紫
[山紫陽花 深山八重紫]
シンプルでキレイな紫陽花だとワタクシの中では評判です。


山紫陽花くれない
[山紫陽花 くれない]

Hydrangea macrophylla
和菓子のような成形の紫陽花。
(鉢植えでした)


紫陽花
これこれ、こういうのが見たかったのよ。
雨と紫陽花って本当に似合うし綺麗ですよね。


紫陽花
殆どの紫陽花が水滴もなく乾いていました。

山紫陽花紅てまり
[山紫陽花 紅てまり]

Hydrangea macrophylla
これだけで花なのか、はたまた・・・という感じの紫陽花。

image
キノコを見つけるのが得意なワタクシ。ちなみにド近眼です。
これはこれから生えるであろうキノコです。


image
凛凛しい顔したセキレイ。

六義園
この樹の下にもキノコがあるのかもしれん。

以前見た時は綺麗だったんだけどなぁ、六義園の紫陽花。

もはや見頃は過ぎ去ってしまったのかもしれません。

しかし公式のTwitter情報によると、月末までは楽しめるそうです。

本当か!?




六義園
【六義園(りくぎえん)】

東京都文京区本駒込6-16-3(南北線駒込駅から徒歩約7分)
開園時間 9:00~17:00
(最終入園は16:30,ライトアップ期間は21:00まで)
休園日:年末年始
入園料:300円
※Suicaが使えます


【にほんブログ村】

文京区本駒込『おつな寿司』は柚子の香りと揚げの姿が特長のいなり寿司が有名です。

image

六義園から千石駅界隈にやって参りました。

大雨と言われた昨日から一転、目に刺さるような快晴です。

っつーか、歩くのが眩しい。

千石駅には『おつな寿司』という、いなり寿司の有名店がありまして、

ここは六本木にある本店から昭和2年に暖簾分けしたお店になります。

朝の9時から開いているので、ランチとして持ち帰るのに丁度良いです。

image
いなり寿司 一つ100円、かんぴょう巻一本300円で、
自由な組み合わせで注文できます。

image
今回はいなり寿司3つ、かんぴょう巻1本で注文しました。

image
逆さまにしてある揚げが特長。

image

いなり寿司の油揚げの汁気は切ってあり、手で摘めるほどです。

あっさりしていて、酢飯の味が立ってるかな。

干瓢もあまり甘くはありません。

個人的には佐野のいなり寿司の方が好きなので、

ちょっと物足りなかったですが、

あっさりした味が好きな方には丁度良いのかも。

千石には有名なカフェもあるのですが、

そちらはオープン時間にタイミングが合わないため断念しました。

蛇足ですが、千石駅前の中山道が広すぎて

真夏の正午に歩くのはやめておいた方が良いと感じました。

日影がないし、涼める場所もない。

しかしそんななかワタクシは、

いなり寿司片手に徒歩で巣鴨方面に向かうのでした。



image
【おつな寿司】

東京都文京区本駒込2-10-8 岡部ビル1F
(都営三田線千石駅から徒歩3分)
営業時間 [平日]9:00~15:00,[土日祝]9:00~15:00
定休日:水曜、木曜


【にほんブログ村】

文京区根津『根津 日本酒 多田』の料理が噂通りにどれも美味だった。

image

舌の肥えた仕事関係の呑み仲間が、

長らく気になって行きたいと思っていたと言うのが、

根津にある『日本酒 多田』。

ミシュランガイド東京のビブグルマンにも掲載されている大人気店です。

コース料理のみで、それに合う日本酒が用意されています。

長患い明けとも言える本日、忙しかった一日の〆に行って参りました。

昨年末からアルコールを全く摂取していなかったので、

ヨーグルトのお酒を一杯と、連れとシェアする日本酒をお猪口にちょこっとだけ、

という至極健全な飲み方をしつつ、料理に舌鼓を打っておりました。

ちなみに選んだのは真ん中の価格でしたが、

病み上がりの身には量が多かったです。

image
お通しの、鞍掛豆の煮浸し。
硬めに茹でたしっかりした食感の豆で、ビールに合いそうです。


image
白神山地の冬菇椎茸の摺り流し。
上に乗っているのは柚子の花びらだそうです。
椎茸の旨みがギュッと詰まった一皿でした。


image
鰆の磯海苔乗せ(海苔は二種類あります)。下は西京味噌。
低温でゆっくりと火を通した鰆は半生状態。
不思議な食感の一皿でした。


image
メカジキと春野菜のぬた和え。
苺が入っているのには驚きました。
不思議と合います。


image
イイダコと烏賊。
卵が苦手なワタクシはふた噛みで丸飲みしてしまいました。
魚卵にはこういう伏兵も居るんですよね。
でもたぶん美味しい。


image
鹿児島産のイシナギ(モロコ)と蕪のお吸い物。
初めて聞いた「イシナギ」という魚名。鱸の仲間だそうです。


image
泰正養鰻場のオーガニック鰻。
鰻にもオーガニックがあるのを初めて知りました。
旨みがギュッと詰まっていながら端正な味ゆえ、塩が良く合う。


image
メヒカリの唐揚げ。
南蛮風に下にオカヒジキと人参・玉葱の酢の物が敷いてあります。
身はほろほろと柔らかく、骨ごと食べられます。


image
鯛めしだったと思う。
すごく美味しいのですが、満腹過ぎて少量しか入りませんでした。
連れはお代りしてましたゲト。

店主は若く、研究熱心な方なのだと思われます。

ご自身でもかなり食べ歩いて居られそう。

料理人はアーテイストでもあるなぁと感じ、

とても良いお店に連れて行って貰ったと大満足の一夜でした。

根津駅は千代田線なのですが、新お茶の水で乗り換えればラクだと知れましたし。

たしなむ程度のお酒は、身体にはそれほど負担にはならず、全く酔わず。

今年はそれほど飲まない一年になるかもなぁと思うのですが、

さて、どうでしょうか。



image
【根津 日本酒 多田】

東京都文京区根津2-15-12 木村ビル1F
(地下鉄千代田線根津駅下車1番出口徒歩2分)
営業時間[火~金]18:00~23:30(L.O.22:00),[土日]15:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜、不定休(臨時休業あり)※食材無くなり次第終了
https://www.facebook.com/nezunihonsyu


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で誕生日なのでギモーヴを贅沢買いする。

image

会社から家までの間にあるどこかの駅で下車し、

ケーキを買おうと思った本日のワタクシ。

唐突にアヴランシュ・ゲネーのギモーヴが食べたくなり、

そちらに進路を定めました。

image
買ったのはシュー・アラ・クレームとセリーヌというケーキ、
そしてギモーヴです。

image
ギモーヴの名前が長すぎて覚えられない。

ここのギモーブはめっちゃ美味しいです。

特にフランボワーズのそれが気に入っているので、

それだけを(ワタクシ的に)大人買いしました。

ちょいちょい「食べたいなぁ」と思い出すほどに美味しいギモーヴ。

一つだけでも良いお値段だけれど、また買いたいと思うほど美味しいのです。

下手すると安売りのペットボトル飲料と同じ価格だったりするのだけれども。

でもいいの。今日は誕生日だし。

千葉県民Tに貰った珈琲を入れながら、ちょびちょびと食そうと思います。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、不定休あり


【にほんブログ村】

湯島天満宮にお札を貰いに行く。

image


既に5日も経ってしまった2019年。

急ぎ湯島天満宮に新しいお札を貰いに行ってきました。

もはや初詣という雰囲気でもなく、

境内には白い幕が張られている箇所が多々ありました。

松の内までに行けば良いと思っていた初詣ですが、

近年は三が日までに行くのが主流のようです。

往復都バス利用の最短コースを辿ったのですが、

病み上がりゆえ、大層息切れしました。

月曜日、ワタクシは満員電車を乗り切れるのか?

不安でしゃーない。


【にほんブログ村】

湯島天満宮に初詣。

image



今年も元旦の早朝から初詣に行って参りました。


通勤時間よりは早い時間だったのですが、昨年のほうが早い時間だったようで、


今年は露店が営業して賑わっておりました。


参拝にそれほど待つことはなかったのですが、


御朱印をいただくのに列に並び、それなりの時間を待ちました。


その後、お札を返し、新しいお札を頂きました。


本日は肌寒く、帽子とマスクと手袋は必携って感じで、


寒がりなワタクシはカイロを三つも体に貼って外出。


昨年末は風邪で寝込むことなく過ごせたので、


このまま今月も風邪をひくことなく過ごしたいという願いからの行動でした。


image
今年の御朱印。
昨年は「元旦」と書いていただいたのに。



平成三十年。


ワタクシの場合、


生まれた昭和時代よりも、平成時代を過ごした年数のほうが多くなりました。


来年の元号がどのようなものになるのかはわかりませんが、


なるべく画数が少なく書きやすい文字であって欲しいわぁ。


image
境内の梅の開花は、今年は少し遅そうです。



いつもより子供の受験生が少ない気がしますが、


これも少子高齢化の影響ですかね。


お守りやお札に「合格祈願」と書いてあるものがありますが、


その製作量も年々減少しているのかもしれないと想像いたしました。


少子高齢化の一因が我が身にもあり。


まあ、こればかりは如何ともし難いんですけどね。



image
【湯島天満宮】

東京都文京区湯島3-30-1
主祭神:天之手力雄命、菅原道真
創建:(伝)雄略天皇2年


【にほんブログ村】

文京区本駒込『六義園(りくぎえん)』の紅葉もぼちぼち終わりですね。

六義園



早朝から駒込の六義園に行ってまいりました。


目的はスタンプラリーの最後の個所にスタンプを押すこと。


そしてカレンダーを貰うことでした。


六義園がウチから二番目に行きやすい庭園なので行先に選んだのですが、


ここは都内で二番目に人気のある紅葉スポット。


ゆえに時間が経てば経つほど混雑して写真どころではなくなる場所なんです。


今回は開園前から並んで入園いたしましたが、


それでもそれなりに混んでいました。


六義園
それでもまだ早いので長蛇の列にはなっていません。

六義園
皆さん右回りで庭園に向かわれますが、
ワタクシは左回りでショートカットして向かいます。


六義園
途中、陽を浴びて輝く紅葉がありました。

六義園
六義園と云えば、ここ。定番の撮影スポットですね。

六義園
遠目で見ればまだまだ大丈夫に見えますが、
紅葉は終わりかけて散り始めていました。


六義園
水面に浮かぶ落ち葉の量が多いです。

六義園
ライトアップ時には対岸のここも闇に浮かびます。

六義園
一週間前ぐらいが紅葉の見頃だったのかもしれませんね。

六義園
茶室のある方向。

六義園
水面に映る木々と、枯れかけの紅葉。

六義園
めっちゃ凛々しい顔のカモ。

六義園
ホオジロガモが二羽仲良く水を切って進んでゆきました。
意外と泳ぐのが早いんですね。


六義園
朝なので日射しは低めです。

六義園
無数の竹が地面に刺さっている(と思えた)ことにギョッとしましたが、

六義園
碑を目立たせるライトアップ用だったんですね。

六義園
結構落葉しているため空の青が多く感じます。

六義園
六義園
六義園
六義園
枯れている葉が多いので、雨が降ったら落葉するかもしれませんね。

六義園
よく考えたら、もみじ茶屋が出店しているのを見るのは初めてかも。

六義園
しかし、開店時間にはちょっと早かったようです。

六義園
ドウダンツツジも終わりかけ。

六義園
ツツジの名所は、今はこんな景色です。

六義園
緑の葉の向こうに見える紅葉。

六義園
桜の大木も紅葉していました。

六義園
この桜の紅葉は綺麗でした。

六義園
表が紅くて、裏が黄色い葉。

六義園
綺麗な葉に見とれて空を見上げると、飛行機が飛んでいました。

六義園
桜の木の下では、牛模様の猫が細い声でニャーニャー鳴いてます。
(でも顔はいかつい)



スタンプラリーをしていなければ、紅葉を見ることはしなかったかもしれません。


近年、週末は遠出をしていましたからね。


久々に都内を散策し、少々歩き疲れてしまいました。


実はここから蔵前に移動し、その後徒歩で家まで・・・。


image
4年ぶりにカレンダーをゲットしました。

image
スタンプラリーが終わると、景品に応募できます。



六義園
【六義園(りくぎえん)】

東京都文京区本駒込6-16-3
営業時間:9:00~17:00
(ライトアップ期間中は~21:00,入園は閉園30分前まで)
休園日:年末年始(12月29日~翌年1月1日まで)


【にほんブログ村】

Gallery AaMo「天野尚 NATURE AQUARIUM展」はアクアリウム好きなら行きたくなる作品展です。

NATURE AQUARIUM展



行きたいと思っていた「天野尚 NATURE AQUARIUM展」に母と行って参りました。


東京ドームシティのGallery AaMoで開催中の展覧会です。


入館料は1,300円。


水景クリエイター“世界のアマノ”として有名な天野尚氏の作品展です。


天野尚と書いて、「あまのたかし」と読みます。


同氏撮影の大判写真作品と、水草水槽(ネイチャーアクアリウム)が展示してあり、


なかなか見応えがありました。


自然の中に居るようで、癒されます。


NATURE AQUARIUM展
[佐渡原始杉の超特大写真パネル]
2008年7月開催のG8北海道洞爺湖サミットの会場に飾られたパネル。
まるで森に迷い込んだみたいな気分になれます。


「妖艶千竜桜」
「妖艶千竜桜」という作品。

「谷川岳紅葉」
「谷川岳紅葉」という作品。
大判の作品なので臨場感があります。素晴らしいです。



写真が素晴らしくて、日本にこんな風景があるのかと幸せな気分になりました。


その景色見たさに、写真の場所に足を運びたくもなりました。


登山必須だと思うので、先ずは体力づくりから・・・とか考えると萎えちゃいますけど。


パネル作品の奥に、アクアリウムの展示がありました。


NATURE AQUARIUM展
「アクアデザインアマノ(ADA)」という会社なんですね。

NATURE AQUARIUM展
水槽の横に水草や魚の名前が書いてあるのですが、
どれがどれだかサッパリわかりませんでした。


NATURE AQUARIUM展
NATURE AQUARIUM展
今のところ、魚はメダカしか興味が無いからなぁ。

NATURE AQUARIUM展
どこの水槽にもいるミナミヌマエビたち。

NATURE AQUARIUM展
頑張って脱皮中の子もいました。

NATURE AQUARIUM展
側面にまわると、植わっている水草の舞台裏が見られます。

NATURE AQUARIUM展
まるで水槽の中の生け花みたい。

NATURE AQUARIUM展
ここにもミナミヌマエビたちが水底で活躍中でした。

NATURE AQUARIUM展
家にあったら嬉しいけれど、手入れか大変なんだろうなぁ。

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展
特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」

NATURE AQUARIUM展

NATURE AQUARIUM展
NATURE AQUARIUM展



天野尚氏は2015年8月に他界されているんですね。


16年間競輪選手として活動する一方、


世界各地の熱帯雨林を訪れて風景写真などを専門誌に発表していたのだとか。


また、すみだ水族館の水草水槽のレイアウトも手掛けたそうです。


そういうことを、今回、初めて知りました。


その事実を知ってから、すみだ水族館に行くと、違う楽しみ方ができるんだろうな。


何より、写真のパネルが欲しいなぁと思っています。


大判写真は十万仕事だけど。


仕方がないので、今回はクリアファイルを買うに留めました。


ポスターがあったら買ってたと思う。


それぐらい目が悦ぶ作品群でした。


クリアファイル
同展のクリアファイル(400円)を記念に購入致しました。


NATURE AQUARIUM展
【天野尚 NATURE AQUARIUM展】

開催場所:東京都文京区後楽1-3-61
東京ドームシティクリスタルアベニュー沿い Gallery AaMo
期間 2017.11.8(水)~2018.1.14(日)
開館時間 [平日]12:00~17:00,[土日祝]10:00~17:00
入館料:1,3000円


【にほんブログ村】

文京区後楽『アーティスト カフェ』は東京ドームホテル43階にある展望の良いレストランなんです。

アーティスト カフェ
[パノラマランチ 3,240円(税込)]
メインディッシュ+ブッフェ(前菜,サラダ,ドルチェ)+珈琲or紅茶のセットです。


アーティスト カフェ
散歩中だけれどビールを飲んじゃいます。

アーティスト カフェ
母は軽い口当たりのビールを選択。

アーティスト カフェ
フォカッチャはお代わりもできます。
オリーブオイルも同様。


アーティスト カフェ
[松茸とクリーム「泡」スパゲッティーニ]
母もワタクシも同じメインディッシュを選択しました。


アーティスト カフェ
[ドルチェ]
ワタクシはカシスのソルベとパンナコッタ、プロフィトロールを選びました。



この歳になると、ビュッフェ形式は苦手になります。


そもそも食べ放題ってのも苦手です。


料理は普通なんですけど、このお店の良い点はロケーション。


晴天の日は遠くの山々まで目にすることができます。


ワタクシは見たことがないけれど、富士山も見えるんじゃないかな。


座る方角に寄りますけど。


11:30オープンとありますが、ワタクシたちが入ったのは11時過ぎでした。


日曜日のランチは早めのスタートなのかもしれませんね。


展望の良い席に座りたいなら予約するのが良いようです。


天気によっては日射しが眩しくって仕方がないという可能性もありますけどね。


でも、子供はこのロケーションを喜ぶんじゃないかなぁ。


ちなみに同セットのメインディッシュは12月1日から変わるみたいです。


ランチビールで満腹になったので、東京ドームシティに向かいます。


って、隣ですけどね。




アーティスト カフェ
【アーティスト カフェ】

東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームホテル43階
ランチは11:30~14:30
定休日:無休
https://www.tokyodome-hotels.co.jp/restaurants/list/artistcafe/


【にほんブログ村】

千葉県民Tが群林堂の豆大福を買って来てくれた。

群林堂



ウチの近所に合って、ワタクシが最も好きな豆大福が『群林堂』のそれ。


学生時代の休みで叔母宅に滞在している時に自転車でよく買いに行ったもんです。


日によっては結構並んで待つんですけど、買えると嬉しくなるんですよね。


粒あんが苦手なんですけど、この豆大福は別物です。


そんな群林堂の豆大福を、千葉県民Tが買って来てくれました。


包みを見て、豆大福4個か!?


と驚いたのですが、開封したら栗蒸し羊羹が入っていて、


一気にテンションが上がってしまいました。


昔は豆大福しか無かった気がするのですが、


近年では栗蒸し羊羹も販売しているんですね。


お店も綺麗になってるもんなぁ。関係ないけど。


群林堂
やはり美味しい豆大福はテッパンですが、
栗蒸し羊羹にも期待が持てます。


群林堂
さっそく食べてみましたら、むっちりしていて美味でございました。
蒸し羊羹部分が甘過ぎなくて美味しいです。



前日に粕汁を作っていたので、それと一緒に晩御飯と致しました。


ああ、幸せだ~。



群林堂
【群林堂(ぐんりんどう)】

東京都文京区音羽2-1-2
営業時間 9:30~17:00
定休日:日曜、月曜(ほか臨時休業あり)


【にほんブログ村】

文京区水道『石ばし』はミシュランの星を獲得している老舗鰻料理店です。

image




明治43年創業の老舗『石ばし』は文京区の江戸川エリアにある鰻の名店です。



母が行きたいと言っていたお店だと思うのですが、



一足先に行って参りました。



近所には、これまた評価の高い鰻の名店がございまして、



そちらの方が、こちらのお店よりはリーズナブルだった気がします。



予約はしていなかったのですが、すんなりと席に着くことができました。



image
[うな重 特上]
お重のサイズがちょっと大きめに感じます。


image
上と特上に千円の差しかないのなら、
滅多に来ないんだから特上を選んじゃいますよね。
価格は消費税込みで、別途10%のサービス料が付きます。


image
お吸い物が肝吸いってところが高級感マシマシですね。
(わざわざ注文し直さなくて良いところがgoodです)


image
ギッシリ乗った鰻。
重なって乗っている鰻を近年見なくなりましたもんね。
これは特上で正解でした。
周囲は香ばしく、中はふっくらと脂たっぷりジューシーな感じ。
これは待ってでも食べたい鰻ですわ。
ちなみに注文してから供されるまで1時間経過しています。


image
中に入っている椎茸も美味しかった。

image
香の物は厚切りで、口直しまで足りるボリュームです。




タレは殆ど甘味は無く、サッパリした食後感。



また、たっぷりと御飯に掛かっており、追加投入の必要はありません。



もちろん、テーブルにも追加のタレは置いていない。



山椒は直ぐに掛けるのではなく、



先ずはそのまま鰻の味を堪能することを推奨されています。



しかし山椒の香りも良いので、最期には掛けて食べたくなるかな。



お酒を注文しない場合、待ち時間には緑茶。



鰻が供されてからは焙じ茶が出てきます。急須付きで。



鰻が出て来るまでは結構時間があるので、読書が捗りました。



この待っている間の期待感も、ご馳走の一つですね。



待ってても裏切られることはありませんし。



次回はコース料理を予約して行ってみたいかも。



image
玄関の煉瓦塀は空襲でも残ったのだそうな。

image
確かに昭和初期の煉瓦塀が目を惹きます。
これは頑張って残して欲しいなぁ。




同店では、待ち時間が長いため、小学生未満は入店できません。



また、全室禁煙。



クレジットカードの利用は不可となっています。



英語のメニューがあり、英語ができるスタッフが居るので外国人にも人気っぽい。



コース料理は2名からで、前日までの予約制です。



以上、足を運ばれる際はご留意ください。



image
【石ばし】

東京都文京区水道2-4-29
営業時間[火~金]11:30~14:30(L.O.13:30)18:00~21:00(L.O.19:30)
[土]11:30~15:00(L.O.14:00)17:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:日曜、月曜、祭日、土用の丑の日
http://unagi-ishibashi.com/


【にほんブログ村】

文京区小石川『一幸庵』の和菓子は噂通りに凄かった。

わらび餅
[わらび餅 380円(税別)]
わらび粉のみを使用しており、とろりんっとした食感が軽いです。
中のこし餡がとろけて、べたべたと余韻を残さぬ食後感が良い。




本日は、茗荷谷で打ち合わせがあったもんで、



長らく野望であった超有名和菓子店『一幸庵』に立ち寄って参りました。



店内に入ったらすべての生菓子が出揃っていて、



見た目も楽しく、テンションが上がりまくり。



次にいつ来られるか分からないので、ちょーっと大人買いしちゃいました。



で、ここで有名な「わらび餅」もゲット。



食べたいと思ってたのよねぇー。



菊見酒
[菊見酒 380円(税別)]
日本酒入りで、使っているのは獺祭なんだそうです。
下の層には酒粕っぽいものが入っており、
鼻から抜ける日本酒の香りがイイ!
甘党じゃない方に特にオススメです。
菊の花弁の下には栗がゴロンと入ってます。


栗きんとん
[栗きんとん 400円(税別)]
すやの栗きんとんより口どけが良い感じ。
口どけっつーか、口ほどけっつーか。
栗を食べている感があるのに、もったりしないところがイイ。


初雁
[初雁 380円(税別)]
黒蜜が入った葛で、こし餡を包んであります。
ぷるんぷるんの食感。
こし餡の中にはシャキシャキした食感のユリ根が入ってます。




どれも上品。どれも軽い。



一気に数個食べるなんて楽勝だって気がします。



かなり気に入りました。



今まで食べた生菓子の中で一番気に入ったかも。



特に「菊見酒」はまた食べたいと思うほど印象に残りました。



次は近所にあるカフェにも行ってみたいな。



image
栗蒸し羊羹と悩んだものの、
賞味期限がちょっとだけ長いので栗羊羹を購入しちゃいました。
週末に楽しもうかなと思ってます。
ちなみに、基本的に羊羹が苦手なんですけどね。
これで美味しいと感じたら、季節ごとに同店に通っちゃおうと思います。



image
【一幸庵(いっこうあん)】
東京都文京区小石川5-3-15
営業時間10:00~18:00
定休日:日曜、月曜、祝日


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で久々にシュークリームを買う。

アヴランシュ・ゲネー




小石川後楽園に来たからには、アヴランシュ・ゲネーに立ち寄らねば。



そう考えて一駅徒歩で移動。



白山駅から春日駅まで十数分間、ぽてぽてと歩きました。



いつもなんだかんだとタイミングが合わず、



シュークリームを買うのを見送っていたのですが、



本日は間違いなく開店している日ゆえ、うきうきした気分で入店致しました。



アヴランシュ・ゲネー
[シュークリーム 250円(税別)]
Choux
前回より値上がっていました。


アヴランシュ・ゲネー
[ピスターシュ 560円(税別)]
Pistache


アヴランシュ・ゲネー
[メレンゲ シャンテリー フルーツ ルージュ 460円(税別)]
meringue chantilly fruits rouges.
持ち方が悪かったようで、帰宅後に見たらフルーツが落ちていました。
ゆえにお店での見た目はこれとは違うと思います。
日本語の名称も違うかも。


アヴランシュ・ゲネー
[ギモーブ各種 88円~112円(税別)/個]
Guimauve




ここのギモーブはめっちゃ美味しいと思います。



一つ一つが良いお値段だけれど、比例して美味しい。



マシュマロは苦手ですが、ギモーブは好きかも。



と言っても、沢山食べたいとは思いませんが。



お使い物にも良さそうなので、今度、差し入れに使ってみようと思います。



見た目も華やかだから、インスタ用にも喜ばれそう~




アヴランシュ・ゲネー
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、不定休あり



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。