sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

【GW】豊島区巣鴨『かき氷工房 雪菓』で常連さんオススメの期間限定かき氷を食す。

image


10連休がスタートしました。

しかし初日の今日は天気が良くなく、

昨日までの疲れも残っているため遠出をする気が失せまして、

朝5時の段階で、近場でお茶を濁すことに決めました。

で、ちょっと気になっていた巣鴨のかき氷店に向かうことに。

ちょい早めに到着したので入口付近の張り紙を見たら、

GWだけれど、今日は開いているっぽい。

入り口脇にはテーブルが置いてあり、名前を書くシステムっぽいので、

皆さんに習って名前を書き込みました。偽名で。

さて、ぼちぼち入店の頃かなという時間に店に戻ると、

入店待ちの方が沢山居まして、名前を書いた初めの方から注文をして居られる。

メニューを渡されたものの、下調べ不足で何を選べばいいのか見当がつきません。

image
限定商品はやはりお高め。
どれがいいのかさっぱりわからん。

ちなみに注文をしたのは数名で、その後は店内で注文するってことで良いみたい。

順番に店内に入り、席に着いたものの、その段階でも決めかねていたもんで、

隣の常連さんっぽい若い娘さんに「どれがオススメですか?」と直球で聞いてみました。

すると、SAKURAと紅茶ホリックがオススメだと仰る。

SAKURAは桜餅っぽくて、今だけしかないもので、

紅茶は色んな層になっていて美味しいのだとか。

アドバイスを聞いてちょっと迷ったものの、限定のSAKURAにしました。

image
えらく可愛い見た目ですが、予想外のフレーバー。
あとに塩味が残るので、最後までさっぱりと食べられます。
葉っぱは厚めのチョコレートでした。


image
柔らかそうな見た目ですが、それなりにかき氷でした。

image
中に入っているのはクリームチーズかなぁ。ヨーグルトかなぁ。

帰りがけの娘さんにお礼を言ったら、

「冬場はレモンミルクがオススメですよ」と教えてくれました。

かなりの常連さんだったっぽい。

彼女が隣の席で、かなりラッキーでした。

ありがとう。確かに美味しかったです。

ちなみに店内に居ると、ここは秋葉原だろうか?という錯覚が芽生えます。

店内に置かれたもの以外に、BGMはたぶんアニソンだったと思われます。

橋本潮の『ロマンティックあげるよ』が流れたりもして。

すごく懐かしいと思ったら、1986年の歌だったんですね。

『ドラゴンボール』って息の長いアニメなんだなぁ。

と思いつつ完食した次第です。

店内は若い女性率高し。

GW初日の巣鴨ですが、ここだけは巣鴨っぽくない異空間でした。

今日は寒いから空いているかと思いきや満席で並んで待つ人も居たので、

かなりの人気店なんだと思われます。

夏場はもっと混むんだろうなぁ。

かき氷は、このワタクシが完食できるほどの量と味でした。

一日二回食べにくる常連さんが居るらしいですが、

隣の男性は4種類注文していたので、

そちらもかなりのファンだとお見受けしました。

次回来ることがあれば、紅茶にチャレンジしてみようと思います。

image
ほぼ隣にカレーうどんで有名な『古奈屋』があります。
いつもは並ぶのでしょうが、今日は空いていました。



image
【かき氷工房 雪菓(せっか)】

東京都豊島区巣鴨3-37-6
(都営地下鉄三田線巣鴨駅から徒歩3分)
営業時間11:00~17:00
定休日:月曜
http://www.atelier-sekka.com/
https://twitter.com/Atelier_Sekka


【にほんブログ村】

渡良瀬遊水地に行って来たけど想像より遥かに広かった。

image

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池で、「池」と書くのかと思いきや、今の国土交通省では「地」という漢字が使われているようです。

思川(おもいがわ)と巴波川(うずまがわ)の2つの川が渡良瀬川に合流する地点にあり、遊水地の領域は、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県に跨るものの、大半が栃木県栃木市に属しています。

image

第1調節池の中にある貯水池が谷中湖(やなかこ)で、湖底がコンクリート張りの人造湖であり、利根川(とねがわ)水系8ダムの1つに数えられています。

利根川水系8ダムとは、利根川に建設されたダムのうち、首都圏へ上水道を供給することを目的の一つにしている多目的ダム群のことです。

野木町煉瓦窯を後にしたワタクシは、そのまま自転車で渡良瀬遊水地に入り、先ずは旧谷中村跡を目的地に定めて進むことにしました。

渡良瀬遊水地の面積は約33キロ平方メートル。一部を自転車で走行してみると、その広さが実感できます。
自転車でこの距離感ってことは、徒歩だと如何ばかりか。

image
車道も整備されているので、外周は車でも走行できます。

image
3月下旬のヨシ焼きのすぐ後だったからか、
草がほとんどなく、見晴らしがよいです。


image
はるか遠くに雪山が見えます。方角的には白根山かしら?

image
できれば電動自転車が良かったと思える坂道がところどころにあります。

image
遠くに車が見えますが、殆ど誰にも会わない。

image
ヨシ焼きで画像検索すると、
多くのカメラ愛好家たちが三脚を並べている画像が引っかかります。
整然と並んでいるところに、一見さんお断り的な暗黙のルールを感じる。


image
空が広いので、飛行機が接近して飛んでいるのがよく分かります。
空も渋滞しているんですねぇ。(写真は一機のみ)


image
ここはサバンナです、といっても納得できそうな風景。

image
貯水池に架かる(たぶん)東橋。

image
土手では菜の花が満開でした。

image

環境省のレッド・データブックに掲載された絶滅危惧種が多く発見されているということで、2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録されました。

しかし、遊水地の土壌には2010年調査時でも銅などの鉱毒物質が多く含まれているそうです。

image
ハート型の貯水池部分。遊水地はその上側も含まれるようです。

image
コンクリートで覆われたダム湖岸。
この日の貯水量はかなり少なかったですが、
逆に雨季はどうなるのか興味が湧きます。


image
まだまだお花見が出来そうです。

image
土手から見た遊水地。

image
[渡良瀬調節池第1排水門]
開閉方式はワイヤーロープウインチ式。


image
桜の薄いピンク、新緑が出そろわない木々の淡さ、
その向こうに連なる青い山々が何とも良い感じでした。


image
新古河駅付近の土手にある、カスリーン台風決壊口跡の碑。
(渡良瀬川決壊口)
1947年(昭和22年)9月に発生した台風は、、
GHQ占領下の日本の関東・東北地方に大きな災害を齎しました。

北関東の歴史を知るには、渡良瀬川沿いの歴史を避けて通れない気がします。
足尾銅山然り、後述する旧谷中村然り、田中正造然り。
ワタクシは文字では覚えられない性質なので、一歩一歩、その土地を歩いて学んでいるところです。その方が、リアル感も増す気がします。
まだまだ不足している知識ですが、改めて足尾銅山を見たいと思っています。今見たら、感じ方がもっと多い気がする。年内に達成したい野望の一つです。

今回、渡良瀬遊水地の一部を自転車走行したことで、この辺りがより身近に感じられるようになりました。
良い経験でした。誰かに勧めたい経験でもあります。感じ方は人それぞれなので、「ただのだだっ広い土地じゃん」とか言われそうではありますけどね。

ちなみに有名な「栃木市・渡良瀬バルーンレース」が、7日まで藤岡渡良瀬運動公園をメイン会場に行われてたらしいです。カラフルな気球を飛ばす競技のことね。めっちゃフォトジェニックな光景なんですって。
興味はありましたが、渡良瀬遊水地は広すぎて会場までは遠いので今回は止めておきました。
機会があれば、いつかたぶん。




【にほんブログ村】

それなりに満開の桜。@2019 外濠公園

image

昨年は東京で花見をしなかったようで、

当ブログを検索したら2017年のそれにヒットしました。

つまりは二年ぶりに千葉県民Tと外濠公園を歩くことになります。

市ヶ谷駅で下車し、飯田橋駅に向かって一駅歩きます。

NHKの朝のニュースで言っていたとおり、満開を迎えた桜の木もありました。

しかし、例年に比べて花見客が少ないのは、

大学が春休み中だからなんですかね?

はたまた、企業での花見は廃れ傾向にあるのかもしれんと思ってみたり。

三月最終週に入り、少し日が長くなったようで、

我々が辿り着いた頃は、また明るかったです。

快晴とは言えず、うっすらと曇り始めていましたけれど。

image
枝が結構切られているようで、満開でもスカスカ感があります。

image

image

image

image

image

image

image
葉桜になっているのもありました。
って、先に葉が出るヤマザクラ?


image
蕾もちらほら。

image

image
意外といろんな種類の桜があるみたい。

image

image
先の台風で倒れたために切られた桜もありました。
めっちゃ見通しが良くなっています。


image
三本以上の切り株を見ました。

image
切り株が桜型になっているものも!
インスタをやっていたらこれをUPしていたところよ。


image
切られた木が多いからか、例年より人が少なかったです。

皆さん、千鳥ヶ淵に行っているのかもしれんね。

週末は寒くなるらしいので、見頃が延びてくれるといいなぁと思うものの、

たぶん混雑が凄そうなので、ワタクシは千鳥ヶ淵には行かないと思います。



【にほんブログ村】

兵庫県神戸市『生田神社』で数本の桜を愛でてみる。

生田神社



学生時代を神戸で遊びまくったワタクシですが、

生田神社にお参りするのは初めてです。

本日は母と神戸ランチのため、生田神社で待ち合わせを致しました。

藤原紀香が結婚式をあげたことで全国的に有名になりましたね。

ワタクシは阪神・淡路大震災のあとに訪れた際の瓦礫の山が記憶に強く残っていて、

23年経過した未だに、この辺りの風景があのとき見たものと被ります。

つまりは、震災後この辺りを歩くのは初めてだということです。

ちなみにこちらの神社は縁結びの神様だそうです。


生田神社
この日も多くの参拝客が訪れていました。

生田神社
生田神社
桜の花びらもほころび、春爛漫の日和でございました。

生田神社
結びたい縁って何かしら・・・と考え続けたものの、
門を出た後も思い浮かびませんでした。


生田神社
神戸といえば、灘の酒。
今回はスルーしましたが、機会が得れば酒蔵巡りをしたいものです。


生田神社
縁結びの神社だからか、若い娘さんが多かった気がします。
そして脇の桜をスマホで激写している娘さんも多かった。

生田神社
ワタクシも月末は花見に行こうと思います。


母とも無事会え、二人でお参りさせていただきました。

御朱印もいただいて、これからランチに向かいます。


生田神社
御朱印もいただきました。



生田神社
【生田神社】
兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目2-1
創建:神功皇后元年(201年)
主祭神:稚日女尊
札所等:神仏霊場巡拝の道66番(兵庫1番)


【にほんブログ村】

雨天の桜。@増上寺

minato city



港区芝にある徳川将軍家の菩提寺、増上寺で桜が咲き始めました。


本日は冷たい雨が降っており、昨日までとは違って冬に逆戻りしたような気温。


明日は雪が降るそうです。


先日東京で開花が宣言された桜ですが、しばらく蕾のまま停滞しそうですね。


週末から見ごろになるという予想だったのに、来週にずれ込みそうです。


そんな本日の増上寺の桜は、こちら。


Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus
Cerasus



ちょっと記憶にないほどの花冷えですね。


寒くて今日はコートの内側にダウンを装着しました。


それでもマフラーをしていかなかったもんで、日が暮れてからが寒い。


再び風邪をひかんようにせんとね。


明日は雪が降る予報ゆえ、お花見に行く人は少ないだろうなぁ。





Cerasus
【増上寺】

東京都港区芝公園4-7-35
本尊:阿弥陀如来
正式名:三縁山 広度院 増上寺


【にほんブログ村】

静岡県静岡市『日本平山頂 吟望台』から富士山を望む。

日本平



本日は千葉県民Tと二人で日本平の久能山東照宮にやって参りました。


参拝後、ロープウェイを利用して山頂まで戻り、展望台に行ってみることにしました。


本日は快晴でしたし、富士山が綺麗に見えるんじゃないかと思って。


実際に展望台から見る富士山は若干もやってましたが裾野まで綺麗に見えまして、


階段を登って良かった&夏じゃなくて良かったと、大変満足した次第です。


日本平
日本平ロープウェイの久能山駅から見た駿河湾。
下のビニールハウスでは苺を作っているそうです。


日本平
日本平ロープウェイの中から見た駿河湾。
若干水平線があやふやになって来ました。


日本平
日本平ロープウェイの日本平駅付近から見た駿河湾。

image
久能山駅付近の売店で売っていた御利益のありそうなお酒。

image
日本平ロープウェイの日本平駅で売っていた不思議な富士山グッズ。

image
意外とお高いです。

image
見たことが無かったもんで、日本平駅の売店でアイスを買ってみた。
ワタクシが選んだのは下の小豆のみのやつ。


image
相変わらずの固さ。
しかし、甘ったるくない後味は「ゴールド」な気がする。


image
千葉県民Tのアイスの棒には「ゴールド」と書かれていましたが、
ワタクシのものはただの棒でした。
一瞬、当たりなのか?と思った。


image
バスが一時間に一本しかないため、駐車場にある露店でお買い物。

image
桜エビの粉を350円で購入。
炒飯に入れても美味しいそうです。


日本平
展望台から見た富士山。
眼下に広がるのは清水区の街並みと清水港です。


日本平
ズームしてみた。
意外と、が無い気がしますね。


image
河津桜は満開でした。



久能山には徳川家康より前に、武田信玄が久能城を築いていました。


その石垣が残っている場所がロープウェイの日本平駅にあります。


周囲が工事中でよく見えなかったのですが、


探せば久能城の遺構は残っているのかもしれませんね。


日本平



【日本平山頂 吟望台(ぎんぼうだい)】
静岡県静岡市清水区草薙
JR静岡駅から日本平行きのバスが出ています。
乗り場は北口11番。
片道580円でSuicaが使えます。


【にほんブログ村】

静岡県静岡市『久能山東照宮』は国宝や重要文化財に指定されている建物群がある徳川家康を祀る神社です。【その弐】

久能山東照宮



その壱】のつづき。


梅や桜が咲き乱れる境内。


花粉も多く飛散していたようですが、この日は何故か被害には遭いませんでした。


さて、国宝である本殿、石の間、拝殿を見た後、廟門をくぐって廟所に向かいました。


ここは石垣天国。


天国?


image

久能山東照宮
ロープウェイの駅からスタートしたもんで、下の階段は使っていません。

久能山東照宮
[唐門]
国指定重要文化財
置いてあったベンチに座ってみたら、そこが梅も入るベストポジションでした。


久能山東照宮
唐門は正面から撮ると彫刻が写らないんですよねぇ。

久能山東照宮
[拝殿]
国宝
改修されていて、何もかもが真新しく見える。


久能山東照宮
[廟門]
国指定重要文化財
廟所に通ずる門です。


久能山東照宮
[玉垣]
国指定重要文化財
※御社殿の周囲にめぐらされた垣の、これは極一部です


久能山東照宮
防火用の水を溜める甕は地中に半分埋まっているっぽい?

久能山東照宮
[廟所参道]
国指定重要文化財
石畳すら整然としていて美しいのです。


久能山東照宮
久能山東照宮
東照宮に置く石灯篭って、大大名じゃなきゃ奉納する権利が無い
って聞いたことがあるけれど、ここでもそうなのかしら?


久能山東照宮

久能山東照宮
丸くなった石階段が整形された石階段の脇にありました。
これは古そうですね。


久能山東照宮
美しく整えられた階段。

久能山東照宮
石垣もかなり美しいです。

久能山東照宮
これは整層積み、かな。
完璧に積まれた石垣に見惚れますわ。


久能山東照宮
チェス盤のように美しい石畳。

久能山東照宮
階段の最上段には溝がありました。

久能山東照宮
[廟所宝塔(神廟)]
国指定重要文化財


久能山東照宮

久能山東照宮
神廟の周囲は、美しく整えられた石垣で囲われています。

久能山東照宮
ここまで大々的に祀られた戦国武将は他に居ないでしょうね。
凄いな、徳川家。凄いぞ江戸時代。


久能山東照宮
宝塔の四隅に唐銅の風鐸が掛かっています。

久能山東照宮
正面の灯篭には、宝塔の製作者である幕府お抱え鋳物師
椎名伊豫の名が刻まれていました。


久能山東照宮

久能山東照宮
以前の御神木は杉で、伐採されたそうです。
こらは新しい御神木の楠。


久能山東照宮
上から見た廟所参道。

久能山東照宮
上から見た本殿と拝殿の屋根。

久能山東照宮
どこの石垣かは忘れましたが、こちらも美しいです。

image

久能山東照宮
今回、全ての灯篭をスルーしたことに今気づきました。

久能山東照宮
鳥居の奥に見えるのが楼門。

久能山東照宮
明神系鳥居。
笠木の反りが凄いですね。


久能山東照宮
鳥居の下の石段。
かなり急です。怖いです。


久能山東照宮
3年後まで整備は続くんですね。

久能山東照宮
頂いた御朱印。
綺麗ですね。



蛇足ですが、神楽殿で静岡県ならではのものを見ました。


久能山東照宮
[神楽殿]
国指定重要文化財


久能山東照宮
この日は3月3日。
桃の節句らしいものを見たのはここだけだった気がします。


久能山東照宮

久能山東照宮
神楽殿の端に置かれたショーケース。

久能山東照宮
静岡と云えば、あのプラモデルですね。

image
ジオン公国の「黒い三連星」。

image
セイラさんとアムロ。



久遠寺のあの石段に比べたら可愛いものだと思えますが、


よく考えたら、我々、下から登った訳ではないんですよねぇ。


通しで登ったら1000段以上はありそうなので、


ロープウェイがあって良かったと思いました。


下の遺構を見られないのは残念ですが、


たぶん当地の再訪は体力的にもできないんじゃないかなぁ。



久能山東照宮
【久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)】

静岡市駿河区根古屋390番地
主祭神:徳川家康(東照大権現)
創建:元和2年12月(1617年1月)
https://www.toshogu.or.jp/

【JR静岡駅からの行き方】
しずてつジャストライン日本平線
「日本平ホテル・日本平ロープウェイ」行きで終着まで
片道50分程度・580円
11番乗り場より乗車
(Suicaが使えます)
あまり頻繁には出ておらず8時13分が最も早い便でした
一時間に一本程度なので結構混みます

日本平ロープウェイ
日本平駅⇔久能山駅 往復乗車券1,100円
11時以降は10分おきに出ています。乗車時間は片道5分程度


【にほんブログ村】

静岡県静岡市『久能山東照宮』は国宝や重要文化財に指定されている建物群がある徳川家康を祀る神社です。【その壱】

久能山東照宮



長らく行きたいと思っていた『久能山東照宮』に、


千葉県民Tと二人、青春18きっぷを利用して行って参りました。


日本平に建つ久能山東照宮は、国宝である本殿・石の間・拝殿以外に、


複数の重要文化財に指定される建物群がある、徳川家康を祀る神社です。


元和2年(1616年)徳川家康が死去し、その遺命により同地に遺骸が埋葬されました。


家康の遺命は、


「遺体は駿河国の久能山に葬り、江戸の増上寺で葬儀を行い、三河国の大樹寺に位牌を納め、一周忌が過ぎて後、下野の日光山に小堂を建てて勧請せよ、関八州の鎮守になろう」
本光国師日記より



というもので、久能山への埋葬の他に日光山に神社を造営することも遺命だったため、


ほぼ同時期に日光東照宮の造営が開始されています。


国宝!!ってことで、かなり期待して向かったのですが、


ワタクシの未熟な感性と知識では、その価値がいまいち理解できませんでした。


平成13年から21年にかけて大修復が行われたらしいのですが、


そのせいか、ビビッドな彩色で時代を感じさせず、


あまり感銘を受けませんでした。


image
社務所で500円を納め、御朱印帳を預けて参拝スタートです。

久能山東照宮
山道なので杖が借りられます。

久能山東照宮
[楼門]
国指定重要文化財


久能山東照宮
正面の扁額は後水尾天皇の宸筆で、
この門は別名「勅額御門(ちょくがくごもん)」とも呼ばれています。


image
image
正面左右に随身(ずいしん)像がありますが、
随身門とは言わないんですね。


image
今回は蟇股はノーチェックでした。

image
image
裏側には狛犬があります。
※角のない方が獅子、角のある方が狛犬です。


久能山東照宮
楼門をくぐると左側に小さな建物があります。

久能山東照宮
[神厩(しんきゅう)]
国指定重要文化財
左甚五郎作といわれる木造の神馬。
ペッタリと塗料が塗られていて良さがイマイチ伝わらない。


家康梅
[家康梅]

大寒桜
大寒桜
[大寒桜]

河津桜
河津桜
[河津桜]

久能山東照宮
鳥居をくぐると正面に唐門が見えます。

久能山東照宮
左側には基礎のみ残された遺構があり

久能山東照宮

久能山東照宮
ここに五重塔があったんですね。
神仏混交の名残り・・・ってか、中央の穴は何なんでしょう?


久能山東照宮
[鼓楼]
国指定重要文化財
創建当時は鐘楼(しょうろう)があったそうですが、
神仏分離の際に鐘を太鼓に替えて残したらしいです。


久能山東照宮
[神饌所(しんせんじょ)]
国指定重要文化財
正保4年(1647年:将軍は徳川家光の頃)の建築。


久能山東照宮
[唐門]
国指定重要文化財


久能山東照宮
黒漆喰が塗られた唐破風屋根に金が映えます。

久能山東照宮
この階段は現在使用できず、唐門から入ることもできません。

久能山東照宮
幣帛(へいはく)料:
祭祀において神々に対する報賽や祈願などのために奉られるもの


久能山東照宮
[神庫(しんこ)]
国指定重要文化財


久能山東照宮
ここは校倉造りの建物になっています。

久能山東照宮

久能山東照宮
[日枝神社]
文化財登録名:末社日枝神社本殿(旧本地堂)
国指定重要文化財
御祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)。


久能山東照宮
家康の御遺訓が彫られていますが、読めませんでした。

image

久能山東照宮
[東門]
国指定重要文化財
透塀の先が拝殿になります。


久能山東照宮
透塀の下にも彫刻がありますが、今回はスルー。

久能山東照宮
[家康公御手植のみかん]
駿府城本丸跡にある家康手植えの蜜柑を移植したものらしいです。


久能山東照宮
小ぶりな木ですが、実がなるんですねぇ。

久能山東照宮
[拝殿]
国宝
全国に数多く創建された東照宮の原型です。


久能山東照宮
拝殿の向拝。

久能山東照宮
手挟みは全て違う意匠のようですね。

久能山東照宮
元和3年(1617年)の建立。
最古の東照宮建築として平成22年に国宝に指定されました。


久能山東照宮
江戸幕府大工棟梁中井大和守正清の代表的な遺構と言われています。
※江戸城、二条城、知恩院、増上寺も代表的遺構


久能山東照宮
こんな模様のマスキングテープがあったら買っちゃうかも。

久能山東照宮
唐門から鳥居を見下ろす。
唐門の彫刻群がみごとです。


久能山東照宮
唐門の唐破風部分。

久能山東照宮
[本殿]
国宝


久能山東照宮
唐獅子もダイナミックです。ってか、大きい。

久能山東照宮
家康公が祀られているため、千木は外削ぎになっています。

久能山東照宮
極彩色の斗栱(ときょう)。

久能山東照宮
[本殿(西側)]

久能山東照宮
こちらの唐獅子はユーモラスな表情です。

久能山東照宮
本殿の亀腹。ちょっと風化しちゃってますね。

image
徳川家康の手形。
家康は小柄だったんですねぇ。
でも手はワタクシよりも大きかったようです。



その弐】につづく。



久能山東照宮
【久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)】

静岡市駿河区根古屋390番地
主祭神:徳川家康(東照大権現)
創建:元和2年12月(1617年1月)
https://www.toshogu.or.jp/


【にほんブログ村】

【写真多用】小石川植物園ではツツジも咲き始めています。

小石川植物園




万歩計を見ると昨日の歩数は23,754歩でした。



結構、足が疲れている気がします。



そんな中、小石川植物園内を歩きまくるなんて馬鹿なんじゃなかろうか?



と自分に疑念が湧くものの、来てしまったからには納得するまで花を愛でたい。



その一心で歩き続けた本日の歩数は14,703歩でした。



小石川植物園

キリシマツツジ_八重霧島
[キリシマツツジ 八重霧島]

ヤエヤマツツジ
[ヤエヤマツツジ]

ヤエヤマツツジ

ミカワツツジ
[ミカワツツジ]

ミカワツツジ

バイカツツジ
[バイカツツジ]

バイカツツジ

ツツジ
ツツジ

小石川植物園

ツツジ

ツツジ

ツツジ
斑入りで可愛い花ですが、これはシャクナゲじゃなくてツツジですよね?

ツツジ

シャクナゲ
こちらはシャクナゲ。

シャクナゲ
シャクナゲ

小石川植物園
ツツジ
ツツジ
ツツジ
ツツジ

Rhododendron ovatum Planch
[Rhododendron ovatum Planch]

Rhododendron ovatum Planch
クマバチが飛びまくっていました。

オオヤマツツジ_錦の司
[オオヤマツツジ 錦の司]




本日、園内の至る所で目にしたツツジ。



満開って程でも無くて、これから咲くのかなというものも多々ありました。



色がハッキリしているので、ツツジを見ると春が来てる感がありますね。



好きか嫌いかで問われると、若干後者寄りになってしまいますけれど。



さて、これからの花と云えば、リンゴ系のもの。



バラ科の植物なので、見ていて和みますわ。



来月はバラが咲きますもんね。



是非ともバラ園に行かねば。



ツクシカイドウ
[ツクシカイドウ(筑紫海棠)]
学名:Malus hupehensis
中国原産
バラ科リンゴ属。


ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ
ツクシカイドウ




今が一番花が豊富に咲いている時期かも。



虫が少なし、汗もかかないので、歩き易いです。



ふわふわした花弁を見ると癒されますしね。



サトザクラ_一葉
[サトザクラ 一葉]
学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Hisakura
バラ科スモモ属サクラ亜属の落葉高木。
秋には紅葉するそうです。


サトザクラ_一葉
サトザクラ_一葉
この桜は好みかも。




思うにワタクシ、チュールを重ねたみたいな花が好きなのかもしれません。



砂糖菓子みたいで美味しそうだし。



久々の小石川植物園散策でしたが、今の季節を感じることができ、



なかなか楽しい時間でございました。



二日連続で結構歩いたので、今晩は爆睡できると思う。



小石川植物園



小石川植物園
【小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)】

東京都文京区白山3-7-1
入園料:大人400円
白山(東京都)駅[A1]から徒歩約7分



【にほんブログ村】

【写真多用】小石川植物園ではハンカチノキが見頃です。

小石川植物園




金曜の晩にお線香に火を点ける夢を見続けたもんで夢診断を見たら、



お墓参りをしましょうとありました。



っつーことで、本日早朝からお墓参りに行って参りました。



その後、久々に小石川植物園に移動。



午前中ゆえ、園内はわりと空いておりました。



この時期はハンカチノキに花が咲いているハズ。



予想通り、花は咲いていましたが、今までとは違うのは大人気になっていたこと。



かなりひっきりなしに人が木の下を訪れ、高木の上の方に咲く花を見上げていました。



ハンカチノキ
[ハンカチノキ]
学名:Davidia involucrata Baill.
別名:Dove tree(鳩の木)
白い部分は花ではなく「包」と呼ばれるもので、中央が花です。


ハンカチノキ

ハンカチノキ
昨日の雨のせいなのか、花が落ちていました。

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ

ハンカチノキ
ハンカチノキの実は初めて見ました。殻はかなり硬いそうです。




短い期間しか咲かない花なのですが、今回はタイミングが合ってラッキーでした。



さて、園内ではその他の春の花も、いろいろと見ることができました。



ハナカイドウ
[ハナカイドウ(花海棠)]
学名:Malus halliana
バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。


ハナカイドウ
ハナカイドウ

ヤマフジ_白花美短
[ヤマフジ 白花美短]

ヤマフジ_白花美短

フジ
フジ
フジがちらほら咲き始めていました。
GWぐらいが見頃になるのかな。


ハナミズキ
[ハナミズキ(花水木)]
学名: Cornus florida
ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。


ハナミズキ

ベニバナハナミズキ
[ベニバナハナミズキ(紅花花水木)]

ベニバナハナミズキ
ベニバナハナミズキ




午後に向かってどんどん混雑してくる園内。



木陰にピクニックシートを広げて食事をしている人々が沢山居ました。



快晴だし、涼しいし、虫は少ないし、ピクニックには今が一番良い季節ですもんね。



名残の桜もあったりして、なかなか楽しそうでした。



ソメイヨシノ_昭和桜
[ソメイヨシノ 昭和桜]



小石川植物園
【小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)】

東京都文京区白山3-7-1
入園料:大人400円
白山(東京都)駅[A1]から徒歩約7分



【にほんブログ村】

それなりに満開の桜。@外濠公園

外濠公園


昨夜とは打って変わって、本日はお花見日和。

外濠公園でも宴会をしている人々がチラホラ見られました。

そんな中、市ヶ谷から家までぶらぶらと歩く千葉県民Tとワタクシ。

ただただ歩いて花を見るという、

毎年恒例になってるんじゃないか的なイベントでございました。

個体差はあれども、概ね見頃を迎えているかな。

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園

外濠公園
外濠通り側の桜はそれほど満開ではないっぽい。

外濠公園

外濠公園

外濠公園
昨夜の雷雨で落ちたと思われる花。
花びらじゃない、この形でボトボト落ちていました。
強風っぽかったもんなぁ。


外濠公園


週末の日曜日は雨らしいので、

お花見をするなら土曜日までかもしれませんね。


【にほんブログ村】

満開の桜。@増上寺

増上寺




港区芝にある徳川将軍家の菩提寺、増上寺では現在、桜が満開です。



浄土宗の元祖法然上人の忌日法要である御忌大会(ぎょきだいえ)



4月2日から7日まで執り行われており、沢山の人々が境内に溢れていました。



出店も並んでおり、観光客(特に中国の人々)が花見を楽しんでいるようでした。



桜
桜
桜
桜
桜
桜
桜
桜




夕方からの雷雨で散ってしまっていなければ良いのだけれど。




増上寺
【増上寺】

東京都港区芝公園4-7-35
本尊:阿弥陀如来
正式名:三縁山 広度院 増上寺



【にほんブログ村】

港区南青山『根津美術館』の庭園を散策して来た。

根津美術館


実業家で茶人の根津嘉一郎が収集した

日本と東洋の古美術品を展示しているのが南青山にある『根津美術館』 。

美術館敷地は、根津嘉一郎の私邸跡になります。

国宝である、尾形光琳の「燕子花図屏風」を持っていることでも有名で、

その他、複数の国宝と重要文化財に指定されている美術品を持っています。

本館は、隈研吾さんの設計によるもの。(第52回BCS賞受賞作品(2011年))

本日は、平日だから空いているかもという期待のもと、

こちらの美術館にやって参りました。

結論から申せば、外国人で混んでいました。

外国の方に人気がある美術館なんですなぁ。

根津美術館
庭園の至る所にある仏像の前にはお賽銭が置いてありました。

根津美術館
燈籠好きには堪らないであろう程、庭園内には石燈籠が置いてあります。

根津美術館
斑入りの大きな椿も咲いていました。
あれ? 椿が咲くのって今だったっけ?


根津美術館
滾々と湧き出ている水。
これは噴水の類なんだろうか?


根津美術館
石塔もぽつぽつ建っています。
雨だと良い感じでしょうな。


根津美術館
花を頭に飾った仏さまもありました。

根津美術館
えらく良い位置に咲いた山茶花ですな。

根津美術館
意外と人とすれ違わない庭園内。

根津美術館
庭内のソメイヨシノはまだ蕾ばかり。

根津美術館

根津美術館

根津美術館
樹の幹から直接咲いている桜。
ううう・・・削りたい、もぎたい。


根津美術館
枝垂れ桜はまだ蕾。

根津美術館
咲くのは来週かしら?

根津美術館
もう少し晴れていたら、庭園も綺麗に見えたでしょうねぇ。


現在開催中の特別展は『高麗仏画香りたつ装飾美』というもの。

朝鮮半島全域を統一した最初の王朝「高麗」の仏画を集めた展覧会です。

入館料は1,300円。

本当は、4月12日から始まる光琳展の国宝「燕子花図屏風」を観に来たかった。

休みとタイミングが合わず、残念です。



根津美術館
【根津美術館】

東京都港区南青山6-5-1
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜、展示替期間、年末年始


【にほんブログ村】

外濠公園の桜はまだ蕾。@千代田区

飯田橋方面




江戸城の外濠である牛込濠、新見附濠、市ヶ谷濠に沿うようにある外濠公園。



JR飯田橋駅から市ヶ谷駅と、四ツ谷駅までの約2kmに渡る濠の上の土手がそれです。



毎月、ここを歩いて病院まで通うのですが、



今朝見たところ、桜の見頃はまだ先のようでした。



桜
まだ蕾だらけの桜の木。
飯田橋駅付近に咲いている樹はあれども、年若い個体ばかり。
年季の入った桜は、まだ殆ど咲いていませんでした。


桜
若干蕾がほころんでいる枝があるにはある。

桜
ただし、高い場所の枝までズームしないと見えない。

桜
無論、ぶわっと咲いている枝もあります。




今週末か来週まで、花見はお預けですかねぇ。




【にほんブログ村】

桜が咲いた。@港区

image




今日の東京地方は快晴。



若干肌寒いものの、昨日よりは暖かい一日となりました。



午前中に仕事で外出した帰りにふと見ると、



ピンク色の花が咲く一角を発見。



近寄って見てみると、桜が咲いていました。



image
枝垂れ桜
これは何分咲きになるんだろう?


image
image
image
image
image
まだまだ蕾は多いものの、
今週末に暖かくなったら満開近くなるんじゃなかろうか?


image
かなり開花している樹もありました。

image
image
グラデーションになっている花弁が可愛らしいです。

image
外国人観光客が記念撮影をしまくっていました。




千鳥ヶ淵はどんな感じかしら?



週末に見に行ってみようかな。



来週半ばに通院日があるので、その頃まで花がもってくれるといいんだけれど。



image


【にほんブログ村】

【2017春】伊藤園おーいお茶「リラックマ ペットボトルカバー」は春爛漫の桜柄。

image
リラックマ ペットボトルカバー
[全6種]


image
このうち、とりあえず3種をゲット。




東京駅のコンビニで、お~いお茶にオマケが付いているのを目撃。



そっこー入手いたしました。



朝っぱらから、ペットボトル3本をぶら下げて出勤するワタクシ。



ちょっと重かったです。



image
ぼんやりした柄ですが、これが一番使い勝手は良さそう。

image
広げてみたら、それほど好みではなかった柄。

image
どこかで見た感じのリラックマですが、
桜の花びらを持っているってことはオリジナルの絵柄なのかな?


image
ペットボトルを入れてみた。




本日から3月がスタート。



上野では桜が咲き始めていると、隣の部署の派遣さんが言ってました。



本当か!?



もしかしたら早咲きの桜なのかもね。



ぼちぼちお花見の計画をたてんとなぁ~。



image

image
その後見た緑のカバーは、
リラックマがミュータントタートルズかハルクぐらい緑色でした。

image
アドバイスに従って探してみました。
右側が残り一種の水色・・・なんじゃないかな?
水色要素はどこにも見当たりませんけれど。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。