sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

洋菓子

日本橋人形町『シュークリー』のシュークリームを行列に並んで入手する。

image

人形町に足を運ぶなら、『シュークリー』のシュークリームは外せない。

ということで、二回目の焼き上がり前に行って並んで参りました。

神田店では買ったことがあるのですが、人形町店では買えたことがありません。

今回はリベンジが叶い、達成感を得ることができました。

image
母に「何個いる?」と訊いたらブイサインだったので、
合計4個購入致しました。
一つだけ購入している人がチラホラ居たので、
会社で食べるのかもね。


image
[シュークリーム @280円(税込)]

2種類ぐらいあった気がしていましたが、1種類だけだったんですね。

ワタクシの記憶のいい加減さを改めて感じた次第です。

シュー皮はかため食感で、クリームもしっかり系。でも軽いです。

今まで食べたものの中でダントツに美味しいか?

と訊かれると悩むところですが、これはこれでアリかと。

相変わらずの行列店なので、イベント感はあるかも。



シュークリー
【Sucre-rie(シュークリー)】

東京都中央区日本橋人形町1-5-5 セントハイム人形町源1F
営業時間 [月~土] 9:30~19:00
定休日:日曜(クリスマス・バレンタイン等除く)
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13050996/


【にほんブログ村】

ローソンの「ドルチェプリン」がうまうま。

image
[ドルチェプリン 248円(税込・軽)]

ローソンで先月から販売中の「ドルチェプリン」がうまうまです。

見つけ次第買うようにしているのですが、

ウチの近所だと売り切れ率が半端ない。

母にオススメしようと探していたのですが、

9月の滞在中には入手できませんでした。

会社の近所のローソンなら、

早朝に行けば入手可能であるため

食す頻度は会社に居る時の方が多いです。

image
プリンとは言ってもプルプル・ツルツル食感ではなく、
もったり・ぬっちりした食感です。
カラメル味が良い感じ。


image
スプーンを付けてくれるので、それで食べます。
手で持つとカラメルが手に纏わりついて惨事になります。

レアとベイクドの丁度中間って感じの食感。

プリンとチーズケーキの間って感じの味です。

9月は関東限定販売だったらしいけれど、

今はどうなのかな?

いつまで販売されるものなのかは不明ですが、

オススメです。



【にほんブログ村】

O氏夫人からフランス土産を頂いた。

image


ワタクシとほぼ同い年のO氏。彼の奥様がフランスに行っていたらしい。

O氏も同行したとは聞かないので、たぶんお友達と一緒かなと推察してみたり。

今朝出勤したらO氏が席までやって来て、

「これ、うちのかみさんから」

と言って紙袋を渡された。

「へ?」

と変な声を出したら、

「フランスのお土産だって。前回ロクシタンのを貰ったからって」

という説明をされ、

いやいやいやいや、その時お返しにカナダ土産を頂いたわいな。

と貰い過ぎ感に若干焦るワタクシ。

袋を覗いてみたらお菓子が入っていました。

「うわぁ、ラングドシャだぁ! めっちゃ嬉しい!」

と興奮するワタクシ。

(よく見たらクッキーでした)

image
ケースには「ラ プティット キュイエール(La Petite Cuillère)」と書いてある。
@Poilâne(ポワラーヌ)

北マレ地区にある老舗パン屋(洋菓子もある)らしいです。

毎度思うが、O氏夫人はグルメなんだと思う。

ワタクシとは方向性の違いを感じるものの、

頂くものにハズレ無しって気配がするもの。

image
オマケにお茶も付いている!
しかもクスミティー!(デトックス茶)

こんなん選ぶ人って、女子力高そうだわぁ~。

絶対、ビジュアルもワタクシとは真逆だと思うわ~

(O氏が一般的にイケメンと言われているので特にそう思う)

image
ラ プティット キュイエールのセットには
ホットチョコレートと書かれたパッケージも入っていました。

甘いお菓子とドリンクを飲んだ後に、デトックスティーを飲む。

もう、至れり尽くせりです。

こういう気遣いができるなんて、絶対良い人やん。

帰宅後、やっぱり嬉しくてO氏にメールを送り、

改めて奥様にお礼を伝えて貰いました。

スプーン形クッキーは、

一緒に入っているココアに浸して食べると美味しいそうな。

その他のレスポンスもハートウォーミングでした。

やっぱり良い人だと思う。

一度飲みに行こうと(十年ぐらい)言い続けているのだけれど、

誘うとしたら、お店を十分吟味せんといかんかもなぁ。



【にほんブログ村】

港区六本木『DEMMERS TEEHAUS(デンメアティーハウス)』でザッハトルテを食べてきた。

image

ウィーンの最高級ホテル「ホテル・ザッハー」のカフェで提供されている紅茶は『デンメアティーハウス』のもの。

その『デンメアティーハウス』のアジア1号店が六本木にあります。

本日は六本木で講習があったので、チョイ空き時間に立ち寄って参りました。

有名なホテル・ザッハーのザッハトルテが食べられるのかな? と思ったからです。

学生時代にウイーンに研修旅行で行きましたが、

当時はインペリアルトルテにハマっていたため、ザッハトルテはスルーしていました。

若干懐かしいと感じる思い出のケーキではあります。

ちなみにここのザッハトルテはホテルのものとは特に関係はなさそうです。

店内もショウウィンドウも撮影禁止。

しかしちょいとお断りを入れて、供されたもののみ撮らせて頂きました。

image
紅茶は「ザッハブレンド 800円(税込)」を選択。

image
ザッハトルテ 550円(税込)

ものごっつい久々どころではなく久々にチョコレートケーキを食しました。

基本チョコレートケーキは食べませんので、

どれぐらいぶりなのか記憶にないほどです。

ザッハトルテを食べた感想は、「ふむふむ、なるほど」というものでした。

そういえばデメルのチョコレートケーキも甘かったっけ。

帰りがけにフルーツフレーバーティーをお土産に購入致しました。

先日、練馬の蜂蜜を頂いた方におかえしをしようと思って。

ティーバッグはそれほど種類はないものの缶入り(税込2,100円)で、

なかなか良い買い物ができたかなと自画自賛中です。

自己満足なので、喜んで頂けなくても無問題です。




image
【DEMMERS TEEHAUS(デンメア ティーハウス)】

東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル1F
営業時間 11:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:無休
※6歳未満の子供のカフェ利用不可
http://www.demmer.co.jp/


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で週末に使う手土産にギモーヴを選択。

image
右は自分用。

週末、数年ぶりにお会いするかもしれん方に手土産を持参しようと思い、

会社帰りにアヴランシュ・ゲネーに立ち寄って参りました。

マシュマロは得意ではありませんが、ここのギモーヴは大好きです。

image
買ったのはシュー・アラ・クレーム290円とシューキャラメル330円。
※価格は税別

image
タルト・ネクタリン 680円(税別)
激しいお値段ですが、納得できるお味でした。


ここのギモーブはめっちゃ美味しいです。

自分の好みが他人様にも通用するとは思っていないけれど、

手土産が相手の方に気に入っていただけると嬉しいんだけどなぁ。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/


【にほんブログ村】

新宿区築地町『パティスリー サロンドゥテ アミティエ』の8月限定タルトはフィグ。

image

ワタクシが学生の頃、神楽坂にはパティスリーが殆どありませんでした。

ケーキ好きの亡き叔母は伊勢丹までわざわざ買いに行ったものです。

しかし近年、神楽坂には複数のパティシエが店を構え、

いずれも人気店として名を馳せています。

パティスリー・カー・ヴァンソン』とか、『セシル エリュアール』とか。

他にもいろいろありますが、

神楽坂の目抜き通りから外れた場所で営業している点は

『パティスリー サロンドゥテ アミティエ』も同様。

神楽坂駅から江戸川橋方向に向かった住宅街にあります。

image
8月限定タルト
[Caramel Figue(キャラメル・フィグ) 480円]
これは常温でOK。
秋だけでなく、夏にもイチジクの旬があるんですね。


image
[Tartelette Citron(タルトレット・シトロン) 520円]
上に乗っている白い部分はメレンゲです。
酸っぱ過ぎず一つで満足できます。


image
[Pomme à l'ancienne(ポム・ア・ランシエンヌ) 490円]

image
[choucou(シュシュ) 300円(税込)]
生クリームとカスタードクリームをミックスしてあるためクリームが軽いです。
価格が手頃でお持たせに良さそうな感じ。


image
レジに置いてあるのを一つ頂きました。
販売しているものではないので市販品かも?

イートインも可能です。

猛暑のこの季節、イートインをしていく方がラクかもしれません。

ゆえに5分もかからん距離なのに保冷剤を考慮して

持ち帰り時間30分だと申告致しました。

帰宅したら保冷剤がそれなりに溶けていたので、

ちょい長めに申告する方が良い気がします。

タルトの種類が多いパティスリーという印象ですが、

ショートケーキ類もあります。

タルト類は軽くてサクサクしている土台が美味。

この季節限定のメロンのショートカットがめっちゃショートだった。

外気30℃を超えたら、生菓子系はイートインがいいかも。



image
【Patisserie Salom de the Amitie】
パティスリー サロンドゥテ アミティエ
東京都新宿区築地町8-10 KDXレジデンス神楽坂1F
営業時間[水~日]10:00〜20:00,[月]10:00〜19:00
定休日:火曜
※Suicaが使えます
http://www.patisserie-amitie.com/


【にほんブログ村】

東京駅グランスタ『AUDREY(オードリー)』の大人気菓子「グレイシア」を買ってみた。

image

今年4月末頃に東京駅グランスタにオープンした『AUDREY(オードリー)』。

毎日大行列ができている大人気店です。

2014年10月に横浜タカシマヤにオープンし、

その後、2016年4月に日本橋高島屋にオープン。

昨年までは、この2店舗しか無かったそうです。

ワタクシはグランスタ店しか知りませんが、

午後には商品すべてが完売するようで、

帰り時間は商品陳列棚が空っぽ。

そんなに美味しいのか?と疑問に思うぐらいなら買ってみようと思い、

本日、午後出勤ゆえに通勤前に買ってみることにしました。

ワタクシが並んだタイミングでは、行列はそんなでもなかったです。

image
[GLACIA(グレイシア) 8個入り1,080円(税込)]
本日購入したもので、賞味期限は8月末まででした。

一人で買えるのは10箱まで。

とりあえず2箱買ってみました。

会社に着いて早速食べてみましたが、

ふむふむ。確かに美味しいかも。

若い女の子に配ったら

「あーっ、これ、超美味しいやつぅー♡」

と、はしゃいでました。

ウチの若い女性は皆さんお好きらしいです。

ゆえに、帰省土産に喜ばれるだろうと思われます。

子供も好むお菓子なんじゃないかなぁ。

ちなみにネット通販などは一切していないので、

WEB上で販売しているのは転売です。

ご注意ください。

image
食べ方としては、尻尾(細い方)から食べる方が
最後に苺の酸味を味わえて、より美味しいと思います。
※個人の感想です


【AUDREY(オードリー)】
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本東京駅構内地下改札内 東京駅グランスタ
営業時間 8:00~22:00, [日、連休最終日] 8:00~21:00
※ブランド独自のサイトは今日現在存在しません


【にほんブログ村】

台東区浅草『菓子工房 ルスルス』に予約しておいた人気のクッキーを取りに行ってきた。

image

あらゆるメディアで取り上げられている『菓子工房 ルスルス』のクッキー。

先日予約しておいたそれを、本日受け取りに行って参りました。

受け取りだけど、並びました。

image
代表的なクッキー缶は二種類あり、それぞれ1,500円(税別)。

image
「鳥のかたちクッキー」

image
「夜空缶」

image
それぞれの缶に入っているオリガミは、
クッキーを乗せてビジュアルを愉しむためのものらしいです。
[左]夜空に浮かぶ小さな星,[右]夕焼けに飛ぶ鳥
を、それぞれイメージして入っているそうな。


image
先日買えなかったマフィンをリベンジすることにしました。

image
マフィンは全3種あったので、3種とも購入。

image
グラシン紙に包んであるのですが、裏に手書きで内容物が書いてあります。

image
マフィンの一つにルバーブが入っていますが、
この時期のものだったんですね。初めて知りました。


image
本日はかき氷のイートインができる日でしたが、今回はスルー

開店時間直ぐだと、クッキー缶の当日売りがあるようです。

予約していないけどその日に欲しい場合は、

開店前に並ぶと入手できる可能性がありそうですね。

まあ、日によるとは思いますけど。

クッキーはレモン風味の砂糖がけで、

女の子が好みそうな味とビジュアルになっています。

今日購入したもので、賞味期限は月末まで。

お使い物にしようと思ったけれど、保ちそうにもないなぁ。



image
【菓子工房 ルスルス 浅草店】

東京都台東区浅草3-31-7
営業時間 12:00~20:00(カフェ L.O. 17:30)
カフェ席数:8席
定休日:月曜、火曜、水曜
https://www.rusurusu.com/
https://www.facebook.com/kasikoubourusurusu/


【にほんブログ村】

台東区寿3丁目『パティスリー クレール ドゥ リュンヌ』で久々にアップルパイなどを入手してみた。

image

『パティスリー クレール ドゥ リュンヌ』にやって参りました。

レモンパイ(ショソン オー シトロン)が食べたいと思っていたのですが、

現在は作っていないそうです。

そもそもレジの女の子が知らなかったし。

あんなに美味しいのに何故!?

と思っていたら、作るのが難しいのだそうです。

でも次回までには作っておきますとパティシエに仰って頂いたので、

今夏は期待したいと思います。

さて、今回も定番の焼菓子を買って参りました。

image
今回入手したパイとカヌレ。
[ショソン オー ポム 400円(税込)]
それぞれ安定の美味しさです。

パイ生地がサクサクで表面がほんのり甘く、軽い食べ心地です。

image
今回も追加で購入。
[シュー ア ラ クレーム 300円(税込)]
注文してからクリームを入れてくれます。
The カスダード! という味のクリームがギッシリ・ずっしり・たっぷり。

image
ワタクシの大好物のカヌレ。
レシートを打ち間違えられていたので現在の価格は不明です。
レシート価格より実際は120円安い気がする。

レジで打ち間違いされたカヌレは、

レシートでは「ショソン オー シトロン」になっていました。

って、レジ打ちの女の子は知ってたんじゃないのか疑惑が芽生えます。

まあ、良いんだけど。

生菓子も充実していましたが、今回も持ち運びが大変なので断念しました。

ワタクシはいつになったらココの生菓子を買って帰るのか?

しかし次回こそはと思っている今のワタクシです。

image
この日はアップルパイが一番人気のようでした。



image
【パティスリー クレール ドゥ リュンヌ】

clair de lune
東京都台東区寿3-8-5
(都営地下鉄大江戸線の蔵前駅近く)
営業時間 9:00~21:00
定休日:月曜
https://www.clair-de-lune.jp/


【にほんブログ村】

台東区浅草『菓子工房 ルスルス』という雑誌やメディアで取り上げられる率の高いカワイイ洋菓子店。

image

若い方へのお持たせで人気なのが『菓子工房 ルスルス』のクッキー。

HPに申し込みフォームがあるのですが、

現在は店頭でしか予約を受け付けていないっぽい。

東麻布と松屋銀座店B1にもお店がありますが、

浅草店にはイートインスペースもあり他店よりは広そうだったので、

予約は浅草店で行うことにしました。

image
古民家をリノベーションした狭い間口に、ちょこんと生けられた花々。

image
生洋菓子以外にスコーンやタルト、クッキーなどの焼菓子もあります。

image
魅力的なケーキ類が並び、かなり迷いました。
(クリックで拡大)

image
マフィンは見ている間に売り切れてしまいました。

image
今回入手したのはこちらの4点。
手前のグリュイエールチーズケーキは420円(税別)


image
[シュークリーム 250円(税別)]
ミルク感がある優しいクリームでサイズ的にも小ぶりで良い感じ。


image
[梅ゼリー 420円(税別)]※レシート価格
(ショウケースに表示してある価格より税別40円高いです)


image
梅がごろりと入っています。
めっちゃ酸っぱい梅で、久々に口がしわしわになりました。


image
[プリン 300円(税別)]
かためのプリンです。
口の中にねっとりと残る感じ。
カラメルはサラサラタイプでほろにが。
これはこれでアリたと思いました。安いし。


image
ここでの一番人気はこちらのクッキー。
予約して数日後に受け取り or 郵送で入手可能です。


image
ここでは焼菓子の方が売れ行きは良さそうでした。
クッキーが人気だからそうなるのかなぁ。

ひっきりなしに人がやって来る人気店です。

どの駅からも遠いし、駐車場もないから結構歩く場所にあるのに。

小洒落たお菓子が多いので、客層は若い方が多いみたい。

イートインスペースはあるのですが、忙しい時は開かないようです。

image
7月でイートインができるのは土日だけっぽい。
しかもメニューはかき氷。

ここのかき氷ってどんなビジュアルなんだろう?

気になるけれど、土日はめっちゃ混むんだろうなぁ。

いずれの商品も女性のセンスで丁寧に作っている感があり、

そりゃ人気で並ぶわ、と納得の味でした。



image
【菓子工房 ルスルス 浅草店】

東京都台東区浅草3-31-7
営業時間 12:00~20:00(カフェ L.O. 17:30)
カフェ席数:8席
定休日:月曜、火曜、水曜
https://www.rusurusu.com/
https://www.facebook.com/kasikoubourusurusu/


【にほんブログ村】

豊島区巣鴨『FRENCH POUND HOUSE 大和郷本店』のショートケーキは日本一美味しいの?

image

巣鴨の洋菓子店といえば『FRENCH POUND HOUSE 大和郷本店』。

大和郷本店とありますが、支店があるわけではありません。

巣鴨駅から徒歩5分程度の住宅街にあるお店は、

オープン前から行列ができるほどの人気店です。

有名なのはショートケーキでして、日本一美味しいと言う方も居られるとか。

ワタクシの感想はタイトルの「?」に込めてみました。

image
[メロンのショートケーキ 750円(税別)]
夏限定商品。マスクメロンを使用。
スポンジがパサパサしているのだけれど、
時間が経つとしっとりするのかな?


image
[和栗のモンブラン 500円(税別)]
これは美味!サクサクのメレンゲ台に乗ったクリームも含めて。


image
[クレーム・ブリュレ 450円(税別)]
これは普通に美味しい。
中にグレープフルーツ?がひと房入ってます。


image
[シュー・ア・ラ・クレーム 265円(税別)]
上面の生地がサクッとしていてナッツの香りもして美味。
クリームがたっぷり詰まっていて、なかなかの美味しさです。


image
ジップロック スクリューロックに入れるとサイズ感が掴みやすいかも。
それほど大きなシュークリームではありません。


image
[はちみつカラメルプリン]
明日までもつと聞いて二つ買ってみた。


image
混むので、こんなルールがあるらしいです。

ちなみに巣鴨には『PÂTISSERIE Yoshinori Asami』というお店もあります。

派手なパフェが有名なパティスリーですが、未だに行ったことがありません。

評価が高いし気になっているのですが、なかなか機会が無くて。

巣鴨は「おばあちゃんの原宿」と言われていましたが、

有名スイーツ店がチラホラあって、若者にも侮れない街だと感じます。

って、ワタクシはどちらにも属さない年齢ですけどね。

いろいろ試して、自分のベストを探してみたいと思います。

ちなみに写真のスイーツは全て明日までの賞味期限になるそうです。

今日中では無いんですね。

スポンジはともかく、クリームが美味しいお店なんだなと感じました。



image
【フレンチ パウンドハウス 大和郷本店】

東京都豊島区巣鴨1-4-4 マンションサンビップ巣鴨1F
営業時間 10:00~20:00
定休日:無し
https://www.frenchpoundhouse.com/


【にほんブログ村】

群馬県高崎市『たまご市場 卵太郎』のなめらかプリンがウマウマです。

image

高崎駅に戻る際、群馬県の国道406号線沿いにある

『たまご市場 卵太郎』に立ち寄りました。

往路で看板を見てから気になっていたのです。

「卵かけご飯はなくとも卵はあるんしゃないかな」

と同行者と話していたのですが、

店内には卵を使ったお菓子が並んでいました。

後で調べたところ、

鶏卵の生産・販売を行っている三喜鶏園直営の、

知る人ぞ知る人気店だったようです。

image
[なめらかプリン 175円(税込)]

image
卵の味が濃厚でクリーミーで美味ぃー。

image
カステラ ハーフ(570円)、こだわり雅味(340円)、特上ボーロ(390円)
「こだわり雅味」は、ビタミンE30倍、ビタミンDが4.5倍、
オレンジ色の濃い卵黄は餌にパプリカを配合することで出るそうです。

車内でプリンを食べましたが、めちゃくちゃ美味しかったです。

これを母へのお土産に致しましたが、母も美味しいと言ってました。

オススメです。

通販するようになったら、お取り寄せしたいわぁ。

ちなみにこの日売り切れていた人気商品は、シュークリームでした。

image
左上の忍者たちの猫背っぷりが気になる。


image
【たまご市場 卵太郎(らんたろう)】

群馬県高崎市下里見町1358(安中駅から3,200m)
営業時間10:00~18:00
定休日:無休
http://www.sanki-rantaro.com/


【にほんブログ村】

お土産に母が買ってきてくれた東京會舘のケーキを大人喰い。

image

東京會舘で学生時代の友達とランチをしてきたという母が、

お土産にケーキを買ってきてくれました。

ゆえに前回は同商品を二人で分けて食べましたが、

今回はホールを一人で大人喰い。

image
[マロンシャンテリー]
現地で食べると絞りたてなのかクリームがふわふわで
口の中で溶けるそうです。


image
中にたっぷりとモンブランペースト(栗ペースト?)が入っています。

やはり美味しいです。(しかし満腹)

通常のケーキよりは大きいけれど、

通常のホールケーキよりは小さいので、

その分、罪悪感は少な目。

取り置きができたそうで、初めに買って取り置きし、

帰りに受け取って帰ってきたそうな。

その方が、買いっぱぐれが無くて安心ですね。

しかし日に日に暑くなりゆく日本列島。

これからの時期は持ち帰りよりもレストランで食べて帰る、が正解かも。


【にほんブログ村】

千代田区丸の内『東京會舘』のスイーツはまた買いに行きたくなる美味しさ。

image

芥川龍之介賞及び直木三十五賞の授賞式が行われることでも有名な東京會舘。
2015年(平成27年)から建替えのため営業休止していましたが、今年の1月8日より営業を再開しています。
ここを本日最後の目的地に致しました。建て替え後にどのような内観になったのか、以前から気になっていたのです。
先ずは「スイーツ&ギフト」でケーキを買ってから、「ロッシニテラス」で休憩をとりましたが、保冷剤が帰宅までもったから良いものの、工程を逆にすべきだったとこっそり反省致しました。
「スイーツ&ギフト」で買ったケーキについてですが、先に2種食べたのでそれを載せておきたいと思います。

image
[マロンシャンテリー 980円(税込)]
生クリームとモンブラン好きなら食べておくべき一品かと思われます。
軽いので一人で食べられると思う。
(今回は母とシェアしましたが母も同意見でした)
来年の自身の誕生日ケーキとして買いたいぐらいです。


image
[ひょうたんシュークリーム 959円(税込)/個]
HPで見た時から可愛さに魅かれており、これを買うのが目的でした。
プレーンと抹茶を一つずつ購入。

image
上から見る方が瓢箪だと分かり易いかも?

image
ビスケット生地のサクサク感も良い感じです。

image
クリームはギッシリミチミチに詰まっておりまして、食べ応えタップリです。
image
抹茶フレーバーは3月から5月までの期間限定商品です。

久々に美味しいケーキを食べた感があります。
ここは誰かにオススメしたい。(総じて高いけど)
自分にご褒美を与えたくなったら、何かを買いに来ようと思います。

さて、上の買い物をした後で入った「ロッシニテラス」。
フードメニューはハンバーグやカレーなどがあり、一人でも食べやすそう。
ってか、そもそも一人でも居心地の良い場所だと思えます。
客の年齢層は高め。ゆえにか、店内は結構静かでした。

image
ロッシニテラス(オールデイダイニング)で珈琲を頂くことにしました。

image
かなり座り心地の良い椅子で、猛烈なる睡魔に襲われまくっていたワタクシ。

image
母はクラブハウスサンドを食べていました。
これが今日の晩御飯、だそうです。

ケーキセットなどもあったので、サービス料10%は付くけれど、ここで先のスイーツを食べられるのだと思われます。
家まで持って帰るのが大変な夏場などは、ここで涼みつつ食べるのも良いかもね。

image
プリンも買っておりました。
今風のとろとろ食感ではなく、しっかりとしたプリンです。
下に敷いたカラメルの液体っぷりが半端ないのだけれど、
プリンとカラメルがきっちり分かれているため、
どうやって作っているんだろう? と感心しながら食べました。


image
【東京會舘 スイーツ&ギフト】

東京都千代田区丸の内3-2-1 東京會舘本舘 1F
営業時間 10:00~20:00
https://www.kaikan.co.jp/


【にほんブログ村】

茨城県日立市『モルトボーノ』で評判のシュークリームを買って帰る。

image

三春』からすぐの場所に、シュークリームが評判の洋菓子店があります。

有名パティシエのお店らしいので、パティスリーと言うべきか。

ケーキや焼き菓子などもありましたが、ここは基本のシュークリームを買わねば。

家から保冷バッグも持って参りましたし。

入店して直ぐの右手側にシュークリーム専用ケースがあります。

チョコやキャラメルなどのフレーバーもありましたが、

基本を押さえてセレクトしてみました。

今は苺が旬ですしね。

image
[とちおとめシュークリーム 270円(税込)]
「とちおとめ」は茨城県でも作られています。
苺色したクリームが、がっつりイチゴ味で、
苺感満載のシュークリームでした。


image
[NAGISAシュークリーム 210円(税込)]
基本はこれ。
ザクザク食感のシュー生地を包んだパイ生地が特長だと思われます。


image
ジップロックスクリューロックにギリギリで入るビッグサイズです。

image
クリームは甘さ控えめで、かなりタップリ入っています。
食べ方を間違えると、クリームが溢れて大惨事になるかも。


コスパ最強で最高なシュークリームだと思います。

このボリュームで210円って!

大きいのでそのまま齧り付くよりは、

半分に切ってシュー生地をお椀代わりにして食べるのがオススメ。

イートインはできませんが、わざわざ買って帰りたくなるシュークリームです。

ただし、夏場は除く。



image
【Molto Buono(モルトボーノ)】

茨城県日立市旭町2-5-10 梅川ビル1F
(日立駅から412m)
営業時間 10:30~19:00
定休日:無休(1/1~1/5のみ休業)
https://ameblo.jp/moltobuono/


【にほんブログ村】

長野県松本市『Chez Momo』というコンフィチュールの専門店を再訪したら外観も変わってた。

image

女鳥羽川(めとばがわ)の上流に向かって少し歩いたところにあるのが

『Chez Momo』というコンフィチュールの専門店。

2016年以来の再訪です。

コンフィチュール(confiture)とは、フランス語でジャムを表す言葉です。

砂糖を多用せず甘さが控えめなので、あまり日持ちはしません。

それを今回は一瓶だけ購入しました。

image
気さくな店主の許可を(母が)頂き撮影させて貰いました。

image
今回買ったのがコチラの小瓶(500円)
※写真は大瓶


image
「胡桃が美味しそう」と言ったら、「皆さん大好きです」とご店主の談。
これがこの日最後の2つ(写真左側上下)でした。


image
商品を入れてくれる袋は手提げタイプになっていました。

2016年ごろは白い外観でしたが、塗り替えたようです。

この日も店内は若い娘さんたちで混雑しておりました。

そんな中、我々はちゃっちゃと購入。

前回は買わなかった焼き菓子をいくつか入手しました。

相変わらず外観も内観も可愛らしくて、女性の好きそうな雰囲気です。

三年経過してもイメージが変わらず、なんだか嬉しくなりました。



image
【Chez Momo】

長野県松本市大手4‐4‐16
営業時間 10:00~18:00
※前回と開店時間が変わっていました
定休日:水曜、第3木曜
https://www.facebook.com/ConfiturierChezMomo


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
QRコード
QRコード
【search】
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。